FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

鳩山首相:日米首脳会談の要旨

9月23日に日米首脳会談がおこなわれた。各報道機関の報道をまとめたので、参考にしていただきたい。

[会談データ]

・9月23日22時10分から35分間の会談となった。

・日米首脳の初の顔合わせとなった。

・同席者
(1)日本側 鳩山首相、岡田外相、松野官房副長官、藤駐米大使
(2)米国側 オバマ大統領、クリントン国務長官、ライス国連常駐代表、エマニュエル大統領首席補佐官、ジョーンズ国家安全保障担当大統領補佐官



[会談の内容(要旨)]

1.日米関係について

(1)日米同盟の一層の強化で一致、従来にも増して協力の幅を広げていくことを確認
(2)鳩山首相:日米安保を巡るいかなる問題も日米同盟の基盤を強化するかたちで、緊密に協力したい
(3)世界経済 緊密に連携していくことで一致
(4)オバマ大統領:11月の訪日を大変楽しみにしている

2.アジア太平洋地域情勢

(1)アジア地域においても、日米で緊密に連携していくことで一致
(2)北朝鮮
 ・北朝鮮による核保有や核開発は容認できないことで一致
 ・六者会合がこの問題解決の最も有効な枠組であることでも一致
 ・鳩山総理より、拉致問題での日本への支持を要請
 ・拉致・核・ミサイル問題の包括的な解決が重要であり、連携を一層強化することで一致
(3)インドネシア
 ・鳩山首相:インドネシアのユドヨノ大統領が「バリ民主主義フォーラム」を推進していることを高く評価し、この取組みを後押ししていきたい
 ・オバマ大統領:賛成だ

3.グローバルな課題
(1)気候変動
 ・鳩山首相:2020年までに1990年比25%削減を目指す
 ・COP15に向けた国際交渉を進めるために、密接に協力していくことで一致
(2)アフガニスタンパキスタン
 ・アフガニスタンパキスタンの安定と復興はテロの撲滅と世界の安定に関わる重要な課題であることで一致
 ・鳩山首相:日本も、民生支援、農業支援等の日本のでき得る復興支援に積極的に取り組んでいく
(3)核軍縮・不拡散
 ・鳩山首相:オバマ大統領と核兵器のない世界を追求するとの目標を共有し、大統領のプラハ演説に多くの日本国民は感激した、明日予定されている安保理サミット開催に向けた貴大統領のリーダーシップに敬意を表する
 ・核軍縮・不拡散分野において日米が緊密に協力していくことで一致

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/09/24(木) 19:00:14|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0