FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

[参院選] 一票の格差が拡大し選挙民の影響力損なわれる

 次期参院選の一票の格差が4・99倍に拡大した。

 最大較差が生ずる鳥取県と神奈川県を比べたときの数字が4・99倍に達したとのことだ。

 つまり、鳥取の選挙民の一票は、神奈川の選挙民の一票の約5倍の影響力を持つ、ということだ。
 神奈川の有権者は5人集まらないと、鳥取の有権者の一票に及ばないのである。

 外国人参政権が現実味を帯びる中、選挙権というきわめて重要な権利に注目が集まっているが、一票の格差の問題もまた同程度に問題視さるべきだ。

 最高裁判所も、毅然とこのような格差は憲法違反だ、と言うべきであろう。
 国民の持つ一票の影響力が国民間で著しい格差を生じていることを軽視すべきでない。

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/12/26(土) 21:35:37|
  2. 司法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2