FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

07/16のツイートまとめ

_crr_

嫌いな候補者の選挙運動を妨害する人の支持する候補者になんて票を入れたくないけどな。私は。
07-16 23:59

敵対陣営に対する妨害ではなく、自分の支持する候補者の応援にリソースをさくべきだし、メディアも妨害行動を取り上げて賛美すべきでない。
07-16 23:58

メディアがこの論調だと、気に入らない候補者の演説に対して妨害する行動が続くだろうし、より過激になることも考えられる(CBCが候補者への暴行を容認するツイートを発信したように)。それに伴い、神経を尖らせた当局の過剰反応も当然に起き、悪循環に陥りかけている。
07-16 23:56

RT @eachtime1208: > アベ賛美なら、謝罪するような攻撃を加えられたりしなかったじゃないかつるの剛士『はぁ?』TOKIO『はぁ?』大泉洋『はぁ?』高畑充希『はぁ?』 https://t.co/ONj7Itv4XO
07-16 23:52

なお、朝日記事で紹介される松宮教授のコメントに違和感はない。朝日記者は自分の引用した1948年の最高裁判例がどのような事案だったのか、また判決文を正確に読めていないのではないか。署名記事ではないので、どこの誰が書いたのかは分からないが。。
07-16 23:50

朝日新聞記事が引用した最高裁判例がこれです。赤でマーキングしたように自由妨害罪は「演説自体が継続したとしても」成立する余地を認めています。なお、朝日が引用したのは改正前公選法時代の昭和23年判決であることに留意してください。 https://t.co/oqlj8JxdRa
07-16 23:41

つまり、朝日が引用した最高裁判例に即して考えれば、この記述は不正確。判例は演説が継続したとしても成立する余地を認めている。→「いずれのヤジでも、演説が中断することはなかった。 」▽ヤジの市民を道警が排除 安倍首相の街頭演説中:朝日新聞デジタル https://t.co/jLc5hUvDai
07-16 23:38

朝日が引用した判例(最二判S23.12.24)は、「演説自体が継続せられたとしても、挙示の証拠によつて明かなように、聴衆がこれを聴き取ることを不可能又は困難ならしめるような所為があつた以上、これはやはり演説の妨害である。」としている。判例を正確に読んでから引用した方がよいと思うよ?
07-16 23:36

朝日新聞は自由妨害罪に関する最高裁判例を出して「聴衆がこれを聴き取ることを不可能又は困難ならしめるような所為」に当たらなければよく、演説が中断する事態には至らなかったのに排除されたとするが、同判例は「演説自体が継続せられたとしても」自由妨害罪が成立する余地を認めているのだが。。
07-16 23:31

RT @3pF: 2017年7月の都議選の時は「聴衆がこれを聞き取ることを不可能または困難ならしめるような所為」があったにもかかわらず、貴方がたマスコミはこれを完全にスルーしましたよね。ご都合主義も大概にしてもらいたいものです。 https://t.co/kSILpJ9JPT
07-16 23:23

[07/16のツイートまとめ]の続きを読む
  1. 2019/07/17(水) 04:11:45|
  2. その他