FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

【副鼻腔炎】私の症状と治療(13)病気をネットで調べること

1 副鼻腔炎になったのは初めてだったので、症状が出てすぐは、自分がなぜ顔の奥が痛いのか分からずにいました。

2 そのため、耳鼻科にかかる前に、自分の症状をネットで検索することにしました。ある程度似たような症状の病名を知ることができたのは良かったのですが、私の場合は、ネットで病気を検索することによってかえって精神的に追い詰められる失敗を犯したのも事実です。

3 前にも書いているように、ネットで症状を調べると、自分の症状にかすっている病名は何個が出てくるんですが、最終的には「ガンの可能性があります」「医師の判断に従って下さい」という記述で終わるのです。
  私の場合は、「あー、俺は脳腫瘍で頭が痛いのか…」などと、ネットの記載通りに信じて落ち込んでいました。

  なら、すぐ病院に行って診断してもらえ、という話なのですが、耳鼻科に通院するようになっても、1週間、ほとんど症状が改善しないばかりか、抗生物質の副作用も相俟って、どんどん体調が悪くなり、全身の倦怠感がひどくなってきて、日常生活に大きな支障を伴うようになりましたから、結局、またネットで調べちゃうんです。
  で、「あ、治っていないということは、副鼻腔炎じゃなくて髄膜炎なんじゃないか」とか、「誤診で脳腫瘍を見逃しているんじゃないか」なんて、本気で疑うようになっていました。

4 私の場合は、副鼻腔炎の典型的な症状としてネットで掲げられている・・・

<症状は、痛みと鼻汁(びじゅう)です。かぜ症状が先行し、続いて膿性の悪臭を伴う鼻汁がみられます。上顎洞に炎症を起こした時には頬部の痛み、篩骨洞に炎症を起こした時には眼の内側の痛み、前頭洞に炎症を起こした時にはおでこの痛み、蝶形骨洞の炎症では頭痛や頭重感が特徴です。
 一般に片側にだけ発症し、発熱は軽微です。まれに副鼻腔の炎症が眼や脳に進むことがあります。眼に及ぶとまぶたがはれたり、視力が落ち、脳に及ぶと強い頭痛や意識障害が起こります。
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10C21000.html(goo!ヘルスケア)

  この症状のうち、私に当てはまらないものを灰色にしていますが、御覧にいただければ分かるように、私にぜんぜん当てはまらないんですよね・・・。
  肩こりが酷くなるとか、後鼻漏が酷くなるとか、書いてませんし、手足の倦怠感などという症状もまったく関係ないようにも見えますね。

 
 結果、私の中では、「俺は本当は副鼻腔炎じゃない・・・」という不安が生じるわけです。

5 ネットで毎日のように病気を調べていた私ですが、今、冷静に考えますと、次のように総括することができます。

<ネットで病気を調べることの良い点>
・初診に適した科がどこか指標を得ることができる。
・確定診断があった場合に限り、自分の治療方針を調べることができる。

<ネットで病気を調べることの悪い点>
・素人判断で闇雲に病気を調べることになる。(見当違いな病気を調べ続けることになりかねない)
・結局、不安感しか残らない。(腑に落ちるような病名がない限り、堂々巡りとなり、不安がかえって増幅する。)
・民間療法や効果不明確な食材の購入を誘導するサイトがかなり多い。
(「○○は△△を食べれば治る!1パック5,000円から!」というようなサイト。たいていこういうサイトには、「病気は病院では治らない」として病気の深刻さを強調し、不安を煽る不適切な記述が多い。)

6 特に最後のステマには苦しめられました。症状をネットで調べていると、「○○を食べて△△が治った」というようなサイトに必ずアクセスすることになります。(アクセス数が多いのか、検索サイトでも上位に表示されるんですよね。)
  そこには、「○○はもう治らない」「△△を食べて治ったとの声が多数!」というような触れ込みが書いてあるんです。ページの最初のほうは、淡々と病気の説明が書いてあり、それを見て不安にさせられたところで、ページのラストで商品の紹介が掲載されている、というパターンです。
  薬事法ギリギリだと思いますが、こういうページのせいで不安が強くなったのは事実ですね。元気なときは絶対に引っかからなかったと思いますけど、自分が病気になって心が弱っていると、こういうサイトの記述に重みが出てくるんです。
(治ったという声は紹介しているけど、治るとは書いてないことが多いのが狡いところ。) 

