【青山繁晴】「ニュースの見方」6月15日中西一清スタミナラジオ【文字起こし】

 
           
 『中西一清スタミナラジオ』6月15日(水曜日)
 青山繁晴氏出演の「ニュースの見方」コーナーの文字起こしです。(N=中西一清氏/A=青山繁晴氏)


N「今日はなんでしょう。」

A「はい。中西さん,ちょっと刺激的な言い方になってしまうんですが,私たちのアジアに戦争の危機が迫っているというのは,承知されていると思います。」

N「戦争の危機…」

A「はい,これ実はその,まさしくこのコーナー"ニュースの見方"って言いますけれども,ちょこっとだけ新聞の外電面などに日本では出てくる話ですが,世界はいま本当に息をのむ形で見つめていて,それは中国とベトナムの戦争です。」

 「ご承知のとおり中国とベトナムっていうのは,北から南のベトナムに,中国がハッキリ申せば侵略を繰り返してきた歴史があって,何千年間も対立の歴史があるんですけれども,1979年には中越戦争(*1)という戦争が実際にありました。」

 「ベトナムというのはすごい国で,まずベトナムを支配していたフランスを第二次世界大戦後にたたき出して,つまりフランスに勝って,その後フランスの代わりに入ってきた米国と戦って,1965年から75年までの10年間のベトナム戦争でついに米国に勝ったと…」

 「国家として米国に勝ったのは世界史の中でベトナムだけです。

 で,フランス,米国をそうやってたたき出したベトナムに今度は79年に中国がやってきたんですが,ベトナム戦争時代にベトナムを支援した,つまり同じ社会主義同士で支援した中国がベトナムに侵略を図ったので世界は驚いたわけですけど,それにもベトナムは勝ったわけですね。

 今,何が起きているかというと,ちょっと地図がないのがもちろん残念なんですけど,中国の南部に海南島(*2)という島があって,その海南島からまっすぐ南にどんどんどんどん南シナ海(*3)に降りていくと,そうすると西沙諸島(*4),英語でいうとParacel,それからさらに南には南沙諸島(*5),英語でいうとspratly。
 こういう島々があって,誰が見ても中国から遠くてむしろベトナムやフィリピンに近いわけですけれども,あるいはマレーシアに近いわけですけれども,これ全部中国のものだと主張しているんですね」

N「そうですよね,ええ」

A「こういう小島がもちろん欲しいわけではなくて,その島々の下にある資源を中国が独占しようとしていて,中国の目的は,たとえば人民解放軍とか,共産党の今の幹部が何か儲けたい,私腹を肥やしたい,あるいは菅さんみたいに政権にとどまりたいという話ではなくて,中国は中国なりに,この海底資源をどうやって確保するかが子々孫々の代,これから100年,200年先,民族と国家を左右すると,いわば覚悟を固めてやっているわけですね。
 これに対してこれまで小競り合いが続いてきたんですが,世界がビックリしたのはベトナム海軍が事実上史上初めて実弾演習を展開したんです。
 ベトナム海軍というのは,さっき言いましたが,ベトナムは非常に戦争に強い国で,陸上の戦闘においてはおそらく僕は世界最強だと思いますね。
 ところが海軍というのは非常にちっぽけな海軍力であって,僕はかつてベトナムの海軍の将軍に海上保安庁の…日本のですね,それを海軍と勘違いされて驚いたことがあったんですよ。
 日本の海上保安庁の戦力でもベトナムが見たら大海軍に見えるわけですね。
 実際に中国とベトナム海軍比較したら,中国は950くらいの観戦をもっていて,ベトナム海軍って全部寄せ集めても130隻くらいしかいない。」

