FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

麻生前首相の失言・放言>鳩山首相の失言・放言=あたりまえ

毎日新聞
 サンデー時評:「ヒトラー呼ばわり」をめぐって 

 前任者の麻生太郎さんにくらべると、鳩山由紀夫首相は失言、放言がほとんどない。麻生さんが多すぎたからでもあるが、鳩山さんは国会答弁などを割合器用にこなしている。

 たしかに、麻生前首相は、失言ないし放言が多かったような印象があります。

 愛知県などを襲った豪雨災害について・・・
 <これが安城、もしくは岡崎だったからいいけど、この名古屋で同じことが起きたら・・・
→「岡崎だったからいいけど」との発言が失言とみなされた。

 豪雨被害を受けた兵庫県佐用町で・・・
 <引き続き捜索にあたっている方々が努力しておられると思うが、ぜひ遺体が見つかるように今後とも努力をしていただきたい
→「ぜひ遺体が見つかるように」との発言が生存を期待しているご家族の気持ちを踏みにじるものとして失言とされた。

 JCで講演中に・・・
 <元気な高齢者をいかに使うか、この人たちは皆さんと違って、働くことしか才能がないと思って下さい。
→「元気な高齢者を」「働くことしか才能がない」ものとする点が、高齢者を愚弄するものとして失言とされた。

 記者会見で・・・
 <(医師は)社会的常識がかなり欠落している
→同発言が医師に対する偏見を助長するとして、失言とみなされた。

 これ以外にも失言はあったのかもしれませんが、多くの国民は「麻生首相の失言」と聞いたら、間違いなく「漢字の読み違え」と答えることでしょう。

 毎日新聞の上記記事では、これら麻生前首相と比べて<鳩山由紀夫首相は失言、放言がほとんどない>としています。
 たしかに、鳩山首相の失言と言われて思い浮かぶものはあまりありませんが、私は以下の発言は失言だと感じています。

 <恵まれた家庭に育ったものだから、自分自身の資産管理が極めてずさんだったことを申し訳なく思う。
→もし麻生前首相が発言したものだとすれば、いっせいに各社取り上げたであろう失言だったとおもいますが、この発言は一部のメディアで取り上げられただけで、ほとんど取り上げられる機会はありませんでした。

 <「あなた方に言われたくない」
自民党の谷垣総裁が財政再建問題に触れた際に、鳩山首相がした発言です。
 小学生ではないのですから、「おまえらが悪いんだから、落とし前もおまえらが付けろ」というのはどうかと思います。
 もちろん自民党に責任がないとは言えませんが、これから我が国の政治を動かすのは鳩山首相なのであって、その責任を放棄するかのような発言は、失言とみなされるべきでしょう。
 しかし、この発言もマスコミでは「自民党は返り討ちにあってしまった」などと、むしろ好意的に報じていました。

 <オバマ米大統領は日米合意が前提と思いたいだろうが、それが前提なら作業グループをつくる必要はない。
→私はこれが失言だと感じていますが、この発言じたい、あまり大きく取り上げられていないだけでなく、失言との認識を持つ人も多くはありません。

〔注〕鳩山首相は、日米合意が自民党政権の下でなされたものであるとして、政権交代を理由に、日米合意を当然の前提とはしない、と主張しています。仮に、これが国際慣習法上当然のものなのだとすれば、同じように政権交代によって誕生したオバマ大統領は、過去の日米間の合意をすべて反故にして良いことになります。
 このような認識は、戦前ならばまだ成り立つかもしれません。でも、鳩山首相のような「政権交代したら国家間の合意も無に帰す」との考え方が広まれば、世界中で戦争が起きてしまいます。鳩山首相は認識を改めるべきではないでしょうか。

 ただ、鳩山首相の失言や放言が麻生前首相よりも少ないのは、「当然」のことです。記事にして、いちいち指摘するようなことではありません。
 鳩山首相は、まだ在任期間が1ヶ月半です。
 在任期間が少ないのだから、発言の機会もそれだけ少ないのです。

 前首相は比較の対象としては不適格というべきでしょう。

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/11/28(土) 16:36:00|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

失言を取り上げないのはおかしい

前に書いたように、民主党の小沢幹事長が記者団の前でキリスト教について「排他的で独断的な宗教だ」と述べたのは、明らかな失言であり、与党第一党の幹事長として責任は重い。

だが、ほとんどのメディアが失言ととらえておらず、日本キリスト教連合会が抗議文を送付してようやくメディアがポツポツと報じはじめたくらいだ。

これが仮に森喜朗氏など自民党の人間の発言であれば、マスコミは連日これを失言として執拗に報じ続けたにちがいない。
少なくとも前首相の漢字の読み違いよりは、タチの悪い発言である。

小沢氏は今日になって「私の宗教論を言ったまでだ」と釈明したが、だとしても、仏教に関して論として成り立ってもいないようなことを言ったことに替わりなく、あまりにも浅はかで、愚かな発言である。

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/11/16(月) 20:12:02|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6