FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

[増税] 気づいたら消費税増税派が「国家戦略室」担当大臣になっている件

 菅直人氏が財務大臣に就くことで、菅氏がこれまで務めてきた国家戦略室の担当大臣のポストが空席になります。

 鳩山首相は、国家戦略室の担当大臣に、行政刷新担当大臣の仙谷由人氏が兼務する方針を固めました。
 今後の税制の在り方は、仙谷氏の下で構想を練ることになります。

 その仙谷氏と菅氏との最大の違いは、消費税の考え方です。

<仙谷氏は11年度予算の財源確保について「消費税はもちろん、法人税も所得税も新しい発想で臨まなければ(11年度)予算編成が出来ない可能性もある」と指摘した。「人口減少、超高齢化社会の中で、現役世代に大きな負担をかける仕組みはもたない。消費税を20%にしても追いつかない」とも述べ、増大する社会保障費の財源を確保するためには、消費税率の大幅引き上げもやむを得ないとの見方を示した。>

 鳩山首相は、少なくとも4年間(衆議院議員の任期満了時)は、消費税を増税しないと言ってきましたが、仙谷氏は、明確な形で財源確保のために「消費税の増税」を具体的な形で主張しています。
 しかも仙谷氏は、参院選の翌年である平成23年(2011年)に、消費税引き上げを含む税制改正を行おう、というのです。

 表向きは「消費税を上げない」と言っている政権ですが、既に政権内では消費税増税でコンセンサスを築いている、ということでしょうか。

 いずれにせよ、消費税を引き上げるのであれば、国民に明確な形で訴えかけるべきです。

 少なくとも、菅氏は消費税引き上げを容認しない立場だったはずですから、税制改正を担当する国家戦略室の新担当大臣は消費税引き上げを容認する積極的な立場に変わった、ということを国民に広く知らしめるべきではないでしょうか。

 その上で、参院選で「消費税引き上げの是非」を争点に選挙を争うべきです。

 国民の知らない間に、消費税が20%以上の水準に引き上げる案が閣内で固められていて、国民が知ったときにはもう遅かった・・・などということにならないようにお願いしたいものです。

 にしても、なんというか、こう軽々に消費税引き上げということを口にする議員が民主党にも多くなってきましたね。財務官僚が耳元でささやいているのでしょうか・・・

*次回更新 1月11日(月) 少し間が空きますが、ご了承ください。Twitterのほうでは、毎日つぶやいていますので、よろしかったらどうぞ。

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/01/08(金) 01:14:57|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2