  ただ、私も「えー、病院では治らないの!?」ってちょっと信じ込まされそうになりました。平気で「薬を使わずして!」って書いてあったりしますからね。
  心が弱っているときは、簡単に引き込まれます。

  もちろん民間療法で病状を改善させている例は少なくないでしょう。
  しかし、医師の治療を受けた上で試すとか、医師に問い合わせるとか、そういうことをせずに、「病気に行かなくても(治る)」かのように誘導し、誤信を深めさせる記載をし、いきなり民間療法に飛びつかせるようなやり方はいかがなものかと思いますね。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2012/12/06(木) 16:11:12|
  2. 医療・疾病
  3. | コメント:0

【副鼻腔炎】私の症状と治療(12)治って感じたこと

1  これまで副鼻腔炎になったことの無かった私ですが、副鼻腔炎をきっかけに緊張型頭痛が起こるようになり、この頭痛の原因となっている肩こり・首こり、それと一緒に出てくる全体倦怠感、食欲不振、神経痛(のようなもの)といった症状を感じました。また、副鼻腔炎が治っているにもかかわらず、後鼻漏のような症状が数日間残りました。

   副鼻腔炎そのもの以外の諸症状は、どちらかというと自律神経失調症の症状に酷似しています。
   副鼻腔炎をひっかけに、私も自律神経のバランスがおかしくなったのかもしれません。

2  ネットでいろいろと調べて見ますと、副鼻腔炎をきっかけに、私と同じように、自律神経症状のようなものや不安神経症のようなものを訴えておられる方が多いようです。
   原因はよく分かりませんが、とにかく副鼻腔炎による頭の痛みから(副鼻腔炎が引き起こしているとは考えにくい)、さまざまな症状を引き起こしているような印象を持ちます。

   医学的にどうかは存じませんが、何か関係があるのかもしれません。

3  私の場合は、副鼻腔炎による顔面痛(顔の奥の痛み)を経験したことが無かったことから、「もしかすると重い病気ではないか」という不安が強くなり、また、副鼻腔炎による顔の痛みで日常生活を満足に送れなくなるという精神的ストレスを感じました。
   その結果として、おそらく緊張型頭痛が出てきたのだろう、と思います。

   肩こりや首こりの直接の原因は分かりませんが、私が日頃不良姿勢をとり続けていたこと、副鼻腔炎になってから横になる機会が増え、動かなくなったことなど、いろいろと考えられます。

   後鼻漏にも神経質になって、その結果、食欲がほとんどなくなりました。抗生物質の服用で、胃腸の不調を来しました。特にグレースビットという抗生物質を服用してからのお腹の調子は、これまでに無いほどのものでした。

   結果、何か物を食べようと思っても,喉の奥の不快感が差し障りになるだけでなく、胃酸がこみ上げてくる逆流性食道炎のような胸焼けの症状もあり、次第に物を飲み込みにくくなり、たびたびゲプゲプしてました。
   それでも食べないと薬も飲めなかったので、お茶碗1杯を4時間以上かけて食べるようなことをしていました。

4  当時は、身体のすべてのバランスがおかしくなっていたと思います。心を病んでいたといっても過言ではありません。

   副鼻腔炎による顔の(奥の)痛みは、時間帯関係なく生じますから(俯くと痛みが酷くなると言われていますが、私の場合はどんな姿勢を取っても痛かったですう。)、とにかくそれがストレスでした。
   何かやろうと思っても、とにかく気になる顔や頭の痛み。その上、後鼻漏がひどくて何も食べてない。

   結果、どんどんおかしくなっていく。特に副鼻腔炎になって1週目から2週目にかけては、もう外出もしたくなくて、家の中で閉じこもるようなことをしていました。

5  私自身、もともとがさつなようで実は神経質で臆病、そしてネガティブ思考があったので、私のいわば心的な素因が私の症状を悪化させていたと言えるでしょう。

   以前も書きましたが、私が(心も)病んでいた頃は、とにかく一日中横になって、スマフォで「鼻 頭痛」「副鼻腔炎 直らない」「鼻腔 ガン」というようなキーワードで病気を調べまくっていました。
   ネットで病気を調べると、おきまりのように最後に「ガンの可能性があります」と書いてあるので、それを見て落ち込む、というパターンが定型化していました。情けないことですが、ダメなときの私は、そうやってどんどん心まで弱らせていたように思います。

