FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

社保庁不祥事に見る外国人労働者を使用することへの無理解

年金記録転記で大量ミス、中国人アルバイトが誤記
1月30日22時15分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000055-yom-soci

 社会保険庁のコンピューターに未入力の「旧台帳」と呼ばれる年金記録計1466万件の入力作業で、社保庁が昨年12月、人材派遣会社から派遣された中国人のアルバイト約60人を採用し、氏名を書き写す作業で大量のミスが発生していたことが30日、わかった。
 社保庁は、中国人アルバイトが担当した部分をすべてやり直したが、管理体制などが問われそうだ。・・・
 中国人アルバイトらは、先月10日から約9日間作業を行ったが、日本人の姓と名を区別できなかったり、旧字体やひらがなを正確に読み取れず、大量のミスにつながったという。ミスに気付いた社保庁は派遣受け入れを打ち切ったが、すでに約25万件の転記が終わっており、すべてやり直した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000055-yom-soci


<厚生年金>転記作業で派遣の中国人ら大量ミス
1月30日22時9分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000146-mai-soci
 コンピューターに未入力の古い厚生年金記録1430万件などの手書き台帳からの書き写し作業で、昨年12月に派遣会社から派遣された中国籍などの外国人約50人がミスを連発し、社保庁が途中で全員の作業を打ち切ったことが分かった。 
 30日の民主党の会合で社保庁が説明した。この作業のため、社保庁は派遣社員ら約1300人を集め作業を開始。人材派遣大手「フルキャスト」(東京都)は外国人約50人を12月10日から派遣した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000146-mai-soci

 こういう業務を中国人アルバイトにやらせればどうなるのか,という想像を,社保庁ははたらかせなかったのだろうか。

 近年,日本には多くの中国人労働者が流入している。
 
 そもそも中国人労働者の常識と日本人の常識は異なる。
 これと同じように,わたしたちが通常備えておくべき感受性や能力を,中国人労働者がもっているとは限らない。
 つまり,われわれ日本人が中国人労働者に「~をしろ」と言えば,当然にそれをすることができるとは限らないのだ。

 第一に言葉の壁がある。
 いくら労働者としてやってきたとはいえ,中国人がみな等しく流ちょうな日本語を話せるとは限らない。

 * * *

 最近は,たとえば日本国内の漁業などにおいて,漁業従事者が少ないために,その労働力を補うためにやむにやまれず外国人を雇って,1から教えているケースが多いのだという。

 政治家の中にも,労働力の拡充や人口減少問題に対応するためには,外国人を幅広く受け入れることが必要だと主張する者が少なくない

 だが,こういう社保庁の不祥事を見ると,どうも日本人はまだ外国人(労働者)を受け入れる心構えはできていないし,その余裕すらないように思える。
 むしろ,バカな使用者にこき使われる外国人がかわいそうだ。

 一方で,外国人を労働者として用いることについては懸念すべきこともある。

 フランスの移民政策の結果を思い出してほしい。
 過度の移民流入により,フランスは過度に保守化した。国民間にはナショナリズム(言語共同体としての)を強調しなければ,フランスはフランスではなくなるのではないか,という根強い声もある。
 つまり,移民をフランス人として「同化」させるべきだ,と彼らは言うのである。

 その結果が,サルコジ大統領の,「社会のくず」発言である。

 * * *

 外国人労働者を受け入れるにあたっては,彼らとどう向き合い,どのようにつきあっていくか,という議論をもっと政治家,いや,広く国民間でしなければならない。

 ただ闇雲に「友好のため」などと言って外国人の受け入れを強調するのは,かえって両国間の関係を悪化させる可能性もあろう。
 

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/01/31(木) 00:00:00|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

今後チャイナリスクへの防衛意識が高まるに違いない

 とうとう日本にも顕著な被害が...


 中国産ギョーザで食中毒多発、重体も 殺虫剤成分を検出
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000962-san-soci

 中国産の冷凍ギョーザを食べた人が食中毒症状を訴えるケースが、千葉県と兵庫県で相次いでいたことが30日、千葉、兵庫両県警などの調べで分かった。重体となった人もいた。冷凍ギョーザは同じメーカーが製造したもので、鑑定の結果、中から殺虫剤に使われる有機リン系薬物「メタミドホス」が検出された。
 千葉県では市川市でこの冷凍ギョーザを食べた一家5人が、相次いで下痢や嘔吐の食中毒症状を訴えて病院に運ばれ、このうち1人が重体となった。千葉県警などは、殺人未遂事件として捜査を開始するとともに、製造過程で混入した可能性があるとみて流通ルートなどの特定を急いでいる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000962-san-soci



中国製ギョーザ食べ10人入院=千葉、兵庫の親子、腹痛や吐き気-農薬成分検出
1月30日17時31分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000128-jij-soci