N「そんなにさがあるんですか」

A「まあ観戦の数だけで単純比較はしてはいけないけれども,まあ,そうですね,たとえば,大きな象とウサギくらいの違いがあると考えた方が良いですね。」

N「中国はそれでなくとも海軍力を増強してますものね。」

A「おっしゃるとおりで,空母もまもなくせり出してくるわけですけれども,このもしもベトナム海軍が中国海軍と似たような力だったら,逆に実弾演習やっても世界はそう震撼しない,つまり震え上がらないんですね。
 どうしてかっていうと似たもの同士が力見せ合うというのは案外,抑止力になってすぐに戦争に繋がらない。
 ところがちっぽけな小さな小さなベトナム海軍が実弾を使って中国をわざわざ刺激してみせるというのは,これは世界が見ているのは,ベトナムの後ろに大きな力が実は控えている。
 これは,もう分かるでしょうが,アメリカ軍ですね。」

N「共同演習するって話もあるみたいですね。」

A「おっしゃるとおりで来月,共同演習,海軍の共同演習をすることが史上初めてやるってことが決まったんですけれど,10年間ベトナムと戦った米国が今度はベトナムの味方をする。
 ベトナム戦争ってアメリカ人にとっては決して過去のことではなくて,戦友をベトナムで殺されたアメリカ人から見たらですね,残された世代がまだ50,60代ですから,アメリカ人の中にはベトナムを恨んでいる人がまだまだ多いんです。
 米国に行くとそれがよく分かるんですが,それでもなお米国はいまベトナムを支援して,中国と向かい合おうとしててですね,これはメンツの問題とかではなくて資源の争いですから,お互いこの島々で,西沙諸島,南沙諸島のあたりで資源の採掘を実際これからやるんですね。
 いま既に実はベトナムの資源探査船が付けた海底ケーブルを中国がハッキリとそれを切断したりですね,あるいは中国側が射撃を行ってベトナムの漁船が被害を受けたり,実はまあ小さな戦争は始まっていると言っていいわけですね。
 このことというのは,実は日本に非常に深いかかわりがあって,中西さん,米国が突然ですね…一部の議会人という建前になっていますけれども,普天間について急に態度を変えてきて,同じ沖縄にある嘉手納の戦闘機部隊をグアムに下げるから,普天間はもう実現できない辺野古ではなくて,この嘉手納と一緒にしてくれないかと提案していますね。
 菅政権は大慌てで,てか民主党政権は大慌てで,そんな米国が態度を変えて貰っちゃ困ると言っているわけですが,これは実は米国がグアムに下げるというのは,今まで沖縄から朝鮮半島を見ていたのを,グアムに下げることによってこの南シナ海全体ににらみをきかせたいと言うことなんです。
 さらに7月に中西さんがおっしゃったとおり,ベトナム海軍と演習するというのは,横須賀から原子力空母ジョージ・ワシントン(*6)はじめとして第七艦隊(*7)が出て行くと言うことなんですね。
 だから既に日本に深い関係がある上に,実は中国サイドから見たら,尖閣諸島をこれからどうするかについての試金石だと思っているわけです。
 すなわち,私たちの沖縄県の尖閣諸島に,実は台風シーズンになれば,天候が荒れたという名目の下,大漁船団を尖閣諸島に上陸させるプランが実は中国には敢えて申しますが,あります!」

N「第二次・第三次の尖閣紛争の勃発の可能性大と言うことですね。」

A「そのテストケースとして今,南シナ海でベトナム米国連合と中国のにらみ合いがはじまっているわけです。
 先ほどのコーナーで,日本の政治の話を中西さんされていましたけれども,東日本大震災の復興もちろん福島原子力災害を含めて僕にとっても重大な課題なんですけれども,それと同時に国を統治するというのはそういうときにこそ広い目をもって,いわば日本にとって外交的なピンチが始まっているわけですが
,それをチャンスに変えるというのが統治すると言うことであって,
 実は今の民主党政権は残念ながら,野党を含めてですね,日本の政治は統治能力を失っている。
 その統治能力を回復して外交にも向き合わなければならないと言うことだと思います。」(了)

*1 
中越戦争 - Wikipedia 
*2 海南島。南シナ海北部の島で中国海南省に属する。→位置関係
*3 南シナ海(South China Sea)。フィリピンではWest Philippine Sea。→位置関係
*4 
西沙諸島(Paracel Islands。パラセル諸島)。→位置関係
*5 南沙諸島(Spratly Islands。スプラトリー諸島)。→位置関係
*6 ジョージ・ワシントン。アメリカ海軍の航空母艦。母港は横須賀。
*7 第七艦隊米国海軍の艦隊。Wiki

