【青山繁晴】「ニュースの見方」6月15日中西一清スタミナラジオ【文字起こし】

 
           
 『中西一清スタミナラジオ』6月15日(水曜日)
 青山繁晴氏出演の「ニュースの見方」コーナーの文字起こしです。(N=中西一清氏/A=青山繁晴氏)


N「今日はなんでしょう。」

A「はい。中西さん,ちょっと刺激的な言い方になってしまうんですが,私たちのアジアに戦争の危機が迫っているというのは,承知されていると思います。」

N「戦争の危機…」

A「はい,これ実はその,まさしくこのコーナー"ニュースの見方"って言いますけれども,ちょこっとだけ新聞の外電面などに日本では出てくる話ですが,世界はいま本当に息をのむ形で見つめていて,それは中国とベトナムの戦争です。」

 「ご承知のとおり中国とベトナムっていうのは,北から南のベトナムに,中国がハッキリ申せば侵略を繰り返してきた歴史があって,何千年間も対立の歴史があるんですけれども,1979年には中越戦争(*1)という戦争が実際にありました。」

 「ベトナムというのはすごい国で,まずベトナムを支配していたフランスを第二次世界大戦後にたたき出して,つまりフランスに勝って,その後フランスの代わりに入ってきた米国と戦って,1965年から75年までの10年間のベトナム戦争でついに米国に勝ったと…」

 「国家として米国に勝ったのは世界史の中でベトナムだけです。

 で,フランス,米国をそうやってたたき出したベトナムに今度は79年に中国がやってきたんですが,ベトナム戦争時代にベトナムを支援した,つまり同じ社会主義同士で支援した中国がベトナムに侵略を図ったので世界は驚いたわけですけど,それにもベトナムは勝ったわけですね。

 今,何が起きているかというと,ちょっと地図がないのがもちろん残念なんですけど,中国の南部に海南島(*2)という島があって,その海南島からまっすぐ南にどんどんどんどん南シナ海(*3)に降りていくと,そうすると西沙諸島(*4),英語でいうとParacel,それからさらに南には南沙諸島(*5),英語でいうとspratly。
 こういう島々があって,誰が見ても中国から遠くてむしろベトナムやフィリピンに近いわけですけれども,あるいはマレーシアに近いわけですけれども,これ全部中国のものだと主張しているんですね」

N「そうですよね,ええ」

A「こういう小島がもちろん欲しいわけではなくて,その島々の下にある資源を中国が独占しようとしていて,中国の目的は,たとえば人民解放軍とか,共産党の今の幹部が何か儲けたい,私腹を肥やしたい,あるいは菅さんみたいに政権にとどまりたいという話ではなくて,中国は中国なりに,この海底資源をどうやって確保するかが子々孫々の代,これから100年,200年先,民族と国家を左右すると,いわば覚悟を固めてやっているわけですね。
 これに対してこれまで小競り合いが続いてきたんですが,世界がビックリしたのはベトナム海軍が事実上史上初めて実弾演習を展開したんです。
 ベトナム海軍というのは,さっき言いましたが,ベトナムは非常に戦争に強い国で,陸上の戦闘においてはおそらく僕は世界最強だと思いますね。
 ところが海軍というのは非常にちっぽけな海軍力であって,僕はかつてベトナムの海軍の将軍に海上保安庁の…日本のですね,それを海軍と勘違いされて驚いたことがあったんですよ。
 日本の海上保安庁の戦力でもベトナムが見たら大海軍に見えるわけですね。
 実際に中国とベトナム海軍比較したら,中国は950くらいの観戦をもっていて,ベトナム海軍って全部寄せ集めても130隻くらいしかいない。」

N「そんなにさがあるんですか」

A「まあ観戦の数だけで単純比較はしてはいけないけれども,まあ,そうですね,たとえば,大きな象とウサギくらいの違いがあると考えた方が良いですね。」

N「中国はそれでなくとも海軍力を増強してますものね。」

A「おっしゃるとおりで,空母もまもなくせり出してくるわけですけれども,このもしもベトナム海軍が中国海軍と似たような力だったら,逆に実弾演習やっても世界はそう震撼しない,つまり震え上がらないんですね。
 どうしてかっていうと似たもの同士が力見せ合うというのは案外,抑止力になってすぐに戦争に繋がらない。
 ところがちっぽけな小さな小さなベトナム海軍が実弾を使って中国をわざわざ刺激してみせるというのは,これは世界が見ているのは,ベトナムの後ろに大きな力が実は控えている。
 これは,もう分かるでしょうが,アメリカ軍ですね。」

