FC2ブログ

[増税] 気づいたら消費税増税派が「国家戦略室」担当大臣になっている件

 
             菅直人氏が財務大臣に就くことで、菅氏がこれまで務めてきた国家戦略室の担当大臣のポストが空席になります。

 鳩山首相は、国家戦略室の担当大臣に、行政刷新担当大臣の仙谷由人氏が兼務する方針を固めました。
 今後の税制の在り方は、仙谷氏の下で構想を練ることになります。

 その仙谷氏と菅氏との最大の違いは、消費税の考え方です。

<仙谷氏は11年度予算の財源確保について「消費税はもちろん、法人税も所得税も新しい発想で臨まなければ(11年度)予算編成が出来ない可能性もある」と指摘した。「人口減少、超高齢化社会の中で、現役世代に大きな負担をかける仕組みはもたない。消費税を20%にしても追いつかない」とも述べ、増大する社会保障費の財源を確保するためには、消費税率の大幅引き上げもやむを得ないとの見方を示した。>

 鳩山首相は、少なくとも4年間(衆議院議員の任期満了時)は、消費税を増税しないと言ってきましたが、仙谷氏は、明確な形で財源確保のために「消費税の増税」を具体的な形で主張しています。
 しかも仙谷氏は、参院選の翌年である平成23年(2011年)に、消費税引き上げを含む税制改正を行おう、というのです。

 表向きは「消費税を上げない」と言っている政権ですが、既に政権内では消費税増税でコンセンサスを築いている、ということでしょうか。

 いずれにせよ、消費税を引き上げるのであれば、国民に明確な形で訴えかけるべきです。

 少なくとも、菅氏は消費税引き上げを容認しない立場だったはずですから、税制改正を担当する国家戦略室の新担当大臣は消費税引き上げを容認する積極的な立場に変わった、ということを国民に広く知らしめるべきではないでしょうか。

 その上で、参院選で「消費税引き上げの是非」を争点に選挙を争うべきです。

 国民の知らない間に、消費税が20%以上の水準に引き上げる案が閣内で固められていて、国民が知ったときにはもう遅かった・・・などということにならないようにお願いしたいものです。

 にしても、なんというか、こう軽々に消費税引き上げということを口にする議員が民主党にも多くなってきましたね。財務官僚が耳元でささやいているのでしょうか・・・

*次回更新 1月11日(月) 少し間が空きますが、ご了承ください。Twitterのほうでは、毎日つぶやいていますので、よろしかったらどうぞ。

theme : 民主党
genre : 政治・経済

tag : 消費税 民主党 増税 仙谷由人 菅直人 国家戦略室

全閣僚の政治的スタンス(憲法・消費税・外国人参政権・自衛隊)

 
           

 閣僚人事が発表された。今日から数回にかけて、閣僚の政治スタンスについて、まとめておきたいと思う。

 続きは明日の夜に掲載します。

 鳩山由紀夫(62)菅直人(62)原口一博(50)岡田克也(56)川端達夫(64)長妻昭(49)
選挙区北海道9東京18佐賀1三重3滋賀1東京7
憲法9条(憲法)改正△(○)△(△)△(×)○(○)×(○)×(○)
集団的自衛権を認めるための解釈改憲×××××
日本の核武装××××××
永住外国人地方参政権
国会議員の世襲制限
議員定数削減○(比例削減)○(比例削減)○(比例・小選挙区)○(比例)○(比例)○(比例)
団体献金禁止
郵政民営化は成功?×××××
4年内の消費税増税××××××
環境税導入
製造業への派遣××××××
アフガニスタンへの自衛隊派遣×××
北朝鮮への圧力路線
備考総理大臣

副総理

元厚生大臣

総務大臣外務大臣

文部大臣

東レ労組

厚生労働大臣

元雑誌記者

(今回の組閣のポイント)

・ 憲法改正をめぐっては意見の一致を見ていない憲法ないし9条の改正賛成に明確な態度を示している者は、前原氏と仙谷氏のみである。

・ 外国人参政権付与に反対する議員が一人も入閣しなかった。(賛成の姿勢を明確にしていない長妻氏や平野氏も反対の立場を明確にしたわけではない。朝日新聞の調査に対して「どちらともいえない」と回答しただけである。)

・ 衆議院議員の定数削減、消費税、環境税導入、製造業への労働者派遣に関しては、ほぼ全員の意見が一致している。一部の大企業の労組出身の閣僚のみ、製造業への労働者派遣に関して、明確に反対としていない。

