FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

[メール] 特例会見について

匿名のメールが届きました(拙blogの右カラムからメールを送ることが可能です。)。
 返信先がありませんでしたし、辛辣なお叱りの内容でしたので、こちらに簡単にお返事だけしておきます。

 連日取り上げている、特例会見問題ですが、中曽根元首相が官邸に働き掛けたのではないか、とする話があるのは承知しています。ある人から聞きましたが、今週中に発売するある週刊誌も、中曽根氏の関与を指摘する報道をするそうです。

 そのことをもって、私のこれまでにしてきた指摘が的外れだとのことですが、仮に、小沢幹事長にせよ、中曽根元首相にせよ、内閣の構成員ではない以上、今回の特例措置は極めて不適切なものだと私は考えます。

 それに、彼等の働き掛けに呼応し、結果、政権は官房長官を通じて特例会見のセッティングをしたのは疑いようもない事実です。

 もしこれらを不当な働き掛けというのであれば、官房長官がこれに応じなければいいだけのことだったのです。

 それに、一番悪いのは羽毛田宮内庁長官だから、私のした指摘は的外れだ、とのことですが、今回、宮内庁は最低でも2回(外務省1回、官房長官1回)、要請を拒絶しています。
 それにもかかわらず、官房長官が、再度(しかも同日中に)電話により重ねてこれを要請したことから、しぶしぶ応じたのです。

 むろん羽毛田長官の過去の言動には望ましくないものもありましたが、今回の彼の対応は精一杯のところだったのかな、と善解しています。

 なお、憲法7条の国事行為の中に、本件の会見が当たらないことは同感ですが、だからといって天皇陛下の行為の結果について、内閣が責任を負わなくてもよいことにはなりません。
 天皇陛下が喜んで会見に応じられたから、結果オーライということは断じて言えません。
 天皇陛下に国政に関する権能が認められない以上、内閣は常に天皇陛下の行動に政治的責任を負うと考えるべきです。(このことは、憲法の標準的なテキストに書いてあることですから、一度お読みになるとよろしいかと存じます。)

 あと、今回の特例会見を批判した安倍元首相を馬鹿になさっていますが、安倍元首相が御嫌いなのは伝わりましたが、バイアスがかかりすぎていて、言っていることがよく分かりません。
(安倍元首相が統一協会の信者うんぬんといいますが、そもそも安倍元首相の家は天台宗ですよ…)

 それに加えて、同メールでは、次期国家主席と噂される人物と天皇陛下との会見を特例であっても認めることは、日本にとっても大きな意味を持つ、とされていましたが、私はこれにも反対の意見です。

 そもそも、先に来日した中国の国家副主席は、まだ国家主席ではないのです。もちろん「集金ペイ」(漢字が即座に出てこないので許してください。)は、中共の中でも輝かしい経歴、出自であり、エリートであることは間違いありませんが、現在の政治的序列は上から6番目に過ぎません。
 「喜びの中でお迎えしたい」などと鳩山首相は良く分からないことを言っていますが、百歩譲っても彼が国家主席になった後にそうすべきであって、いったいどんな妄想を膨らませているのだろう、とおもいますね。
 

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/12/16(水) 20:48:13|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2