FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

「体罰と犯罪」頭部への打撃7(東京高裁昭和56年4月1日判決)

1  東京高裁は、ここまでで見てきたような事情を考慮して、A教諭の暴力は、教師として認められる生徒に対する懲戒権の範囲内に止まるものとして、暴行罪の成立を認めませんでした。
   しかし、東京高裁は、判決の最後に「A教諭のやり方がV君に対する生活指導として唯一・最善の方法・形態のものであったか、他にもっと適切な対処の仕方はなかつたかについては、必ずしも疑問の余地がないではない」と裁判所の率直な気持ちを述べてもいます。

2  そのような裁判所の悩みを見せながらも、最終的に裁判所がA教諭を罪に問わなかったことについては、「本来、どのような方法・形態の懲戒のやり方を選ぶかは、平素から生徒に接してその性格、行状、長所・短所等を知り、その成長ぶりを観察している教師が生徒の当該行為に対する処置として適切だと判断して決定するところに任せるのが相当」だと説明しています。

   さらに、東京高裁は「(注:A教諭がV君への指導として)その決定したところが社会通念上著しく妥当を欠くと認められる場合を除いては、教師の自由裁量権によって決すべき範囲内に属する事項と解すべきであるから、仮にその選択した懲戒の方法・形態が生活指導のやり方として唯一・最善のものであったとはいえない場合であったとしても、A教諭が採った懲戒行為としての当否ないしはその是非の問題については、裁判所としては評価・判断の限りではない」と踏み込んだ判断を行いました。

3  もともと東京高裁の判決には、賛否両論あるところです。
   体罰を含めた教師による暴力の有効性を強く主張する方は、おおむね東京高裁の判決に賛同できると思いますが、教師は生徒に対して一切暴力を振るってはいけないと考える方にしてみれば、東京高裁がいわば教師による子どもへの一定の暴力を容認したことについて、強い違和感をもたれると思います。

   私個人は、東京高裁の判決の結論には同意です。
   前の記事にも書いたように、私自身は、体罰が是か非か、という考え方ではなく、東京高裁がしたように、教師が生徒を指導するために、教育者としてどの程度の懲戒権を行使できるのか、という限界を探るアプローチが妥当だと思っています。

   体罰は是か非か、という問題の提起では、前にも書いたように、人によって「体罰」に抱くイメージも、「体罰」が持つ言葉の意味もかなり開きがあるため、今回のような体罰事件が起きても、国民的な議論がかみ合わず、停滞しがちです。
   であれば、いちど体罰という言葉から離れて、教師はどういった立場にあるのか、教師はどこまで生徒に指導・懲戒できるのか、という範囲確定を行ったほうが議論が活性化しそうな気がします。

   それに、「体罰」という言葉が覆い隠していると思うのですが、体罰であろうが、体罰でなかろうが、教師が生徒に手を出したら、それは「暴行」であることに変わりありません。
   東京高裁のように、いやしくも教師が生徒に手を出したら、それは刑法でいうところの「暴行」であることは認めた上で、それが社会において正当化されるものかどうか、を国民が議論していくべきでしょう。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2013/02/07(木) 14:23:44|
  2. 社会
  3. | コメント:0

「体罰と犯罪」頭部への打撃6(東京高裁昭和56年4月1日判決)

さて、東京高裁が示した一定の判断枠組み
「教育基本法、学校教育法その他の関係諸法令にうかがわれる基本的な教育原理と教育指針を念頭に置き、更に生徒の年齢、性別、性格、成育過程、身体的状況、非 行等の内容、懲戒の趣旨、有形力行使の態様・程度、教育的効果、身体的侵害の大小・結果等を総合して、社会通念に則り、結局は各事例ごとに相当性の有無を 具体的・個別的に判定する」
ですが、裁判所は、次のような事情を使って判断しています。
こちらで簡単に整理します。

