FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

[天皇] 天皇陛下76歳のお誕生日を迎えて

 天皇陛下が76歳のお誕生日を迎えられました。
 天皇陛下の発せられる言葉を国民がきちんと受け止めることで、天皇陛下が言葉に込めた切実な思いをくみ取ることが重要なことのように思います。
 
1.厳しい経済情勢

 <この1年を顧みて、まず思い起こされるのは、世界的な金融危機に端を発した我が国の厳しい経済情勢により、多くの人々が困難な状況に置かれたことでした。住む家を失った人々もあり、心の痛むことでした。>

2.新型インフルエンザの猛威

 <新型インフルエンザは秋になって患者数が増加し、来年がどのような状況になるのか案じられます。ワクチン接種などが進み、流行が抑えられることを期待しています。>

3.自然の猛威

 台風や洪水などの自然災害が猛威を振るっていることに思いなさっています。

4.裁判員制度の実施

 <今年の夏から、裁判員制度が実施されるようになりました。かつて昭和初期に我が国でも短期間陪審制度が行われたことは、戦後間もないころ、当時の穂積東宮大夫、後の最高裁判所判事から聞いたことがあります。
 しかし、この制度は日本にはなじまなかったということでした。
 この度の制度は、以前の陪審制度とは異なり、裁判官と一般の人が共に裁判に参加するという制度であり、今後の様子を期待を込めて見守りたいと思います。 >

5.カナダご訪問

 <7月には総督閣下の御招待により皇后と共にカナダを訪問しました。>
 <この度の訪問では、カナダが良好な環境を守り、この地に住む様々な民族を大切にしながら国を発展させている姿に接し、今日のカナダへの理解を深めることができました。私どもを温かく迎えてくださった総督閣下を始め、この訪問に心を寄せられたカナダの人々に心から謝意を表したく思います。>

6.陛下のご体調

 <昨年は12月初めに体調を崩し、静養期間の間に誕生日を迎えました。多くの人々が心配してくれたことを感謝しています。そのようなことから、今年は日程や行事の内容を少し軽くするようにして過ごしてきました。
 昨年12月の体調よりは良くなっていますので、来年も今年のように過ごし、皆に心配をかけないようにしたいと思っています。>

7.即位20周年、ご成婚50周年

 <本年は、私の即位から20年、私どもの結婚から50年という節目の年に当たりますが、4月の結婚50年に際して、また、11月の即位20年に際して、多くの人々から祝意を寄せられたことに深く感謝の意を表します。>

 ご感想の冒頭に、今年も「経済危機」に関する言及があったというのは、たいへん興味深く思います。
 陛下はそれだけ国民の生活が苦しくなっているということを心配されているのでしょう。「景気が悪いのはボクの責任じゃないもーん」と言って、何ら手当てをしようとしない政治家のかたがたは、責任を感じて欲しいものです。。

テーマ:天皇陛下・皇室 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/12/23(水) 13:27:53|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1