[政治]外国人が民主党の党員・サポーターになることができる件

 
             今日は,民主党が,在日外国人に党員資格を認めて,代表選における投票権を認めていることに関連して,各党の党員資格等を簡単に整理してみたいと思います。

 【民主党代表選】最大の争点は「親小沢」か「脱小沢」の選択(産経新聞)
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100901/plc1009011314014-n1.htm

 今回の代表選は国会議員412人に加え、地方議員2382人、34万2493人の党員・サポーターが参加する。民主党は在日外国人にも党員・サポーターになるのを認めている。“次期首相選”である同党代表選に外国人が投票するのは、「国民主権」をうたう憲法に反すると言わざるを得ない。


 産経新聞の主張が正しいかどうかは別として,確かに,在日外国人は,国政・地方共に参政権を有しないのに,事実上内閣総理大臣を決める代表選においては,投票する権利が付与されていることは,矛盾しているように思えますね。
 そこで,皆さんに考える判断材料をお示しするという観点から,各党の対応をまとめてみました。

 1.民主党
 民主党規約 第3条1 本党の党員は、本党の基本理念および政策に賛同する18歳以上の個人(在外邦人および在日の外国人を含む)で、入党手続きを経た者とする。

 2.自民党
 自民党党則第3条1 本党は、本党の目的に賛同する日本国民で、党則の定めるところにより忠実に義務を履行するとともに、国民大衆の奉仕者として積極的に党活動に参加するものをもって党員とする。

 3.公明党
 公明党規約第四条わが党の綱領及び規約を守り、その政策及び諸決議を実現するため党活動に参加しようとする十八歳以上の者は、国籍を問わず党員となることができる。

 4.みんなの党
 (党員)第3条 本党の党員は、本党の基本理念および政策に賛同する18歳以上の個人(日本国籍を有するものに限る。)で、入党手続きを経た者とする。

 5.日本共産党
 第四条 十八歳以上の日本国民で、党の綱領と規約を認める人は党員となることができる。党員は、党の組織にくわわって活動し、規定の党費を納める。

 6.社民党
 第4条〈党員資格〉1 本党の党員は、党員及び協力党員とし、本党の基本理念及び政策・党則に賛同する18歳以上で日本国籍を有する者及び18歳以上で、日本に3年以上定住する外国人で、入党手続きを経た者とする。

 意外なところでは,日本共産党が日本国民に党員資格を限定している点が注目されますね。
 そのほか,先の選挙で躍進したみんなの党自民党と同じく国籍要件を設けていました。

 外国人参政権を推進する党なのに,なぜ共産党は党員資格を日本国民に限定しているのでしょう?外国人参政権を反対する立場に対しては,ナショナリズムうんぬんと言っているのに,どうしてか気になります。
 

theme : 民主党・菅直人政権
genre : 政治・経済

tag : 民主党 自民党 社民党 日本共産党 みんなの党 公明党

[児童ポルノ改正法案]社民党の立場を支持したい

 
             児童ポルノの単純所持を規制する上で、最もネックとなるのは、表現の自由を萎縮させることです。

 児童ポルノの明確な定義が事実上不可能に近いだけでなく、わいせつ物に比べると、なにが児童ポルノであるかはその大部分が個人の主観に委ねられるので、表現の自由への萎縮効果が大きいように思います。

 私はこの点をもってしても、児童ポルノの単純所持を禁止すべきではない、と考えますが、明らかに日本への外圧は強まっています。しかし、海外のNGOなどは、日本が児童ポルノの発信源になっている、として日本に対する厳しい非難をやめません。中には、日本のアニメーションやテレビゲームが児童の性的虐待を招く原因になっているなどという、おそらく根拠のない意見を主張する活動家もいます。