N「共同演習するって話もあるみたいですね。」

A「おっしゃるとおりで来月,共同演習,海軍の共同演習をすることが史上初めてやるってことが決まったんですけれど,10年間ベトナムと戦った米国が今度はベトナムの味方をする。
 ベトナム戦争ってアメリカ人にとっては決して過去のことではなくて,戦友をベトナムで殺されたアメリカ人から見たらですね,残された世代がまだ50,60代ですから,アメリカ人の中にはベトナムを恨んでいる人がまだまだ多いんです。
 米国に行くとそれがよく分かるんですが,それでもなお米国はいまベトナムを支援して,中国と向かい合おうとしててですね,これはメンツの問題とかではなくて資源の争いですから,お互いこの島々で,西沙諸島,南沙諸島のあたりで資源の採掘を実際これからやるんですね。
 いま既に実はベトナムの資源探査船が付けた海底ケーブルを中国がハッキリとそれを切断したりですね,あるいは中国側が射撃を行ってベトナムの漁船が被害を受けたり,実はまあ小さな戦争は始まっていると言っていいわけですね。
 このことというのは,実は日本に非常に深いかかわりがあって,中西さん,米国が突然ですね…一部の議会人という建前になっていますけれども,普天間について急に態度を変えてきて,同じ沖縄にある嘉手納の戦闘機部隊をグアムに下げるから,普天間はもう実現できない辺野古ではなくて,この嘉手納と一緒にしてくれないかと提案していますね。
 菅政権は大慌てで,てか民主党政権は大慌てで,そんな米国が態度を変えて貰っちゃ困ると言っているわけですが,これは実は米国がグアムに下げるというのは,今まで沖縄から朝鮮半島を見ていたのを,グアムに下げることによってこの南シナ海全体ににらみをきかせたいと言うことなんです。
 さらに7月に中西さんがおっしゃったとおり,ベトナム海軍と演習するというのは,横須賀から原子力空母ジョージ・ワシントン(*6)はじめとして第七艦隊(*7)が出て行くと言うことなんですね。
 だから既に日本に深い関係がある上に,実は中国サイドから見たら,尖閣諸島をこれからどうするかについての試金石だと思っているわけです。
 すなわち,私たちの沖縄県の尖閣諸島に,実は台風シーズンになれば,天候が荒れたという名目の下,大漁船団を尖閣諸島に上陸させるプランが実は中国には敢えて申しますが,あります!」

N「第二次・第三次の尖閣紛争の勃発の可能性大と言うことですね。」

A「そのテストケースとして今,南シナ海でベトナム米国連合と中国のにらみ合いがはじまっているわけです。
 先ほどのコーナーで,日本の政治の話を中西さんされていましたけれども,東日本大震災の復興もちろん福島原子力災害を含めて僕にとっても重大な課題なんですけれども,それと同時に国を統治するというのはそういうときにこそ広い目をもって,いわば日本にとって外交的なピンチが始まっているわけですが
,それをチャンスに変えるというのが統治すると言うことであって,
 実は今の民主党政権は残念ながら,野党を含めてですね,日本の政治は統治能力を失っている。
 その統治能力を回復して外交にも向き合わなければならないと言うことだと思います。」(了)

*1 
中越戦争 - Wikipedia 
*2 海南島。南シナ海北部の島で中国海南省に属する。→位置関係
*3 南シナ海(South China Sea)。フィリピンではWest Philippine Sea。→位置関係
*4 
西沙諸島(Paracel Islands。パラセル諸島)。→位置関係
*5 南沙諸島(Spratly Islands。スプラトリー諸島)。→位置関係
*6 ジョージ・ワシントン。アメリカ海軍の航空母艦。母港は横須賀。
*7 第七艦隊米国海軍の艦隊。Wiki

○関連ニュース
 米とベトナム、南シナ海で7月に合同軍事演習 中国をけん制(日本経済新聞)
 米とベトナム来月合同演習 南シナ海で(産経新聞)
 

