FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

【副鼻腔炎】私の症状と治療(6)通院2回目以降

1 2回目の通院を終えた時点での私の症状は、以下のとおりでした。

<苦しい点>
頭や顔面の痛み(鼻と目の間の奥の痛み=眼鏡をかけられないような状態/前頭部の締め付けられるような痛み)
後鼻漏(食事を摂りたくても、喉の奥から鼻水のようなものが流れてきて、喉にベットリとこびりついているような不快感)
肩こり・首こり、手足の冷え、関節の痛み(副鼻腔炎による通院が始まって1週間ほどして、これらの症状が始まった。)

<問題のない点>
・発熱が一切ない。
・鼻から鼻水などが流れ出てくるわけではない。
・鼻づまりは一切ない。

2 さて、2回目の通院を終えて、
抗生物質はグレースビットからクラリスに変更になりました。もともと、グレースビットは副作用が大きく出てしまっていて、毎朝決まって下痢と腹痛で格闘しなければならなかったので(半日トイレで終わるくらい)、私自身、クラリスに変えたことにより、生活の質がずいぶんマシになりました。

(1)まず、鼻水のようなものが喉のほうに落ちてくる後鼻漏に関してですが、依然として後鼻漏の症状は不快で仕方が無かったのは間違いないのですが、クラリスに変えて以降、喉にこびりついている痰のようなものが口から排出できるようになりました(「痰が切れるようになった」と言うのが適当な表現かな。)。

   また、一切鼻から鼻水が流れてこなかったわけですが、クラリスに変えてから、透明の鼻水が前から流れてくるようになりました。(今まで全部後鼻漏として流れていたものが、とうとう前から流れてくるようになったのです。)

(2)頭痛や顔面痛に関しては、
処方されたロキソニンを服用して多少の落ち着きが出るようになりました。ただ、それでも未だに前頭部の頭痛は朝夕にしょっちゅう起きていて、ひどい肩こりや全身倦怠感を覚えました。
   日常生活にも支障を来しかねない頭痛でした。

(3)抗生物質の副作用である腹痛・下痢に関しては、クラリスに変えたことと、一緒にビオフェルミンRを飲み始めるようになりました。
   もちろん数日は依然として下痢や腹痛が続いてしまったのですが、2回目の通院から4日後には軟便となり、腹痛もピタッとなくなりました。

4 2回目の通院から数日経過した際の症状をまとめますと、
・前頭部の頭の痛みや頭重感
・鼻と目の間の痛み(但し頻度は圧倒的に少ない)
・後鼻漏(少しマシ)
・体験したことのないような肩こり・首こり、手の脱力感(倦怠感)
という感じでした。このような症状が続いたので、精神的なストレスをひどく感じました。そのため、仕事などをする気にはなりませんでした。

関連記事

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2012/11/25(日) 15:25:18|
  2. 医療・疾病
  3. | コメント:0
<<11/25のツイートまとめ | ホーム | 11/24のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する