【東京高裁が「体罰」の限界をさぐる上で使った事情】

・A教諭の行為の動機・目的
→V君の軽率な言動に対してその非を指摘して注意すると同時に同人の今後の自覚を促すことにその主眼があつた
・A教諭の暴力の態様・程度
→平手及び軽く握つた右手の拳で同人の頭部を数回軽くたたいたという軽度のものにすぎない。
・A教諭の年齢(当時40歳)、健康状態、言動
→いたずらに個人的感情に走らないようその抑制に配慮を巡らし、かつ、その行動の態様自体も教育的活動としての節度を失わず、また、行為の程度もいわば身体的説諭・訓戒・叱責として、口頭によるそれと同一視してよい程度の軽微な身体的侵害にとどまっている
 V君の身体に不当・不必要な害悪を加え、又は同人に肉体的苦痛を与え、体罰といえる程度にまで達していたとはいえず、同人としても受忍すべき限度内の侵害行為であつたといわなければならない。

  果たしてA教諭の行動は、「暴行罪」として処罰されるだけのものだったのか・・・東京高裁は、上のような事情を考慮して、それは処罰に値しない、と言うわけです。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2013/02/03(日) 14:56:03|
  2. 社会

「体罰と犯罪」頭部への打撃5(東京高裁昭和56年4月1日判決)

(3)教師の生徒に対する懲戒権の行使としてどこまでの有形力(暴力を含む。)を行使できるか

ここまでの東京高裁の判決を読んで、けっきょくのところ、教師が生徒に対して有形力(殴る・蹴る・掴むといった物理的な力)を行使できることを認めたとしても、やっぱり程度問題だ、ということになってきたことが分かります。

先の大阪市立高校の教師による体罰後に生徒が自殺した事件の際、テレビなどの街頭インタビューで、多くの方が「まあ、体罰といっても程度問題だ」とか、「行きすぎた体罰はダメ」という意見を言っていましたが、まさにこの東京高裁の判決も、「程度」を問題視しています。さっそく東京高裁の判決を見ていきます。

  * * *

 「学校教育法の禁止する『体罰』(ブログ管理者注:学校教育法11条ただし書は、体罰を認めていない。)とは要するに、懲戒権の行使として相当と認められる範囲を越えて有形力を行使して生徒の身体を侵害し、あるいは生徒に対して肉体的苦痛を与えることをいうものと解すべきであ」る。
  具体的には「有形力の内容、程度が体罰の範ちゅうに入るまでに至つた場合、それが法的に許されないことはいうまでもないところであるから、教師としては懲戒を加えるにあたつて、生徒の心身の発達に応ずる等、相当性の限界を越えないように教育上必要な配慮をしなければならないことは当然である。」
 「そして、裁判所が教師の生徒に対する有形力の行使が懲戒権の行使として相当と認められる範囲内のものであるかどうかを判断するにあたつては、教育基本法、学校教育法その他の関係諸法令にうかがわれる基本的な教育原理と教育指針を念頭に置き、更に生徒の年齢、性別、性格、成育過程、身体的状況、非行等の内容、懲戒の趣旨、有形力行使の態様・程度、教育的効果、身体的侵害の大小・結果等を総合して、社会通念に則り、結局は各事例ごとに相当性の有無を具体的・個別的に判定するほかはないものといわざるをえない。」

  * * *

  東京高裁は、どこまでが教師に許される指導・懲戒で、どこまでが許されない体罰なのか、その限界をさぐる判断枠組みを苦悩しつつ導いています。

  すなわち、東京高裁がいう判断枠組みとは・・・
「教育基本法、学校教育法その他の関係諸法令にうかがわれる基本的な教育原理と教育指針を念頭に置き、更に生徒の年齢、性別、性格、成育過程、身体的状況、非行等の内容、懲戒の趣旨、有形力行使の態様・程度、教育的効果、身体的侵害の大小・結果等を総合して、社会通念に則り、結局は各事例ごとに相当性の有無を具体的・個別的に判定する」
というものです。
  要は、個別具体的な事情を総合的に考慮して判断する、ということなのですが、少なくとも裁判所の立場としては、「教師が生徒を叩いたらダメ」とか、「教師の生徒に対する暴力は是か非か」という二者択一的、一義的な選択を行うのではなく、ケースバイケースに具体的な事情を見つつ、体罰の限界をさぐっていく、というアプローチを採っています。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2013/02/02(土) 11:01:39|
  2. 社会