6  副鼻腔炎それ自体は2週間ほどして完治したのですが、それ以外の緊張型頭痛だとか、全身の倦怠感だとか、動悸、胃酸がこみ上げてくるような食欲不振、下痢などは、なかなか治りませんでした。
   その改善のために、さらに数週間の期間が必要でした。

   しかし、私の症状を劇的に良くしたのは、やはり病院に行ったことでしょうか。特に頭痛外来に行って、頭のCTを撮影してもらったことが大きかったです。
   医師に「頭に問題はありません」と説明を受けた瞬間に、一気に目の前が晴れたような気分になりましたから。

   「自分は大丈夫なんだ」と教えられたことで、前向きになったわけです。と同時に、今まで「たかが頭痛」と思っていたものについて、頭痛外来の受診を通して、「頭痛の原因」「頭痛の症状」を教えてもらったことで、対策を採ることも可能になりました。これも大きな意味があったと思います。

   偏頭痛で苦しまれている方は、強烈な痛みでさぞおつらいと思います。
   私のように緊張型頭痛の場合は、何日も頭が締め付けられるように痛いので、強いストレスを感じておられると思います。

   私の場合は、以後とにかく肩こりの解消と日頃の姿勢を矯正することを徹底しました。特に筋肉のこりは、動かなければ動かないほど酷くなるので、肩こりが酷いからといってゴロゴロしていると余計に症状が悪くなります。
   そこで、できる限り動くことを意識しています。

   結果、ずいぶんと緊張性頭痛は解消しています。

6  以前も書いたように、ひどい肩こりや精神的ストレスのある場合は、頭痛解消のためにお薬を処方される先生もいらっしゃるようですが、私の場合は、医師から「原因がある限り、薬じゃ治らない」と言われて何も処方されませんでした。
   しかし、自分の日頃のちょっとした工夫により、頭痛のない生活を送ることができています。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2012/12/05(水) 15:01:54|
  2. 医療・疾病
  3. | コメント:0

【副鼻腔炎】私の症状と治療(11)治療までにかかった費用など

1 副鼻腔炎の診断から治癒までに耳鼻科には3回の通院をしました。

  1回目の通院時に副鼻腔炎との診断、グレースビット(ニューキノロン系)を処方され、いまいち効きが良くなかったことや下痢・腹痛といった副作用が酷く出たので、2回目の通院時にクラリス(マクロライド系)を処方されました。クラリスの服用後、症状が大きく改善しました。
  3回目の通院時に副鼻腔炎が治っているかの確認が行われました。

  レントゲンやCTで確認してはいません。ファイバースコープを鼻に突っ込んで、副鼻腔炎が直っているかどうかを確認されました。
  まだほんの少し「膿がある」程度で、あと2、3日で完治するとの診断でした。

2 通院1回にかかった費用ですが、薬代を含めて、おおむね2,000円弱でした。

3 私の場合、副鼻腔炎が治った後も頭痛が残っていたので、脳神経外科(頭痛外来)のお世話になっています。CT検査は約5,000円程度でした。

4 最終的に副鼻腔炎その他の症状が治まるまでにかかった費用は、12,000円程度となりました(3割負担)。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2012/12/04(火) 08:52:23|
  2. 医療・疾病
  3. | コメント:0

【副鼻腔炎】私の症状と治療(10)脳神経外科で見てもらって…

1 副鼻腔炎をきっかけに酷い頭痛、肩こり、腰痛、全身倦怠感(手足のだるさ)、手足の冷えを感じるようになった私ですが、頭痛外来(脳神経外科)を受診して、体調がずいぶんと良くなりました。

2 体調が良くなっている理由は、
(1)副鼻腔炎が治っていることをCTで確認できたこと
(2)緊張型頭痛という自分の症状に向き合うことができたこと
(3)精神的ストレスが体調に影響していることが分かったこと
が大きく影響しているんだと思います。

