FC2ブログ

鳩山首相の国連演説に外国メディアが大絶賛!?

 
            鳩山首相の国連演説に外国メディアが大絶賛!?

 鳩山首相が9月22日に国連気候変動サミットで温室効果ガス25%削減を表明した

 日本のメディアは、鳩山首相が削減目標を述べた際に会場から拍手をもらっている映像を繰り返し流し、世界から絶賛されている、と報じていた。

 私も「そんなに海外に注目されているのか」と思って、どのように報じられているのか気になって、英国BBC、米国NYTといった海外メディアの動向を調べてみた。

 しかし、いくら探しても、絶賛はおろか、まともに報じているメディアが見あたらない。むしろ、当日の話題は、オバマ大統領と胡錦涛国家主席の会談ばかりだ。

 私が確認した限りでは、鳩山首相の国連での演説を報じた記事は見あたらなかった。

 日本のマスコミは「拍手喝采を浴びた」と演説を持ち上げるけれども、海外メディアの注目度は決して高くなく、日本のマスコミが言うほど、あの演説で国際社会での地位は上がっているとは思えない(演説で国際的地位が上がれば苦労しない・笑)。

 それでも、連日、日本のマスコミが報じているので、もしかすると演説の翌日に海外で取り上げられるかもしれないと気になったが、23日になっても一向に報じる気配はない。
 
 日本では、「日本は経済大国だから、日本の動向に注目が集まっている」とし、だからこそ、日本が先進国の中でいち早く厳しい環境基準を提唱したことは、意義深い、と言われる。
 後段については賛成できる部分もないわけではないが、前段は大きな誤りだ。
 日本の首相の演説よりも、安全保障理事会における旧連合国の拒否権を批判し、「大国も小国も平等だというが、それはウソだ」と主張したカダフィ演説のほうが、海外での注目度は高い。

 これは鳩山首相が悪いといっているわけではない。それは、むしろ、海外の目を気にしすぎなマスメディアの問題である。
 靖国問題のときもそうだ。いちいち中国政府に「日本の政治家が靖国参拝することについてどう思いますか」などと聞く日本の記者たち。その質問に意味があるのだろか。

 日本の外交上のプライオリティを打ち崩すことに躍起になっているマスメディアに、民主党は引きずられるべきではない。

theme : 環境・資源・エネルギー
genre : 政治・経済

tag : 民主党 鳩山由紀夫 国連 演説 カダフィ 胡錦涛 オバマ

オバマ大統領がBuddhistsと言わなかった理由はなにか

 
             少し更新が滞ってしまい,申し訳ありません。

 遅ればせながら,オバマ大統領の就任演説について,少々。

 私は眠い目を擦りながら,NHKのオバマ大統領就任演説を同時通訳を介して視聴しました。
 後日,私の周りでは「オバマはすごい!かっこいい!」と絶賛していますけれど,私個人は物憂げに演説を聞きました。
 あの場に集まった市民らと「We can!」などとシュプレヒコールするのかな,なんて予想していましたがしませんでしたね。

 あの演説については,日本でも多くの評論家らが,それぞれご立派な分析をしています。
 しかし私はこの演説を分析するほど,オバマ大統領が複雑難解なことを述べているとは思えませんでした。

 もちろん演説の中には<To the Muslim world>とイスラム世界や独裁国家に対しての彼の踏み込んだメッセージも含まれていましたから,分析する価値がないとまでは言いません。

 ですが,私は結局のところ,演説の全てがこの一節に表現されているように思うのです。

 <America. In the face of our common dangers, in this winter of our hardship, let us remember these timeless words. With hope and virtue, let us brave once more the icy currents, and endure what storms may come. >

 どういう意味かと申しますと,米国は数々の脅威を経験した。だから危機にある今こそ,米国で理想の国を作ろうと模索したピルグリム・ファーザーズPilgrim Fathersの精神に立ち返ろう,とオバマは演説で述べているのです。
 すなわち,オバマ大統領があの演説の中で述べた内容は,詰まるところ「米国建国の精神」を確認しただけなんですよね。

 彼は同演説の中でこう米国国民を鼓舞します。
 <With hope and virtue, let us brave once more the icy currents, and endure what storms may come. >
 希望と美徳をもって,凍て付く時代の潮流に今再び立ち向かい,いかなる嵐が来ようとも,これに耐えてみせよう。(拙訳)

 結局,今の米国には,最後にパトリオティズムしか残らなかったのでしょう。
 自分の国が全世界の理想を体現しているんだ。この国のデモクラシーは全世界に通じる普遍の価値なんだ・・・オバマ大統領の言っていることって,その程度のことなんだと,私は思います。