「体罰と犯罪」頭部への打撃4(東京高裁昭和56年4月1日判決)

(2)A教諭の行為は、刑法で処罰され得る暴行罪の『暴行』に該当するか

東京高裁は、A教諭の行動の動機・目的を「教育上生活指導の一環としてその場で注意を与えよう」とすることにあった、と認めた上で、A教諭の行為が刑法上処罰されるだけの違法な「暴行」であったのか、検討を加えています。

少しテクニカルな話になるので、先に刑法の暴行罪について簡単に整理しておきます。

暴行罪という犯罪は、刑法208条に規定があります。

<暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったときは、2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。>

【暴行】とは、一般に、人の身体に対する不法な有形力(物理的な力)の行使をいいます。ex. 殴る、たたく、肩をつかむ、相手の体を抱きしめる等

上に見たように、【暴行】がカバーする領域というのは、かなり広いものですが、刑法は、それら【暴行】が正当化される余地(犯罪が成立しない【暴行】)も認めています。
たとえば、正当防衛で【暴行】を加えた場合、被害者の同意を得て【暴行】を加えた場合(ただし、同意=犯罪不成立というわけではありません。)、正当業務行為として【暴行】を加えた場合などがあります。

以上の理解を前提に、東京高裁の判決を続けます。

  ※ ※ ※

 「そこで、A教諭の行為が暴行罪にあたるか否かを検討してみると、その程度は、比較的小柄なV君に身長、体重共に勝つたA教諭の体格を考慮に入れても、はなはだ軽微なものといわなければならない。
  しかし、この程度の行為であつても、人の身体に対する有形力の行使であることに変わりはなく、その行為は、他に特段の事情が存在しない限り、有形力の不法な行使として暴行罪が成立する。」

  ※ ※ ※

  東京高裁は、A教諭の行為を<他に特段の事情が存在しない限り、有形力の不法な行使として暴行罪が成立する>としたものの、前の記事に書いたように、A教諭を無罪としています。
  それはいかなるロジックなのか。昨日の記事より書いている「学校教育法11条」が手がかりになります。

  すなわち、学校教育法11条は、

「校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、…学生、生徒及び児童に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。」

と規定しています。

  この条文を素直に読めば、教師には、生徒に対して<懲戒を加える>権限があることがわかります。
  しかし、<体罰>に該当するようなものは、懲戒権の限界として許されない、と理解することができそうです。

  さて、この学校教育法11条の理解を踏まえて、東京高裁は、この教師の懲戒権について、次のように判示しています。

  ※ ※ ※

 「懲戒には、退学・停学及び訓告等の処分を行うこと、すなわち法律上の懲戒をすることのほか、当該学校に在学する生徒に対し教育目的を達成するための教育作用として一定の範囲内において法的効果を伴わない事実行為としての教育的措置を講ずること、すなわち事実行為としての懲戒を加えることをも含まれている」。

  ※ ※ ※

  つまり、懲戒権には、停学処分といった生徒の地位を(法的に)左右するようなものだけではなく、教師が事実行為として、(もう少しザックリ言うと)物理的な力を使って懲らしめることも認められている、というのです。

  その上で、東京高裁は、教師が事実行為として生徒を懲戒できることを前提に、その懲戒の目的は、<生徒の人間的成長を助けるために教育上の必要からなされる教育的処分と目すべきもので、教師の生徒に対する生活指導の手段の一つとして認められた>ものだとします。

