[参院選] 参議院議員の任期は6年、それだけに有権者の熟慮が求められる

 
            本当は派遣村のことについて書こうとおもったのですが、ちょっと悲しくなってきたので、やめにして、今日は、今年7月にある参院選について、だらだらと書いてみたいと思います。

 昨日、各社の世論調査が発表され、鳩山内閣の支持率はほぼ横ばいないしは微増、各社50pc前後という水準をキープしています。

 鳩山首相に対する指導力の欠如への批判は依然として強いものの、首相自身の偽装献金問題もまずは一段落したことが大きく影響したのではないか、とおもっています。
 ただ、当初の高い支持率も今では50pcまで落ちていますから、下落幅としては、前政権に近く、支持が増えているわけではない、ということは留意しておくべきでしょう。

 しかし、それ以上に深刻なのは、自民党です。
 政権交代後、政党別支持率は、民主党の半分に及ばず、とうとう共同通信の調査では17pcにまで落ち込んでいます。谷垣総裁が目立たないこと、山崎拓氏の公認問題で迅速な決断ができなかったこと、離党議員が続出していることなどが影響しているのかもしれません。

 ことに参院選の公認問題は、谷垣総裁がもたもたしていると、自民党の支持率をさらに下落させるおそれがありそうです。
 
 1月8日になってようやく、参院選比例代表からの出馬を希望していた山崎拓氏と保岡興治氏の公認拒否が決定。
 

<国民新党の亀井静香代表(金融・郵政改革担当相)は8日の会見で、自民党の山崎拓前副総裁が7月の参院選で国民新党から出馬する可能性について問われ、「拓さんから聞いていない。もし、というなら、純ちゃん(小泉純一郎元首相)が国民新党に、という質問も成り立つ話。今の時点では無茶な質問」と言葉を濁したが、否定はしなかった。>

・・・などと、山崎拓氏の処遇がこれから注目されるところではありますが、自民党の公認問題はこの二人にとどまりません。

 同じく70歳を超える高齢として「党の若返りに逆行する」として公認の是非が議論されているのは、青木幹雄氏(75歳!)、片山虎之助氏(74歳!)です。

 ネット上では、間違った主張が多いのですが、ここで参議院議員に関する基礎的知識を確認しておきましょう。

 参議院の特色として、衆議院と決定的に異なるのは、(1)任期と(2)解散の有無です。

 衆議院は4年ですけれども、参議院は6年。衆議院には解散があるのに対して、参議院は解散がありません。
 つまり、参議院議員として一度当選すれば、原則として6年間は議員であり続けるわけです。

 年齢で人を差別するわけではありませんが、仮に青木氏や片山氏が今年の参院選に出馬し当選したとすれば、お二人が任期を終えるそのときには、青木氏は81歳、片山氏は80歳とさらにご高齢になってしまいます。
 80歳が国会議員をやるな、などと言うつもりはありませんけれども、「党再生」を目指す自民党が、いつまでも彼らに頼り続ける姿を国民に晒し続けることが、果たして自民党にとってプラスかどうかと言われれば疑問です。

 もちろん、そのような意見とことなり、「6年間、解散なし」という参議院には、ある程度ベテラン議員がいたほうがいいのではないか、という意見も説得的かも知れません。
 高齢とはいえ、一般に若手議員よりはブレにくい議員が6年間、腰を据えて参議院議員として振る舞っていただく。若手議員が国会のイロハも分からないまま、6年間、公費を食い潰すよりは、この国にとって有益である、と考えることも可能でしょう。

 ここらへんは、有権者が考えるべき論点の一つだと思いますが、みなさんはどのようにお考えになりますでしょうか。

 繰り返し申しますが、参議院は、衆議院のように解散制度がありませんから、一度当選した議員は6年間国会議員として振る舞うことになります。衆議院のように、解散すれば良い、内閣不信任案を突きつけて内閣総辞職に追い込めばいい、などということにはなりません。

 参院選にあたっては、私たちは、そのような参院選の特色を踏まえた上で、6年間という長期にわたり国会議員として活躍させるに足る人物を選ぶことが必要です。その意味では、衆院選以上によく考えて、投票に望むことが必要となるでしょう。

