FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

[中国] いま日中関係は最良だが、いつ反日カードが出てくるか分からない(by FT)

 今年のエントリは、今回を含めてあと2個アップする予定です。アクセスしてくださったすべての人に感謝します。
 英国のコラムニストDavid Pilling氏がFinancial Timesで日本と中国に関するコラムを書いています。

 <Beijing finds fine words for its old enemy>
 http://www.ft.com/cms/s/0/0b636690-ea7a-11de-a9f5-00144feab49a.html?nclick_check=1

 記事のタイトルは「北京はかつての敵に良い言葉をかけた」という意味深なもの。当然、「かつての敵」とは、日本のことです。(翻訳しながら読んでいるので、原文の改行が変則的になっています。ご了承ください。)

 <Xi Jinping, the man widely tipped to succeed Hu Jintao as China’s president in 2012, dropped in on Japan’s emperor this week.
 Though such visits are normally arranged months in advance, Beijing gave just a couple of days’ notice, the equivalent in imperial-etiquette terms of loudly banging on your neighbour’s door at 3am asking to borrow a cup of sugar.>

(拙訳)2012年、胡錦涛国家主席の後継者として広く注目されてい習近平〔国家副主席〕は、今週、日本の天皇のもとを訪〔たず〕ねた。
 〔天皇との〕会見は通常数ヶ月前から調整されるものであるが、北京政府が面会の申込みをしてきたのは、ほんの数日前のことだった。皇室の儀礼では、真夜中3時に砂糖を1カップ借りるために近所のドアを騒々しく叩きに来るのと同じことである。

 <A request by Yukio Hatoyama, Japan’s freshly installed prime minister, that an audience be granted even at such short notice, was criticised by some in Japan, particularly on the right. They saw in it a willingness by the new left-of-centre government to kowtow to Beijing.
 Even the normally discreet head of the Imperial Household Agency, the stern and secretive body that controls the royal schedule, objected publicly that the emperor should not be used as a diplomatic tool.>

 新しく就任した日本の首相である鳩山由紀夫氏の指示は、これほどまでに直前の申込みであっても〔国家副主席との面会を〕承諾する、というものだった。これは、日本の一部、とりわけ右翼から批判を受けた。彼らには、中道左派の新政権が北京に媚びているように見えているのだ。
 宮内庁は皇室のスケジュールをコントロールする厳格で閉鎖的な組織であるが、その宮内庁の、普通は控えめな長官でさえも、天皇を外交上の道具として利用すべきでないと公に反対した。

 <But he did coo, in no doubt entirely off-the-cuff remarks: “I hope my visit will contribute to the development of friendly co-operation between the two countries and boost friendship between the two peoples.”>

 しかし習副主席は、全く疑いもなく即興で、次のように〔天皇陛下に〕心地の良い言葉を口にしたのである。
 「私は今回の訪問で日中両国の友好協力の発展と両国人民の友好を後押ししたいのです。」

 〔コラムでは、このことが驚くべきことだ、と指摘します。〕

 <You only need to cast your mind a few years back to realise how remarkable has been the change in tone.〔・・・〕
 Mr Koizumi’s penchant for visiting Yasukuni shrine, a Japanese war memorial vilified by Beijing, meant he was effectively banned from setting foot on Chinese soil.
 Relations entered dangerous territory in 2005 when Japan’s (aborted) endeavour to secure itself a permanent seat on the United Nations Security Council sparked three weeks of anti-Japanese demonstrations in which Japanese commercial and diplomatic interests were attacked the length and breadth of China.>

 数年前の出来事を思い出して欲しい。どんなに珍しいことか気づくことだろう。どんなに彼らのトーンが変わったか、を。
 北京から中傷されている日本人による戦争の記念館「靖国神社」に参りたがる小泉首相の傾向のせいで、事実上小泉首相は中国の土地に上陸することが禁止されていた。
 平成17〔2005〕年には、日本が安保理の常任理事国入りになろうとしたために(後に中止した)、3週間にわたって中国のあちらこちらにある日本の商業施設、外交団が襲われる反日運動が相次いだため、日中関係は危険水域に入った。

 〔・・・〕
 北京にとって、天安門事件以降、反日カード(anti-Japan's card)は使い勝手の良いものだったが、使いすぎを悟ったのもこのころ(小泉政権時)だったこと、その証拠に、明らかに国家主義者であった安倍元首相に中国は友好ムードで迫ってきたこと、などと指摘した上で、このコラムは次のように書いています。

 <Indeed, it is a stated policy aim of Mr Hatoyama’s government to draw even closer to China as part of its strategy to embed itself more solidly in its Asian context.
 Yet it may be too early to declare one of the most prickly relationships in Asia permanently de-thorned.
 When it comes to substantive issues – such as a long-running attempt to settle a demarcation dispute over disputed underwater gas reserves – little tangible progress has been made.
 Fine words can go only so far in healing historical scars.
 There may also still come a time when being nasty to Tokyo becomes more useful to Beijing than being nice.
 If the Communist party ever wants to distract attention from domestic problems, it could yet be tempted to play the anti-Japanese card again.>

 実際のところ、アジアのコンテクストの中に「日本を組み込む」という戦略の一部として、鳩山政権は中国への接近を政策目標に掲げている。
 現時点で、アジアで最も面倒な日中関係から完全にトゲを抜いたなどと断言するのはあまりにも早いかもしれない。
 本質的な問題、たとえば、ガス田をめぐる領海の争いのようなものに至っては、ほとんど進歩がない〔からだ〕。
 美辞麗句は、歴史の傷を癒すにはあまり意味がないかも知れない。
 北京にとっては、東京に卑劣なこと〔反日運動〕をすることのほうが都合がよくなることもあるかもしれない。
 もし、中共が国内の問題から人民の目をそらそうと考えれば、中共はふたたび反日カードを使いたくなることもあり得るのだ。

 (酷い訳をご提供してしまったのは、私がお酒を飲みながら書いているからです。という言い訳を今年の最後にしてしまうのは、なんともお恥ずかしい限り。。)

 ただ、ポイントをまとめてみると、こんな感じになるでしょうか。

1.特例会見問題は、皇室の儀礼から言えば、かなり失礼なものであることは間違いない。

2.それでも鳩山首相が「Go」サインを出したことで、日本の右派を中心に非難の声が上がっている。

3.だが、その問題に覆い隠された事実にも目を留めなければならない。それは、習副主席が天皇陛下に向かって美辞麗句を述べた、という事実だ。

4.これまでの日中関係を見れば、それが意外なことである、と受け止める必要がある。

5.小泉政権時代、日中関係は危険水準に達していたものの、中国はそのときに「反日カード」を使いすぎたことを自覚していた。そのため、安倍政権時代には、中国は日本に対して友好的な態度で接することにした。

6.日中関係の強化という点で、今日、日中両国は同じ方向を向いている。なぜなら、中国は日本の発展に倣うべく、日本の公共政策や技術開発を通じたエネルギー効率の良い国を作る方法を知りたがっている一方、日本は最大の貿易相手である中国の無尽蔵の労働力を使いたいと思っているからだ。

7.ただし、アジアにおける日本の地位を確立させたいという鳩山政権であるが、日中関係が美辞麗句で固められ、一見関係が良好のように見えたとしても、中国国内の情勢いかんによっては、中共が自国の不満のガス抜きをさせるために、いつまた反日カードをきってくるかわからない、というリスクがある。

 このコラムは、なかなか有益な指摘だとおもいます。みなさんはどのようにお考えになりましたでしょうか。

テーマ:天皇陛下・皇室 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/12/30(水) 01:21:26|
  2. 国際
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3