FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

「日本が拉致問題に言及すると東アジアの平和が遠のく」(元外務省出身者)

「日本が拉致問題に言及すると東アジアの平和が遠のく」(元外務省出身者)

 憲法講演:広島平和研究所長・浅井さん「9条は21世紀の道しるべ」 /福岡
 http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20090929ddlk40040366000c.html

 広島市立大広島平和研究所所長、浅井基文さん(68)の講演「いま憲法を考える-東アジアの平和を求めて」がこのほど、小倉北区古船場町の商工貿易会館であった。[…]
 浅井さんは外務省に25年間勤務。[…]「憲法9条の思想こそが21世紀の道しるべになる」と力説した。
 また、北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記は自身の身を守るために核実験などの政策に走っていると指摘。日本も拉致問題を声高に言うだけで6カ国協議を停止させており、東アジアの平和と非核化が進展しない原因を作り出しているとした

 この人が言うには、日本が北朝鮮に対して拉致問題の解決を訴えていることが<東アジアの平和>に繋がらないらしい。

 しかも赤字で強調したが、このかたはなんと<外務省>出身者というではないか。

 毎日新聞は実に無批判な態度で報道をしているが(ところで、この外務省出身の浅井さんは、「毎日と朝日は他の全国紙に比べ公正性、中立性が高い」などと毎日新聞紙上で同紙をベタ褒めしたことがある。)、国民の多くは「あんたみたいな人が外務省にいたから、拉致問題は何十年も放置されたのだ」と怒っておられることだろう。

 以前、ジャーナリスト(?)の田原総一朗さんが拉致被害者の有本恵子さん、横田めぐみさんについて、テレビ朝日の番組内で<外務省も生きていないことはわかっている>などと発言し、物議を醸したが、上の記事を読んで、なるほど田原氏はある意味では真実を述べたのかも知れないなあ、と思った。

 これは別に田原さんを擁護しようというわけではない。
 わたし個人は拉致被害者はまだ生きていると信じているし、日本政府が「(拉致被害者が)生きていることを前提に」拉致問題を国際社会に訴えていくことは外交上当然のことだ。(「生きていない」との発言は、真偽は別としても、現状において、日本を咎[とが]める意味しか持たない。)

 だが、上の外務省出身者のように、拉致問題を日本政府が言うから、東アジアが安定しないのだ、つまりは、乱暴な言い方をすれば、日本は拉致問題の解決を北朝鮮に要求するな、などと言う人間が外務省にまだいるとすれば、田原氏に対して<生きていない>と言う外務官僚がいてもおかしくないだろう。

 お忘れのかたがいるかもしれないが、もう既に何件か、拉致問題の解決を妨害するかのような外務省のサボタージュの事実が明らかになっている。

 たとえば、当時外務省北東アジア課長で、拉致問題をはじめとする朝鮮半島外交を担当していた平松賢司氏は、拉致問題に関する国連への報告をたった数行で、しかも当時(2003年)は北朝鮮側から提供された「遺骨」が拉致被害者のものではないことが発覚した時期だったのにもかかわらず、<失踪者の行方についての新たな情報はなく、現時点で追加的な情報を提供することは困難だ>などと手を抜いた内容で済ませていたことが分かっている。
(当時、拉致議連は平松氏の更迭を求めていたが、平松氏は<事務的連絡ミス>だとこれを釈明した。)
 その平松氏は、その後、米ハーバード大客員研究員へ出向した。

 また、これも平成15(2003)年の話だが、外務省の田中均審議官(当時)が、日米首脳会談で北朝鮮に対する圧力行使が論議されることに反対して、報道発表から<圧力>との文言を削除するよう、小泉首相(当時)に<北朝鮮を刺激してはいけません>などと働きかけを行っていたことが分かっている。(ちなみに、これは現在埼玉県知事で、当時民主党議員だった上田清司氏の追及で発覚。)
 
  1. 2009/09/30(水) 18:35:37|
  2. 政治
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

鳩山首相:日米首脳会談の要旨

9月23日に日米首脳会談がおこなわれた。各報道機関の報道をまとめたので、参考にしていただきたい。

[会談データ]

・9月23日22時10分から35分間の会談となった。

・日米首脳の初の顔合わせとなった。

・同席者
(1)日本側 鳩山首相、岡田外相、松野官房副長官、藤駐米大使
(2)米国側 オバマ大統領、クリントン国務長官、ライス国連常駐代表、エマニュエル大統領首席補佐官、ジョーンズ国家安全保障担当大統領補佐官



[会談の内容(要旨)]

1.日米関係について

(1)日米同盟の一層の強化で一致、従来にも増して協力の幅を広げていくことを確認
(2)鳩山首相:日米安保を巡るいかなる問題も日米同盟の基盤を強化するかたちで、緊密に協力したい
(3)世界経済 緊密に連携していくことで一致
(4)オバマ大統領:11月の訪日を大変楽しみにしている

2.アジア太平洋地域情勢

(1)アジア地域においても、日米で緊密に連携していくことで一致
(2)北朝鮮
 ・北朝鮮による核保有や核開発は容認できないことで一致
 ・六者会合がこの問題解決の最も有効な枠組であることでも一致
 ・鳩山総理より、拉致問題での日本への支持を要請
 ・拉致・核・ミサイル問題の包括的な解決が重要であり、連携を一層強化することで一致
(3)インドネシア
 ・鳩山首相:インドネシアのユドヨノ大統領が「バリ民主主義フォーラム」を推進していることを高く評価し、この取組みを後押ししていきたい
 ・オバマ大統領:賛成だ

3.グローバルな課題
(1)気候変動
 ・鳩山首相:2020年までに1990年比25%削減を目指す
 ・COP15に向けた国際交渉を進めるために、密接に協力していくことで一致
(2)アフガニスタンパキスタン
 ・アフガニスタンパキスタンの安定と復興はテロの撲滅と世界の安定に関わる重要な課題であることで一致
 ・鳩山首相:日本も、民生支援、農業支援等の日本のでき得る復興支援に積極的に取り組んでいく
(3)核軍縮・不拡散
 ・鳩山首相:オバマ大統領と核兵器のない世界を追求するとの目標を共有し、大統領のプラハ演説に多くの日本国民は感激した、明日予定されている安保理サミット開催に向けた貴大統領のリーダーシップに敬意を表する
 ・核軍縮・不拡散分野において日米が緊密に協力していくことで一致

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/09/24(木) 19:00:14|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0