*次回更新 1月14日(予定)Twitterのほうでは、毎日つぶやいていますので、よろしかったらどうぞ。

theme : 自民党
genre : 政治・経済

tag : 自民党 参院選 山崎拓 青木幹雄 片山虎之助

[政治] 山崎拓氏の自民党離党を断固支持したい

 
             山崎拓氏が、今年の参院選に衆議院から鞍替えして自民党から出馬するというニュースを聞いて失望した方は多かったに違いありません。
 山崎拓氏は、昨年の衆院選で比例復活当選すらできないほど大敗を喫したわけです。有権者からNOを突きつけられた者を、その翌年に参院選で出馬させることが妥当とは思えません。

 もちろん、自民党も全員が全員「山崎拓氏の鞍替え出馬」に同意していたわけではありません。あまり大きく報道されなかったので、「自民党はみんなダメだ」と失望した方もいるかもしれませんが、昨年末になって、若手議員を中心に反対の声が上がりました。
 実はこの動き、ほとんどマスコミに報じられなかったのには理由があります。
 若手議員がこうやって反対の声を上げている最中に、舛添議員が新党結成をにおわせる発言をしていたからです。マスコミは、舛添発言を大きく取り上げたため、若手議員の貴重な声はほとんど知られずに終わりました。

 自民党の若手議員が言うように、山崎拓氏の参院選出馬が適切でない理由は大きく二つあげることができるでしょう。

 1.衆院選で落選した議員を一年足らずで鞍替え出馬させるのは、(山崎拓氏を落選させた)有権者の意思に反する。
 2.自民党内の「比例区70歳定年制」に反する(山崎拓氏は現在73歳)。

 鳩山首相に負けず劣らずの「みんなでやろうぜ」という友愛精神むき出しの谷垣自民党総裁ならば、おそらく山崎拓氏を参院選で鞍替え出馬させてしまうだろう、と私は思っていましたが、ここに来て動きがあったようです。

<衆院選で落選した自民党の山崎拓前副総裁が国民新党幹部と接触し、今年夏の参院選比例代表への同党からの出馬も含め検討していることが6日、関係者の話で分かった。>

 有権者の一人としては、むしろ歓迎すべきことではないでしょうか。山崎拓氏のような議員が自民党を離れることのほうが、自民党の将来にとってプラスに作用することでしょう。

 自民党は保守政党を標榜しながら、これまで日韓、日中、日露にある領土問題を解決できなかったどころか、韓国を刺激する、中国を刺激するなどという理由で、日本国民の我が国固有の領土への上陸を拒否してきたわけです。
 北朝鮮による日本人拉致問題も、山崎拓氏ら日朝国交正常化を優先する議員の存在は、圧力路線を重視する日本政府の足並みを乱す主因となりました。

 また、自民党結党目的の一つである「憲法改正」も、戦後ほったらかしの状態にしたのは、自民党自身でした。憲法改正のための国民投票法が成立したのは、自民党末期というべき安倍政権になってからのことです・・・

 山崎拓氏を自民党から鞍替え出馬させようという自民党議員がいるとすれば、その人もまた一緒に離党していただきたいものです。

theme : 自民党
genre : 政治・経済

tag : 山崎拓 自民党 参院選 国民新党 亀井静香 比例区

自民党:民主党を生かすも殺すも「自民党」次第

 
            首班指名選挙で自民党が揺れている。衆院選で惨敗し、国民からNOを突き付けられた現自民党総裁の麻生首相の名前を書いていいものか、そうだとしても誰の名前を書いていいのか。

国民からすれば、党内のゴタゴタを見せ付けられて見苦しいことこの上ないのだが、なるほどよく考えて見れば、難しい問題だ。

麻生首相が自民党総裁を辞する旨をすでに表明しており、首班指名選挙以降に行われる総裁選では麻生首相以外の者が総裁となるのは間違いない。その意味で、もう自民党総裁を辞める人を、自民党という政党として首相に担ぐ意味はないのである。

*******

そこで、首班指名選挙では、自民党議員は首相候補未定として白票を投じればいいのではないか、という話が有力になってきた。ただ、党内では、首班指名選挙で白票を投じることには「無責任だ」などの反対論も根強い。

ただ、繰り返し申し上げるが、国民にとって、こんなことはどうでもいいのである。
そもそも、すでに衆院選で惨敗した自民党は下野する過程にあって、なにをやっても恰好がつかない立場にある。
麻生首相に投ずれば「NOと言われた人を首相に推すのか」といわれ、白票を投ずれば「無責任」と言われる。自主投票にすれば「自民党はまとまりがない」、仮に新たな候補者を立てたとしても「いまだ自民党総裁でもない人を首相に推すのは矛盾」と言われる。
挙党一致したくても、総裁選が終わるまでの間、求心力を失った麻生首相の下ではまとまらない。

