FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

検証:永住外国人地方参政権(外国人参政権)は実現するか?

 外国人参政権:各政党のスタンス

 今回は「永住外国人地方参政権付与の是非」に関して、です。

 昨日もこのようなニュースがありました。

 〈小沢氏、地方参政権付与に賛成 党内意見集約へ〉
 http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009091901000848.html

 民主党の小沢一郎幹事長は19日夕、党本部で李明博韓国大統領の実兄の李相得韓日議員連盟会長らと会談し、在日韓国人ら永住外国人への地方参政権付与について「賛成だ。通常国会で何とか目鼻を付けたい」と述べ、来年の通常国会中に党内の意見集約を図りたいとの考えを示した。
 会談に同席した川上義博民主党参院議員は共同通信の取材に「通常国会で政府が法案を提出する流れになるのではないか」と指摘した。

 そこで、外国人参政権について、衆議院における各政党のスタンスがどのようなものであるか、そして、以下のようなデータを元に、外国人参政権を付与する法案が国会を通過する実現可能性はどのくらいのレベルなのか、を確認していきましょう。

〈永住外国人地方参政権の是非〉

民主党
 当選者308人 (賛成)184人 (反対)35人 (保留)57人
民主党永住外国人地方参政権付与の賛成者が極めて多い(少なくとも当選者の半分以上が「賛成」あるいは「どちらかといえば賛成」と回答している。)。
*反対のうち、明確に「反対」と答えたのが19人で、16人は「どちらかといえば反対」と回答した。

社民党
 当選者7人 (賛成)7人 (反対)0人 (保留)0人
*賛成のうち、「どちらかといえば賛成」は1人のみで、そのほかの6人は明確に「賛成」と回答。

国民新党
 当選者3人 (賛成)0人 (反対)1人 (保留)1人
*同党代表の亀井静香氏は調査に回答していないので、態度は不明。残りの2人は賛成と回答せず。

自民党
 当選者119人 (賛成)8人 (反対)60人 (保留)42人
自民党反対者も多いが、意外にも「どちらともいえない」と態度を保留した者が多かった
自民党は「反対一辺倒」というわけではない。加藤紘一氏や金子一義氏など党幹部・閣僚経験者が賛成と回答している。

○ 自民党で数少ない賛成者の一覧

(明確に「賛成」)加藤紘一氏  

(「どちらかといえば賛成」)大村秀章氏、金子一義氏、金田勝年氏、北村誠吾氏、橘慶一郎氏、田中和徳氏、村田吉隆氏

公明党
 当選者21人 (賛成)19人 (反対)0人 (保留)0人
自民党と異なり、公明党は賛成一辺倒であった(2名は調査に回答していない。)。

みんなの党
 当選者5人 (賛成)0人 (反対)0人 (保留)3人
*回答した3人全員が「どちらともいえない」と態度を保留した。

新党大地
 当選者1人 (賛成)0人 (反対)1人 (保留)0人
新党大地代表の鈴木宗男氏は「どちらかといえば反対」と回答した。

新党日本
 当選者1人 (賛成)0人 (反対)0人 (保留)1人
新党日本代表の田中康夫氏は「どちらともいえない」と態度を明確にしていない。

<日本共産党>
 当選者9人 (賛成)7人 (反対)0人 (保留)0人
社民党と同じく、調査に回答を寄せた当選者がすべて付与に「賛成」と好感を示した。

<無所属・諸派> *便宜上新党大地は諸派に含めていません。
 当選者6人 (賛成)3人 (反対)2人 (保留)1人
*賛成:中村喜四郎氏(元自民党)、川村秀三郎氏(民主系)、川口博氏(民主党入党予定)。
*反対:平沼赳夫氏、城内実氏。いずれも元自民党。
*「どちらともいえない」:小泉龍司氏。

ーーーーー

1.民主党は賛成者が多い。党内では、過半数以上が賛成派で占められている

2.民主党の反対派には、若手(1期~3期)の議員が多く、ベテラン議員に反対派がいないのが特徴的である。

3.自民党は意外にも態度を鮮明にしない者が多かった。反対派が多いことは間違いないが、民主党と同じように、ベテラン議員の一部が賛成に回っていることが気にかかる。

4.社民党および日本共産党は賛成で固まっている。反対派はいない。

5.その他の政党に関しては、態度を鮮明にしない者が多く、事態は流動的である。ただし、他の政党でも元自民党の議員らは、反対派に属している(鈴木宗男氏、平沼赳夫氏、城内実氏など)。

