FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

記者クラブを廃止すると自殺者が出るらしい

現政権では、亀井金融大臣と岡田外務大臣が、記者クラブに限らず、オープンな形で記者会見を開いている。

 だが、その記者会見の場で、毎日新聞のある記者が驚くべき発言をしたらしい。

 (仮に記者クラブを廃止して)<もし偽ジャーナリストが記者会見中に自殺や焼身自殺をした場合、一体誰が責任を取るのですか?

 もはや意味不明である。
 毎日新聞記者の言っていることは、顔に傷跡のある人が「おまえ、そんなことしたら、どうなるか分からんぞ!」と脅迫しているのと同じだ(苦笑)。

 これを見るかぎり、この国で最もタチの悪い既得利権は、この国の既成マスメディアそのものなのだろう。

 民主党政権がやるべきことは、他の閣僚が、亀井大臣、岡田大臣に続くことだ。

 特にこれまでテレビで「記者クラブを開放します」と大見えを切っていた原口「総務」大臣が記者クラブを開放する意味は大きい。
(しかし、残念ながら、既成メディアとの繋がりの深い原口大臣にそれを期待することはできないかもしれない。)

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/11/25(水) 20:04:29|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2