  これまで副鼻腔炎の治療中に、「別の頭の病気があるんじゃないか」とくよくよしていた自分がもったいなかったです。
  今では、肩こりなどが酷くならないよう、最低限のストレッチや日々の悪姿勢を改善するように努めています。その甲斐もあって、頭痛も楽になりました。
  不思議なことに、頭痛外来を受診した次の日から、身体が楽になっていました。肩こりなどは多少感じましたし、まだ精神的ストレスがあるのか、動悸がしたり、まだフワフワすることもあるのですが、これまでの苦しみとは明らかに違っていました。

3 私の場合、肩こりや緊張型頭痛が酷くなった原因を自分で分析すると、
(1)副鼻腔炎をきっかけに神経質なくらい自分の体調を気にするようになった。
→最初の通院時に、痛み止めや胃腸薬をもらわなかったことから、体調不良が顕著に感じられるようになった。=これが私にとって頭痛の端緒になった。
(2)頭痛が酷くて何もしないでとにかく家の中で寝ることばかりを繰り返していた。
(3)そのうち肩こりや首こりがひどくなってきたので、勝手に「安静が絶対だ」と考えて、身体をさらに動かさなくなった。
(4)インターネットで自分の症状を検索し、悪性疾患に違いないと勝手に思い込み、精神的に落ち込み、しまいには身体のあちこちで不定愁訴を感じるようになった。
ということが挙げられると思います。

4 実際、私も親類の不幸などプライベートでいろいろと落ち込むことが多く続いていましたから、もともと免疫力が落ちていたのかもしれません。
  そこで副鼻腔炎になり、今まで感じたことがなかった顔の奥の痛みを気にするようになった…。なんだか、こう考えてみると、苦しみの原因は病気ではなくて、実は私自身にあるんだって分かりますね…。

5 この機会に、お医者様といろいろと話す機会もあったのですが、最近は、
インターネットで自分の症状を調べ、(実は症状が全く違うのに)自分が「悪性疾患」だと信じ込んでいる人が増えているそうです。
  私も人のことは言えませんが、結果、自分の心から病んでいく、というパターンに陥ることがあるようです。私も気をつけなければなりません…。

  私の例で言えば、私が副鼻腔炎になって1週間ほどして、自分で自分を精神的に追い詰めた結果、緊張型頭痛が出てきたのですが、実際、その頃は、家に帰ってくれば、永遠とネットで自分の病気を調べていました
  ネット中毒という言葉がありますけど、私の場合は「ネットで病気検索中毒」になっていたのです。
  情けないのは、ネットで自分の病気を調べている何時間もの間、姿勢悪くパソコンとにらめっこしているわけですから、尚更肩こり、首こりや腰痛はひどくなるわけですし、ネットで検索して悪性疾患を目にしてさらに精神的ストレスを蓄積していくのですから、悪循環に陥っていますよね。

6 私もいつもは強気で生活をしていたのですが、副鼻腔炎をきっかけに自分の心の弱さを知りました。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2012/11/30(金) 16:02:18|
  2. 医療・疾病
  3. | コメント:0

【副鼻腔炎】私の症状と治療(9)頭痛の本当の原因(頭痛専門外来に)

1 耳鼻科の先生からは「もう副鼻腔炎はほとんど治っている」と言われていたのに、ひどい「頭痛」が続いていたため、とうとう私は「頭痛専門外来」のある病院を受診することにしました。

  副鼻腔炎が本当は良くなっていないんじゃないか、それ以外の頭の深刻な病巣があるのではないか、と自分がどんどんネガティブになっていることは自分でもよく分かっていました。
  それに、これまでほとんど気になっていなかった肩こりや首こり、腰痛、手足のひどい倦怠感、実際には吐かないのに吐き気がする、といった症状も気がかりでした。

2 頭痛専門外来を受診し、医師にこれまでの経緯を告げました。

・しばらく副鼻腔炎の治療を続けていて、耳鼻科の先生からは「ほとんど治ってます」と言われていること

・しかし、本当に副鼻腔炎が治っているかは、別にレントゲンを撮ったわけではないので、もしかしたら私の頭痛の原因が「依然として治っていない副鼻腔炎」に由来しているのではないか、と思われること

