FC2ブログ

鳩山首相の国連演説に外国メディアが大絶賛!?

 
            鳩山首相の国連演説に外国メディアが大絶賛!?

 鳩山首相が9月22日に国連気候変動サミットで温室効果ガス25%削減を表明した

 日本のメディアは、鳩山首相が削減目標を述べた際に会場から拍手をもらっている映像を繰り返し流し、世界から絶賛されている、と報じていた。

 私も「そんなに海外に注目されているのか」と思って、どのように報じられているのか気になって、英国BBC、米国NYTといった海外メディアの動向を調べてみた。

 しかし、いくら探しても、絶賛はおろか、まともに報じているメディアが見あたらない。むしろ、当日の話題は、オバマ大統領と胡錦涛国家主席の会談ばかりだ。

 私が確認した限りでは、鳩山首相の国連での演説を報じた記事は見あたらなかった。

 日本のマスコミは「拍手喝采を浴びた」と演説を持ち上げるけれども、海外メディアの注目度は決して高くなく、日本のマスコミが言うほど、あの演説で国際社会での地位は上がっているとは思えない(演説で国際的地位が上がれば苦労しない・笑)。

 それでも、連日、日本のマスコミが報じているので、もしかすると演説の翌日に海外で取り上げられるかもしれないと気になったが、23日になっても一向に報じる気配はない。
 
 日本では、「日本は経済大国だから、日本の動向に注目が集まっている」とし、だからこそ、日本が先進国の中でいち早く厳しい環境基準を提唱したことは、意義深い、と言われる。
 後段については賛成できる部分もないわけではないが、前段は大きな誤りだ。
 日本の首相の演説よりも、安全保障理事会における旧連合国の拒否権を批判し、「大国も小国も平等だというが、それはウソだ」と主張したカダフィ演説のほうが、海外での注目度は高い。

 これは鳩山首相が悪いといっているわけではない。それは、むしろ、海外の目を気にしすぎなマスメディアの問題である。
 靖国問題のときもそうだ。いちいち中国政府に「日本の政治家が靖国参拝することについてどう思いますか」などと聞く日本の記者たち。その質問に意味があるのだろか。

 日本の外交上のプライオリティを打ち崩すことに躍起になっているマスメディアに、民主党は引きずられるべきではない。

theme : 環境・資源・エネルギー
genre : 政治・経済

tag : 民主党 鳩山由紀夫 国連 演説 カダフィ 胡錦涛 オバマ

国連気候変動首脳会合での鳩山首相のスピーチ(全文)

 
             2009年9月22日の国連気候変動首脳会合での鳩山首相のスピーチ。

It is my great pleasure to address this timely meeting of the United Nations Summit on Climate Change. I was appointed as Prime Minister of Japan six days ago, in a historic change of government achieved through the will of the people at the recent elections.

Climate change affects the entire globe and requires long-term and international efforts. Thus, it is imperative for all countries to address the issue under the principle of "common but differentiated responsibilities". With the change of government, as Prime Minister of Japan, I will now seek to unite our efforts to address current and future global climate change, with due consideration of the warnings of science.

[Reduction targets]

Allow me to touch upon the issue of reduction targets for greenhouse gas emissions.

Based on the discussion in the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC), I believe that the developed countries need to take the lead in emissions reduction efforts. It is my view that Japan should positively commit itself to setting a long-term reduction target. For its mid-term goal, Japan will aim to reduce its emissions by 25% by 2020, if compared to the 1990 level, consistent with what the science calls for in order to halt global warming.

This is a public pledge that we made in our election manifesto. I am resolved to exercise the political will required to deliver on this promise by mobilizing all available policy tools. These will include the introduction of a domestic emission trading mechanism and a feed-in tariff for renewable energy, as well as the consideration of a global warming tax.

However, Japan's efforts alone cannot halt climate change, even if it sets an ambitious reduction target. It is imperative to establish a fair and effective international framework in which all major economies participate. The commitment of Japan to the world is premised on agreement on ambitious targets by all the major economies.

On the establishment of the domestic emission trading market, we will promote exchange of information on systems of other countries, and hold discussions on the issue, bearing in mind the impact on international competitiveness as well as possible future linkages among countries.

[Support for developing countries]

Climate change requires a global response. In the process of furthering sustainable development and poverty reduction, developing countries must aim to reduce greenhouse gas emissions under the principle of "common but differentiated responsibilities". This is especially important for developing countries with large emissions.