 千葉県や兵庫県の親子計10人が、スーパーで購入した中国製冷凍ギョーザを食べた後、腹痛や吐き気、下痢などの症状を訴え入院したことが30日、分かった。ギョーザのパッケージからは農薬に使われる有機リン系薬物「メタミドホス」が検出された。千葉、兵庫両県警は流通経路などを調べている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000128-jij-soci


 家族一家そろって食中毒症状。しかも,一人が重体だそうだ。

 この記事だけでは詳しいことは分からないが,読み方によっては「中国産」だから製造過程で何者かがメタミドホスを混入したのではないか,という疑いを差し挟むことができる。

 もっとも,ギョーザには農薬成分(メタミドホス)が含まれている。
 つまり,産経新聞では故意の混入の余地に言及するが,「残留農薬」の可能性もあるということだ。

 また,県衛生指導課の情報だが,商品名はCO・OP冷凍食品「手作り餃子」。
 中国から輸入したのは東京都品川区の「ジェイティフーズ」だ。

 個人的には故意混入(しかも中国の製造工場内)であろうと思うが,この時点では更なる言及は差し控えたい。

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2008/01/30(水) 18:02:32|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

橋下府知事誕生よりもマスメディアのメモ合わせが光る

 マスコミ批判ばかりしていますが...


 もう削れまへん…橋下流「府債ゼロ」は実現ムリ?
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080128-00000941-san-pol

 大阪府知事選で当選した橋下徹氏(38)が28日、府債発行を原則認めない方針を明らかにした。しかし、起債をゼロにすれば、人件費のほか、医療費助成などさまざまな補助金を見直しても不足額を埋める見通しがつかず、実現は微妙。国の管理下に置かれた際の財政再建団体に対して行われる公共施設の有料化なども検討せざるをえないという。府の財政当局は早急に「橋下氏との協議が必要」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080128-00000941-san-pol



 橋下氏を大阪府民は選んだ。
 わたし個人はタレントの強みだけで橋下氏は当選できたと思っているから,自公の推薦・支持は受けて欲しくなかったのだが,ひとまず彼の当選を喜びたい。

 選挙後に「大阪府民は愚かだ」と橋下氏を支持しないかたがたからの声が聞こえてくるのは仕方がないだろう。彼の天敵である教育委員会,組合などとの対立もより一層激しいものになるんじゃないか。

 コレに関連して,ここ最近のマスコミの報道に疑義を唱えたい。

 TBS。

 厳しい懐事情を立て直すため、大阪府の職員には厳しい態度で臨むという橋下徹さんですが、職員は意外に歓迎ムードです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3765420.html


 「意外」という言葉は余分だ。
 TBSの記者は,職員が橋下氏に反発して当たり前だと思っていたからこそ,「意外」という言葉が出てきたのだろう。

 一方で朝日新聞や産経新聞はこのように報じた。

 「人件費も聖域ではない」 橋下流に職員恐々(朝日新聞2008年01月28日)
 「人件費も聖域ではない」――。大阪府知事選の初当選から一夜明けた28日、橋下徹氏(38)は未曽有の危機に直面する府財政再建のため、職員の給与カットも避けて通らない意向を示した。財政再建団体転落を免れる「究極のカンフル剤」だが、実行すれば職員の士気や生活への影響も少なくない。府庁内には早くも「橋下ショック」が広がっている。
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200801280050.html

どうなる大阪府庁 職員戦々恐々
2008.1.27 21:54(産経新聞)
 橋下さんの当選で、大阪府に故横山ノック知事に続くタレント知事が誕生することになった。ただ、60歳を過ぎて知事になったノック氏と違い、全国最年少の30代後半。ノック氏は府職員の人望が厚く、自らは「素人」として実務は任せ、広告塔の役割に徹した。若い橋下さんがどう職員を指揮していくか不透明だが、「職員に汗をかいてもらう」「役人をけちらす」などと発言しており、府職員は戦々恐々としている。
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080127/lcl0801272154005-n1.htm


 TBSと論調が相反するものになっている。
 同じ府職員のリアクションを伝えるのに,TBSは「意外にも歓迎」としているが,産経・朝日は仲良く「脅える職員の姿」を報じて見せた。

 また朝日新聞は・・・

「首を洗って待っている」 橋下氏迎える大阪府幹部
 大阪府は破産会社と同じ。破産会社の従業員という意識を持ってもらう」。当選後のインタビューで、橋下氏は厳しい表情で言い切った。 橋下氏を迎える大阪府の幹部の一人は「最大の逆風知事。首を洗って待ってい...
 www.asahi.com/politics/update/0128/TKY200801280002.html