○関連ニュース
 米とベトナム、南シナ海で7月に合同軍事演習 中国をけん制(日本経済新聞)
 米とベトナム来月合同演習 南シナ海で(産経新聞)
 

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : 青山繁晴 中国 米国 ベトナム 南沙諸島 西沙諸島 尖閣諸島 中西一清 ラジオ

[国際] 2010年「十大リスク」第5位は「日本」

 
           

<米シンクタンク、ユーラシア・グループは4日、2010年の十大リスクを発表、トップに米中関係、5番目に「日本」を挙げた。
 官僚や産業界の影響を制限しようとする民主党の方針が「より高い政策リスクを招いている」と指摘。「産業界に好意的とは言えない民主党の傾向は財政に対する信頼を損ない、経済的な苦境を深めかねない」と警告した。
 同グループは「民主党の真の実力者は小沢一郎氏」と直言。鳩山由紀夫首相は年内に交代の可能性が高いと分析した。民主党政権は「小泉政権後の脆弱(ぜいじゃく)な政権の延長になりそう」と予測した上で、「政策を立案する官僚の支援を欠き、経済状況もより深刻だ」と悲観的な見方を示した。>

 これだけでは何を書いているのかが分からないし、もともとのデータは日本語向けに公開されているものではないから、例によって第一ソースにあたってみることにしましょう。
 1位 米中関係
 2位 イラン
 3位 欧州の財政政策の不一致
 4位 米国の金融規制問題
 5位 日本

 日本が5位に位置づけられている理由は、大ざっぱに言うと、「日本が政権交代してどうなるのか分からなくなったから」ということのようです。
 小沢幹事長の存在感、首相のスキャンダルなどが作用し、事態がさらに流動化するだろう、ということです。

 ところで、よく日本国内では、米国は中国に擦り寄っているから、日本は米国から見放されてやばいことになるぞ~と言う評論家やジャーナリストが多いのですが、私はそのようには感じません。
 米国が対中関係を重視しているのは間違いありませんが、それは上記ランキングが1位とするように、米中関係は、米国にとって軍事的にも、経済的にも、リスクが高いのです。
 擦り寄っているというよりは、米国にとって危機管理の一環として中国を重視しているに過ぎません。

 中国という独裁国家の国家主席に、百数十名の民主党議員がわざわざ握手をしてもらう姿をカメラに撮ってもらうような我が国の対中外交は、明らかに「媚び」と呼ぶべきですが、米国の「対中重視」は「媚び」とは明確に区別されるべきでしょう。

theme : 民主党
genre : 政治・経済

tag : 民主党 鳩山由紀夫 自民党 中国 小沢一郎 ユーラシアグループ 米国

[密約] 中学生でも分かる密約問題(2/2)

 
            2.核持ち込みに関する密約

 沖縄返還の際に、佐藤栄作首相(当時)とニクソン米大統領(当時)との間で交わされた合意議事録のことです。

 その内容は次のようなものでした。

<As stated in our Joint Commu-nique, it is the intention of the United States Government to remove all the nuclear weapons from Okinawa by the time of actual reversion of the administrative rights to Japan and thereafter the Treaty of Mutual Cooperation and Security and its related arrangements will apply to Okinawa,as described in theJoint Communique.
  However, in order to discharge effecttively the international obligations assummed by the United States for the defense of countries in the far East including Japan, in time of great emergency the United States Government will require the reentry of nuclear weapons and transit rights in Okinawa with prior consultation with the Government of Japan.
  The United States Government would anticipate a favorable response.
  The United States Government also requires the standby retention and activation in time of great emergency of existing nuclear storage locations in Okinawa: Kadena, Naha, Henoko and Nike Hercules units.>



(要旨)