・ アフガニスタンへの自衛隊派遣に消極的な議員が多い。

theme : 民主党・鳩山政権
genre : 政治・経済

tag : 閣僚 民主党 鳩山由紀夫 外国人参政権 憲法改正 消費税 憲法

政党データ:(1)憲法改正の是非

 
            ひとえに民主党といっても、右から左まで様々な政治スタンスを持った議員がいる、と言われている。しかし、実際には「右」「左」の区別は相対的なものに過ぎない。
 「右」だと言われている人でも憲法改正に反対している人はいるし、「左」だと言われている人でも労働者派遣法の規制緩和について肯定する人もいる。

 最近の日本の世論を見ていると、まるで米国のブッシュ政権がそうだったように、「AかBか」という二分論的な思考に執着しているようにおもわれる。
 もちろん、「AかBか」と問われたほうが、有権者にとっては理解しやすいし、選びやすい。だから、「改革なくして成長なし」「聖域なき構造改革」などのワンフレーズ・ポリティクスを好んで使った小泉元首相は、選挙期間中に「郵政民営化に賛成か反対か」「自民党か抵抗勢力か」の二者択一を有権者に迫ることで、巧みに有権者のハートを掴むことに成功しのである。・・・皮肉にも、自民党は、まるで小泉戦略にヒントを得たかのように「政権交代か政権継続か」の二者択一を迫った民主党によって、そっくりそのまま議席をひっくり返されたわけだが・・・。

 しかし、このような二分論的な物の見方は本来は好ましくはない。
 イラク戦争の前に、ブッシュ大統領が「テロリストの側につくのか、正義の側につくのか」と迫ったことで、人に寛容さや柔軟さを失わせ、米国はマスメディアを含めて一気にイラク戦争へと突入していったことを今一度よく思い返すべきだ(当初からイラク戦争反対を主張し続けた現実主義者らの声に耳を傾けた人は少なかった。)。

 すなわち、各政党が右だの左だのとレッテル貼りする前に、フェアな視点で、政党の中身をもっと精査して、各政策に関する党内のパワーバランスを知っておく必要がある。

 そこで、ここでは先の衆院選で当選者の政治スタンスはどのようなものだったのかをご紹介したい。
 今日は政治スタンスがハッキリと分かれやすい「憲法改正の是非」について、取り上げる(当選者数と人数が合わないのは、アンケートに協力していない人がいるからです。)。

(1)憲法改正の是非

民主党>当選者308人
 賛成 125人
 反対 62人
 保留 86人

<社民党>7人
 賛成 0人
 反対 7人
 保留 0人

<国民新党>3人
 賛成 2人
 反対 0人
 保留 0人

自民党>119人
 賛成 105人
 反対 2人
 保留 3人 
*なお明確に「反対」と答えた人は0人。
 「どちらかといえば反対」と答えたのが、古賀誠氏、竹本直一氏の2人のみ。

公明党>21人
 賛成 14人
 反対 2人
 保留 3人

<みんなの党>5人
 賛成 2人
 反対 0人
 保留 1人

<新党大地>1人
 賛成 1人
 反対 0人
 保留 0人

<新党日本>1人
 賛成 0人
 反対 1人
 保留 0人

<日本共産党>9人
 賛成 0人
 反対 8人
 保留 0人

<無所属・諸派>6人
 賛成 5人
 反対 0人
 保留 1人

*******

 これを見て分かるのは、態度を保留している当選者の多い民主党を除く各政党は、憲法改正の是非についておおむねコンセンサスを築いている、ということだ。
 やや公明党が内部で考えの一致を見出していないように見うるが、憲法改正の是非についてバラツキの大きい民主党に比べれば、さほど大きいものではないだろう。

 全体として総合すれば、先の衆院選後の衆議院議員の多数が憲法改正の必要性は認めている、ということがいえる。ただし、質問を「9条を改正することの是非」とすれば、また違った結果が得られたかもしれないので、改正も中身次第、といったところか。

 しかしなによりも驚いたのは、自民党内に憲法改正に反対する議員がいる、ということだ。憲法改正は自民党の結党目的だったはずだが、結党目的に反対している人がなぜ自民党にいるのか、不思議でならない。

 近日中に「消費税引き上げの是非」について、当選者の考え方をまとめてみたいと思う。

* データについて
 データは朝日新聞と東京大学が共同して全候補者を対象に行った調査をもとに、「賛成」および「どちらかといえば賛成」を「賛成」として、「反対」および「どちらかといえば反対」を「反対」としてカウントの対象とした。「どちらともいえない」は「保留」と取り扱った。
 同調査に回答をしていない当選者の数はデータに反映していない。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : 自民党 民主党 公明党 憲法改正 9条 消費税 イラク戦争 ブッシュ 二分論

プロフィール

くるくる

管理者:くるくる
 主に政治ニュースを取り扱っています。メディア・リテラシーを身につけて客観的に物事を見つめる能力を養うことが目的です。
 コメントは遠慮なくお寄せください。

