FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

タイの平和構築のために日本にできることはないのだろうか…

 これまた久しぶりの更新になって申し訳ないです。

 個人的な話ですが、ここ最近、あまり体調が優れず、健康診断でも精密検査が必要である旨言われているので、先日も病院で検査等をしてきたところです。

 最近、気になっているのは、タイ情勢です。どこぞの国と違って、まだ国際社会に情報が入ってくるだけマシとも言えますが、なかなか良い方向にはむかっていませんね。
 一部では、背後に中国の存在を指摘する声もありますから、まだまだ油断ならない状況が続くのでしょう。

 今日、ご紹介したいのは、写真です。もちろん今のタイの様子を伝えるものが多いのですが、なかなか日本ではお目にかかる機会もないと思うので、ご紹介したいと思います。

 前半に出てくる過激な暴力の光景と、後半に出てくるタイの僧侶たちの静かに祈る姿とのコントラストが、なんとも悲しいです・・・

 <Deadly mayhem grips Bangkok>
 http://www.sacbee.com/static/weblogs/photos/2010/05/deadly-mayhem-grips-bangkok.html

 BANGKOK (AP) -- The Thai government rejected a proposal Tuesday for peace talks with leaders of the Red Shirt protesters to end the deadly mayhem gripping Bangkok, saying negotiations cannot start until the demonstrators disperse. The decision set back hopes of stemming the crisis after six days of violence that has left 38 people dead and destabilized a country once regarded as one of Southeast Asia's strongest democracies. Thousands of anti-government Red Shirts, many rural poor, remain camped behind barricades to press their demand for quick national elections. Their sympathizers battled soldiers in nearby streets. (29 images)


テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/05/19(水) 15:53:13|
  2. 国際
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

この時期になると思い出す北京五輪の聖火リレー

 ブログの更新が停滞気味で申し訳ないです。コメントには目を通しております。本当にありがとうございます。
 今日書く内容は、「つぶやき」の延長なので、あまり気にしないでください(?)。

 この時期になると、どうしても北京五輪の聖火リレーを思い出してしまう。
 長野で行われた異常な聖火リレー。沿道は中国人で真っ赤に染められ、その場にいた日本人たちは、警察が恣意的に中国人の身体の安全を優先的に取り扱ったため、ネットは「警察は誰の味方なのか」と怒りを示す書き込みに溢れた。

 中でも私が最も印象に残っているのは、当時のマスコミの聖火リレーの報じ方であった。

 たとえば、聖火リレーの走者を務めた萩本欽一さん(以下「欽ちゃん」)。
 テレビでは、欽ちゃんが走った後に開かれた会見で

 <欽ちゃんのところで(日本人が聖火リレーの妨害行為を)やんないでよ。ハッピーで終わりたいと思ってたのに>

と発言した部分だけが取り上げられたために、ネットでは、欽ちゃんを非難する声が強かった。

 もちろん当時は、中国チベット人への弾圧が続き、罪なきチベット人たちが正当な理由もなく次々と身柄を拘束されていく中のことだったから、この発言だけを聞けば、私だって怒りに身を震わせたに違いない。

 しかし、実際は違った。

 欽ちゃんがリレーを走った直後の会見の様子をテレビ東京が伝えていたと思うが、そのときは、欽ちゃんは、

 <でも欽ちゃんの前で何か伝えたいと思ってやってくれたのなら、それは嫌じゃないな>

と、日本人のFreeTibetムーブメントや抗議活動に理解を示す趣旨の発言をしていたのだった。

 ただ、どうしてかこの発言の部分だけは、マスコミはカットして欽ちゃんの会見の様子を伝えていた。この部分をカットしたのは、意図的なものだろうが、上記発言のことを知らなかった人たちがネットに欽ちゃんを批判する書き込みをしたことは理解できなくはない。知らなかったのだろうし、マスコミによって知る機会を奪われていたのだから、知る術がほとんどなかったともいえる。

 さて、今の中国における人権状況は、あのときと比べて良くなっているのだろうか。入ってくる情報量は、あのときとあまり変わっていないような気がするし、私の調べた限りでは、中国における人権状況はむしろ悪化していると判断したほうがいいように思う。

 上海万博に浮かれるのはいいけれど、今回の万博で世界が知るべきは、中国において、個人が「信教の自由」すら保障されていない中で生活を強いられることの現実とその非人道性、ではないか。

 Free Tibet. 合掌。

ーーーーー>

○ 今回のエントリと関連するテーマを取り上げた有益なサイト等

 <たけしが聖火ランナー欽ちゃんを痛烈批判、ネットでは賛否両論。>(narinari.com)
 http://www.narinari.com/Nd/2008049331.html

 <中国の人権問題>(Wikipedia)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E5%95%8F%E9%A1%8C

 <今更だけどこれ重大な話:中国の報道統制>(「不条理日記」さま)
 http://himadesu.seesaa.net/article/145928936.html#more

 <中国の人権状況、一部でさらに悪化 米国務省が報告書>(産経新聞)
 http://sankei.jp.msn.com/world/america/100312/amr1003120959004-n1.htm

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/05/02(日) 23:35:47|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0