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : 青山繁晴 中国 米国 ベトナム 南沙諸島 西沙諸島 尖閣諸島 中西一清 ラジオ

ノーベル平和賞に劉暁波氏

 
            ノーベル平和賞劉氏、当局監視下で妻と面会か
http://www.cnn.co.jp/world/30000482.html

 ノーベル平和賞の受賞が決まった中国の民主活動家、劉暁波氏の妻、劉霞さんが、劉氏が服役中の刑務所がある遼寧省錦州市に向けて出発し、10日にも面会する予定とみられている。
 劉氏の弁護士によれば、劉霞さんの携帯電話が7日以来通話不能となり、現在本人と連絡を取ることができない状態だという。
 劉霞さんは8日、「警察から夫と9日に面会させると言われた」と述べていた。夫にノーベル賞受賞のニュースを一刻も早く伝えたいと話していたという。
 劉氏のノーベル平和賞受賞が決まった8日、中国当局は国内メディアに対し、平和賞のニュースに関する厳しい報道管制を実施。またツイッターなどに対するネット検閲が強化されたほか、ノーベル賞公式サイトにある平和賞関連のページへのアクセスも遮断された



中国、「ノーベル平和賞」のネット検索を遮断
http://www.cnn.co.jp/world/30000472.html

 2010年のノーベル平和賞の発表に世界中のマスコミが沸く中、受賞した中国人活動家、劉暁波氏の母国である中国の当局は、公の場から劉氏の名前を抹消しようと奔走している
 例えば、中国の検索エンジンで「劉暁波」または「ノーベル平和賞」と入力しリターンキーを押すとエラーメッセージが表示される。



 関連する動画をご紹介します。

 <ノーベル平和賞 中国人 劉暁波氏 (共産党批判で服役中) >
 

 <劉暁波氏にノーベル賞、菅首相の反応は >
 

 <劉暁波氏にノーベル平和賞――選考者が本音を語る >
 

 <20101008-劉暁波ノーベル平和賞受賞に石平氏がコメント>(オススメ)
 

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

tag : 民主党 中国 ノーベル平和賞

この時期になると思い出す北京五輪の聖火リレー

 
             ブログの更新が停滞気味で申し訳ないです。コメントには目を通しております。本当にありがとうございます。
 今日書く内容は、「つぶやき」の延長なので、あまり気にしないでください(?)。

 この時期になると、どうしても北京五輪の聖火リレーを思い出してしまう。
 長野で行われた異常な聖火リレー。沿道は中国人で真っ赤に染められ、その場にいた日本人たちは、警察が恣意的に中国人の身体の安全を優先的に取り扱ったため、ネットは「警察は誰の味方なのか」と怒りを示す書き込みに溢れた。

 中でも私が最も印象に残っているのは、当時のマスコミの聖火リレーの報じ方であった。

 たとえば、聖火リレーの走者を務めた萩本欽一さん(以下「欽ちゃん」)。
 テレビでは、欽ちゃんが走った後に開かれた会見で

 <欽ちゃんのところで(日本人が聖火リレーの妨害行為を)やんないでよ。ハッピーで終わりたいと思ってたのに>

と発言した部分だけが取り上げられたために、ネットでは、欽ちゃんを非難する声が強かった。

 もちろん当時は、中国チベット人への弾圧が続き、罪なきチベット人たちが正当な理由もなく次々と身柄を拘束されていく中のことだったから、この発言だけを聞けば、私だって怒りに身を震わせたに違いない。

 しかし、実際は違った。

 欽ちゃんがリレーを走った直後の会見の様子をテレビ東京が伝えていたと思うが、そのときは、欽ちゃんは、

 <でも欽ちゃんの前で何か伝えたいと思ってやってくれたのなら、それは嫌じゃないな>

と、日本人のFreeTibetムーブメントや抗議活動に理解を示す趣旨の発言をしていたのだった。

 ただ、どうしてかこの発言の部分だけは、マスコミはカットして欽ちゃんの会見の様子を伝えていた。この部分をカットしたのは、意図的なものだろうが、上記発言のことを知らなかった人たちがネットに欽ちゃんを批判する書き込みをしたことは理解できなくはない。知らなかったのだろうし、マスコミによって知る機会を奪われていたのだから、知る術がほとんどなかったともいえる。

