FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

崩壊したかのようにイデオロギーも未だに人の目を欺き続けている

○崩壊したかのようにイデオロギーも未だに人の目を欺き続けている

 今日はお家でゆっくり晩酌です(うふふ)。
 小難しいタイトルを付けましたけれど、お気楽に読んでくださいね。

 ー ー ー

 先日、ある人から「しんぶん赤旗」の日曜版を見せていただいた。
 一面には、左側には日本共産党の志位委員長の写真、右側にはオバマ米大統領の写真が同じくらいの大きさで掲載されていた。
 ちょっと前までは「米国帝国主義」と批判していた彼らも変わったものだ。「反米」から「オバマ大統領マンセー」への変わり身はいったいどういうわけなんだろうか。

 最近、こういう人が増えているんじゃないだろうか。「日本は米国の属国だー」と意気盛んに言っていた反米主義者が、オバマ大統領の「プラハ演説」で「核兵器のない世界」に言及したとたん、「日本は米国に追従せよ」なんだから、困ったものだ。

 反米主義者に限らず、オバマ大統領の提唱した「核兵器のない世界」に魅了されてしまった日本国民も多いだろう。「いよいよ核兵器のない世界が来るんだ!」と期待を寄せるブロガーもいるようだ(オバマ大統領は自分で「私が生きている間には(核兵器のない世界の実現は)無理だろう」と言っているけど・・・笑)。

 そういえば、産経新聞にもこんな記事が掲載されていた。

 創価学会の池田名誉会長が「核兵器のない世界実現を」と提言
 http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090907/stt0909071810009-n1.htm

 創価学会の池田大作名誉会長は7日、「核なき世界」を提唱したオバマ米大統領のプラハ演説を受け、日本が先頭に立って核兵器のない世界の実現を目指すとする「核廃絶提言」を発表した。
 提言は核軍縮、核拡散防止、核兵器に依存しない安全保障への移行などが重要と指摘。「被爆国の日本が核武装の検討をすることは許されない」と訴え、今後も非核三原則を堅持するよう求めた。日米が協力し、北朝鮮の核問題を含む、北東アジアの平和構築に臨むべきだと呼び掛けている。

 もう「核兵器のない世界」と書けば、なんでもいいのかね(ならば、「宗教法人"核兵器のない世界創造教"」でも作ろうかしら・笑)。

 だが、こういうときこそ冷静に、そして、フェアな姿勢で物事を見つめてほしい。

 もしオバマ大統領が本当に「核兵器のない世界」を目指しているのならば、なぜ、彼は、老朽化する核兵器製造施設を最新型にしようとしたり、新たな核弾頭開発のための資金提供を提案しようとしているのだろうか。

 あるブログでは「軍縮・平和のオバマ大統領」などと書かれていたが、とんでもない話だ。

 もしそうであるのならば、オバマ大統領が、アフガニスタンのカルザイ大統領のおこなった悪質な選挙違反を見逃し、民衆を貧困のどん底に陥れる代わりに、一部の軍閥への利益誘導をはかる愚策を無視するようなことはしていなかっただろうに。

 日本共産党委員長が米国の大統領とニコニコ握手をしている時代は、一見すると保革対立はおろかイデオロギーの対立が崩壊したかのように見える。
 だが、我が国は、広い意味での「戦後」というイデオロギーを引きずり続けているのが現実のようだ。

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/10/02(金) 21:10:01|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1