1.沖縄返還に際して、米国は沖縄からすべての核兵器を撤去する。

2.米国は極東諸国の防衛のための国際的責任を効果的に履行するため、米国は、重大な緊急事態にあたり、日本政府との事前の協議を経た上で、沖縄に、核兵器の再持ち込みと通過権(transit rights)が必要となる。

3.米国政府は、好意的な反応(favorable response)を期待するものである。

4.米国政府は、重大な緊急事態にあたり、現存する核兵器の保管場所(storage lovations)である沖縄(嘉手納・那覇・辺野古・Nike Hercules 基地)を、維持ないし活用することが必要である。

 この「密約」は、既に米国で公開済みの文書ですから、厳密には「密約」とまでは言えない性質のものかもしれません。ただ、日本政府は一貫して「密約」の存在を否定し続けてきたため、「密約」の解明は一つの政治課題とされています。

 なお、平成21年(2009年)12月22日に、佐藤栄作元首相の遺品から、同文書が発見されたそうです。

 核密約の問題を解明しても、米国では公開済みであることから、日米関係を悪化させる素材にはならない、と考えます。また、核密約が現在有効であると考えても、米国がわざわざ沖縄に核を再び持ち込むようなことは考えにくく(沖縄に持ち込んだところで意味がないからです。)、日米安保の在り方を左右することもないでしょう。

 しかし、核密約の解明は、日本の外交安保を再考するきっかけになるかもしれません。
 これまで日本が厳守してきたとされる「非核三原則」は、まったくの嘘っぱちで、「持ち込ませず」は実際は有事の際には「持ち込ませる」という例外つきだったことになります(しかも、佐藤栄作氏は、非核三原則の提唱などを理由にノーベル平和賞を受賞しています)。

 現状を維持して核持ち込みを容認し、事実上「非核三原則」の三つ目のテーゼである「持ち込ませず」を撤回するか、あるいは、それでも「非核三原則」を貫徹するのか、これは近い将来、私たち国民が選択しなければならないときがくる、と思います。

theme : 軍事・平和
genre : 政治・経済

tag : 核兵器 核持ち込み 密約 核密約 沖縄 民主党 日米安保 米国 ニクソン 佐藤栄作

鳩山首相「聖域なき見直し」は小泉元首相の言葉

 
            事業仕分けに先立って、鳩山首相は「聖域なき見直し」という言葉を使っていた。

 これは、明らかに小泉元首相のパクリである。

 小泉政権時代に作られた以下のページを見ていただきたい。

 自民党ホームページ(クローズアップ あなたの生活こうなります)
 http://www.jimin.jp/jimin/closeup/2011/closeup.html

 その中に、<聖域なく見直しを行う 予算の編成>とある。

 鳩山首相が使った言葉とまるで同じである。
 また、実際の事業仕分けの過程でも、「事業を民営化すれば採算が取れる」旨を述べる民主党議員がいたのも気になった。

 こういうのを見ると、やっぱり鳩山内閣は小泉内閣とやっていることが似ているなあ、と感じるのは私だけだろうか。

 民主党政権は「小泉構造改革路線の否定」でここまで上り詰めたところがあるが、今のところ、やろうとしていることは小泉政権と同じだ。

 そこで、民主党政権が仮に違いを際立たせようとするならば、経済や雇用の分野で独自の政策を打ち出すことが必要になるだろう。

 しかし、長妻厚労相からは、雇用政策など具体的な提案が聞こえてはこない。もちろん一部週刊誌の報道によれば、官僚の悪質なボイコットによって、長妻大臣の負担が必要以上に重くなっているのは分かるが、独自の政策を提案するだけの準備があるのだろうか。
 長妻大臣は年金のエキスパートであることは間違いないようだが、一部報道では「その他の分野は素人」などという評するものもあるから、不安が募る(また、民主党は労組を支持母体とするので、新規雇用を創出するよりも、既にある雇用を守ることに比重が置かれた政策を出してきそうだ。)。 

 もっとも、野党に落ちた自民党がだらしないので、民主党政権を根底から揺れ動かす致命的な問題はまだ見あたらない(鳩山首相の巨額の資産報告漏れは"痛いレベル"に達してはいるが・・・)。

