FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

まずは東アジア共同体の定義付けを

 民主党政権が強く押し進める「東アジア共同体」。

 ネット上には、「仲良くすることは良いことだ」とか、「EUみたいでかっこいい」という意見もあるようだが、以下は、そういった人たちに特に一読しておいて欲しい記事だ。

 大前研一氏のコラム「東アジア共同体」を語る前にEUの歴史を学べ
 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20091019/189495/

 「東アジア共同体」構想については、すでに(予想された)米国からだけでなくアジア各国からも不協和音が聞こえてきている。
 シンガポールのリー・シェンロン首相は10月3日、訪日(10月5日から8日)を前に日本のメディアのインタビューに応じて、「東アジアの地域協力は、米国など域外国との関係も重視しながら進めるべき」「東アジアは米国と経済、安全保障の面で強固な関係を保つべき」との考えを示した。
 要するにリー・シェンロン首相は、「鳩山さん、東アジアを定義してみてください」と言いたいのだ。岡田外相は先日カンボジアのシェムリアップでのASEAN会議に出席したが、そこでも東アジア共同体を売り込んでいる。ということは東南アジアも入るのか、ASEAN+3(中国韓国、日本)とどう違うのか、などでますます混乱が広がった。

 リー・シェンロン首相は、リー・クアンユー初代首相(シェンロン氏の父)と同様に、「米国あってのアジア」という関係式を理解している人物だ。彼の目には、日本が突如打ち出した「東アジア共同体」構想が次のように映るのだろう。「日本は覇権を求めているのではないか。今は親分の米国に頭が上がらないから、東アジアで威張りたいのではないか。それはかつて日本がたどった道ではないか」、と。

 大前氏が指摘するように、「東アジア共同体」が良いかどうかの前提問題として、「東アジア」とは何を指して言うのか、「東アジア」の定義付けの問題がある。
 米国を含めるものだとすれば、APECと何一つ変わらなくなるし、東南アジア諸国を広く含めれば、ASEAN+3と異ならなくなる。

 仮に、そうではなくて、日中韓だけの国家共同体を創設しようというのであれば、今度は東アジア共同体を創設する意味が無くなる。

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/10/21(水) 20:19:15|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4