FC2ブログ

もう戦争を思想で語るのはやめないか - イスラエルによる攻撃の前に沈黙する人たち

 
            毎日新聞
 <社説:ガザ地上侵攻 米国はイスラエルを止めよ>
 http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20090107k0000m070136000c.html

 これは自衛のためだと言って殴り続ける。血まみれになった相手が抵抗したと言っては、また馬乗りになって殴る。しまいには、こぶしだけでなくバットやゴルフクラブでも殴り始める。通行人は見守るだけ。警察官は「自衛のためだから仕方がない」と澄ましている−−。
 空爆に加え地上作戦が始まったガザ(パレスチナ自治区)で起きているのは、そんな出来事ではないか。国連も含めてイスラエルの軍事行動をすぐに止められる国や機関はありそうにない。時に世界の警察官役が期待される米国も、「イスラエルは自国を守る決断をした」(ブッシュ大統領)と同盟国を擁護する。

 毎日新聞の社説を読んで思ったのは,毎日新聞も<イスラエルの軍事行動>に反対してはいますが,結局イデオロギーでしか戦争を語れていない,ということです。

 しかも毎日新聞の社説が「オバマ」を一言も触れていないのには驚きです。「初の黒人(アフリカ系)大統領」に対して,批判することが人種差別にあたるとでも思っているのでしょうか(汗)。
 金のための戦争を好んでしてきたブッシュ大統領に対して,米国の民主党はイデオロギーで戦争に関与してしまう恐ろしさがあります(米国の民主党が平和政党だと信じている日本人が多すぎます・涙)。

 AFP通信。
 <イスラエル国防相が攻撃を正当化、オバマ氏のコメントも引き合いに>
 http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2553128/3639910

 同国防相はバラク・オバマ(Barack Obama)米次期大統領が2008年6月に、日常的にハマスの標的となっているイスラエル南部スデロト(Sderot)を訪問した際のオバマ氏の言葉を引用した。国防相によるとオバマ氏は、「2人の娘たちが眠っている間にわたしの家に向かって誰かがロケット弾を発射するとしたら、わたしはどんなことをしても彼を止めるだろう。イスラエルの人たちも同じことをすると思う」と語ったという。引用後、バラク国防相は「オバマ氏はこう述べた。わたしたちがやっていることはこれと同じことだ」と述べた。

 このAFP通信の報道を,日本のマスメディアはどこも表立って報じていません。(もし見つけたらおしえてくださいね。)

 私のブログでもかつて取り扱ったことがありますが,オバマ氏は親イスラエル団体との蜜月が伝えられており,大統領選挙中も何度もオバマ氏はイスラエル関係者と会談しています。
 そういった情報を総合的に考慮すれば,オバマ氏の発言がイスラエルによって攻撃の正当化根拠に使われたことも納得できますし,また,以下のオバマ氏の対応も,イスラエル側は攻撃前から既に予測していたでしょう。

 朝日新聞。
 <ブッシュ大統領、ハマスを批判 オバマ氏論評せず>
 http://www.asahi.com/international/update/0106/TKY200901060140.html

ワシントン入りしたオバマ次期大統領も記者団からガザ情勢についての見解をただされたが、「外交に関する限り、現職の大統領は常に1人だけという原則を順守するのが大切だ」と述べ、就任前の論評を控える姿勢を示した。

 これは単に口実に過ぎないでしょう。少なくとも米国国外ではそう見られています。
 しかも恐ろしいのは,Al Qaeda(アルカイーダ)のザワヒリがオバマ氏の対応の「怪しさ」に気づき始めている,ということです。

 日刊スポーツ。
 <「オバマがガザ住民を殺している」>
 http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20090107-447684.html