Solving the problem of climate change will entail a vast amount of financial resources, in particular to support adaptation efforts by vulnerable developing countries and small island countries. Such financing should be strategically expanded. Japan is prepared to provide more financial and technical assistance than in the past, in accordance with the progress of the international negotiations.

Public financial assistance and technology transfer to developing countries are critically important.

However, they alone will not meet the financial needs of developing countries. I therefore intend to work with world leaders on creating a mechanism that not only ensures the effective use of public funds but also facilitates the flow of private investments.

Japan deems the following four principles essential in assisting developing countries:

First, the developed countries, including Japan, must contribute through substantial, new and additional public and private financing.

Second, we must develop rules that will facilitate international recognition of developing countries' emissions reductions, in particular those achieved through financial assistance, in a measurable, reportable and verifiable manner.

Third, on assistance to developing countries, consideration should be given to innovative mechanisms to be implemented in a predictable manner. And an international system should be established under the auspices of the UN climate change regime. This system should facilitate one-stop provision of information on and matching of available bilateral and multilateral financing, while securing transparency and effective utilization of assistance.

Fourth, Japan proposes to establish a framework to promote the transfer of low-carbon technologies which ensures the protection of intellectual property rights.

I would like to propose to the international community a "Hatoyama Initiative", based on what I have just outlined. The Kyoto Protocol was a historic milestone, as the first international framework that obligated nations to reduce greenhouse gases. Effective efforts, however, cannot be realized unless a new framework is created. To that end, towards establishing a fair and effective new single undertaking, I will exert every effort for the success of Copenhagen, in the course of formulating this initiative.


[Conclusion]

Active measures to address climate change such as the Green New Deal initiated by President Obama will open new frontiers and create new opportunities for employment in the world economy, particularly in such fields as clean energy technologies, including electric vehicles, and solar power generation.

Japan has relatively strong potential for technological development as well as considerable financial capacity. Thus I recognize that Japan is expected to take the lead in the international community in setting its own reduction target, and to achieve such target through the development of innovative technologies. I have full confidence in the abilities of the Japanese people and our companies. Political leaders at this time also have a responsibility to future generations to create a sustainable society by transforming the social structure that we have known since the Industrial Revolution.

In conclusion, I wish to make a strong appeal to you to work together, so that we will be able to make significant achievements in Copenhagen in December and that the people of the world will be able to say that their leaders made crucial decisions for the sake of future generations.

Thank you very much.

 * * * * *

(要旨)

1.中期目標として、温暖化を防止するために、科学的に求められる水準として、平成2(1990)年比で平成32(2020)年までに25%を削減する。
2.その目標を達成するための手段としては、国内排出量取引制度、再生可能エネルギーの固定価格買取制度、地球温暖化対策税を検討する。
3.日本だけが高い削減目標を策定しても、気候変動はとまらない。世界の主要国の協力を集める耕平かつ実効的な国際的枠組みの構築が不可欠だ。
4.温室効果ガスを多く排出している途上国に、我が国は、これまで以上の資金的技術的支援を提供する準備がある。
5.途上国支援に関する原則「鳩山イニシアチブ」(*)を国際社会に訴えていきたい。
6.今日、出席をしているオバマ大統領が提唱した「グリーン・ニューディール」のように、気候変動への取り組みは、クリーン・エネルギーなどのグローバル経済の新たなフロンティアと新規雇用を創出するだろう。
7.世界で比較的に高い技術を持ち、資金力を持っている日本が、率先垂範して削減目標を策定し、イノベイティブなテクノロジーを生み出しながら、その削減を実現していくことが、国際社会で求められている役割だと認識する。

*1 鳩山イニシアチブ=途上国支援の基本原則のこと。(1)日本を含む先進国の官民資金による貢献(2)途上国の排出削減の検証可能なルール策定(3)資金の透明性、実効性確保のための国際システム構築(4)技術移転に伴う知的所有権保護をその内容とする。

* 次回更新9/25

theme : 民主党・鳩山政権
genre : 政治・経済

tag : 国連 国連気候変動首脳会合 鳩山由紀夫

プロフィール

くるくる

管理者:くるくる
 主に政治ニュースを取り扱っています。メディア・リテラシーを身につけて客観的に物事を見つめる能力を養うことが目的です。
 コメントは遠慮なくお寄せください。