 もちろん優れた演説であることは間違いないと思います。具体的な名詞をわざと挙げず,抽象的ながらも,それとなくブッシュ元大統領や今回の金融危機において無責任な振る舞いをした会社の経営者を鋭く批判してみせたあたりは,この演説がいかに周到に,巧妙に作られたものであるかを示しています。

 ただオバマ大統領の就任演説を無条件に賛美しているかたには今一度考えて欲しいことがあります。
 私も,オバマ大統領が建国の精神に学ぼうと訴えていることは評価します。自分たちの歴史から学ぶことは本当に大切なことです。

 しかし考えてみてください。
 いくらオバマ大統領が建国の精神に立ち返ろうと諭したとしても,オバマ大統領自身<We remain a young nation>と認めているように,米国の歴史は日本に比べれば本当に短いものです。
 口は悪いですが,そんな浅い歴史を振りかざしてみせたオバマ大統領に,なぜこれほどまで日本人が歓喜しているんでしょう?

 オバマ大統領を「かっこいい」と言うのも結構ではありますが,「かっこいい」と言うだけでは何も得られませんし,そこからは何も生まれません。

 彼に倣って,自国の歴史を真摯に学ぼうとする謙虚な姿勢を身につけることが大切です。
 日本には,米国よりも遙かに長い歴史があります。祖先が困難にどのように立ち向かっていったのか,歴史はその試行錯誤の実験記録であって,歴史に学ぶべきことは大変多いものです。

 * * *

 ・・・と長々と書きましたが,これは実はただの前振りでございます(それと同時に,私の周囲にいるオバマLOVEオバちゃんへの不満のはけ口でもあります・笑)。

 このエントリで,上に関連して,皆さんにもお考えいただきたいことがあります。

 オバマ大統領就任演説で,大統領は次のように言いました。

 <We are a nation of Christians and Muslims, Jews and Hindus - and non-believers.We are shaped by every language and culture, drawn from every end of this Earth.>

 簡単に訳しますとこんな感じです。
 「私たちはキリスト教徒,イスラム教徒,ユダヤ教徒,ヒンドゥー教徒,そして無信仰者からなる国家だ。私たちはあらゆる言語と文化によって形成され,この地球のあらゆる場所から集合している。」

 で,同時通訳で聞いていた私ですが,この部分では流石にずっこけました。
 「キリスト教徒,イスラム教徒,ユダヤ教徒,ヒンドゥー教徒・・・無信仰者」?!

 え!仏教は!?え~~~!!!
 正直ビックリしました。スピーチライターの人,Buddhists(仏教徒)を書き忘れてるよっ!!

 しかし後々ゆっくり考えてみると,なんだか敢えてBuddhistを演説の中に入れてくれなかった気がしてきました。
 もちろん可能性としてはいろいろなものが考えられます。例えば・・・

 (1)単純にBuddhistを書く必要性を感じなかった。あるいは書き忘れていた。
 (2)Buddhist(仏教徒)とHindus(ヒンドゥー教徒)が実は同一のものだと勘違いしていた。
 (3)何らかの理由で,Buddhistを書けなかった。
 (4)私が考えすぎなだけだ。

 だとしても(1)はともかく,(2)は論外だろうと思います。
 さすがに勉強熱心だったオバマ大統領ですから,仏教とヒンドゥー教が同一のものでないことくらい知っているでしょう(知っていなかったとしたらリチャード・ギアが黙っていない・笑)。

 そうなると,おおむね(1)か(3)のどちらかだということになりそうです。
 ちなみに産経新聞のコラム(具体的な出典は後ほどチェックしておきます)では,Buddhistと言わなかったことについて,オバマ大統領が仏教徒の多い国々の存在を軽視,即ち,日本を軽視している証左ではないか,と危惧するものもありましたが,まあ,そこまでは言いません。私は。

 しかし先ほどネットを巡っていましたら,中には<中国からのプレッシャーではないか>という意見を述べるブログに巡り会いました。
 そのブログの著者は,Buddhistと言えば,未だ記憶に新しいTibetan Buddhism(チベット仏教)を聴衆に想起させることになり,ひいては中国への牽制と受け取られる可能性があった。だから演説の中でBuddhistとは言わなかった。・・・そのブログの著者はそう言うんですね。

 そのブログの言わんとすることはなんとなく分かる一方で,なんとなく陰謀論めいたものも感じなくもないですから,まあ,私も判断しかねるものがあるんですが,みなさんはどうお考えになります?