記事一覧
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンクツリー

 
Twitter
ブログ内検索
管理人へメール
管理人へ私信を送りたい際にご利用ください。

名前(匿名可です。):
メール:
件名(任意):
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
タグクラウド
裁判員(#1)ボートマッチ(#1)上田清司(#1)非正規社員(#1)年頭所感(#1)不安神経症(#1)ベーシックインカム(#1)キリスト教(#2)地球温暖化(#2)リアリスト(#1)内閣府(#1)韓国(#9)岡田克也(#5)国体明徴(#1)平和的生存権(#1)田中康夫(#2)聖域なき構造改革(#1)刑事責任(#1)阿久根市(#1)環境税(#1)労働市場の流動化(#1)クラスター爆弾(#1)後鼻漏(#13)開かれた政党(#1)死刑廃止論(#1)一君萬民ノ政治(#1)子ども手当(#2)モラル(#1)Wi-Fi(#1)公務執行妨害罪(#1)日本維新の会(#1)衆議院(#1)米国(#10)夫婦別姓(#1)起訴相当(#1)パイレーツ・オブ・カリビアン(#1)無申告加算税(#1)大阪府知事選(#1)加藤紘一(#1)仙谷由人(#1)政府(#1)國体ノ護持(#1)国家(#1)信教の自由(#1)軍国主義(#2)核持ち込み(#1)佐藤栄作(#1)議員定数不均衡(#1)guardian(#1)扇子(#1)捕鯨(#1)差別(#2)リスク(#1)思想及び良心の自由(#1)象徴天皇制(#1)海賊(#1)脱税(#1)winny(#1)長妻昭(#3)コリアン(#1)進歩党(#1)ユーラシアグループ(#1)千葉景子(#3)司法(#1)核兵器のない世界(#1)パキスタン(#1)ロキソニン(#2)組合(#1)ノーベル平和賞(#1)人権(#3)拉致(#2)所得控除(#2)福田康夫(#2)年金(#2)空知太神社(#1)宮内庁(#1)アフガニスタン(#1)記者クラブ(#3)就任(#1)表現の自由(#1)衆院選(#2)児童手当(#1)日本テレビ(#1)イスラム教(#2)ネット(#1)死刑廃止(#1)演説(#2)君が代(#2)石原慎太郎(#1)慢性副鼻腔炎(#13)仕分け人(#1)玻南ちゃん(#1)体罰(#8)官房長官(#2)比例区(#1)財務省(#1)胡錦涛(#1)食の安全(#2)安重根(#1)天皇誕生日(#1)マスコミ(#36)法治国家(#1)麻生首相(#1)大前研一(#1)行政罰(#1)神社(#1)伴奏(#1)社畜(#1)国連気候変動首脳会合(#1)中川昭一(#1)国務省(#1)日米首脳会談(#1)単純所持(#1)東アジア(#1)朝日新聞(#2)青山繁晴(#2)訴追(#1)イラク戦争(#2)不法残留(#1)平手(#1)後楽園キャンパス(#1)自由(#1)参政権(#1)南沙諸島(#1)鳩山由紀夫(#50)山本孝史(#1)沖縄(#2)NYT(#1)給付(#1)日米安保(#2)AirMac(#1)大阪市(#6)アジア(#1)被害者の権利(#1)刑法(#1)おことば(#1)生徒(#7)刑事罰(#1)偽装献金(#3)MacBook(#1)社民党(#4)信仰(#1)配偶者控除(#2)命名権(#1)尾辻秀久(#1)裁判(#1)イラク(#1)中央大学(#1)国家戦略室(#2)普天間(#1)telegraph(#1)わいせつ(#1)TBS(#2)リベラル(#1)日本国憲法(#5)郵政民営化(#1)思いやり予算(#1)カダフィ(#1)COP15(#1)鯨(#1)ピルグリム・ファーザーズ(#1)平野博文(#3)法務大臣(#1)みんなの党(#4)閣僚(#2)派遣村(#2)政界再編(#1)安全保障(#1)朝鮮総連(#1)イデオロギー(#2)高木八尺(#1)西沙諸島(#1)橋下徹(#2)川上義博(#1)首班指名(#1)片山虎之助(#1)田付景一(#1)公明党(#7)悪魔ちゃん(#1)自由党(#1)チベット(#3)南京大虐殺(#1)国連(#2)GHQ(#3)民団(#1)生活保護(#2)核密約(#1)吉野文六(#1)護衛艦(#1)ワーキングシェア(#1)川田