*******

しかしそれはやむを得ないことなのだ。政権交代を経験した他の国もそうであるように、選挙に負けた政党の選挙直後は敗戦処理に終われる。なにをやっても報われない。

ただ、現在のオバマ政権がそうであるように、国民(メディア)と与党との蜜月関係は長くは続かない。これから民主党も必要な人事を済ませ、具体的な政策の実現に歩みはじめれば、国民は今度は民主党の側に批判の目を向ける。

そのときにこれからの自民党に必要なのは新しいニューリーダーである。

権力を持った民主党は必ずどこかで足を踏み外す。アメリカ民主党を見ればわかるように(アメリカによる戦争の歴史はアメリカ民主党無しには語れない。)、体制批判を普段から繰り返してきたリベラルのほうが、実際に権力を持つと怖いものだ。
そのとき、自民党は国民の支持を背景に彼等の歯止めとなりうる数少ない力となる。

ただし、悲しいのは、自民党の人材不足だ。今でも次期総裁候補として、町村さん、石原さんといった、さまざまな名前が挙がっているが、民主党との対決姿勢を際立たせるには、ややインパクトに欠ける。

民主党政権への不満の受け皿として自民党が機能しなければ、(私は批判的ではあるが)二大政党制のメリットが生かされない。
つまり、自民党再生(あるいは第三極の台頭)が現時点で大いに可塑性のある民主党政権をより良い方向へと導くことにつながるのである。

自民党がいけないのは、仮に衆議院でフレッシュな議員の名前が候補者として挙がっても、衆議院には、日本の伝統や価値を保守するのではなく、vested interest(既得権益)を保守する「古い自民党」の象徴とも言える一部の大物議員の存在が背後にあることを窺わせることである。
だから、若い人が出てきても「この人はバックに○○がついている」と思わせてしまい、フレッシュな人材を生かせない。

その最も適切な具体例となるのは、先の衆院選で落選した山崎拓前自民党副総裁の山崎派会長の続投であろう。
これでは、どんなに「自民党は変わった」と言われても、説得力に欠けてしまう。なぜ、山崎さんが落選したのかということを自民党はよく熟考すべきだろう。
こういった人たちを勇気をもって切ることが、自民党に求められている。

こうなると、いくら大物議員が落選しようが、自民党の本質は変わらないのではないか、との疑念を抱かざるを得ない。

個人的には、もはや参議院自民党に頼るしかないのではないか、と思う。参議院自民党は衆議院に先立っていち早く世代の交代が行われた。その中には、若くて優秀な議員も少なくない。
次期総裁の候補を、この際、参議院議員から選んでもいいのかもしれない。

*******

ところで、おととい書いたように、次期政権は一面では小泉構造改革と変わらなくなるおそれを秘めている。
今のところ、雇用規制が強化される等、さまざまな話が飛び交ってはいるけれど、たとえば、「東アジア共同体」は、その実質は彼等が批判して来た小泉構造改革と何一つ変わらない(国家共同体創設のためには、ヒト・モト・カネに関する分野の大規模な規制緩和が不可欠だからだ。)。

あとあと後悔しても遅い。責任ある一票を投じた以上、自分たちが選択した政権を最後まで見守る義務が国民にはある。
日本共産党のように「自公政権が倒れた」だけで満足をしてはいけない。何のための政権交代であったのか、その意義を見失うべきではない。

「投票したら終わり」ではなく、これからの政権の理解者として、批判者として、広く国家国民をより良い方向へと導くために、国民は政治に厳しい目を光らせ続けなければいけない。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : 自民党 総裁選 衆院選 東アジア共同体 山崎拓 オバマ リベラル 首班指名

プロフィール

くるくる

管理者:くるくる
 主に政治ニュースを取り扱っています。メディア・リテラシーを身につけて客観的に物事を見つめる能力を養うことが目的です。
 コメントは遠慮なくお寄せください。