 国際テロ組織アルカイダのナンバー2、ザワヒリ容疑者は6日、イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ侵攻について「米大統領就任前のオバマからパレスチナ住民への贈り物」「オバマがあなた方の兄弟であるガザ住民を殺している」などと批判する音声声明をウェブサイト上に発表した。
 イスラエル軍のガザ侵攻について、同容疑者をはじめアルカイダ系組織が声明を発表するのは初めて。また今回の声明は、テロ対策などブッシュ現政権の対外強硬政策を転換するとして、オバマ次期政権を歓迎する声も出ているアラブ、イスラム世界に対し警戒を呼び掛け、明確な対決のメッセージを示した。

 ー ー ー
 少し話は変わりますが,日本国内で平和主義者を自称していた人たちがイスラエル軍の攻撃について沈黙を続けているのはどういうわけなのでしょうか。

 イスラエル軍がクラスター爆弾を使用したとの情報も流れています(他にもウィリーピートを使用した可能性があります)。

 クラスター爆弾廃止条約締結を,小躍りするように喜んだ「平和主義者」らはなぜ抗議しないのでしょう?それこそ憲法9条の精神を,世界に広めるための絶好の機会じゃないですか?

 結局,彼らもまた,廃止条約をイデオロジカルな視点から賛成していただけなのでしょう。
 そもそもクラスター爆弾を初めから「非人道的兵器」と呼んでいる時点で,イデオロジカルなものでいっぱいなのですが(笑)。

 イデオロギーで物を語る場合,欠落するのは現実です。

 私は前から申し上げていることではありますが,例えば,「核」を廃絶したとしても,核兵器を作る知識・経験・技術は必ず残存します。つまり,核廃絶後も核存置前と変わらぬ脅威がそこに存在してしまうわけです。
 世界が核廃絶したとしても,もしかするとテロリストが核兵器を生産する技術を手に入れるかもしれません。そのときの国際秩序は誰が護るのでしょう。

 だから,イデオロギーで脳を束縛された彼らは,国内のこういった動きに無頓着であり続けます。

 讀賣新聞。
 <クラスター爆弾に代わる精密誘導弾に66億円>
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081220-OYT1T00559.htm

 政府は20日、自衛隊が保有するクラスター(集束)爆弾に代わる精密誘導弾の整備費について、2008年度第2次補正予算案に約60億円、09年度予算の財務省原案に約6億円をそれぞれ計上した。
 クラスター爆弾禁止条約に同意したことに伴う措置。

 イラク戦争のときは,すすんで人間の盾としてイラクへ向かっていたかたがたは何をしているのでしょうねえ・・・(ため息)
関連記事

tag : イラク クラスター爆弾 イデオロギー イスラエル オバマ 毎日新聞

comment

Secret

エネルギーの土地

イスラエルの安定にはアラブ側の不安定化が必須です。
つまりイスラエルに戦争をさせたくないのなら、アラブ同士で戦争が行われなければならないのです。
イスラエルが最も安全で安定していたのはイラン・イラク戦争の時でした。
中東とは世界のランドパワーとシーパワーがぶつかり合う交通の要衝であり、なおかつエネルギー供給地であるがゆえに、世界の大国が喉から手が出るほど支配したがっている土地です。
エネルギー革命により石油の需要が激減するその日まで、中東で戦争勃発の確率が下がることはないと私は考えます。
日本のいわゆる平和主義者たちは、単に「反米」の口実で平和といっているに過ぎないことが今回の件で証明されたと思います。
私が思うに右や左の人たちは個人の好き嫌いで反米や反中を行っているだけです。
隣国を嫌うのは結構ですが、その根拠がイデオロギーなどという無益な代物では甚だ心もとないといわざるを得ません。
国益の擁護には好き嫌いを超越した冷徹な計算が不可欠であると私は主張します。

また、国家が自ら進んでパワーを放棄するなどありえない以上、核廃絶は夢のまた夢でしょう。
それを実現させるには、ウランやプルトニウムを地球上から枯渇させるしかありません。
しかし、そうなる前に米が純粋水爆を実用化させるのは確実です。
結局人類が核の脅威から逃れることはできないのです、ならばせめて使わせないようにするしかありません。
その意味で、核武装している確率が非常に高いイスラエルが不安定なのは日本の国益にも影響します。