 なぜオバマ大統領の口からBuddhistという言葉が聞かれなかったのか。
 私はその理由が分かりません。これが杞憂に過ぎぬもの,すなわち(4)であればよいのですが。
 

tag : オバマ 米国 日本 就任 演説 中国 Buddhist 仏教 ピルグリム・ファーザーズ チベット仏教

プロフィール

くるくる

管理者:くるくる
 主に政治ニュースを取り扱っています。メディア・リテラシーを身につけて客観的に物事を見つめる能力を養うことが目的です。
 コメントは遠慮なくお寄せください。

記事一覧
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンクツリー

 
Twitter
ブログ内検索
管理人へメール
管理人へ私信を送りたい際にご利用ください。

名前(匿名可です。):
メール:
件名(任意):
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
タグクラウド
戦争(#1)GHQ(#3)中曽根康弘(#1)日本(#2)朝日新聞(#2)司法(#1)外国人管理職事件(#1)死刑存置(#1)人権(#3)Apple(#1)食の安全(#2)国家戦略室(#2)保守(#2)社民党(#4)PRAM(#1)後鼻漏(#13)増税(#2)追徴課税(#1)扶養控除(#2)生徒(#7)自殺(#6)読売新聞(#1)自由党(#1)日本テレビ(#1)投票(#1)宗教右翼(#1)毒入り餃子(#2)鼻水(#13)軍国主義(#2)日韓トンネル(#1)わいせつ(#1)信教の自由(#1)田中均(#1)君が代(#2)社会保険庁(#1)天皇誕生日(#1)リアリスト(#1)フィナンシャル・タイムズ(#1)玻南ちゃん(#1)国務省(#1)尖閣諸島(#1)不法残留(#1)外国人(#2)府知事選(#1)鳩山由紀夫(#50)報道の自由(#1)アジア主義(#1)国連(#2)副鼻腔炎(#13)厚生労働省(#2)大法廷(#1)日本維新の会(#1)青山繁晴(#2)税金(#1)ボートマッチ(#1)大阪(#2)郵政民営化(#1)検察(#2)不安神経症(#1)起訴相当(#1)橋下徹(#2)死刑廃止論(#1)検察審査会(#1)川田龍平(#1)核兵器のない世界(#1)財務省(#1)日本共産党(#3)渡部恒三(#2)日比谷公園(#1)バッテリー(#1)悪魔ちゃん(#1)開かれた政党(#1)国民新党(#4)ベーシックインカム(#1)中川昭一(#1)核密約(#1)外交(#1)伴奏(#1)FT(#1)山崎拓(#3)表現の自由(#1)新党大地(#2)首班指名(#1)消費税(#3)民法(#2)自由(#1)仏教(#2)不起訴不当(#1)規制緩和(#1)産経新聞(#1)憲法(#9)イラク戦争(#2)大阪府知事選(#1)長島昭久(#1)体罰(#8)野中広務(#1)田中康夫(#2)民主主義(#1)年金(#2)iMac(#1)小泉構造改革(#2)長妻昭(#3)密約(#2)福田康夫(#2)報道(#1)社会党(#1)裁判権(#1)西沙諸島(#1)東アジア共同体(#5)プラハ演説(#1)訴追(#1)所得控除(#2)農薬(#1)片山虎之助(#1)聖域なき構造改革(#1)小沢一郎(#25)アフガニスタン(#1)正社員(#1)改正(#1)厳罰化(#1)チベット仏教(#1)扇子(#1)核持ち込み(#1)単純所持(#1)公務執行妨害罪(#1)タイ(#1)チベット(#3)成年(#1)日韓併合(#1)ワーキングシェア(#1)社畜(#1)真言宗(#1)派遣(#1)海上自衛隊(#1)コンテナ船(#2)青木幹雄(#1)沖縄(#2)平和主義(#3)配偶者控除(#2)神社(#1)マクリーン事件(#1)国体明徴(#1)イラク(#1)平手(#1)佐藤栄作(#1)官房長官(#2)COP15(#1)イスラエル(#1)パキスタン(#1)非正規社員(#1)環境税(#1)リベラル(#1)差別(#2)捕鯨(#1)イデオロギー(#2)毎日新聞(#3)telegraph(#1)李明博(#1)國体ノ護持(#1)地球温暖化(#2)winny(#1)関門海峡(#1)マルキスト(#1)総裁選(#1)刑事罰(#1)核兵器なき世界(#1)日本郵政(#1)ピルグリム・ファーザーズ(#1)振り込め詐欺(#1)鯨(#1)即位20周年(#1)安重根(#1)ラジオ(#1)みんなの党(#4)中央大学(#1)民本主義(#1)日韓トンネル研究会(#1)国家共同体(#1)子