 しかし、日本とは不思議な国で、政権がやや反米に傾くと、なぜか政権に致命的な不祥事が見つかって、政権が倒れてしまうことが間々ある。
 鳩山内閣は物事を慎重に、かつ、したたかに進めていって欲しいものだ。

theme : 民主党・鳩山政権
genre : 政治・経済

tag : 民主党 自民党 米国 オバマ 鳩山由紀夫 小泉純一郎 小泉構造改革 長妻昭

小泉構造改革の敗北と克服

 
             学部生と話をしていると、最近はレポートで「小泉=竹中路線」を批判していれば単位をもらえる、などという話を聞きました。

 時代も変わったなあ。

 私が学生のときは(最近まで学生でしたけどね・笑)、もちろん自民党政権への批判は学者ウケすることが多かったようにおもいます。まあ、もちろん学者の役割は、政府の政策を追認することにはありませんから、それは当然といわれれば当然なのですが、しかし、評価の重点はむしろ「いかに日本が他国に比べて遅れているか」というところに置かれていたようにおもいます。

 だから、どちらかというと、小泉さんがやったような規制緩和路線のほうが当時の学者にはウケがよかったんですよね、私の頃は。つまり、なるべく国は国民の生活に干渉せず、国民の基本的自由に任せたほうがいい、というような論調ですね。

 私個人、小泉構造改革の支持者ではないけれど、ただ、近時の中身のない新自由主義批判もどうなんだろう、と思うことがあります。

 今の学生たちが、平然と「コイズミの規制緩和路線や新自由主義路線が悪かった。だから格差が拡大した」と誇らしげに言うのは結構ですが、よく聞いてみると、「非正規雇用を全員正社員にすれば、給料も高くなるし、安定的な地位を得ることができる」と信じるいっぽうで、「正社員の年功序列や終身雇用」を「古臭い」と考えているようですし、大企業に対して「法人税をもっと上げるべきだ」といって北欧諸国の例を挙げるものの、解雇規制の厳しい我が国の雇用システムを改変し、労働力の流動性を高めることには反対のようです。

 果たして、このような認識でいいのでしょうか…ブレーキとアクセルを両方ふかしているような、そんな印象を受けるのですが。

 小泉元首相が先日、谷垣自民党総裁に「小泉構造改革を引き継いでいるのは民主党だ」と述べたそうです。
 この学生たちに小泉さんの発言の意図を読み解く能力はないのでしょう。

theme : 自民党
genre : 政治・経済

tag : 小泉純一郎 自民党 構造改革 新自由主義 アダムスミス 宗教右翼 米国 規制緩和 非正規

プロフィール

くるくる

管理者:くるくる
 主に政治ニュースを取り扱っています。メディア・リテラシーを身につけて客観的に物事を見つめる能力を養うことが目的です。
 コメントは遠慮なくお寄せください。