中東の戦略的価値を低下させるエネルギー革命の鍵は日本が握っており、その実現は日本の真の独立に不可欠です。

WIZARD03さん Re: エネルギーの土地

 お返事が遅れまして失礼いたしました。

 仰ること全てに同感です。
 これまでのリアリストがそうでした。
 リアリストは米国内でも右派と見なされ,ブッシュ政権に追従するものだと言われてきました。
 しかしイラク戦争では,リアリストは国益の観点から反対に回ったことで,当時,リアリストに対して偏見を抱いていた人々の目を覚ましたんですよね。
 イラク戦争でのリアリストのふるまいは,暗に,イデオロギーに左右されないリアリスティックな視点の優位性を示した,と言えます。

> また、国家が自ら進んでパワーを放棄するなどありえない以上、核廃絶は夢のまた夢でしょう。
> それを実現させるには、ウランやプルトニウムを地球上から枯渇させるしかありません。
> しかし、そうなる前に米が純粋水爆を実用化させるのは確実です。
> 結局人類が核の脅威から逃れることはできないのです、ならばせめて使わせないようにするしかありません。
> その意味で、核武装している確率が非常に高いイスラエルが不安定なのは日本の国益にも影響します。

 仰るとおりです。
 一つの理想として,核廃絶は評価しますけれど,核廃絶が達せられた世界というのは,逆に,より一層「恐怖」「不安」に充ち満ちた世界になると思います。本当は誰が核兵器を所持しているのか分からないという疑心暗鬼が,さらに新たな国際紛争を招くであろうことは,容易に想像がつきます。

 核廃絶に関して,中学生のとき,私は英語で「ヒロシマの原爆」に関するスピーチをしたことがありました。
 今,振り返っても非常に優等生的なスピーチだったので(笑),ほとんどの教師は私のスピーチを高く評価してくださいました。

 しかし英語の教師をしていたオーストラリア人の先生だけは,こう言ったんです。<日本って実は核兵器持ってるんじゃないですか?>と。

 この教師の発言を聞いた私は挫折するしかありませんでしたね(笑)。
 センセーショナルに原爆を語るしか術のなかった私は,この教師のリアリスティックな発言に,核廃絶という思想は現実の前に立ちゆかなくなる,ということを教えられましたよ(笑)。

> 中東の戦略的価値を低下させるエネルギー革命の鍵は日本が握っており、その実現は日本の真の独立に不可欠です。

 私もそのご意見に賛同しています。
 ここ数百年間,結局人類は中東を中心とする既存のエネルギーを巡って争いを続けてきました。ここに変化を加えることができるのは,実は技術,資源の宝の山(ジパング)である日本だけなんですよね。
  

ここでどうする日本

くるくるさんお久しぶりにお邪魔します。

アメリカの同盟国日本ですが、憲法9条死守だとか、自衛隊は違憲だと言う連中って、こういう時になると必ず何も言わないんですよね。

自衛隊すら違憲というぐらいなんだから、お前らが行って「無法者のイスラエル軍相手に人の鎖で対抗しろよ」とか、せめて平和で言論の自由な日本で「イスラエル軍の戦いがテロを殲滅する為と称しているが、この戦いこそテロリストを量産している!」ぐらい言ってみろ!
と斜めな見方をしてしまいます。

正直テロリスト根絶の原点は衣食住と教養と自由を与える所からあると思います。
武器による解決はいつの時代も反抗勢力を押さえ込む事に失敗してますからね。

国が混乱しても国民が武器を取らなかった稀有な例がアジアにはありますけどね・・・。

戦後の混乱期から不死鳥の如く蘇った日本国民
国の政治はドタバタ混乱してても、武器を取って立ち上がる事を選ばないタイ国民
この二国は国民の精神的支えを持つ人が、居たというのも大きいですが(天皇に国王)