 実はこの記事は掲載直後に突如削除されてしまった。
 記事の見出しからして,明らかに悪意のこもった記事だったのであろう。

 * * *

 マスコミは右から左までピンキリあってよろしい。
 しかし多様な情報を国民に提供してくれなければ,何のために憲法が21条で報道の自由を認めたのか分からない。
 全体主義を嫌うマスメディアが最も全体主義的であるという事実を,今一度マスコミ人は重く受け止めるべきだ。

 たしかにマスコミは国家権力を監視する重要な役割を有しており,マスコミが「第三の権力(ほかの二つは政治権力・経済権力)」と言われるゆえんはそこにある。

 だが「報道の自由」を享受する数少ない機関として,第一次的に「国民の知る権利」,すなわち国民が知りたいと欲するであろう情報を,国民に提供していただかなければならない。

テーマ:大阪府知事選 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/01/30(水) 01:25:52|
  2. 政治
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:14

海の上で戦い,船を沈没させ,人を負傷させることのどこが環境保護運動なのか

 本来,すでにオーストラリアの政権交代で懸念されていたことだったハズですが・・・

 捕鯨船団狙う過激団体、豪・NZが”後方支援”
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080127-00000940-san-int

 南極海でクジラの生態調査を行っている日本の捕鯨船団の動向が連日、世界に報道されている。船団を追う2つの環境保護団体がネットなどで自らの妨害活動を即時に広報し、捕鯨や日本の文化への異議をアピールしているのだ。両団体に親近感を寄せる反捕鯨国のオーストラリアやニュージーランドと日本の関係にも、悪影響がもたらされている。今年、日本で行われる主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)の警備態勢にも、新たな懸念材料が出てきた。(佐々木正明)
 今月15日、捕鯨船第2勇新丸にシー・シェパード(SS)の活動家2人が乗り込んだ侵入劇。甲板には失明の危険もある悪臭弾が投げ込まれ、スクリューを停止させるためのロープが船の周りにまかれるなど緊迫化した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080127-00000940-san-int


 お得意のリムペットマインあたりを使って,日本の船が沈められやしないか,不安が残る。

 産経にもあるように,反捕鯨団体から日本の調査捕鯨船に「甲板には失明の危険もある悪臭弾が投げ込まれ、スクリューを停止させるためのロープが船の周りにまかれる」などの妨害があった。
 そして,その後も・・・

 南極海を航行中の日本の調査捕鯨船・第2勇新丸に米国の環境保護団体「シー・シェパード」の活動家2人が無断で乗り込んだ問題で、同団体がその後、別の捕鯨船にも妨害を加えていたことがわかった。
 水産庁や外務省などは週明けにも緊急会合を開き、妨害行為を食い止めるための対策を検討する。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080118i116.htm?from=navr

・・・などと執拗な抗議を続けている。

 実態を見れば,彼らは「エコ・テロリスト」と呼ぶべき存在なのかも知れないし,「抗議」ではなく「攻撃」と言ったほうが正確なのかも知れないが,私の記憶が正しければ,1993(平成5)年には,グリーンピースだったか,シーシェパードかは忘れてしまったが,日本の船への発砲事件があった。

 さて,ここでオーストラリアという国名が出てきた。

 私は今回の反捕鯨ムーブメントは予見し得たと思う。
 ケビン・ラッドが首相に就任して以降,オーストラリア労働党は(日本を)捕鯨問題で糾弾する構えを見せていたからだ。

 本来ならば,日本のマスコミはその時点で「オーストラリアを中心とする反捕鯨勢力の運動が活発になる懸念」を報ずべきだっただろう。

 なのに,日本のマスコミは「オーストラリア国民の一種の飽きが政権交代を実現させた」とか,「新中派のケビン・ラッドとはいえ,日豪間に大きな影響なし」という内容の報道を繰り返していた。

 それでいながら,反捕鯨勢力の宣伝にそのまま乗っかり,捕鯨のセンセーショナルな部分ばかりを報じるのはアンフェアだろう。

 * * *

 反捕鯨論者のかたの気持ちも分からなくはないが,「鯨がかわいそう」と反対するのは捕鯨を中止すべき理由にはならない。

 「鯨は頭が良い」というのも反捕鯨の論調を支持するのに役には立たない。
 鯨が賢い生物だから捕ってはいけない,という論理は反対に解釈すれば,何らかの脳機能の障碍により鯨よりも高い知能を持つことができなかった人間を捕っても良いという主張に繋がりかねないからだ。
 
 昨今のエコ・ブームに乗じて,環境利権が新たに広がりを見せている。
 環境問題への認識が高まるにつれ,環境問題を使って一儲けしようとする輩も多い。

 米国ではこういうエセ・環境保護論者のことを,グリーンウォッシュという。
 私たちはエコという言葉に振り回されることなく,何が本当に地球にとって有益であるのか,グリーンウォッシュであるかどうかを見極める冷静な目も持ち合わせなければならないだろう。