記事一覧
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンクツリー

 
Twitter
ブログ内検索
管理人へメール
管理人へ私信を送りたい際にご利用ください。

名前(匿名可です。):
メール:
件名(任意):
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
タグクラウド
平田健二(#1)チベット仏教(#1)死刑(#1)構造改革(#1)住民訴訟(#1)思想及び良心の自由(#1)夫婦別姓(#1)新自由主義(#1)一票の格差(#1)裁判員(#1)外務省(#4)府知事選(#1)比例区(#1)朝鮮(#1)毎日新聞(#3)追徴課税(#1)衆議院(#1)正社員(#1)環境税(#1)グリーンピース(#1)中国(#27)内閣府(#1)年頭所感(#1)片山虎之助(#1)社畜(#1)ソマリア(#1)天皇(#16)外国人参政権(#22)衆院選(#2)ワーク・シェアリング(#1)平野博文(#3)高田晴行(#1)石原慎太郎(#1)ロキソニン(#2)国連気候変動首脳会合(#1)保守(#2)社民党(#4)クラスター爆弾(#1)報道(#1)急性副鼻腔炎(#13)尖閣諸島(#1)社会保険庁(#1)議員立法(#1)高校(#6)中西一清(#1)青木幹雄(#1)児童ポルノ禁止法(#1)中央大学(#1)産経新聞(#1)憲法(#9)真言宗(#1)指導(#1)不法残留(#1)神社(#1)脱税(#1)自由党(#1)大阪府知事選(#1)普天間(#1)山本孝史(#1)即位20周年(#1)二分論(#1)モラル(#1)博士の独り言(#1)ユーラシアグループ(#1)消費税(#3)ベトナム(#1)接続時間(#1)FT(#1)象徴天皇制(#1)政教分離(#2)戸籍法(#1)平和(#1)宗教右翼(#1)胡錦涛(#1)人権(#3)被害者の権利(#1)李明博(#1)国連(#2)国家共同体(#1)米国(#10)パキスタン(#1)平沼赳夫(#1)南沙諸島(#1)肝炎(#1)ネブライザー(#3)上田清司(#1)刑事責任(#1)体罰(#8)新党日本(#2)自衛隊(#1)民主党(#100)司法(#1)Wi-Fi(#1)日本国憲法(#5)法規範(#1)北朝鮮(#1)横路孝弘(#2)オバマ(#10)裁判(#1)Constitution(#1)副鼻腔炎(#13)規制緩和(#1)加藤紘一(#1)マルキスト(#1)バッテリー(#1)民事責任(#1)わいせつ(#1)沖縄(#2)記者クラブ(#3)パイレーツ・オブ・カリビアン(#1)山崎拓(#3)日本維新の会(#1)中川昭一(#1)吉永みち子(#2)頭痛(#13)SWINC(#1)多摩キャンパス(#1)無申告加算税(#1)中学(#1)死刑廃止(#1)悪魔ちゃん(#1)食の安全(#2)核兵器なき世界(#1)PRAM(#1)聖域なき構造改革(#1)Apple(#1)年収要件(#1)倫理(#1)慢性副鼻腔炎(#13)事業仕分け(#2)岡田克也(#5)大阪(#2)ファシズム(#1)マスコミ(#36)平和的生存権(#1)千葉景子(#3)最高裁(#3)麻生首相(#1)國体ノ護持(#1)アフガニスタン(#1)玻南ちゃん(#1)外交(#1)田中康夫(#2)日米安保(#2)成年(#1)麻生太郎(#3)北京五輪(#1)チャレンジド(#1)障碍者(#2)後楽園キャンパス(#1)鳩山由紀夫(#50)ネット(#1)長妻昭(#3)組合(#1)田中均(#1)学校(#1)朝ズバッ!(#1)自殺(#6)検察(#2)日韓トンネル研究会(#1)ボートマッチ(#1)日本テレビ(#1)ポツダム宣言(#1)派遣村(#2)阿久根市(#1)ブッシュ(#1)非正規雇用(#1)鼻(#13)福田康夫(#2)日の丸(#1)萩本欽一(#1)国家(#1)児童ポルノ(#2)裁判権(#1)軍国主義(#2)農薬(#1)日韓トンネル(#1)命名権(#1)Mac(#1)表現の自由(#1)外国人(#2)平松賢司(#1)民主主義(#1)永住外国人地方参政権付与法案(#1)毒入り餃子(#2)刑法(#1)検察審査員(#1)75条(#1)核兵器(#1)政府(#1)天皇誕生日