 さて、今の中国における人権状況は、あのときと比べて良くなっているのだろうか。入ってくる情報量は、あのときとあまり変わっていないような気がするし、私の調べた限りでは、中国における人権状況はむしろ悪化していると判断したほうがいいように思う。

 上海万博に浮かれるのはいいけれど、今回の万博で世界が知るべきは、中国において、個人が「信教の自由」すら保障されていない中で生活を強いられることの現実とその非人道性、ではないか。

 Free Tibet. 合掌。

ーーーーー>

○ 今回のエントリと関連するテーマを取り上げた有益なサイト等

 <たけしが聖火ランナー欽ちゃんを痛烈批判、ネットでは賛否両論。>(narinari.com)
 http://www.narinari.com/Nd/2008049331.html

 <中国の人権問題>(Wikipedia)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E5%95%8F%E9%A1%8C

 <今更だけどこれ重大な話:中国の報道統制>(「不条理日記」さま)
 http://himadesu.seesaa.net/article/145928936.html#more

 <中国の人権状況、一部でさらに悪化 米国務省が報告書>(産経新聞)
 http://sankei.jp.msn.com/world/america/100312/amr1003120959004-n1.htm

theme : 民主党・鳩山政権
genre : 政治・経済

tag : チベット 北京五輪 中国 人権 萩本欽一

[国際] 2010年「十大リスク」第5位は「日本」

 
           

<米シンクタンク、ユーラシア・グループは4日、2010年の十大リスクを発表、トップに米中関係、5番目に「日本」を挙げた。
 官僚や産業界の影響を制限しようとする民主党の方針が「より高い政策リスクを招いている」と指摘。「産業界に好意的とは言えない民主党の傾向は財政に対する信頼を損ない、経済的な苦境を深めかねない」と警告した。
 同グループは「民主党の真の実力者は小沢一郎氏」と直言。鳩山由紀夫首相は年内に交代の可能性が高いと分析した。民主党政権は「小泉政権後の脆弱(ぜいじゃく)な政権の延長になりそう」と予測した上で、「政策を立案する官僚の支援を欠き、経済状況もより深刻だ」と悲観的な見方を示した。>

 これだけでは何を書いているのかが分からないし、もともとのデータは日本語向けに公開されているものではないから、例によって第一ソースにあたってみることにしましょう。
 1位 米中関係
 2位 イラン
 3位 欧州の財政政策の不一致
 4位 米国の金融規制問題
 5位 日本

 日本が5位に位置づけられている理由は、大ざっぱに言うと、「日本が政権交代してどうなるのか分からなくなったから」ということのようです。
 小沢幹事長の存在感、首相のスキャンダルなどが作用し、事態がさらに流動化するだろう、ということです。

 ところで、よく日本国内では、米国は中国に擦り寄っているから、日本は米国から見放されてやばいことになるぞ~と言う評論家やジャーナリストが多いのですが、私はそのようには感じません。
 米国が対中関係を重視しているのは間違いありませんが、それは上記ランキングが1位とするように、米中関係は、米国にとって軍事的にも、経済的にも、リスクが高いのです。
 擦り寄っているというよりは、米国にとって危機管理の一環として中国を重視しているに過ぎません。

 中国という独裁国家の国家主席に、百数十名の民主党議員がわざわざ握手をしてもらう姿をカメラに撮ってもらうような我が国の対中外交は、明らかに「媚び」と呼ぶべきですが、米国の「対中重視」は「媚び」とは明確に区別されるべきでしょう。

theme : 民主党
genre : 政治・経済

tag : 民主党 鳩山由紀夫 自民党 中国 小沢一郎 ユーラシアグループ 米国

[中国] いま日中関係は最良だが、いつ反日カードが出てくるか分からない(by FT)

 
             今年のエントリは、今回を含めてあと2個アップする予定です。アクセスしてくださったすべての人に感謝します。
 英国のコラムニストDavid Pilling氏がFinancial Timesで日本と中国に関するコラムを書いています。