 捕鯨についてもそうだ。
 捕鯨・反捕鯨という二項対立にとらわれ,調査捕鯨のセンセーショナルな表面的事実に目を奪われてはならない。

 そもそも本当に環境を考えているのならば,海の上では戦わない。

 反捕鯨活動家らは悪臭弾(彼らが投げているのは「酪酸」)を投げ,海を汚している。
 燃料を積んだ船を沈没させたり,人間の身体や生命を脅かす行為をすることのどこが環境保護なのだろうか。
 

テーマ:環境問題 - ジャンル:ニュース

  1. 2008/01/29(火) 00:13:21|
  2. 国際
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:13

伊勢神宮への参拝に対してなぜ「政教一致」との批判をしないのか

 

伊勢参拝の福田首相「国民の幸せ祈った」
1月4日19時59分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080104-00000941-san-pol
 福田康夫首相は4日、若林正俊農水相や増田寛也総務相らとともに、三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝し、この1年の国家安泰を祈願した。
(中略)
 一方、民主党の小沢一郎代表も同日、同党議員らと伊勢神宮を参拝した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080104-00000941-san-pol

ーーーーー

 なぜ抗議しない?

 こんなことを言うと、多方面から怒られてしまいそうだが、なぜ首相・閣僚のみならず、国会議員の靖国神社参拝に反対する議員・国民は、これに抗議しないのか、はなはだ疑問だ。

 とある議員は、首相の靖国神社参拝は「政教分離違反」であると主張した。

 そうであるならば、伊勢神宮参拝も「政教分離違反」ではないのか?靖国参拝反対の議員は、私的であろうが、公的であろうが、公金の支出がなくても、「政教分離違反」としてきたはずだ。

 ならば、靖国参拝と同じように抗議しなければならないだろう。

 このように言うと、たいていは伊勢神宮は歴史があるが、靖国神社はA級戦犯が祀られているし、歴史が浅いから、別格なんだ~云々と反論を受けることがある。わたしもその一人だ。いつも歴史的価値の違い、祭神の違いを理由に反論を受ける。だから、伊勢神宮には参拝してもかまわないんだ・・・と言われる。
 だが、歴史の深さだけで、宗教の価値が決められるものなのだろうか?そんなこと言った瞬間に、新興宗教の全否定につながるのではないか??わたしは、あらゆる新興宗教を一刀両断に否定することは好きではない。

 それはさておき、もしこれに抗議しないのだとすれば、神社参拝行為を世俗的行為として認容しなければならない。
 もし、これで靖国神社参拝のみ、ことさら反対するのならば、靖国神社およびその信者の信教の自由を奪うものと言わなければなるまい(先に述べたように、祭神に戦犯がいるからといって、その宗教的価値を否定してはならない。それこそ専制国家まっしぐらな考えだ)。

 わたし個人は仏教徒と無宗教の中間みたいな意識でいるが(日本人のおおかたの意識もこのようなものではなかろうか?)、わたしにとって神社参拝は世俗行為のように感じられる(すなわち、宗教的行為ではない)。
 生活の一部として、初詣に行く。お寺にもいくし、神社にも行く。今年も友人と一緒に初詣に行っている(ちなみに、その友人は創価学会の信者だから面白い)。

 天皇制に反対し、常々天皇の戦争責任を主張する人たちが、明治天皇を祭神とする明治神宮に初詣に行くように、それだけ、日本人にとって、神社への参拝行為というものは世俗化している、のではないか。

 こういった(靖国参拝に反対する)一貫しない国会議員の姿が、なんとなく純粋ではないような気がしてくるのだ。だから、靖国神社に参拝することに反対するのは、純に憲法を護るためではなく、近隣諸国のため、というような印象を受けてしまう。それに、A級戦犯がいるからダメってなんだろう?B級戦犯なら許されるのだろうか?そもそも、中にはA級戦犯の意味すら知らないで反対する者もいるから、どうも奇妙にうつる。
 もし、反対するのならば、一貫して反対すべきだろう(ちなみに、わたしにとって、死刑廃止論者が、死刑判決が出ても抗議しないのに、死刑執行には抗議するのも彼らと同じようにうつってしまう)。

 それはともかく、
 首相は参拝後、記者団に「五穀豊穣(ほうじょう)、国運伸長とあわせて国民みなさんの幸せを祈った」と語った。

というが、願うことも大切なことだが、政治家たる首相には行動で示していただきたいものだ。
 先の薬害肝炎訴訟事件のような対応はもうして欲しくない。

 福田首相も、民主党の小沢代表も、国民の幸福のために、政治家としての責任を全うして欲しい。
 

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/01/05(土) 01:31:27|
  2. 政治
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6