記事一覧
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンクツリー

 
Twitter
ブログ内検索
管理人へメール
管理人へ私信を送りたい際にご利用ください。

名前(匿名可です。):
メール:
件名(任意):
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
タグクラウド
岡田克也(#5)平松賢司(#1)政治利用(#7)自由(#1)長妻昭(#3)刑事責任(#1)日韓併合(#1)Apple(#1)改正(#1)脱税(#1)教師(#2)ニクソン(#1)ASEAN(#1)比例区(#1)核兵器なき世界(#1)鯨(#1)東アジア(#1)新自由主義(#1)李明博(#1)農薬(#1)菅直人(#4)法治国家(#1)SWINC(#1)関門海峡(#1)衆院選(#2)NYT(#1)ポツダム宣言(#1)事件(#1)投票(#1)仏教(#2)生活保護(#2)死刑存置(#1)チャレンジド(#1)麻生首相(#1)単純所持(#1)核持ち込み(#1)戦争(#1)参院選(#2)ピルグリム・ファーザーズ(#1)生活(#1)チベット(#3)平沼赳夫(#1)検察審査会(#1)大前研一(#1)慢性副鼻腔炎(#13)天皇(#16)イラク(#1)住民訴訟(#1)憲法(#9)官房長官(#2)日本(#2)ロキソニン(#2)平沼グループ(#1)国連(#2)日本共産党(#3)毎日新聞(#3)起訴相当(#1)ブッシュ(#1)歴史認識(#1)山崎拓(#3)国体明徴(#1)西山太吉(#1)年収要件(#1)閣僚(#2)リスク(#1)Mac(#1)増税(#2)核密約(#1)裁判(#1)捕鯨(#1)厳罰化(#1)悪魔ちゃん(#1)リベラル(#1)中央大学(#1)構造改革(#1)学校(#1)核兵器のない世界(#1)自由党(#1)生徒(#7)国家戦略室(#2)アフガニスタン(#1)政府(#1)クジラ(#1)モラル(#1)尾辻秀久(#1)護憲(#1)安全保障(#1)地球温暖化(#2)鼻水(#13)田中均(#1)西沙諸島(#1)司法(#1)米国(#10)幇助犯(#1)接続時間(#1)GHQ(#3)平和(#1)刑事罰(#1)ワーク・シェアリング(#1)イスラム教(#2)guardian(#1)議長(#1)指導(#1)マルキスト(#1)大法廷(#1)鼻づまり(#13)郵政民営化(#1)組合(#1)上田清司(#1)行政罰(#1)成年(#1)プラハ演説(#1)イラク戦争(#2)国務省(#1)社会保険庁(#1)バッテリー(#1)日米首脳会談(#1)日比谷公園(#1)宮内庁(#1)信仰(#1)海上自衛隊(#1)差別(#2)マードック(#1)国連気候変動首脳会合(#1)検察審査員(#1)小沢一郎(#25)高校(#6)加藤紘一(#1)世論調査(#1)君が代(#2)沖縄密約(#1)宗教(#1)沖縄(#2)議員立法(#1)日本国憲法(#5)社畜(#1)参政権(#1)中西一清(#1)市橋達也(#1)戸籍法(#1)小泉構造改革(#2)報道の自由(#1)75条(#1)派遣村(#2)尖閣諸島(#1)ボートマッチ(#1)判例(#2)事業仕分け(#2)国家共同体(#1)内閣府(#1)千葉景子(#3)前文(#2)憲法改正(#4)神社(#1)派遣(#1)国民新党(#4)小泉純一郎(#4)自衛隊(#1)重加算税(#1)キリスト教(#2)首班指名(#1)児童手当(#1)平和的生存権(#1)関門海峡衝突事故(#1)コンテナ船(#2)日本維新の会(#1)大阪府知事選(#1)一君萬民ノ政治(#1)安重根(#1)日米安保(#2)検察(#2)追徴課税(#1)信教の自由(#1)無申告加算税(#1)マスコミ(#36)中学(#1)起訴議決(#1)ワーキングシェア(#1)グリーンピース(#1)COP15(#1)表現の自由(#1)ネット(#1)フィナンシャル・タイムズ(#1)横路孝弘(#2)朝鮮(#1)衆議院(#1)人権(#3)タイ(#1)不安神経症(#1)野中広務(#1)永住外国人地方参政権付与法案(#1)即位20周年(#1)朝日新聞(#2)天皇誕生日(#1)クラスター爆弾(#1)MacBook(#1)命名権(#1)罪刑法定主義(#1)失言(#2)山本孝史(#1)AirMac(#1)北朝鮮(#1)裁判員(#1)最高裁(#3)イスラエル(#1)子ども手当(#2)記者クラブ(#3)不法残留(#1)伴奏(#1)改憲(#1)高窪統(#1)空知太神社(#1)暴力(#6)特例会見(#1)ネブライザー(#3)外務省(#4)労働市場の流動化(#1)規制緩和(#1)府知事選(#1)思想及び良心の自由(#1)自殺(#6)シーシェパード(#1)環境税(#1)倫理(#1)保守(#2)核兵器(#1)外国人労働者(#1)非正規雇用(#1)イデオロギー(#2)阿久根市(#1)青木幹雄(#1)扶養控除(#2)民法(#2)所得税(#1)吉野文六(#1)財務省(#1)食の安全(#2)平野博文(#3)外国人(#2)外交(#1)訴追(#1)肝炎(#1)橋下徹(#2)大阪(#2)民主党(#100)死刑廃止(#1)海賊(#1)酒井法子(#1)厚生労働省(#2)南沙諸島(#1)児童ポルノ禁止法(#1)扇子(#1)二分論(#1)外国人参政権(#22)裁判権(#1)渡部恒三(#2)給付(#1)福田康夫(#2)多摩キャンパス(#1)GHQ(#1)年金(#2)仕分け人(#1)アジア主義(#1)政治資金規正法(#1)体罰(#8)ベーシックインカム(#1)普天間(#1)社民党(#4)一票の格差(#1)政界再編(#1)アダムスミス(#1)外国人管理職事件(#1)緊張型頭痛(#7)報道(#1)鼻(#13)鳩山由紀夫(#50)平田健二(#1)みんなの党(#4)ラジオ(#1)演説(#2)Constitution(#1)社会党(#1)ノーベル平和賞(#1)護衛艦(#1)ソマリア(#1)法務大臣(#1)思いやり予算(#1)玻南ちゃん(#1)マクリーン事件(#1)就任(#1)博士の独り言(#1)死刑(#1)吉永みち子(#2)振り込め詐欺(#1)アジア(#1)年頭所感(#1)所得控除(#2)パキスタン(#1)高田晴行(#1)ベトナム(#1)公明党(#7)前原誠司(#1)萩本欽一(#1)刑法(#1)麻生太郎(#3)密約(#2)高木八尺(#1)川上義博(#1)同意(#1)毒入り餃子(#2)象徴天皇制(#1)日の丸(#1)Buddhist(#1)中国(#27)Wi-Fi(#1)頭痛(#13)新党日本(#2)児童ポルノ(#2)中川昭一(#1)PRAM(#1)税金(#1)障碍者(#2)法規範(#1)田中康夫(#2)総裁選(#1)副鼻腔炎(#13)死刑廃止論(#1)ブログ(#1)佐藤栄作(#1)長島昭久(#1)進歩党(#1)朝ズバッ!(#1)片山虎之助(#1)民本主義(#1)被害者の権利(#1)わいせつ(#1)仙谷由人(#1)選挙権(#1)北京五輪(#1)大阪市(#6)胡錦涛(#1)非正規(#1)急性副鼻腔炎(#13)後楽園キャンパス(#1)平和主義(#3)日本郵政(#1)韓国(#9)telegraph(#1)国家(#1)開かれた政党(#1)消費税(#3)日本テレビ(#1)政治(#1)朝鮮総連(#1)後鼻漏(#13)コリアン(#1)占領政策(#1)国際(#1)政教分離(#2)9条(#3)民団(#1)不起訴不当(#1)日韓トンネル研究会(#1)産経新聞(#1)南京大虐殺(#1)国民主権(#1)適正手続(#1)青山繁晴(#2)新党大地(#2)TBS(#2)拉致(#2)ファシズム(#1)國体ノ護持(#1)宗教右翼(#1)責任(#1)非正規社員(#1)創価学会(#2)オバマ(#10)グローバリズム(#1)winny(#1)川田龍平(#1)おことば(#1)中曽根康弘(#1)FT(#1)真言宗(#1)自民党(#37)パイレーツ・オブ・カリビアン(#1)平手(#1)夫婦別姓(#1)聖域なき構造改革(#1)公務執行妨害罪(#1)竹原信一(#1)亀井静香(#3)読売新聞(#1)軍国主義(#2)配偶者控除(#2)日韓トンネル(#1)東アジア共同体(#5)議員定数不均衡(#1)田付景一(#1)チベット仏教(#1)正社員(#1)偽装献金(#3)民事責任(#1)民主主義(#1)カダフィ(#1)リアリスト(#1)iMac(#1)石原慎太郎(#1)ユーラシアグループ(#1)