 <Beijing finds fine words for its old enemy>
 http://www.ft.com/cms/s/0/0b636690-ea7a-11de-a9f5-00144feab49a.html?nclick_check=1

 記事のタイトルは「北京はかつての敵に良い言葉をかけた」という意味深なもの。当然、「かつての敵」とは、日本のことです。(翻訳しながら読んでいるので、原文の改行が変則的になっています。ご了承ください。)

 <Xi Jinping, the man widely tipped to succeed Hu Jintao as China’s president in 2012, dropped in on Japan’s emperor this week.
 Though such visits are normally arranged months in advance, Beijing gave just a couple of days’ notice, the equivalent in imperial-etiquette terms of loudly banging on your neighbour’s door at 3am asking to borrow a cup of sugar.>

(拙訳)2012年、胡錦涛国家主席の後継者として広く注目されてい習近平〔国家副主席〕は、今週、日本の天皇のもとを訪〔たず〕ねた。
 〔天皇との〕会見は通常数ヶ月前から調整されるものであるが、北京政府が面会の申込みをしてきたのは、ほんの数日前のことだった。皇室の儀礼では、真夜中3時に砂糖を1カップ借りるために近所のドアを騒々しく叩きに来るのと同じことである。

 <A request by Yukio Hatoyama, Japan’s freshly installed prime minister, that an audience be granted even at such short notice, was criticised by some in Japan, particularly on the right. They saw in it a willingness by the new left-of-centre government to kowtow to Beijing.
 Even the normally discreet head of the Imperial Household Agency, the stern and secretive body that controls the royal schedule, objected publicly that the emperor should not be used as a diplomatic tool.>

 新しく就任した日本の首相である鳩山由紀夫氏の指示は、これほどまでに直前の申込みであっても〔国家副主席との面会を〕承諾する、というものだった。これは、日本の一部、とりわけ右翼から批判を受けた。彼らには、中道左派の新政権が北京に媚びているように見えているのだ。
 宮内庁は皇室のスケジュールをコントロールする厳格で閉鎖的な組織であるが、その宮内庁の、普通は控えめな長官でさえも、天皇を外交上の道具として利用すべきでないと公に反対した。

 <But he did coo, in no doubt entirely off-the-cuff remarks: “I hope my visit will contribute to the development of friendly co-operation between the two countries and boost friendship between the two peoples.”>

 しかし習副主席は、全く疑いもなく即興で、次のように〔天皇陛下に〕心地の良い言葉を口にしたのである。
 「私は今回の訪問で日中両国の友好協力の発展と両国人民の友好を後押ししたいのです。」

 〔コラムでは、このことが驚くべきことだ、と指摘します。〕

 <You only need to cast your mind a few years back to realise how remarkable has been the change in tone.〔・・・〕
 Mr Koizumi’s penchant for visiting Yasukuni shrine, a Japanese war memorial vilified by Beijing, meant he was effectively banned from setting foot on Chinese soil.
 Relations entered dangerous territory in 2005 when Japan’s (aborted) endeavour to secure itself a permanent seat on the United Nations Security Council sparked three weeks of anti-Japanese demonstrations in which Japanese commercial and diplomatic interests were attacked the length and breadth of China.>

 数年前の出来事を思い出して欲しい。どんなに珍しいことか気づくことだろう。どんなに彼らのトーンが変わったか、を。
 北京から中傷されている日本人による戦争の記念館「靖国神社」に参りたがる小泉首相の傾向のせいで、事実上小泉首相は中国の土地に上陸することが禁止されていた。
 平成17〔2005〕年には、日本が安保理の常任理事国入りになろうとしたために(後に中止した)、3週間にわたって中国のあちらこちらにある日本の商業施設、外交団が襲われる反日運動が相次いだため、日中関係は危険水域に入った。

 〔・・・〕
 北京にとって、天安門事件以降、反日カード(anti-Japan's card)は使い勝手の良いものだったが、使いすぎを悟ったのもこのころ(小泉政権時)だったこと、その証拠に、明らかに国家主義者であった安倍元首相に中国は友好ムードで迫ってきたこと、などと指摘した上で、このコラムは次のように書いています。