記事一覧
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンクツリー

 
Twitter
ブログ内検索
管理人へメール
管理人へ私信を送りたい際にご利用ください。

名前(匿名可です。):
メール:
件名(任意):
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
タグクラウド
裁判員(#1)ボートマッチ(#1)上田清司(#1)非正規社員(#1)年頭所感(#1)不安神経症(#1)ベーシックインカム(#1)キリスト教(#2)地球温暖化(#2)リアリスト(#1)内閣府(#1)韓国(#9)岡田克也(#5)国体明徴(#1)平和的生存権(#1)田中康夫(#2)聖域なき構造改革(#1)刑事責任(#1)阿久根市(#1)環境税(#1)労働市場の流動化(#1)クラスター爆弾(#1)後鼻漏(#13)開かれた政党(#1)死刑廃止論(#1)一君萬民ノ政治(#1)子ども手当(#2)モラル(#1)Wi-Fi(#1)公務執行妨害罪(#1)日本維新の会(#1)衆議院(#1)米国(#10)夫婦別姓(#1)起訴相当(#1)パイレーツ・オブ・カリビアン(#1)無申告加算税(#1)大阪府知事選(#1)加藤紘一(#1)仙谷由人(#1)政府(#1)國体ノ護持(#1)国家(#1)信教の自由(#1)軍国主義(#2)核持ち込み(#1)佐藤栄作(#1)議員定数不均衡(#1)guardian(#1)扇子(#1)捕鯨(#1)差別(#2)リスク(#1)思想及び良心の自由(#1)象徴天皇制(#1)海賊(#1)脱税(#1)winny(#1)長妻昭(#3)コリアン(#1)進歩党(#1)ユーラシアグループ(#1)千葉景子(#3)司法(#1)核兵器のない世界(#1)パキスタン(#1)ロキソニン(#2)組合(#1)ノーベル平和賞(#1)人権(#3)拉致(#2)所得控除(#2)福田康夫(#2)年金(#2)空知太神社(#1)宮内庁(#1)アフガニスタン(#1)記者クラブ(#3)就任(#1)表現の自由(#1)衆院選(#2)児童手当(#1)日本テレビ(#1)イスラム教(#2)ネット(#1)死刑廃止(#1)演説(#2)君が代(#2)石原慎太郎(#1)慢性副鼻腔炎(#13)仕分け人(#1)玻南ちゃん(#1)体罰(#8)官房長官(#2)比例区(#1)財務省(#1)胡錦涛(#1)食の安全(#2)安重根(#1)天皇誕生日(#1)マスコミ(#36)法治国家(#1)麻生首相(#1)大前研一(#1)行政罰(#1)神社(#1)伴奏(#1)社畜(#1)国連気候変動首脳会合(#1)中川昭一(#1)国務省(#1)日米首脳会談(#1)単純所持(#1)東アジア(#1)朝日新聞(#2)青山繁晴(#2)訴追(#1)イラク戦争(#2)不法残留(#1)平手(#1)後楽園キャンパス(#1)自由(#1)参政権(#1)南沙諸島(#1)鳩山由紀夫(#50)山本孝史(#1)沖縄(#2)NYT(#1)給付(#1)日米安保(#2)AirMac(#1)大阪市(#6)アジア(#1)被害者の権利(#1)刑法(#1)おことば(#1)生徒(#7)刑事罰(#1)偽装献金(#3)MacBook(#1)社民党(#4)信仰(#1)配偶者控除(#2)命名権(#1)尾辻秀久(#1)裁判(#1)イラク(#1)中央大学(#1)国家戦略室(#2)普天間(#1)telegraph(#1)わいせつ(#1)TBS(#2)リベラル(#1)日本国憲法(#5)郵政民営化(#1)思いやり予算(#1)カダフィ(#1)COP15(#1)鯨(#1)ピルグリム・ファーザーズ(#1)平野博文(#3)法務大臣(#1)みんなの党(#4)閣僚(#2)派遣村(#2)政界再編(#1)安全保障(#1)朝鮮総連(#1)イデオロギー(#2)高木八尺(#1)西沙諸島(#1)橋下徹(#2)川上義博(#1)首班指名(#1)片山虎之助(#1)田付景一(#1)公明党(#7)悪魔ちゃん(#1)自由党(#1)チベット(#3)南京大虐殺(#1)国連(#2)GHQ(#3)民団(#1)生活保護(#2)核密約(#1)吉野文六(#1)護衛艦(#1)ワーキングシェア(#1)川田