まず現状を本気で憂いるなら、テロリストの道を選ばざるを得ない道を絶つのが一番確実かつ堅実でしょう。
今回のイスラエルの行為は許される物でもなければ、表面的に武装集団(テロリスト)を掃討しか出来ないものでしょう。

akiさん Re: ここでどうする日本

> くるくるさんお久しぶりにお邪魔します。

 うわー!嬉しいです!
 お久しぶりです!さ,どうぞどうぞ,お茶でもいかが?(おもてなし)

> 自衛隊すら違憲というぐらいなんだから、お前らが行って「無法者のイスラエル軍相手に人の鎖で対抗しろよ」とか、せめて平和で言論の自由な日本で「イスラエル軍の戦いがテロを殲滅する為と称しているが、この戦いこそテロリストを量産している!」ぐらい言ってみろ!
> と斜めな見方をしてしまいます。

 わははは。よくぞ仰ってくださいました。私も先日テレビを一緒に見ていた友人に言いました。
 「てめぇら,あれだけイラクで人間の鎖ごっこやってたなら,ガザ地区へ行ってこいや!」って(笑)。

> 正直テロリスト根絶の原点は衣食住と教養と自由を与える所からあると思います。武器による解決はいつの時代も反抗勢力を押さえ込む事に失敗してますからね。

 仰るとおりです。イラク戦争もまた<武器による解決はいつの時代も反抗勢力を押さえ込む事に失敗>した戦争だったと言えます。

> 国が混乱しても国民が武器を取らなかった稀有な例がアジアにはありますけどね・・・。

 ぶっ!(噴飯)。さぁ~て,誰のことかしら。。

 戦後直後に「軍隊を持たない国が自主独立できるはずがない」と吠えていたのは日本共産党くらいですか?日本は本当に愉快な国ですこと・・・(笑)。

> まず現状を本気で憂いるなら、テロリストの道を選ばざるを得ない道を絶つのが一番確実かつ堅実でしょう。
> 今回のイスラエルの行為は許される物でもなければ、表面的に武装集団(テロリスト)を掃討しか出来ないものでしょう。

 賛成です。また同時に,日本国民はテロリストは「特別な人」というイメージが強いようですが,「どういった人々がテロリストの道を選んでいるのか」ということを知るべきでもあります。
 テロリストに対する誤った認識を断ち切らなければなりません。相手のことをまずは知る。これが不可欠ですね。
プロフィール

くるくる

管理者:くるくる
 主に政治ニュースを取り扱っています。メディア・リテラシーを身につけて客観的に物事を見つめる能力を養うことが目的です。
 コメントは遠慮なくお寄せください。