 <Indeed, it is a stated policy aim of Mr Hatoyama’s government to draw even closer to China as part of its strategy to embed itself more solidly in its Asian context.
 Yet it may be too early to declare one of the most prickly relationships in Asia permanently de-thorned.
 When it comes to substantive issues – such as a long-running attempt to settle a demarcation dispute over disputed underwater gas reserves – little tangible progress has been made.
 Fine words can go only so far in healing historical scars.
 There may also still come a time when being nasty to Tokyo becomes more useful to Beijing than being nice.
 If the Communist party ever wants to distract attention from domestic problems, it could yet be tempted to play the anti-Japanese card again.>

 実際のところ、アジアのコンテクストの中に「日本を組み込む」という戦略の一部として、鳩山政権は中国への接近を政策目標に掲げている。
 現時点で、アジアで最も面倒な日中関係から完全にトゲを抜いたなどと断言するのはあまりにも早いかもしれない。
 本質的な問題、たとえば、ガス田をめぐる領海の争いのようなものに至っては、ほとんど進歩がない〔からだ〕。
 美辞麗句は、歴史の傷を癒すにはあまり意味がないかも知れない。
 北京にとっては、東京に卑劣なこと〔反日運動〕をすることのほうが都合がよくなることもあるかもしれない。
 もし、中共が国内の問題から人民の目をそらそうと考えれば、中共はふたたび反日カードを使いたくなることもあり得るのだ。

 (酷い訳をご提供してしまったのは、私がお酒を飲みながら書いているからです。という言い訳を今年の最後にしてしまうのは、なんともお恥ずかしい限り。。)

 ただ、ポイントをまとめてみると、こんな感じになるでしょうか。

1.特例会見問題は、皇室の儀礼から言えば、かなり失礼なものであることは間違いない。

2.それでも鳩山首相が「Go」サインを出したことで、日本の右派を中心に非難の声が上がっている。

3.だが、その問題に覆い隠された事実にも目を留めなければならない。それは、習副主席が天皇陛下に向かって美辞麗句を述べた、という事実だ。

4.これまでの日中関係を見れば、それが意外なことである、と受け止める必要がある。

5.小泉政権時代、日中関係は危険水準に達していたものの、中国はそのときに「反日カード」を使いすぎたことを自覚していた。そのため、安倍政権時代には、中国は日本に対して友好的な態度で接することにした。

6.日中関係の強化という点で、今日、日中両国は同じ方向を向いている。なぜなら、中国は日本の発展に倣うべく、日本の公共政策や技術開発を通じたエネルギー効率の良い国を作る方法を知りたがっている一方、日本は最大の貿易相手である中国の無尽蔵の労働力を使いたいと思っているからだ。

7.ただし、アジアにおける日本の地位を確立させたいという鳩山政権であるが、日中関係が美辞麗句で固められ、一見関係が良好のように見えたとしても、中国国内の情勢いかんによっては、中共が自国の不満のガス抜きをさせるために、いつまた反日カードをきってくるかわからない、というリスクがある。

 このコラムは、なかなか有益な指摘だとおもいます。みなさんはどのようにお考えになりましたでしょうか。

theme : 天皇陛下・皇室
genre : 政治・経済

tag : 民主党 鳩山由紀夫 マスコミ 中国 フィナンシャル・タイムズ FT

プロフィール

くるくる

管理者:くるくる
 主に政治ニュースを取り扱っています。メディア・リテラシーを身につけて客観的に物事を見つめる能力を養うことが目的です。
 コメントは遠慮なくお寄せください。

記事一覧
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンクツリー

 
Twitter
ブログ内検索
管理人へメール
管理人へ私信を送りたい際にご利用ください。

名前(匿名可です。):
メール:
件名(任意):
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
タグクラウド
伴奏(#1)FT(#1)橋下徹(#2)パイレーツ・オブ・カリビアン(#1)一君萬民ノ政治(#1)閣僚(#2)毎日新聞(#3)占領政策(#1)リスク(#1)山本孝史(#1)君が代(#2)重加算税(#1)ラジオ(#1)衆院選(#2)国民主権(#1)日の丸(#1)クラスター爆弾(#1)倫理(#1)体罰(#8)府知事選(#1)萩本欽一(#1)ロキソニン(#2)民団(#1)自由(#1)チャレンジド(#1)核持ち込み(#1)法規範(#1)大阪市(#6)検察(#2)日比谷公園(#1)年金(#2)日米首脳会談(#1)信教の自由(#1)財務省(#1)南沙諸島(#1)國体ノ護持(#1)李明博(#1)青木幹雄(#1)扶養控除(#2)おことば(#1)人権(#3)成年(#1)海上自衛隊(#1)国連気候変動首脳会合(#1)保守(#2)民法(#2)非正規社員(#1)ブッシュ(#1)総裁選(#1)国家戦略室(#2)玻南ちゃん(#1)福田康夫(#2)核密約(#1)亀井静香(#3)非正規雇用(#1)博士の独り言(#1)イデオロギー(#2)子ども手当(#2)社畜(#1)増税(#2)安全保障(#1)朝鮮(#1)農薬(#1)内閣府(#1)Wi-Fi(#1)前原誠司(#1)フィナンシャル・タイムズ(#1)winny(#1)キリスト教(#2)地球温暖化(#2)社会党(#1)アフガニスタン(#1)国家共同体(#1)死刑存置(#1)日本テレビ(#1)南京大虐殺(#1)中曽根康弘(#1)小沢一郎(#25)追徴課税(#1)上田清司(#1)官房長官(#2)正社員(#1)一票の格差(#1)演説(#2)マードック(#1)イラク戦争(#2)チベット(#3)TBS(#2)宗教(#1)長妻昭(#3)高田晴行(#1)COP15(#1)仕分け人(#1)青山繁晴(#2)思いやり予算(#1)外国人労働者(#1)進歩党(#1)日本共産党(#3)裁判員(#1)Constitution(#1)神社(#1)Buddhist(#1)日米安保(#2)尖閣諸島(#1)ベーシックインカム(#1)ユーラシアグループ(#1)ソマリア(#1)麻生太郎(#3)消費税(#3)法務大臣(#1)コリアン(#1)吉永みち子(#2)特例会見(#1)米国(#10)国民新党(#4)中西一清(#1)沖縄(#2)教師(#2)税金(#1)市橋達也(#1)渡部恒三(#2)副鼻腔炎(#13)ピルグリム・ファーザーズ(#1)マルキスト(#1)国家(#1)シーシェパード(#1)普天間(#1)国際(#1)所得控除(#2)聖域なき構造改革(#1)宮内庁(#1)平沼赳夫(#1)司法(#1)大法廷(#1)中国(#27)多摩キャンパス(#1)表現の自由(#1)指導(#1)首班指名(#1)ポツダム宣言(#1)中学(#1)後鼻漏(#13)真言宗(#1)外国人管理職事件(#1)山崎拓(#3)暴力(#6)Mac(#1)佐藤栄作(#1)不起訴不当(#1)平松賢司(#1)ベトナム(#1)郵政民営化(#1)iMac(#1)小泉純一郎(#4)頭痛(#13)不安神経症(#1)ノーベル平和賞(#1)参院選(#2)小泉構造改革(#2)鼻水(#13)酒井法子(#1)チベット仏教(#1)事件(#1)毒入り餃子(#2)外交(#1)高窪統(#1)責任(#1)構造改革(#1)韓国(#9)学校(#1)アジア主義(#1)自民党(#37)新党日本(#2)田中康夫(#2)GHQ(#3)国務省(#1)平手(#1)思想及び良心の自由(#1)朝鮮総連(#1)歴史認識(#1)児童ポルノ禁止法(#1)肝炎(#1)厳罰化(#1)胡錦涛(#1)比例区(#1)日韓トンネル(#1)高木八尺(#1)鼻(#13)天皇(#16)罪刑法定主義(#1)拉致(#2)振り込め詐欺(#1)戸籍法(#1)横路孝弘(#2)食の安全(#2)PRAM(#1)NYT(#1)生活(#1)外国人参政権(#22)年頭所感(#1)中川昭一(#1)日本維新の会(#1)夫婦別姓(#1)空知太神社(#1)9条(#3)石原慎太郎(#1)同意(#1)事業仕分け(#2)政教分離(#2)公務執行妨害罪(#1)クジラ(#1)朝ズバッ!