龍平(#1)学校(#1)FT(#1)議長(#1)平沼赳夫(#1)憲法(#9)長島昭久(#1)非正規雇用(#1)戦争(#1)新党大地(#2)失言(#2)生活(#1)改憲(#1)天皇(#16)野中広務(#1)住民訴訟(#1)ファシズム(#1)尖閣諸島(#1)9条(#3)中曽根康弘(#1)マードック(#1)グリーンピース(#1)厚生労働省(#2)民主主義(#1)児童ポルノ禁止法(#1)山崎拓(#3)宗教(#1)西山太吉(#1)ブログ(#1)即位20周年(#1)関門海峡(#1)プラハ演説(#1)北京五輪(#1)障碍者(#2)李明博(#1)平和(#1)前原誠司(#1)投票(#1)タイ(#1)派遣(#1)成年(#1)新自由主義(#1)密約(#2)倫理(#1)Buddhist(#1)民事責任(#1)イスラエル(#1)緊張型頭痛(#7)不起訴不当(#1)外国人管理職事件(#1)事業仕分け(#2)前文(#2)フィナンシャル・タイムズ(#1)田中均(#1)厳罰化(#1)マクリーン事件(#1)追徴課税(#1)アジア主義(#1)産経新聞(#1)北朝鮮(#1)横路孝弘(#2)事件(#1)死刑(#1)ポツダム宣言(#1)二分論(#1)検察審査会(#1)多摩キャンパス(#1)小泉純一郎(#4)吉永みち子(#2)沖縄密約(#1)戸籍法(#1)暴力(#6)検察(#2)農薬(#1)起訴議決(#1)護憲(#1)参院選(#2)亀井静香(#3)ニクソン(#1)頭痛(#13)渡部恒三(#2)高田晴行(#1)政治(#1)オバマ(#10)保守(#2)一票の格差(#1)日比谷公園(#1)朝ズバッ!(#1)菅直人(#4)占領政策(#1)児童ポルノ(#2)判例(#2)扶養控除(#2)接続時間(#1)日本郵政(#1)真言宗(#1)外国人労働者(#1)麻生太郎(#3)日韓トンネル(#1)歴史認識(#1)総裁選(#1)日本共産党(#3)市橋達也(#1)死刑存置(#1)年収要件(#1)日韓トンネル研究会(#1)SWINC(#1)大法廷(#1)核兵器なき世界(#1)関門海峡衝突事故(#1)改正(#1)憲法改正(#4)国民新党(#4)大阪(#2)読売新聞(#1)PRAM(#1)中国(#27)バッテリー(#1)社会党(#1)議員立法(#1)外国人参政権(#22)永住外国人地方参政権付与法案(#1)報道の自由(#1)鼻づまり(#13)高校(#6)平田健二(#1)75条(#1)民本主義(#1)政治利用(#7)チベット仏教(#1)外交(#1)創価学会(#2)報道(#1)適正手続(#1)自民党(#37)外国人(#2)国家共同体(#1)裁判権(#1)酒井法子(#1)教師(#2)規制緩和(#1)コンテナ船(#2)重加算税(#1)ネブライザー(#3)責任(#1)消費税(#3)法規範(#1)マルキスト(#1)外務省(#4)アダムスミス(#1)日の丸(#1)GHQ(#1)検察審査員(#1)同意(#1)クジラ(#1)所得税(#1)iMac(#1)政治資金規正法(#1)民法(#2)幇助犯(#1)鼻(#13)鼻水(#13)正社員(#1)チャレンジド(#1)ワーク・シェアリング(#1)肝炎(#1)指導(#1)朝鮮(#1)東アジア共同体(#5)自衛隊(#1)平松賢司(#1)宗教右翼(#1)毒入り餃子(#2)政教分離(#2)ラジオ(#1)Apple(#1)構造改革(#1)新党日本(#2)高窪統(#1)平和主義(#3)小泉構造改革(#2)府知事選(#1)中学(#1)罪刑法定主義(#1)中西一清(#1)グローバリズム(#1)Constitution(#1)平沼グループ(#1)青木幹雄(#1)日本(#2)萩本欽一(#1)仏教(#2)小沢一郎(#25)非正規(#1)自殺(#6)海上自衛隊(#1)最高裁(#3)副鼻腔炎(#13)急性副鼻腔炎(#13)選挙権(#1)毎日新聞(#3)日韓併合(#1)増税(#2)竹原信一(#1)ASEAN(#1)Mac(#1)社会保険庁(#1)ベトナム(#1)民主党(#100)国民主権(#1)ブッシュ(#1)世論調査(#1)シーシェパード(#1)振り込め詐欺(#1)ソマリア(#1)国際(#1)博士の独り言(#1)核兵器(#1)特例会見(#1)税金(#1)