 なお、表現の自由を侵害するとの指摘について、読売新聞の記事に出てくるNGOの事務局長は次のように答えています。

 <「表現の自由」の侵害が懸念されている点では、「多くの国で議論になったが、児童ポルノは重大な犯罪であり、まず子どもを守るのだと合意したうえで、各国とも両者のバランスをとる努力をしている」と紹介。
 「アニメやゲームなどの性的表現も『子どもを性的満足の道具にしている』という観点から、多くの国が処罰化を進めている」とし、日本での議論を促した。>

 こういうのを見ると、推進派は、結局、数年前から言っていることは変わらず、未だに「アニメ害悪論」みたいなものを垂れ流しているんだなあ、と感じます。

 また、表現の自由とのバランスも「まず子どもを守るのだと合意したうえで」と弁明するも、あまり説得力がないように見えます。
 それに、表現の自由に優越する利益をもって、表現の自由を制約できる、という論法は少し怖いですね。

 国内情勢が変わったなあ、と思うのは、これまでは、政権与党にいた自民党がこういった要望を真っ正面に受け止めて「児童ポルノの単純所持禁止」を推進してきましたが、今度は民主党のほうが敏感に反応してしまっているように見えることです。
 上の読売新聞の記事の最後にも、民主党議員の名前がちらっと出てきますね。

 セミナーに出席した国会議員からは「日本でも所持を禁止する法改正を急ぎたい」(民主党の小宮山洋子衆院議員)との発言があった。

 政権を奪取してからは、民主党は児童ポルノ単純所持を規制することに賛成の議員が多く見られるようになりましたね。
 いっぽう、連立を組む社民党は、おおむね子どもを性的虐待から守ることには賛成していますが、児童ポルノの単純所持を規制することについては、私と同じく表現の自由とのかねあいから慎重姿勢を崩していないようです。護憲派としては、正しい判断でしょう。
 この件に関しては、社民党の立場を支持したいとおもいますね。

theme : 児童ポルノ法改正案
genre : 政治・経済

tag : 児童ポルノ 単純所持 民主党 自民党 社民党

社民党は誰の利益を得させようとしているのか

 
             このような報道があったことに、今さら気づきました。

 コンテナ船長を書類送検へ 関門海峡の海自艦衝突事故

 関門海峡で先月起きた海上自衛隊護衛艦くらまと韓国籍コンテナ船カリナ・スターの衝突事故で、門司海上保安部は9日までに、コンテナ船側の操船ミスが事故の原因として、業務上過失往来危険容疑でコンテナ船の船長(44)を書類送検する方針を固めた。


 しかし、日本国内では、こういう動きのほうがマスコミに取り上げられています。

 関門海峡・護衛艦衝突:謝罪と原因究明、海自に申し入れ--労組など /長崎

 関門海峡で海上自衛隊佐世保基地所属の護衛艦「くらま」と韓国船籍のコンテナ船が衝突した事故で、佐世保地区労と社民党佐世保総支部、全日本港湾労組は20日、海自佐世保地方総監部の加藤耕司総監あてに謝罪や原因究明を求める申し入れ書を提出した。
 申し入れ書は、昨年2月のイージス艦「あたご」の漁船衝突事故に触れ「教訓が全く生かされていない」と指摘。早急な原因究明▽国民と港湾利用者への謝罪▽自衛艦の関門海峡通航停止あるいは夜間などの通航停止▽佐世保港湾での安全航行の具体策の明示--の4項目に文書での回答を求めている。

 注目すべきは、私が下線を引っ張った部分のうち、「自衛艦の関門海峡通航停止」を求めている部分でありましょう。

 百歩譲って謝罪を求めることはあるとしても、「自衛艦の関門海峡通航停止」はいくらなんでもやりすぎです。

 仮に「自衛艦の関門海峡通航停止」が実現すれば、護衛艦は外(=日本海)に出て行くことが事実上不可能となります。

 自衛艦が日本海に出られずに喜ぶのはどこの国でしょう。社民党は、いったいどの国の利益を代表し、その利益の実現に努めようとしているのでしょうか。

 少なくとも、「自衛艦の関門海峡通航停止」を求めるようなことが日本の、日本国民の利益になるとは到底思えません。
 このような行動の裏側に、他国の思惑が関与していると見られてもおかしくない、とさえおもいますよ。

theme : 韓国について
genre : 政治・経済

tag : 社民党 自衛隊 護衛艦 韓国 朝鮮 コンテナ船 関門海峡 組合

検証:永住外国人地方参政権(外国人参政権)は実現するか?