(#1)扶養控除(#2)世論調査(#1)中曽根康弘(#1)厚生労働省(#2)差別(#2)死刑存置(#1)NYT(#1)公務執行妨害罪(#1)イスラエル(#1)マクリーン事件(#1)開かれた政党(#1)演説(#2)国家戦略室(#2)日本共産党(#3)ワーキングシェア(#1)事件(#1)winny(#1)田付景一(#1)新党大地(#2)カダフィ(#1)リアリスト(#1)プラハ演説(#1)クジラ(#1)高窪統(#1)社会党(#1)イラク(#1)君が代(#2)MacBook(#1)長島昭久(#1)尾辻秀久(#1)東アジア(#1)ブログ(#1)公明党(#7)安重根(#1)日本(#2)暴力(#6)民法(#2)一君萬民ノ政治(#1)伴奏(#1)鼻づまり(#13)平沼グループ(#1)関門海峡衝突事故(#1)竹原信一(#1)コンテナ船(#2)首班指名(#1)国民主権(#1)仏教(#2)小泉構造改革(#2)朝鮮総連(#1)議長(#1)マードック(#1)GHQ(#3)所得控除(#2)沖縄密約(#1)コリアン(#1)鼻水(#13)参政権(#1)タイ(#1)高木八尺(#1)外国人管理職事件(#1)guardian(#1)日米首脳会談(#1)思いやり予算(#1)東アジア共同体(#5)単純所持(#1)吉野文六(#1)失言(#2)自由(#1)占領政策(#1)重加算税(#1)telegraph(#1)幇助犯(#1)歴史認識(#1)日本郵政(#1)渡部恒三(#2)川上義博(#1)信仰(#1)核持ち込み(#1)責任(#1)ノーベル平和賞(#1)大前研一(#1)児童手当(#1)リスク(#1)子ども手当(#2)不起訴不当(#1)韓国(#9)密約(#2)平手(#1)亀井静香(#3)ラジオ(#1)改正(#1)宮内庁(#1)国民新党(#4)起訴相当(#1)判例(#2)おことば(#1)増税(#2)参院選(#2)適正手続(#1)国際(#1)進歩党(#1)閣僚(#2)憲法改正(#4)市橋達也(#1)議員定数不均衡(#1)平和主義(#3)財務省(#1)朝日新聞(#2)酒井法子(#1)空知太神社(#1)COP15(#1)同意(#1)官房長官(#2)扇子(#1)選挙権(#1)検察審査会(#1)非正規社員(#1)改憲(#1)ニクソン(#1)海上自衛隊(#1)前文(#2)リベラル(#1)キリスト教(#2)仕分け人(#1)厳罰化(#1)拉致(#2)税金(#1)前原誠司(#1)地球温暖化(#2)西山太吉(#1)iMac(#1)Buddhist(#1)所得税(#1)小泉純一郎(#4)不安神経症(#1)生活(#1)緊張型頭痛(#7)野中広務(#1)日比谷公園(#1)給付(#1)アジア主義(#1)GHQ(#1)民本主義(#1)護憲(#1)9条(#3)AirMac(#1)ピルグリム・ファーザーズ(#1)ASEAN(#1)国務省(#1)チベット(#3)イスラム教(#2)配偶者控除(#2)大阪市(#6)アダムスミス(#1)生活保護(#2)海賊(#1)政治(#1)刑事罰(#1)派遣(#1)イデオロギー(#2)シーシェパード(#1)総裁選(#1)自民党(#37)郵政民営化(#1)核密約(#1)創価学会(#2)鯨(#1)年金(#2)法務大臣(#1)川田龍平(#1)罪刑法定主義(#1)みんなの党(#4)死刑廃止論(#1)就任(#1)関門海峡(#1)行政罰(#1)アジア(#1)訴追(#1)信教の自由(#1)ベーシックインカム(#1)安全保障(#1)イラク戦争(#2)非正規(#1)大法廷(#1)偽装献金(#3)核兵器のない世界(#1)投票(#1)政治利用(#7)労働市場の流動化(#1)戦争(#1)生徒(#7)政治資金規正法(#1)読売新聞(#1)フィナンシャル・タイムズ(#1)TBS(#2)グローバリズム(#1)起訴議決(#1)民団(#1)捕鯨(#1)教師(#2)法治国家(#1)国体明徴(#1)仙谷由人(#1)外国人労働者(#1)宗教(#1)特例会見(#1)西沙諸島(#1)橋下徹(#2)政界再編(#1)佐藤栄作(#1)日韓併合(#1)南京大虐殺(#1)菅直人(#4)小沢一郎(#25)報道の自由(#1)後鼻漏(#13)青山繁晴(#2)護衛艦(#1)振り込め詐欺(#1)