記事一覧
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンクツリー

 
Twitter
ブログ内検索
管理人へメール
管理人へ私信を送りたい際にご利用ください。

名前(匿名可です。):
メール:
件名(任意):
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
タグクラウド
オバマ(#10)新自由主義(#1)博士の独り言(#1)日本テレビ(#1)国家戦略室(#2)ブログ(#1)神社(#1)海賊(#1)高校(#6)韓国(#9)配偶者控除(#2)日本共産党(#3)表現の自由(#1)地球温暖化(#2)9条(#3)成年(#1)大阪府知事選(#1)酒井法子(#1)ユーラシアグループ(#1)平田健二(#1)日米首脳会談(#1)政界再編(#1)法規範(#1)日本国憲法(#5)不法残留(#1)頭痛(#13)小泉純一郎(#4)判例(#2)学校(#1)農薬(#1)非正規雇用(#1)比例区(#1)川田龍平(#1)民法(#2)核兵器のない世界(#1)アジア(#1)教師(#2)米国(#10)国連(#2)報道(#1)Buddhist(#1)イラク戦争(#2)SWINC(#1)総裁選(#1)普天間(#1)ファシズム(#1)吉永みち子(#2)毒入り餃子(#2)みんなの党(#4)伴奏(#1)拉致(#2)平松賢司(#1)クラスター爆弾(#1)政府(#1)前文(#2)外国人参政権(#22)Mac(#1)死刑存置(#1)ネブライザー(#3)コンテナ船(#2)阿久根市(#1)関門海峡衝突事故(#1)GHQ(#1)財務省(#1)即位20周年(#1)裁判権(#1)閣僚(#2)イデオロギー(#2)大前研一(#1)萩本欽一(#1)住民訴訟(#1)急性副鼻腔炎(#13)南京大虐殺(#1)自殺(#6)裁判(#1)信仰(#1)扶養控除(#2)日比谷公園(#1)タイ(#1)訴追(#1)平野博文(#3)差別(#2)大阪(#2)司法(#1)自由(#1)信教の自由(#1)国際(#1)麻生首相(#1)プラハ演説(#1)日韓併合(#1)アフガニスタン(#1)最高裁(#3)平和(#1)所得税(#1)規制緩和(#1)議員立法(#1)消費税(#3)外国人(#2)参政権(#1)尾辻秀久(#1)PRAM(#1)生活保護(#2)FT(#1)生徒(#7)市橋達也(#1)核持ち込み(#1)密約(#2)派遣村(#2)AirMac(#1)核密約(#1)刑事罰(#1)悪魔ちゃん(#1)法治国家(#1)ネット(#1)児童ポルノ(#2)平和的生存権(#1)田付景一(#1)検察(#2)改正(#1)正社員(#1)象徴天皇制(#1)日本(#2)ベトナム(#1)カダフィ(#1)追徴課税(#1)長妻昭(#3)占領政策(#1)首班指名(#1)捕鯨(#1)青木幹雄(#1)構造改革(#1)田中均(#1)刑法(#1)非正規(#1)外務省(#4)裁判員(#1)障碍者(#2)産経新聞(#1)川上義博(#1)同意(#1)国家(#1)シーシェパード(#1)アジア主義(#1)新党大地(#2)バッテリー(#1)保守(#2)世論調査(#1)小沢一郎(#25)議員定数不均衡(#1)生活(#1)尖閣諸島(#1)核兵器なき世界(#1)労働市場の流動化(#1)わいせつ(#1)ニクソン(#1)国家共同体(#1)マクリーン事件(#1)演説(#2)扇子(#1)小泉構造改革(#2)パイレーツ・オブ・カリビアン(#1)日の丸(#1)所得控除(#2)単純所持(#1)イラク(#1)高窪統(#1)朝ズバッ!