 
             外国人参政権:各政党のスタンス

 今回は「永住外国人地方参政権付与の是非」に関して、です。

 昨日もこのようなニュースがありました。

 〈小沢氏、地方参政権付与に賛成 党内意見集約へ〉
 http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009091901000848.html

 民主党の小沢一郎幹事長は19日夕、党本部で李明博韓国大統領の実兄の李相得韓日議員連盟会長らと会談し、在日韓国人ら永住外国人への地方参政権付与について「賛成だ。通常国会で何とか目鼻を付けたい」と述べ、来年の通常国会中に党内の意見集約を図りたいとの考えを示した。
 会談に同席した川上義博民主党参院議員は共同通信の取材に「通常国会で政府が法案を提出する流れになるのではないか」と指摘した。

 そこで、外国人参政権について、衆議院における各政党のスタンスがどのようなものであるか、そして、以下のようなデータを元に、外国人参政権を付与する法案が国会を通過する実現可能性はどのくらいのレベルなのか、を確認していきましょう。

〈永住外国人地方参政権の是非〉

民主党
 当選者308人 (賛成)184人 (反対)35人 (保留)57人
民主党永住外国人地方参政権付与の賛成者が極めて多い(少なくとも当選者の半分以上が「賛成」あるいは「どちらかといえば賛成」と回答している。)。
*反対のうち、明確に「反対」と答えたのが19人で、16人は「どちらかといえば反対」と回答した。

社民党
 当選者7人 (賛成)7人 (反対)0人 (保留)0人
*賛成のうち、「どちらかといえば賛成」は1人のみで、そのほかの6人は明確に「賛成」と回答。

国民新党
 当選者3人 (賛成)0人 (反対)1人 (保留)1人
*同党代表の亀井静香氏は調査に回答していないので、態度は不明。残りの2人は賛成と回答せず。

自民党
 当選者119人 (賛成)8人 (反対)60人 (保留)42人
自民党反対者も多いが、意外にも「どちらともいえない」と態度を保留した者が多かった
自民党は「反対一辺倒」というわけではない。加藤紘一氏や金子一義氏など党幹部・閣僚経験者が賛成と回答している。

○ 自民党で数少ない賛成者の一覧

(明確に「賛成」)加藤紘一氏  

(「どちらかといえば賛成」)大村秀章氏、金子一義氏、金田勝年氏、北村誠吾氏、橘慶一郎氏、田中和徳氏、村田吉隆氏

公明党
 当選者21人 (賛成)19人 (反対)0人 (保留)0人
自民党と異なり、公明党は賛成一辺倒であった(2名は調査に回答していない。)。

みんなの党
 当選者5人 (賛成)0人 (反対)0人 (保留)3人
*回答した3人全員が「どちらともいえない」と態度を保留した。

新党大地
 当選者1人 (賛成)0人 (反対)1人 (保留)0人
新党大地代表の鈴木宗男氏は「どちらかといえば反対」と回答した。

新党日本
 当選者1人 (賛成)0人 (反対)0人 (保留)1人
新党日本代表の田中康夫氏は「どちらともいえない」と態度を明確にしていない。

<日本共産党>
 当選者9人 (賛成)7人 (反対)0人 (保留)0人
社民党と同じく、調査に回答を寄せた当選者がすべて付与に「賛成」と好感を示した。

<無所属・諸派> *便宜上新党大地は諸派に含めていません。
 当選者6人 (賛成)3人 (反対)2人 (保留)1人
*賛成:中村喜四郎氏(元自民党)、川村秀三郎氏(民主系)、川口博氏(民主党入党予定)。
*反対:平沼赳夫氏、城内実氏。いずれも元自民党。
*「どちらともいえない」:小泉龍司氏。

