FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

鳩山代表=民主党=は情報に対して警戒せよ

衆院選が終わりました。結果はみなさんもご想像のとおりとなりました。マスメディアが事前に報じていたほど、自民党は負けませんでしたが(ある報道では100議席を割ると言われていました。)、それでも選挙の結果は歴史的な政権交代が実現するに十分なものとなりました。

私は自民党にも民主党にも投票しませんでした。自分の投票行動が示すとおり、これからも自民党・民主党の二大政党に振り回されない客観的な立場から冷静に政治を見つめていこうと思います。


さて、民主党の大勝から二日が経って、ある論文が物議を醸している。

 鳩山代表:「論文」に米国内波紋「アジア寄り?」
 http://mainichi.jp/select/world/news/20090901k0000e010052000c.html

 米ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)などに掲載された鳩山由紀夫民主党代表の論文がワシントンで波紋を広げている。東アジア共同体の創設を提唱するなどアジア重視の姿勢を掲げ、米国からの「自立」を強調したためだ。新政権は当面、「米国と距離を置く政権」とのイメージをぬぐい去るため、釈明に追われることになりそうだ。
 「日本は中国などとより緊密な関係を築きたいようだ。日米関係は変わるのか」
 「新指導者は米国への従属から脱却したいと言っている」
 8月31日のホワイトハウスの報道官会見では、鳩山論文を踏まえた日米関係に関する質問が相次いだ。ギブス報道官は「どんな政権になろうが日米の強い関係は継続すると信じている」と応じたものの、「鳩山氏がどういう意味で(米国への)従属と言っているのか分からない」と不信感ものぞかせた。

 毎日新聞も言っているが、米国では日本の衆院選への関心が決して高くはなかった。
 だが、米国の有力紙である「ニューヨーク・タイムズ(NYT)」は投票日3日前の8月27日に、鳩山代表が書いたとされる論文を掲載した。この論文の内容が問題になっている。

 論文のタイトルは「日本の新しい道」。「米国主導のグローバリズムは終えんに向かう」と主張する一方、通貨統合や集団安全保障も視野に入れた東アジア共同体の創設を提唱。日米安全保障条約について「日本の外交政策の礎石」と触れているものの、日米同盟の将来像については言及していない。

 しかし、鳩山代表側はNYTの記事について、以下のように反論している。
 鳩山論文「寄稿の事実ない」
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090901-00000061-san-pol

 民主党鳩山由紀夫代表は31日、月刊誌「Voice」(9月号、PHP研究所)に掲載された自身の論文「私の政治哲学」が、8月27日付のニューヨーク・タイムズ紙(電子版)に転載されたことについて「寄稿した事実はない。中身が一部ゆがめられている。論文の全体をみれば反米的な考えを示したものではないと分かる」と述べた。党本部で記者団に語った。
 鳩山事務所によると、論文は鳩山氏側がPHP研究所に持ち込んだ。インターナショナル・ヘラルド・トリビューン(IHT)紙にも転載されたが、一部省略されているという。芳賀大輔秘書は、「PHP研究所とIHTの間ではやり取りがあったようだが、IHTとニューヨーク・タイムズでどうなっているのかは知らない。IHTなどが論文を転載する際、事務所に事前許可を求めることはなかった」と話している。

 さきほど確認したが、たしかにNYTに掲載された論文はかならずしも鳩山論文の原文のとおりに英訳されていなかった。

 鳩山論文の中では、いわゆる「市場原理主義」に関して批判する文脈があるのだが、原文は<Freedom is supposed to be the highest of all values but in the fundamentalist pursuit of capitalism, [...]has resulted in people being treated not as an end but as a means.>となっているのに、Freedom以降の文章がNYTではカットされてしまっている。
 原文では「自由が史上なる価値ではある」と原則論を踏まえているのに、NYTでその文脈がカットされたために、「自由は重要でない」と誤解される文章に改変されてしまっている。

 前々からNYTは日本に関して事実を歪め、日本をとがめるような報道を繰り返してきたのではないかと日本からは非難の声が上がったこともある。それ故、今回もNYTが意図的に鳩山論文を改変し、誤ったイメージを米国人に植え付けたのではないか、という疑いを持たざるを得ない。

 しかし、残念なことに、日本側ではNYTに掲載された「鳩山論文」の内容を前提に記事が書かれてしまっており、文意を誤解した的外れな批判が噴出している。

 鳩山論文、米国内で批判の声 「グローバル化に否定的」
 http://www.nikkei.co.jp/kaigai/asia/20090829D2M2901J29.html

 民主党鳩山由紀夫代表が米紙に寄稿した論文に米国内で批判的な声が広がっている。米国主導による経済のグローバリゼーションを否定的に論評したことに反発。鳩山政権が誕生した場合、オバマ米大統領との初の首脳会談が友好的な顔合わせにならないとの見方も出ている。
 米国の知日派が懸念するのが、鳩山氏が提唱した「アジア共通通貨」の創設構想だ。主要国が腐心する世界経済のブロック化の防止とは対照的な動きと映るためだ。



 私も鳩山論文の内容を全面的に支持するわけではないが(「東アジア共同体」の必要性を感じない)、NYTが論文の一部を捏造したかどうかはともかくとして、鳩山代表は本意と異なる文章がNYTに掲載されているのだとすれば、明確に抗議してしかるべきではないか。

 なんでもかんでも「友愛」では国際社会をやっていくことはできない。国際社会は基本的にノールールの世界であり、各国が自国の国益を追求しようと手段を選ばずに、したたかな戦略的外交を続けている。
 
  1. 2009/09/01(火) 22:57:10|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6