  しかしここで注意しなければならないのは、東京高裁も、別に教師に暴力行為をもって生徒を教育せよ、とか、体罰に当たらなければ常に生徒に手をあげてもよい、と言っているわけではありません。

  生徒を懲戒する(懲らしめる)方法として、物理的な力(有形力の行使)が使えるとしても、やはり「口頭による説諭・訓戒・叱責が最も適当で、かつ、有効なやり方であることはいうまでもない」ということは認めています。
  さらに「有形力の行使は、そのやり方次第では往往にして、生徒の人間としての尊厳を損ない、精神的屈辱感を与え、ないしは、いたずらに反抗心だけを募らせ、自省作用による自発的人間形成の機会を奪うことになる虞れもあるので、教育上の懲戒の手段としては適切でない場合が多く、必要最小限度にとどめることが望ましいといわなければならない」と言っています。

  ですから、東京高裁としては、

・教師には、生徒に対する懲戒権がある。
・教師の懲戒権には、生徒に対する生活指導の一環としての事実行為も含まれる。
・教師が事実行為として懲戒権を行使できるとしても、有形力の行使(暴力など)は必要最小限にとどめるべきであって、まずは口頭による説諭・訓戒・叱責といった手段が最も適当である。

というのが基本的なスタンスであって、一部でいわれている本判決を含めた「裁判所は体罰を認めている」という言い方は誤り、といわなければなりません。

  以上の基本的な理解に立って、東京高裁は、教師が生徒に対して(教育として)手をあげることについて、次のように判示しています。

  ※ ※ ※

 「教師が生徒を励ましたり、注意したりする時に肩や背中などを軽くたたく程度の身体的接触(スキンシップ)による方法が、相互の親近感ないしは一体感を醸成させる効果をもたらすのと同様に、生徒の好ましからざる行状についてたしなめたり、警告したり、叱責したりする時に、単なる身体的接触よりもやや強度の外的刺激(有形力の行使)を生徒の身体に与えることが、注意事項のゆるがせにできない重大さを生徒に強く意識させると共に、教師の生活指導における毅然たる姿勢・考え方ないしは教育的熱意を相手方に感得させることになつて、教育上肝要な注意喚起行為ないしは覚醒行為として機能し、効果があることも明らかである」。
  教師が有形力(物理的力・肉体的力、強い外的刺激)を使うにあたっては、「単なる口頭の説教のみにとどまることなく、そのような方法・形態の懲戒によるだけでは微温的に過ぎて感銘力に欠け、生徒に訴える力に乏しいと認められる時は、教師は必要に応じ生徒に対し一定の限度内で有形力を行使することも許されてよい場合がある」。

  ※ ※ ※

  私個人も、中学時代に担任教師から「おい、元気出せよ!」などと言われて、首根っこをかなり強くつかまれて励まされたことがあります。
  裁判所のいう「やや強度の外的刺激」とは、まさにこのことでしょう。

  東京高裁が、教師が生徒に対して生活指導等をするにあたっては、口頭による注意が最も適当だとしながらも、こうした有形力の行使の教育的効果を積極的に認めるに至ったのは、
教師がそのような有形力の行使をいっさい使うことができなければ(=教師が生徒に触れることすらできなければ)、「教育内容はいたずらに硬直化し、血の通わない形式的なものに堕して、実効的な生きた教育活動が阻害され、ないしは不可能になるおそれがあることも、これまた否定することができない」という配慮があったからだと考えられます。

  ここまでの部分を見ていただければ、東京高裁が判示した有名な一文<いやしくも有形力の行使と見られる外形をもつた行為は学校教育上の懲戒行為としては一切許容されないとすることは、本来学校教育法の予想するところではない>の背景や基本的な考え方がおわかりいただけたのではないでしょうか。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2013/01/30(水) 18:48:18|
  2. 社会

「体罰と犯罪」頭部への打撃3(東京高裁昭和56年4月1日判決)