ーーーーー

1.民主党は賛成者が多い。党内では、過半数以上が賛成派で占められている

2.民主党の反対派には、若手(1期~3期)の議員が多く、ベテラン議員に反対派がいないのが特徴的である。

3.自民党は意外にも態度を鮮明にしない者が多かった。反対派が多いことは間違いないが、民主党と同じように、ベテラン議員の一部が賛成に回っていることが気にかかる。

4.社民党および日本共産党は賛成で固まっている。反対派はいない。

5.その他の政党に関しては、態度を鮮明にしない者が多く、事態は流動的である。ただし、他の政党でも元自民党の議員らは、反対派に属している(鈴木宗男氏、平沼赳夫氏、城内実氏など)。

 以上の点を考えると、仮に定住外国人に対して地方参政権を付与する法案を提出された場合に、これが衆参両院で可決される可能性は極めて高い、と考えるべきだと思う。
 特に、公明党のほとんどが賛成派であることをあわせ考えると、参議院で否決されたとしても、衆議院で議員の3分の2以上の賛成をもって、再議決することも可能だ。

 私は外国人参政権の付与に反対の立場だが、改めてデータを見て、みなさんはどのようにお考えになりますか。

* 次回更新
25日前後

*上記データについて
 上記データは、平成21(2009)年8月30日に行われた衆議院議員選挙前に、朝日新聞と東京大学が共同して全候補者を対象として行った調査(朝日調査)と毎日新聞が行った調査(毎日調査)をもとに、「賛成」および「どちらかといえば賛成」を賛成として、「反対」および「どちらかといえば反対」を反対としてカウントの対象としたものです。
 「どちらともいえない」との回答は、態度を鮮明にしない者として、上記データ内では「保留」と取り扱うことにしました。
 なお朝日調査および毎日調査に回答をしていない当選者は、当選者の数としてはカウントの対象としていますが、賛成・反対・保留のいずれにも該当しないものとして、これらのデータに反映してはいません。

theme : 創価学会・公明党
genre : 政治・経済

tag : 民主党 自民党 外国人参政権 公明党 社民党 国民新党 みんなの党 新党大地 新党日本

プロフィール

くるくる

管理者:くるくる
 主に政治ニュースを取り扱っています。メディア・リテラシーを身につけて客観的に物事を見つめる能力を養うことが目的です。
 コメントは遠慮なくお寄せください。

