FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

この時期になると思い出す北京五輪の聖火リレー

 ブログの更新が停滞気味で申し訳ないです。コメントには目を通しております。本当にありがとうございます。
 今日書く内容は、「つぶやき」の延長なので、あまり気にしないでください(?)。

 この時期になると、どうしても北京五輪の聖火リレーを思い出してしまう。
 長野で行われた異常な聖火リレー。沿道は中国人で真っ赤に染められ、その場にいた日本人たちは、警察が恣意的に中国人の身体の安全を優先的に取り扱ったため、ネットは「警察は誰の味方なのか」と怒りを示す書き込みに溢れた。

 中でも私が最も印象に残っているのは、当時のマスコミの聖火リレーの報じ方であった。

 たとえば、聖火リレーの走者を務めた萩本欽一さん(以下「欽ちゃん」)。
 テレビでは、欽ちゃんが走った後に開かれた会見で

 <欽ちゃんのところで(日本人が聖火リレーの妨害行為を)やんないでよ。ハッピーで終わりたいと思ってたのに>

と発言した部分だけが取り上げられたために、ネットでは、欽ちゃんを非難する声が強かった。

 もちろん当時は、中国チベット人への弾圧が続き、罪なきチベット人たちが正当な理由もなく次々と身柄を拘束されていく中のことだったから、この発言だけを聞けば、私だって怒りに身を震わせたに違いない。

 しかし、実際は違った。

 欽ちゃんがリレーを走った直後の会見の様子をテレビ東京が伝えていたと思うが、そのときは、欽ちゃんは、

 <でも欽ちゃんの前で何か伝えたいと思ってやってくれたのなら、それは嫌じゃないな>

と、日本人のFreeTibetムーブメントや抗議活動に理解を示す趣旨の発言をしていたのだった。

 ただ、どうしてかこの発言の部分だけは、マスコミはカットして欽ちゃんの会見の様子を伝えていた。この部分をカットしたのは、意図的なものだろうが、上記発言のことを知らなかった人たちがネットに欽ちゃんを批判する書き込みをしたことは理解できなくはない。知らなかったのだろうし、マスコミによって知る機会を奪われていたのだから、知る術がほとんどなかったともいえる。

 さて、今の中国における人権状況は、あのときと比べて良くなっているのだろうか。入ってくる情報量は、あのときとあまり変わっていないような気がするし、私の調べた限りでは、中国における人権状況はむしろ悪化していると判断したほうがいいように思う。

 上海万博に浮かれるのはいいけれど、今回の万博で世界が知るべきは、中国において、個人が「信教の自由」すら保障されていない中で生活を強いられることの現実とその非人道性、ではないか。

 Free Tibet. 合掌。

ーーーーー>

○ 今回のエントリと関連するテーマを取り上げた有益なサイト等

 <たけしが聖火ランナー欽ちゃんを痛烈批判、ネットでは賛否両論。>(narinari.com)
 http://www.narinari.com/Nd/2008049331.html

 <中国の人権問題>(Wikipedia)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E5%95%8F%E9%A1%8C

 <今更だけどこれ重大な話:中国の報道統制>(「不条理日記」さま)
 http://himadesu.seesaa.net/article/145928936.html#more

 <中国の人権状況、一部でさらに悪化 米国務省が報告書>(産経新聞)
 http://sankei.jp.msn.com/world/america/100312/amr1003120959004-n1.htm

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/05/02(日) 23:35:47|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳩山首相とチベット:警戒心を高めていた中国も楽観モードか

鳩山首相が中国の胡錦涛国家主席と会談し、チベット問題について、<基本的には国内問題だ>としながらも、<対話により解決される>べきだと発言しました。

 もちろん初めての会談ということもあって、大目に見るべき点は多いとしても、過去の鳩山首相のチベットに対する考え方を知っている人間にとっては、やや残念と言いますか、戦う前から白旗をあげてしまったような印象を持ちました。

 * * * * * * *

 鳩山首相はかねてから"pro-tibet"よりの発言を繰り返してきました。

 鳩山首相は、平成19(2007)年4月12日の広島市内の講演で、チベット問題について<大きな人権問題だ。ないがしろにはできないというメッセージを送ることが必要だ>と発言しています。
 また、平成19(2007)年11月23日には、都内でダライ・ラマ14世と会談し、猊下にチベットの目的である<高度な自治>を支持し、<力強くサポートさせていただく>との決意を語っています。

 さらに昨年3月17日には、チベット騒乱について、鳩山首相ら有志議員で以下のような姓名が出されました。

 <(チベット騒乱は)中国によるチベット人権弾圧、文化破壊に遠因がある。中国は真実を明らかにし、人道的見地で問題解決に努めるべきだ>。

 鳩山首相は当時会見で<チベット人は一貫して対話と非暴力での問題の解決に努めてきた>とチベットを擁護しています。

 鳩山首相の過去の言動から、中国側は当初、鳩山首相に警戒感を持っていたようです。

 ですが、鳩山内閣において、外務大臣に選ばれたのは岡田克也氏。これで、中国側の不安も払拭されてしまった印象があります。

 民主党:「岡田外相」起用 中韓が好意的報道
 http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090907ddm003010125000c.html

 岡田克也・民主党幹事長が外相に起用される人事が固まったことについて、中国や韓国では好意的な報道がなされている。[…]また、岡田氏が08年5月の四川大地震で街頭募金を行ったことや靖国神社への不参拝、チベットやウイグル問題で「中国内政」への不干渉を表明していることも伝えている。

 実は、先の日中首脳会談で鳩山首相が発言したとされる<チベット問題は基本的には中国国内の問題>というのは、鳩山首相個人の考えではなく、岡田外相の持論です。親中派としても知られる岡田外相の影響が、こういったところでつぶさに見られるのは、少しばかり警戒しておかなければなりません。