・頭痛は、前頭部を中心に締め付けるような痛みであること

・夕飯前後から頭痛がひどくなり、翌日も頭痛がなかなか抜けないこと
など。


  医師からは、「脳のCTを撮ってみませんか?」と言われたので、私は「ぜひお願いします!」と脳のCTを撮ることになりました。

3 頭痛専門外来ということもあって、その場で脳のCTを撮ることができました。  CTの結果もその場で告知していただけるのがとても良かったです。

4 CTを撮った後、先生から結果を踏まえた診断を告げられました。
  開口一番・・・

「脳に異常はありません。では、一緒に見てみましょう」

  私は「は?!脳に異常がないの?頭痛いってーの!!」と内心思いましたが、先生がCT画像を見せてくれるというので、一緒にモニターを見ながらすべての画像を見ました。
  先生は、画像を見せながら一つ一つ説明をして下さいます。「これは○○という場所です。以上があれば、ここは○○ですが、キレイですねー」という感じ。
  副鼻腔のCTも見ましたが、これが真っ黒でキレイなんです(苦笑)。先生も、「上顎洞以外もキレイですよー」「副鼻腔に問題はないですねー」とのこと。

  一通り説明を受けた後、先生から、「頭痛の原因なんですが、典型的な頭痛だと思います。」と最初に言われました。先生の診断を記憶する限り再現すると、

「○○さんの頭痛は、典型的な頭痛です。具体的には、緊張型頭痛というものです。○○さんの緊張型頭痛の場合は、肩こりや首こりから来ているのでしょう。原因は、精神的ストレスだとか、同じ姿勢でパソコン画面を見ているとか、いろいろとあります。手足がだるい、重いとか、全身倦怠感というのも典型的な症状なんです。冷えも同じですね。」

  『緊張型頭痛』という言葉を言われた瞬間、私がこれまで抱えていた不安が吹き飛びました。ずーっと「あー、脳の深刻な病気に違いないー」「副鼻腔炎も絶対に治らないー」と思い込んでいましたから。
  当時は息苦しさや胸の不快感、果ては原因不明の動悸までありましたから、もはや不安神経症のような症状であったとも言えます。

(医師)「で、緊張型頭痛の場合は、肩こりをほぐす薬とか、不安を取り除く薬とか、出す医者もいます。でも、私が経験してきたことですが、それではほとんど緊張型頭痛は治りません。」

(私)「実は耳鼻科で処方されたロキソニンを飲んでいるんです。頭痛が続いて不安もあったので。」

(医師)「(少しムッとして)ロキソニンで頭痛が治りましたか?」

(私)「なんとなく…ですが」

(医師)「ロキソニンは(緊張型頭痛には)効かないと思いますよ。あーいうのは、ずっと飲んでれば身体に害もあるんです!」

(私)「すみません…すぐ止めます。」

(医師)「緊張型頭痛は、疲れが出てきた夕飯時に強く出ます。○○さんのも同じですよね。これは仕方が無い部分もあります。」

(私)「はい…(仕方が無いのか…)」

(医師)「でも、お風呂に浸かっているときは、楽になりませんでしたか?」

(私)「は、はい!(そうなんだよ、風呂から上がると楽なんだよー)」

(医師)「そうですよね。自分でできることもあるので、うまく付き合って下さい。精神的ストレスとかいろいろあるのは分かりますよ。でも、例えば、肩こりなんかでは…」

などいろいろとご説明をいただき、最後は肩こり体操のパンフレットをもらいました。自分でもできる肩こり解消の運動が書いてありました。

5 先生は、私の性格を見抜いていたのかもしれません。

  先生は私に一切の薬を処方しませんでしたが、
もし当時の私に薬を処方すれば、私はきっと「薬がなくなったら頭痛が酷くなるに違いない!」と思うようになっていたかもしれませんし、「薬なしには今後暮らしていけないんじゃないか」などと新たな不安の種を生み出していた可能性があります。
  下手をすれば、今度は薬を濫用して別の病気になっていたかもしれません。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2012/11/29(木) 16:36:32|
  2. 医療・疾病
  3. | コメント:0
次のページ