記事一覧
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンクツリー

 
Twitter
ブログ内検索
管理人へメール
管理人へ私信を送りたい際にご利用ください。

名前(匿名可です。):
メール:
件名(任意):
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
タグクラウド
住民訴訟(#1)平和主義(#3)厚生労働省(#2)神社(#1)平沼赳夫(#1)小泉構造改革(#2)外交(#1)国民新党(#4)アダムスミス(#1)75条(#1)アジア主義(#1)平松賢司(#1)同意(#1)日本(#2)毒入り餃子(#2)シーシェパード(#1)仙谷由人(#1)偽装献金(#3)特例会見(#1)密約(#2)高窪統(#1)失言(#2)検察(#2)日米安保(#2)単純所持(#1)沖縄(#2)宗教(#1)ベーシックインカム(#1)派遣村(#2)慢性副鼻腔炎(#13)国連気候変動首脳会合(#1)橋下徹(#2)学校(#1)米国(#10)鯨(#1)就任(#1)リベラル(#1)海上自衛隊(#1)参院選(#2)参政権(#1)肝炎(#1)裁判員(#1)中曽根康弘(#1)COP15(#1)民主党(#100)脱税(#1)行政罰(#1)年収要件(#1)首班指名(#1)鼻水(#13)選挙権(#1)産経新聞(#1)民主主義(#1)派遣(#1)guardian(#1)日韓併合(#1)議員立法(#1)自由党(#1)教師(#2)山本孝史(#1)議長(#1)地球温暖化(#2)酒井法子(#1)法務大臣(#1)占領政策(#1)演説(#2)大法廷(#1)オバマ(#10)国民主権(#1)非正規(#1)高田晴行(#1)鼻づまり(#13)朝ズバッ!(#1)阿久根市(#1)裁判権(#1)千葉景子(#3)永住外国人地方参政権付与法案(#1)安全保障(#1)9条(#3)自民党(#37)アフガニスタン(#1)winny(#1)給付(#1)信教の自由(#1)中国(#27)朝鮮(#1)捕鯨(#1)訴追(#1)投票(#1)幇助犯(#1)悪魔ちゃん(#1)罪刑法定主義(#1)PRAM(#1)日韓トンネル(#1)新党大地(#2)Buddhist(#1)ラジオ(#1)平沼グループ(#1)日比谷公園(#1)佐藤栄作(#1)扇子(#1)二分論(#1)接続時間(#1)日本国憲法(#5)信仰(#1)市橋達也(#1)マルキスト(#1)年頭所感(#1)鼻(#13)検察審査会(#1)比例区(#1)日米首脳会談(#1)核密約(#1)君が代(#2)ポツダム宣言(#1)高校(#6)創価学会(#2)政府(#1)平野博文(#3)扶養控除(#2)宗教右翼(#1)記者クラブ(#3)小泉純一郎(#4)中学(#1)横路孝弘(#2)グローバリズム(#1)小沢一郎(#25)クジラ(#1)ネット(#1)構造改革(#1)チャレンジド(#1)拉致(#2)日本テレビ(#1)世論調査(#1)副鼻腔炎(#13)非正規社員(#1)死刑廃止論(#1)ワーク・シェアリング(#1)ボートマッチ(#1)イスラム教(#2)護憲(#1)國体ノ護持(#1)iMac(#1)不起訴不当(#1)憲法改正(#4)マクリーン事件(#1)政治資金規正法(#1)即位20周年(#1)FT(#1)社畜(#1)増税(#2)加藤紘一(#1)わいせつ(#1)刑事責任(#1)宮内庁(#1)大阪市(#6)麻生太郎(#3)死刑存置(#1)刑事罰(#1)象徴天皇制(#1)政教分離(#2)厳罰化(#1)児童ポルノ(#2)カダフィ(#1)西沙諸島(#1)野中広務(#1)NYT(#1)労働市場の流動化(#1)表現の自由(#1)中川昭一(#1)GHQ(#3)総裁選(#1)自衛隊(#1)SWINC(#1)報道(#1)国務省(#1)真言宗(#1)MacBook(#1)平手(#1)新党日本(#2)後楽園キャンパス(#1)川田龍平(#1)指導(#1)青山繁晴(#2)マスコミ(#36)グリーンピース(#1)自殺(#6)夫婦別姓(#1)ベトナム(#1)Constitution(#1)追徴課税(#1)死刑廃止(#1)東アジア共同体(#5)起訴議決(#1)法規