 以上の点を考えると、仮に定住外国人に対して地方参政権を付与する法案を提出された場合に、これが衆参両院で可決される可能性は極めて高い、と考えるべきだと思う。
 特に、公明党のほとんどが賛成派であることをあわせ考えると、参議院で否決されたとしても、衆議院で議員の3分の2以上の賛成をもって、再議決することも可能だ。

 私は外国人参政権の付与に反対の立場だが、改めてデータを見て、みなさんはどのようにお考えになりますか。

* 次回更新
25日前後

*上記データについて
 上記データは、平成21(2009)年8月30日に行われた衆議院議員選挙前に、朝日新聞と東京大学が共同して全候補者を対象として行った調査(朝日調査)と毎日新聞が行った調査(毎日調査)をもとに、「賛成」および「どちらかといえば賛成」を賛成として、「反対」および「どちらかといえば反対」を反対としてカウントの対象としたものです。
 「どちらともいえない」との回答は、態度を鮮明にしない者として、上記データ内では「保留」と取り扱うことにしました。
 なお朝日調査および毎日調査に回答をしていない当選者は、当選者の数としてはカウントの対象としていますが、賛成・反対・保留のいずれにも該当しないものとして、これらのデータに反映してはいません。

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/09/20(日) 02:29:40|
  2. 政治家データ集
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:4

全閣僚の政治スタンス2(憲法・消費税・外国人参政権・自衛隊)

前回のつづき ー 鳩山内閣全閣僚の政治スタンス一覧2

 「ドラゴンクエストシリーズ」の作曲家として知られる、すぎやまこういち氏いわく、新内閣は「判ら内閣(=判らない+内閣)」なんだとか。

 なるほど、たしかに、これまでテレビメディアではさほど取り上げられてこなかった民主党議員もいらっしゃるから、一般国民からしてみれば、今回の閣僚人事は「だれこの人」という印象が強いのかも知れない。

 以下のデータが、新内閣の閣僚の政治スタンスを知る上で、なにかの役に立てることができれば幸いです。

 赤松広隆(61)前原誠司(47)小沢鋭仁(55)平野博文(60)中井洽(67)亀井静香(72)仙谷由人(63)
選挙区愛知5京都2山梨1大阪11三重1広島6徳島1
憲法9条(憲法)改正×(×)○(○)△(○)○(○)×(△)△(-)○(○)
集団的自衛権を認めるための解釈改憲××××
日本の核武装××××××
永住外国人地方参政権
国会議員の世襲制限
議員定数削減○(比例)○(比例)○(比・小)○(比)○(比・小)○(比・小)○(比)
団体献金禁止×
郵政民営化は成功?×××××××
4年内の消費税増税×××××××
環境税導入×
製造業への派遣×××××
アフガニスタンへの自衛隊派遣×××××
北朝鮮への圧力路線×(対話重視)×(対話重視)×(対話重視)
備考

農水大臣

運輸労連顧問

元社会党書記長

国土交通大臣

環境大臣

官房長官

電機連合顧問

国家公安委員長

金融・郵政問題

行政刷新

・ 外国人参政権について、反対派の民主党議員が一人も入閣しなかった

・ 各グループに配慮して割り振った、自民党風に言えば「論功行賞」的な性質を否めない閣僚人事であったにもかかわらず、野田グループは一人も入閣しなかった

・ 閣僚に選ばれた者が、必ずしもその道のエキスパートというわけではない。たとえば、前農水大臣の石破茂氏が、農水大臣の赤松氏について、これまでさほど農水行政に関心の無かった議員と評したように、私もこの人選には首をひねらざるを得ない。

 くわえて、法務大臣に選ばれた千葉景子氏に至っては、本来は死刑執行の責任者ともいうべき立場であるにもかかわらず、死刑廃止論者として知られる人物だ。

 その意味では、果たして適材適所とはお世辞にも言えない

・ だが、「脱官僚内閣」を掲げる新内閣だけあって、行政刷新担当に仙谷氏、厚生労働大臣に「ミスター年金」こと長妻氏があてられた意義は大きい。彼らにとって、これからの実績作りは決して簡単なものではないが、彼らには大いに期待していいのではないか。

 

 みなさまは、今回の閣僚人事について、どのような印象をお持ちになったでしょうか。

 次回更新は9/20予定。

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/09/17(木) 18:58:53|
  2. 政治家データ集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

全閣僚の政治的スタンス(憲法・消費税・外国人参政権・自衛隊)