龍平(#1)学校(#1)FT(#1)議長(#1)平沼赳夫(#1)憲法(#9)長島昭久(#1)非正規雇用(#1)戦争(#1)新党大地(#2)失言(#2)生活(#1)改憲(#1)天皇(#16)野中広務(#1)住民訴訟(#1)ファシズム(#1)尖閣諸島(#1)9条(#3)中曽根康弘(#1)マードック(#1)グリーンピース(#1)厚生労働省(#2)民主主義(#1)児童ポルノ禁止法(#1)山崎拓(#3)宗教(#1)西山太吉(#1)ブログ(#1)即位20周年(#1)関門海峡(#1)プラハ演説(#1)北京五輪(#1)障碍者(#2)李明博(#1)平和(#1)前原誠司(#1)投票(#1)タイ(#1)派遣(#1)成年(#1)新自由主義(#1)密約(#2)倫理(#1)Buddhist(#1)民事責任(#1)イスラエル(#1)緊張型頭痛(#7)不起訴不当(#1)外国人管理職事件(#1)事業仕分け(#2)前文(#2)フィナンシャル・タイムズ(#1)田中均(#1)厳罰化(#1)マクリーン事件(#1)追徴課税(#1)アジア主義(#1)産経新聞(#1)北朝鮮(#1)横路孝弘(#2)事件(#1)死刑(#1)ポツダム宣言(#1)二分論(#1)検察審査会(#1)多摩キャンパス(#1)小泉純一郎(#4)吉永みち子(#2)沖縄密約(#1)戸籍法(#1)暴力(#6)検察(#2)農薬(#1)起訴議決(#1)護憲(#1)参院選(#2)亀井静香(#3)ニクソン(#1)頭痛(#13)渡部恒三(#2)高田晴行(#1)政治(#1)オバマ(#10)保守(#2)一票の格差(#1)日比谷公園(#1)朝ズバッ!(#1)菅直人(#4)占領政策(#1)児童ポルノ(#2)判例(#2)扶養控除(#2)接続時間(#1)日本郵政(#1)真言宗(#1)外国人労働者(#1)麻生太郎(#3)日韓トンネル(#1)歴史認識(#1)総裁選(#1)日本共産党(#3)市橋達也(#1)死刑存置(#1)年収要件(#1)日韓トンネル研究会(#1)SWINC(#1)大法廷(#1)核兵器なき世界(#1)関門海峡衝突事故(#1)改正(#1)憲法改正(#4)国民新党(#4)大阪(#2)読売新聞(#1)PRAM(#1)中国(#27)バッテリー(#1)社会党(#1)議員立法(#1)外国人参政権(#22)永住外国人地方参政権付与法案(#1)報道の自由(#1)鼻づまり(#13)高校(#6)平田健二(#1)75条(#1)民本主義(#1)政治利用(#7)チベット仏教(#1)外交(#1)創価学会(#2)報道(#1)適正手続(#1)自民党(#37)外国人(#2)国家共同体(#1)裁判権(#1)酒井法子(#1)教師(#2)規制緩和(#1)コンテナ船(#2)重加算税(#1)ネブライザー(#3)責任(#1)消費税(#3)法規範(#1)マルキスト(#1)外務省(#4)アダムスミス(#1)日の丸(#1)GHQ(#1)検察審査員(#1)同意(#1)クジラ(#1)所得税(#1)iMac(#1)政治資金規正法(#1)民法(#2)幇助犯(#1)鼻(#13)鼻水(#13)正社員(#1)チャレンジド(#1)ワーク・シェアリング(#1)肝炎(#1)指導(#1)朝鮮(#1)東アジア共同体(#5)自衛隊(#1)平松賢司(#1)宗教右翼(#1)毒入り餃子(#2)政教分離(#2)ラジオ(#1)Apple(#1)構造改革(#1)新党日本(#2)高窪統(#1)平和主義(#3)小泉構造改革(#2)府知事選(#1)中学(#1)罪刑法定主義(#1)中西一清(#1)グローバリズム(#1)Constitution(#1)平沼グループ(#1)青木幹雄(#1)日本(#2)萩本欽一(#1)仏教(#2)小沢一郎(#25)非正規(#1)自殺(#6)海上自衛隊(#1)最高裁(#3)副鼻腔炎(#13)急性副鼻腔炎(#13)選挙権(#1)毎日新聞(#3)日韓併合(#1)増税(#2)竹原信一(#1)ASEAN(#1)Mac(#1)社会保険庁(#1)ベトナム(#1)民主党(#100)国民主権(#1)ブッシュ(#1)世論調査(#1)シーシェパード(#1)振り込め詐欺(#1)ソマリア(#1)国際(#1)博士の独り言(#1)核兵器(#1)特例会見(#1)税金(#1)