範(#1)歴史認識(#1)核兵器なき世界(#1)中西一清(#1)国際(#1)民本主義(#1)前文(#2)仕分け人(#1)沖縄密約(#1)ノーベル平和賞(#1)人権(#3)一票の格差(#1)振り込め詐欺(#1)Wi-Fi(#1)戦争(#1)TBS(#2)配偶者控除(#2)ニクソン(#1)改憲(#1)児童手当(#1)正社員(#1)外国人労働者(#1)クラスター爆弾(#1)判例(#2)衆議院(#1)イデオロギー(#2)南沙諸島(#1)大阪(#2)韓国(#9)関門海峡衝突事故(#1)農薬(#1)非正規雇用(#1)平和的生存権(#1)適正手続(#1)日本維新の会(#1)国家共同体(#1)尖閣諸島(#1)改正(#1)不法残留(#1)消費税(#3)思いやり予算(#1)高木八尺(#1)大前研一(#1)山崎拓(#3)死刑(#1)Apple(#1)イラク(#1)伴奏(#1)イラク戦争(#2)胡錦涛(#1)渡部恒三(#2)命名権(#1)北朝鮮(#1)青木幹雄(#1)日の丸(#1)新自由主義(#1)組合(#1)ユーラシアグループ(#1)朝日新聞(#2)長島昭久(#1)被害者の権利(#1)起訴相当(#1)子ども手当(#2)亀井静香(#3)仏教(#2)片山虎之助(#1)倫理(#1)リアリスト(#1)日本共産党(#3)暴力(#6)タイ(#1)政治(#1)日韓トンネル研究会(#1)前原誠司(#1)吉野文六(#1)頭痛(#13)体罰(#8)官房長官(#2)公務執行妨害罪(#1)生徒(#7)刑法(#1)大阪府知事選(#1)社民党(#4)法治国家(#1)郵政民営化(#1)軍国主義(#2)国連(#2)後鼻漏(#13)石原慎太郎(#1)自由(#1)民法(#2)ワーキングシェア(#1)衆院選(#2)年金(#2)長妻昭(#3)緊張型頭痛(#7)外務省(#4)岡田克也(#5)Mac(#1)外国人参政権(#22)博士の独り言(#1)差別(#2)李明博(#1)政治利用(#7)議員定数不均衡(#1)田付景一(#1)戸籍法(#1)関門海峡(#1)チベット(#3)民事責任(#1)税金(#1)中央大学(#1)所得控除(#2)読売新聞(#1)菅直人(#4)リスク(#1)食の安全(#2)外国人管理職事件(#1)川上義博(#1)成年(#1)日本郵政(#1)コリアン(#1)尾辻秀久(#1)ネブライザー(#3)政界再編(#1)イスラエル(#1)萩本欽一(#1)児童ポルノ禁止法(#1)AirMac(#1)事業仕分け(#2)国家(#1)竹原信一(#1)急性副鼻腔炎(#13)キリスト教(#2)生活保護(#2)鳩山由紀夫(#50)思想及び良心の自由(#1)社会保険庁(#1)パイレーツ・オブ・カリビアン(#1)事件(#1)バッテリー(#1)GHQ(#1)民団(#1)ファシズム(#1)チベット仏教(#1)規制緩和(#1)国家戦略室(#2)検察審査員(#1)ブッシュ(#1)海賊(#1)天皇(#16)責任(#1)ソマリア(#1)プラハ演説(#1)進歩党(#1)不安神経症(#1)報道の自由(#1)憲法(#9)玻南ちゃん(#1)核兵器のない世界(#1)telegraph(#1)みんなの党(#4)護衛艦(#1)重加算税(#1)開かれた政党(#1)多摩キャンパス(#1)田中康夫(#2)無申告加算税(#1)平田健二(#1)保守(#2)田中均(#1)麻生首相(#1)北京五輪(#1)パキスタン(#1)内閣府(#1)アジア(#1)モラル(#1)コンテナ船(#2)最高裁(#3)生活(#1)毎日新聞(#3)核兵器(#1)閣僚(#2)国体明徴(#1)ピルグリム・ファーザーズ(#1)天皇誕生日(#1)上田清司(#1)西山太吉(#1)安重根(#1)社会党(#1)障碍者(#2)フィナンシャル・タイムズ(#1)朝鮮総連(#1)マードック(#1)環境税(#1)司法(#1)所得税(#1)ブログ(#1)南京大虐殺(#1)東アジア(#1)平和(#1)福田康夫(#2)普天間(#1)聖域なき構造改革(#1)一君萬民ノ政治(#1)ロキソニン(#2)裁判(#1)公明党(#7)ASEAN(#1)府知事選(#1)吉永みち子(#2)空知太神社(#1)外国人(#2)財務省(#1)核持ち込み(#1)おことば(#1)