FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

この程度の認識では自衛隊員の生命の安全を確保できない - ソマリア沖海自派遣

 最近よく話題になっている「ソマリア沖の海自派遣」。この程度の認識で派遣される自衛官の生命の安全が心配です。

 産経新聞。
 【麻生首相インタビュー詳報(4)完】ソマリア沖の海自派遣「自衛官襲う強盗いるかね」
 http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090110/plc0901102113009-n4.htm
 

海賊ですから。そういった、陸(おか)でいえば、陸でやって、陸上でいえば強盗ですから。そういうものから襲われるというのを何もしないで放置しているというのは、これは日本の国家として、なんとなく日本の船が襲われてなきゃいいんじゃないかという種類の話じゃないじゃないかねえ。世界中でみんなこれいろいろ海軍を出し、そういった取り締まりをやっているんであれば、日本もそれに参加して、まずは海上警備行動、やれる範囲がありますから、そういったもので出ていく。

 揚げ足取りみたいになりますが,ソマリア沖の「海賊」の実態を麻生首相は知らないのでしょうか。
 「陸でいえば強盗」・・・などというレベルではないことくらい知っておいて欲しいものです(怒)
 首相は「海賊」=「パイレーツ・オブ・カリビアン」とでも思っているのでしょうか。
 日本の新聞はなぜか「海賊」を「元漁師」と書いていて,みずから無知をひけらかしているのですが(笑),ソマリア沖で展開する「海賊」は準海軍。他国の軍隊に負けない装備と実戦訓練を積んだ組織犯罪のプロ集団です。

 少なくともそこに、なんていうの、自衛官が出てきてよ、自衛官に襲いかかる強盗っているかねえ、ふつう。

 もはや仰ることが妄想の域に達し始めている麻生首相・・・(笑)。
 この首相の認識は致命的かもしれません。この程度の認識で海自を派遣するわけにはいきません。

 で、撃たれた場合、撃ち返せるわけですから。そういった意味で、まずはそれでやって。

 いやいや,麻生首相(汗)。
 <撃たれた場合>って,撃たれちゃ困るんですよ。普通の軍隊なら撃たれないためにpreventionあるいはpreemption,つまり,予防的先制攻撃するわけで・・・。

 皆さんもご存じのように,日本の自衛隊は正当防衛状況下でないと具体的な武力行使ができないことになっています。すなわち,実際に隊員が撃たれるしかない。
 それなしには船体に威嚇射撃すらできないのが現状です。

 だからこそ国会は「現状で隊員の生命の安全が確保できるのか」を議論しているのであって,麻生首相は国会の議論の内容を理解しているのでしょうか。

 しかし、派遣される自衛官のことも考えたら、これは危険で、丸腰でとかいう話やら、よくある話でしたけれども、われわれはカンボジアにPKOを派遣したとき以来、殉職者も出しますんで、そういった意味では十分にそういったものを考えてやる配慮は、やっぱりそういった危険な地域に行かせる立場としては、そういったものを十分に配慮してやるのが当然だと思います

 ん・・・?<カンボジアにPKOを派遣したとき>の殉職者?
 まさか高田晴行さんのことを言っているんじゃないでしょうね?!高田さんは自衛官じゃないよ,麻生さん・・・

 ただ、時間的なことをいいますと、もうかなりあちゃこちゃ、あちゃこちゃになって、まだ日本人は襲われていないだろうとかなんとかいう種類の話ではないんじゃないかと私自身は思いますけれどもね。

 これも眉唾な話。麻生首相って,国際問題に疎いのでしょうか。
 <日本人は襲われてい>「る」んですよ!麻生さんっ!!ソマリアでは日常的に日本人や日本国籍の船が襲われていることくらい知らないのですか!(涙)

 海自をソマリア沖に派遣するかどうかの議論の前に,政治家たちのソマリアに対する認識を質したいものです。
 
  1. 2009/01/12(月) 12:08:53|
  2. 国際
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9