 外交上、態度を明確にしないことも重要な意味があります。
 たとえば、8月15日の終戦記念日を前に、鳩山首相は<参るつもりはないし、閣僚にも自粛していただきたい>と発言しましたが(岡田外相も<A級戦犯が合祀されており、総理や閣僚の公式参拝には問題がある>としています。)、そんなことはいちいち明言する必要のないことです。

 私は、鳩山首相に靖国参拝してもらいたいとは思いませんし、無理に参拝する性質の施設ではないとは思いますが、靖国問題では、実質的に日本側に外交上のプライオリティがあります。
 つまり、問題視しているのは、中国や韓国なのですから、いちいち「参拝しない」だの「自粛してほしい」だの言う必要はないのです。

 しかし、岡田克也氏を外相にしてしまったことで、チベット問題では、日本は外交上のプライオリティを失ってしまった感が否めません。しかも、「東アジア共同体」の創設という、中国にとっても日本にとっても「お世話な話」を持ち出したばかりに、チベット問題を「中国国内の問題」だと位置付けるしかなくなってしまいました。

 自ら外交カードを捨てるようなことをして、これからの対中外交は大丈夫なのでしょうか。

 * * * * * * *

 これは余談ですが、最近よく「核持ち込み密約問題」って騒がれていますよね?
 でも、「密約」なるものは、既に米国立公文書館で公開されているわけであって、それをただ日本政府が認めていないだけの話ではないですか?

 よく「密約」を明らかにすることで、米国は追い込まれるぞ~という期待を示している人がいますけれど、私はそうは思えません。
 「密約」調査なんてものは、前政権が隠してきた情報の一つを明らかにする意味で、自民党にとってはダメージになるのかもしれませんが、外交上ほとんど意味がないのではないでしょうか。
 米国のキャンベル国務次官補が言っていますけれど、密約なるものは、<日本の内政問題>なのだ、と。まったくそのとおりなのであって、米国にとって見れば、「だからなんですか?」と言いたくなるような、その程度のものなんだと思いますが・・・

* 次回更新 10/4予定

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/10/01(木) 19:10:46|
  2. 政治
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1

日中首脳会談:日本が譲歩した印象が否めないが…

 9月21日に日中首脳会談が開かれた。
 政権交代後初めての鳩山首相と胡錦涛国家主席の会談だけに、その内容が気になるが、会談の内容のポイントは以下のとおり。


1.鳩山首相が米国に到着して最初の会談相手が胡錦涛国家主席だった。

2.東シナ海ガス田開発問題

 ・鳩山首相「東アジアをいさかいの海ではなく、友愛の海にしたい」、「石油、天然ガスを中心にして(日中が)協力をしていく海にしていこう」と発言した。
 ・平成20(2008)年6月に日中の共同開発することが決まっていたガス田「白樺」について、昨今、中国が単独で開発を進めていることについて、首相は「中国の真意が見えない」と苦言を呈した
 (4)胡錦涛国家主席は「両国民にとって敏感な問題」なので、「大局的な正しい処理が必要」としたが、事務レベルでの意見交換を提案した以外は、「国民の合意が必要」な話だとして、それ以上の具体的な発言は差し控えた

3.東アジア共同体

 ・鳩山首相は9月16日に<米国を排除しない方向で、将来的にはEUのような通貨の統合も視野に入れた東アジアの共同体構築を目指す>と発言していたが、日中首脳会談でも「日中両国の違いを認めながら、違いを乗り越えて信頼を築き、それを軸に東アジア共同体を構築したい」と発言した。
 ・胡錦涛国家主席は、東アジア共同体については、特に言及していない

* 胡錦涛が東アジア共同体について理解を示したかのように書いているメディアがありますが、時事通信によれば、胡錦涛は東アジア共同体について何も言及しなかったそうです。

4.日中関係のこれからについて

 ・鳩山首相は(1)鳩山内閣が「村山談話」を踏襲すること、(2)戦略的互恵関係を築きたい旨を中国側に伝えている。
 ・これに対して、胡錦涛国家主席は、(1)について<評価したい>、(2)については、首脳往来の頻度を上げること、民間交流を活発化し、経済・貿易を発展させること、両国の間で食い違いのある問題は<大所高所から対応>することを日本側に注文した。

5.環境問題について

 ・
鳩山政権が平成32(2020)年までに温室効果ガスを平成2(1990)年比で25%削減する目標を決めたことついて、胡主席は「積極的態度を評価する」と述べた。

6.チベット問題

 ・鳩山首相は<基本的には中国国内の問題と理解している>、<対話によって解決して欲しい>と発言した。
 ・
胡主席は、チベット問題への理解を求めた。

* * * * *

 初の日中首脳会談でしたから、大目に見るべき点は多いとしても、中国は日本の足元を見て、極めて慎重な態度で会談に臨んできたなあ、という印象を持ちました。
 代わって、鳩山首相は少し前のめりすぎているような部分があって、わざわざ「村山談話」を踏襲することなどを中国に伝えてしまっています。

 また、中国の人権問題に関しては、ウイグルについて両首脳が言及したという情報は入っていませんが、チベット問題に関してはいくらかやり取りがあったようです。
 伝えられているところでは、鳩山首相は<基本的に中国国内の問題>だと述べているようで、鳩山首相のチベット問題への関心が薄いことが分かりました。

 チベット問題にしろ、歴史認識にしろ、実質的なプライオリティは日本の側にあるというのに、そのような重要な外交カードについて、早々に中国に譲歩してしまったのには、これからの鳩山政権の対中外交に不安を覚えます。

 みなさんはどのようにお考えになりましたでしょうか。

*次回更新 9/25予定

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/09/23(水) 18:54:39|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4