 閣僚人事が発表された。今日から数回にかけて、閣僚の政治スタンスについて、まとめておきたいと思う。

 続きは明日の夜に掲載します。

 鳩山由紀夫(62)菅直人(62)原口一博(50)岡田克也(56)川端達夫(64)長妻昭(49)
選挙区北海道9東京18佐賀1三重3滋賀1東京7
憲法9条(憲法)改正△(○)△(△)△(×)○(○)×(○)×(○)
集団的自衛権を認めるための解釈改憲×××××
日本の核武装××××××
永住外国人地方参政権
国会議員の世襲制限
議員定数削減○(比例削減)○(比例削減)○(比例・小選挙区)○(比例)○(比例)○(比例)
団体献金禁止
郵政民営化は成功?×××××
4年内の消費税増税××××××
環境税導入
製造業への派遣××××××
アフガニスタンへの自衛隊派遣×××
北朝鮮への圧力路線
備考総理大臣

副総理

元厚生大臣

総務大臣外務大臣

文部大臣

東レ労組

厚生労働大臣

元雑誌記者

(今回の組閣のポイント)

・ 憲法改正をめぐっては意見の一致を見ていない憲法ないし9条の改正賛成に明確な態度を示している者は、前原氏と仙谷氏のみである。

・ 外国人参政権付与に反対する議員が一人も入閣しなかった。(賛成の姿勢を明確にしていない長妻氏や平野氏も反対の立場を明確にしたわけではない。朝日新聞の調査に対して「どちらともいえない」と回答しただけである。)

・ 衆議院議員の定数削減、消費税、環境税導入、製造業への労働者派遣に関しては、ほぼ全員の意見が一致している。一部の大企業の労組出身の閣僚のみ、製造業への労働者派遣に関して、明確に反対としていない。

・ アフガニスタンへの自衛隊派遣に消極的な議員が多い。

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/09/16(水) 19:20:06|
  2. 政治家データ集
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

政治家データ:閣僚候補の政治スタンス(平野博文・岡田克也・菅直人)

(1)閣僚人事 ー 平野博文氏・岡田克也氏・菅直人氏

 閣僚人事のうち、上記3人はそれぞれ官房長官、外務大臣、国家戦略局(新設)担当相に就任することが決定したとされています。
 各人の政治スタンスは以下のとおり。
 平野博文氏岡田克也氏菅直人氏
憲法改正
憲法9条改正
集団的自衛権×××
核武装議論×××
道路予算の維持×××
5年以内の消費税増税××
永住外国人地方参政権
国会議員の世襲制限
衆議院議員の定数削減
企業献金・団体献金禁止
環境税導入
基礎年金の保険料方式××
製造業への労働者派遣××
自衛隊のアフガニスタン派遣
××
*○は「賛成」ないし「どちらかといえば賛成」、△は「どちらともいえない」「無回答」「非該当」のいずれか、×は「反対」ないし「どちらかといえば反対」。

1.国家安全保障、国会改革、環境税導入では足並みが揃っている。
2.菅直人氏は態度を留保するものも多いが、おおむね憲法改正には賛同している。
3.外務大臣として名前の挙がっている岡田克也氏は、「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」の会長を務めている。
4.核武装議論、道路予算の維持、外国人参政権付与、国会改革、環境税、製造業への労働者派遣で、外務大臣候補の岡田克也氏は鳩山代表と意見を同じくする。
5.憲法改正や消費税の考え方を除けば、鳩山代表と菅直人氏の回答内容は同じである。
6.平野博文氏は製造業への労働者派遣について「無回答」と答えた数少ない民主党議員の一人である。
7.なお、党として見れば ー 後日、きちんとまとめて数字を出したいと思っているが ー いまのところ、民主党に関して分かっているのは、先の衆院選当選者308人のうち・・・
 〈憲法改正〉  賛成125人 反対62人
 〈外国人参政権〉賛成184人 反対35人
・・・ということだ。

*次回更新16日予定

*平成21年度衆議院議員選挙前に行われた、朝日新聞及び東京大学の共同調査と毎日新聞の調査を参考に図表化しています。

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/09/13(日) 03:11:40|
  2. 政治家データ集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

政治家データ:衆議院議長・副議長候補の政治スタンス

 鳩山由紀夫横路孝弘渡部恒三
憲法改正×
憲法9条改正×
集団的自衛権×
核武装議論×××
道路予算の維持××
5年以内の消費税増税×
永住外国人地方参政権
国会議員の世襲制限
衆議院議員の定数削減×
企業献金・団体献金禁止×
環境税導入×
基礎年金の保険料方式××
製造業への労働者派遣×××
自衛隊のアフガニスタン派遣×

前回のエントリを図表化したものです。

おおむね外国人参政権と製造業への労働者派遣を原則禁止にする点では意見の一致が見られます。
また、小泉構造改革と郵政民営化に関して、お三方そろって「まったく評価しない」と回答しています(毎日新聞調査)。

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/09/11(金) 19:09:35|
  2. 政治家データ集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