(#1)北朝鮮(#1)死刑(#1)扇子(#1)公明党(#7)検察審査会(#1)SWINC(#1)日韓トンネル研究会(#1)アジア(#1)議員立法(#1)バッテリー(#1)安重根(#1)児童ポルノ(#2)鳩山由紀夫(#50)仏教(#2)関門海峡(#1)非正規(#1)新党大地(#2)グリーンピース(#1)Apple(#1)憲法改正(#4)天皇誕生日(#1)検察審査員(#1)リアリスト(#1)戦争(#1)所得税(#1)ニクソン(#1)単純所持(#1)開かれた政党(#1)国連(#2)後楽園キャンパス(#1)衆議院(#1)田中均(#1)AirMac(#1)アダムスミス(#1)即位20周年(#1)脱税(#1)プラハ演説(#1)リベラル(#1)偽装献金(#3)法治国家(#1)核兵器のない世界(#1)生徒(#7)接続時間(#1)改憲(#1)世論調査(#1)議員定数不均衡(#1)慢性副鼻腔炎(#13)鼻づまり(#13)生活保護(#2)加藤紘一(#1)政府(#1)イスラエル(#1)社民党(#4)宗教右翼(#1)裁判権(#1)就任(#1)岡田克也(#5)報道の自由(#1)憲法(#9)政界再編(#1)社会保険庁(#1)竹原信一(#1)外国人(#2)コンテナ船(#2)尾辻秀久(#1)マスコミ(#36)菅直人(#4)わいせつ(#1)鯨(#1)産経新聞(#1)起訴議決(#1)労働市場の流動化(#1)民主党(#100)日本郵政(#1)仙谷由人(#1)核兵器(#1)信仰(#1)北京五輪(#1)西山太吉(#1)大阪(#2)モラル(#1)緊張型頭痛(#7)タイ(#1)日韓併合(#1)議長(#1)東アジア共同体(#5)高校(#6)行政罰(#1)児童手当(#1)麻生首相(#1)無申告加算税(#1)自由党(#1)新自由主義(#1)派遣(#1)グローバリズム(#1)朝日新聞(#2)平田健二(#1)密約(#2)改正(#1)永住外国人地方参政権付与法案(#1)捕鯨(#1)護衛艦(#1)長島昭久(#1)投票(#1)国体明徴(#1)急性副鼻腔炎(#13)ファシズム(#1)参政権(#1)大阪府知事選(#1)guardian(#1)死刑廃止論(#1)刑事罰(#1)住民訴訟(#1)護憲(#1)平沼グループ(#1)関門海峡衝突事故(#1)ネット(#1)MacBook(#1)前文(#2)片山虎之助(#1)環境税(#1)読売新聞(#1)オバマ(#10)大前研一(#1)刑事責任(#1)規制緩和(#1)平野博文(#3)象徴天皇制(#1)給付(#1)マクリーン事件(#1)刑法(#1)みんなの党(#4)沖縄密約(#1)記者クラブ(#3)吉野文六(#1)日本国憲法(#5)悪魔ちゃん(#1)カダフィ(#1)自殺(#6)命名権(#1)被害者の権利(#1)平和的生存権(#1)田付景一(#1)ボートマッチ(#1)ワーキングシェア(#1)パキスタン(#1)年収要件(#1)政治資金規正法(#1)失言(#2)イスラム教(#2)外務省(#4)報道(#1)選挙権(#1)平和(#1)民事責任(#1)組合(#1)起訴相当(#1)最高裁(#3)派遣村(#2)軍国主義(#2)川田龍平(#1)民本主義(#1)政治利用(#7)野中広務(#1)民主主義(#1)裁判(#1)政治(#1)イラク(#1)東アジア(#1)死刑廃止(#1)核兵器なき世界(#1)不法残留(#1)西沙諸島(#1)訴追(#1)日本(#2)創価学会(#2)差別(#2)判例(#2)配偶者控除(#2)二分論(#1)川上義博(#1)厚生労働省(#2)ワーク・シェアリング(#1)自衛隊(#1)海賊(#1)適正手続(#1)幇助犯(#1)阿久根市(#1)障碍者(#2)75条(#1)ASEAN(#1)千葉景子(#3)平和主義(#3)中央大学(#1)telegraph(#1)ブログ(#1)ネブライザー(#3)GHQ(#1)