ども手当(#2)アジア(#1)新自由主義(#1)関門海峡衝突事故(#1)麻生太郎(#3)戸籍法(#1)阿久根市(#1)ベトナム(#1)尾辻秀久(#1)所得税(#1)暴力(#6)生活(#1)参政権(#1)派遣村(#2)国家(#1)吉野文六(#1)組合(#1)ニクソン(#1)判例(#2)GHQ(#1)大阪市(#6)最高裁(#3)肝炎(#1)就任(#1)クジラ(#1)9条(#3)モラル(#1)パイレーツ・オブ・カリビアン(#1)事業仕分け(#2)萩本欽一(#1)頭痛(#13)鼻(#13)議員立法(#1)死刑廃止(#1)シーシェパード(#1)ファシズム(#1)給付(#1)命名権(#1)酒井法子(#1)Wi-Fi(#1)カダフィ(#1)議長(#1)ネット(#1)非正規雇用(#1)国民主権(#1)内閣府(#1)二分論(#1)比例区(#1)Constitution(#1)岡田克也(#5)刑事責任(#1)南京大虐殺(#1)ロキソニン(#2)南沙諸島(#1)自民党(#37)進歩党(#1)AirMac(#1)拉致(#2)NYT(#1)公明党(#7)演説(#2)おことば(#1)平和(#1)MacBook(#1)思いやり予算(#1)思想及び良心の自由(#1)平沼赳夫(#1)前文(#2)接続時間(#1)仕分け人(#1)チャレンジド(#1)責任(#1)米国(#10)ワーク・シェアリング(#1)永住外国人地方参政権付与法案(#1)刑法(#1)政治利用(#7)住民訴訟(#1)後楽園キャンパス(#1)コリアン(#1)胡錦涛(#1)無申告加算税(#1)北京五輪(#1)創価学会(#2)衆議院(#1)朝鮮(#1)被害者の権利(#1)選挙権(#1)労働市場の流動化(#1)ノーベル平和賞(#1)高窪統(#1)政教分離(#2)高田晴行(#1)検察審査員(#1)記者クラブ(#3)横路孝弘(#2)中西一清(#1)慢性副鼻腔炎(#13)死刑(#1)参院選(#2)亀井静香(#3)宗教(#1)適正手続(#1)政府(#1)事件(#1)特例会見(#1)裁判員(#1)外国人労働者(#1)改憲(#1)児童ポルノ(#2)年頭所感(#1)緊張型頭痛(#7)天皇(#16)竹原信一(#1)東アジア(#1)博士の独り言(#1)日の丸(#1)鼻づまり(#13)高木八尺(#1)閣僚(#2)国連気候変動首脳会合(#1)政治資金規正法(#1)信仰(#1)障碍者(#2)ネブライザー(#3)非正規(#1)罪刑法定主義(#1)世論調査(#1)平野博文(#3)護衛艦(#1)石原慎太郎(#1)Buddhist(#1)外国人参政権(#22)衆院選(#2)クラスター爆弾(#1)民団(#1)75条(#1)政治(#1)上田清司(#1)護憲(#1)議員定数不均衡(#1)グリーンピース(#1)沖縄密約(#1)キリスト教(#2)韓国(#9)年収要件(#1)安全保障(#1)重加算税(#1)朝鮮総連(#1)山本孝史(#1)外務省(#4)政界再編(#1)ユーラシアグループ(#1)川上義博(#1)ASEAN(#1)中国(#27)平田健二(#1)一票の格差(#1)教師(#2)新党日本(#2)日本国憲法(#5)民事責任(#1)吉永みち子(#2)行政罰(#1)幇助犯(#1)SWINC(#1)朝ズバッ!(#1)麻生首相(#1)マスコミ(#36)海賊(#1)法規範(#1)ポツダム宣言(#1)前原誠司(#1)北朝鮮(#1)平松賢司(#1)指導(#1)平沼グループ(#1)高校(#6)児童手当(#1)国際(#1)イスラム教(#2)裁判(#1)民主党(#100)中学(#1)法治国家(#1)偽装献金(#3)日米首脳会談(#1)自衛隊(#1)西山太吉(#1)市橋達也(#1)急性副鼻腔炎(#13)田付景一(#1)日米安保(#2)大前研一(#1)占領政策(#1)多摩キャンパス(#1)児童ポルノ禁止法(#1)千葉景子(#3)構造改革(#1)加藤紘一(#1)核兵器(#1)普天間(#1)起訴議決(#1)マードック(#1)脱税(#1)法務大臣(#1)菅直人(#4)Mac(#1)一君萬民ノ政治(#1)生活保護(#2)小泉純一郎(#4)TBS(#2)ソマリア(#1)アダムスミス(#1)歴史認識(#1)倫理(#1)同意(#1)ブログ(#1)ブッシュ(#1)宮内庁(#1)平和的生存権(#1)リスク(#1)学校(#1)オバマ(#10)仙谷由人(#1)空知太神社(#1)guardian(#1)象徴天皇制(#1)失言(#2)憲法改正(#4)夫婦別姓(#1)グローバリズム(#1)