(判決の内容)※東京高裁判決をそのまま引用する形でご紹介します。

〜実際の判決を見る前に〜

 この東京高裁の判決は、
いやしくも有形力の行使と見られる外形をもつた行為は学校教育上の懲戒行為としては一切許容されないとすることは、本来学校教育法の予想するところではない
という一文が有名です。
 この一文、法律用語が入っているので分かりにくいかも知れません。しかし、語弊をおそれずに申し上げるとすれば、
「仮にも暴力などの物理的な力を振るう行為は、学校教育法が認めている教師の懲戒行為として一切否定したとは、学校教育法を作った立法者も考えていなかっただろう。(=だからこそ暴力などの物理的な力を振るっても良い場合がある)」
ということです。

 したがって、この判決がいわば「教師による子どもたちに対する暴力を広く正当化した」ものと評価する方もいるように、すくなくとも東京高裁は、教師が、教育目的で、体罰にわたらない程度の(軽微な)暴力(有形力の行使)を認めたことは間違いありません。

 しかし、私個人は、安直に判決のこの有名な一文を引用して体罰を広く肯定する意見には、にわかに賛同できません。なぜなら、裁判所も、この一文を導くまでには、かなり苦労して理論を構築しているからです。
 そのため、この一文だけに目を奪われてしまうと、間違った理解に繋がるおそれがあります。そのため、少し詳しめに本判決の内容を見ていきましょう。

(1)A教諭の行動の動機・目的

東京高裁は、まずA教諭によるV君の頭部への打撃について、そのA教諭の行動の動機・目的について検討を加えています。(以下、判決の内容に依拠して整理します。)

* * *

A教諭の行動の発端は、V君がA教諭と一緒に活動することを知って、「何だ、Aと一緒か」という言葉を発すると共に、ズッコケの動作をとったことにある。

しかし、その発端となった言動をしたV君は、ちょっとした軽い悪ふざけの気分で、無造作にひょうきんな仕草をとったに過ぎないものである。
また、A教諭に対して面と向かって殊更にしたわけではなく、仲間の生徒同士の間で悪ふざけをしていただけである。

ただ、A教諭がV君の悪ふざけをたまたま現認(げんにん)したために、それに激発されて直ちに冷静さを失い、教師としての立場を忘れて、前後の見境なく憤激したというのは通常あり得ないことである。

むしろA教諭としては、V君が中学1年のときに国語の担任をしていたことから、V君が陽気で人なつこい反面、落ち着きがなく軽率なところがあるという性格を知っていた
それに、V君は、A教諭に対して話しかけたり、ふざけたりするようなことも比較的多かったので、A教諭としては、V君に対してある種の気安さと親近感を持っていたのも事実である。

さらに、A教諭の年齢・教師としての経験・教育熱心な日頃の真面目な勤務態度等を考慮すると、A教諭の心情としては、V君が自ら望んで中央委員に選出されていながら、(A教諭が感じていた)従前の軽率な性格がまだ直っていないと思い、その軽はずみな言動をたしなめながら行動に出た、というのが事の真相である。

したがって、A教諭の行動の動機・目的の主要な本質的部分は、中学二年ともなったV君に社会生活環境のなかでよく適応していけるような落ち着いた態度を身につけさせるため、教育上生活指導の一環としてその場で注意を与えようとするにあったものと認めて差支えない

* * *

東京高裁は、A教諭がV君の頭部に打撃を加えた行為について、その目的や動機に関しては、一部証言や原判決で指摘されていたような、V君がA教諭をいわば小馬鹿にする言動をしていたことにA教諭が憤激したことにある、とは認めませんでした。
むしろ、A教諭の攻撃の目的や動機は、V君の性格等を把握していた教師として、生活指導の一環として注意を与えることにあった、として、肯定的な評価を加えています。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2013/01/28(月) 15:59:23|
  2. 社会
  3. | コメント:0
次のページ