(#1)一票の格差(#1)仕分け人(#1)GHQ(#3)体罰(#8)政治(#1)鼻づまり(#13)責任(#1)ソマリア(#1)行政罰(#1)西山太吉(#1)グリーンピース(#1)キリスト教(#2)平沼グループ(#1)安重根(#1)死刑(#1)ブッシュ(#1)チベット(#3)人権(#3)偽装献金(#3)日米安保(#2)脱税(#1)戦争(#1)進歩党(#1)平手(#1)選挙権(#1)西沙諸島(#1)暴力(#6)ボートマッチ(#1)自衛隊(#1)北京五輪(#1)慢性副鼻腔炎(#13)イスラエル(#1)厚生労働省(#2)菅直人(#4)税金(#1)被害者の権利(#1)日韓トンネル(#1)官房長官(#2)マルキスト(#1)政治利用(#7)失言(#2)議長(#1)日韓トンネル研究会(#1)winny(#1)山崎拓(#3)上田清司(#1)朝鮮(#1)厳罰化(#1)国民新党(#4)社民党(#4)マスコミ(#36)國体ノ護持(#1)検察審査会(#1)民事責任(#1)思想及び良心の自由(#1)イスラム教(#2)命名権(#1)倫理(#1)関門海峡(#1)派遣(#1)鯨(#1)田中康夫(#2)ポツダム宣言(#1)横路孝弘(#2)君が代(#2)リベラル(#1)中曽根康弘(#1)食の安全(#2)おことば(#1)フィナンシャル・タイムズ(#1)マードック(#1)中学(#1)政教分離(#2)日本郵政(#1)大法廷(#1)法務大臣(#1)guardian(#1)沖縄密約(#1)橋下徹(#2)組合(#1)衆議院(#1)幇助犯(#1)MacBook(#1)民主主義(#1)東アジア(#1)社会保険庁(#1)記者クラブ(#3)中央大学(#1)投票(#1)改憲(#1)朝鮮総連(#1)玻南ちゃん(#1)不起訴不当(#1)刑事責任(#1)Constitution(#1)ラジオ(#1)竹原信一(#1)検察審査員(#1)国体明徴(#1)岡田克也(#5)開かれた政党(#1)起訴議決(#1)年収要件(#1)東アジア共同体(#5)ロキソニン(#2)罪刑法定主義(#1)国務省(#1)適正手続(#1)telegraph(#1)公明党(#7)政治資金規正法(#1)吉野文六(#1)外交(#1)前原誠司(#1)コリアン(#1)死刑廃止論(#1)死刑廃止(#1)山本孝史(#1)沖縄(#2)千葉景子(#3)起訴相当(#1)Apple(#1)重加算税(#1)ベーシックインカム(#1)チベット仏教(#1)中西一清(#1)指導(#1)TBS(#2)毎日新聞(#3)府知事選(#1)鼻(#13)永住外国人地方参政権付与法案(#1)南沙諸島(#1)就任(#1)非正規社員(#1)安全保障(#1)年頭所感(#1)二分論(#1)NYT(#1)青山繁晴(#2)平和主義(#3)真言宗(#1)多摩キャンパス(#1)鳩山由紀夫(#50)子ども手当(#2)内閣府(#1)渡部恒三(#2)野中広務(#1)クジラ(#1)児童ポルノ禁止法(#1)聖域なき構造改革(#1)日本維新の会(#1)後楽園キャンパス(#1)片山虎之助(#1)鼻水(#13)長島昭久(#1)児童手当(#1)副鼻腔炎(#13)事業仕分け(#2)75条(#1)高木八尺(#1)ノーベル平和賞(#1)海上自衛隊(#1)民団(#1)北朝鮮(#1)国連気候変動首脳会合(#1)天皇(#16)接続時間(#1)李明博(#1)COP15(#1)佐藤栄作(#1)宮内庁(#1)国民主権(#1)宗教(#1)石原慎太郎(#1)仙谷由人(#1)Wi-Fi(#1)特例会見(#1)高田晴行(#1)読売新聞(#1)衆院選(#2)チャレンジド(#1)大阪市(#6)ワーク・シェアリング(#1)憲法改正(#4)麻生太郎(#3)リアリスト(#1)振り込め詐欺(#1)外国人労働者(#1)護衛艦(#1)参院選(#2)社畜(#1)戸籍法(#1)外国人管理職事件(#1)無申告加算税(#1)パキスタン(#1)思いやり予算(#1)歴史認識(#1)報道の自由(#1)ピルグリム・ファーザーズ(#1)平沼赳夫(#1)モラル(#1)郵政民営化(#1)一君萬民ノ政治(#1)核兵器(#1)民主党(#100)環境税(#1)アダムスミス(#1)事件(#1)ASEAN(#1)亀井静香(#3)後鼻漏(#13)夫婦別姓(#1)iMac(#1)創価学会(#2)新党日本(#2)肝炎(#1)宗教右翼(#1)空知太神社(#1)胡錦涛(#1)不安神経症(#1)緊張型頭痛(#7)給付(#1)民本主義(#1)憲法(#9)加藤紘一(#1)年金(#2)中川昭一(#1)護憲(#1)軍国主義(#2)天皇誕生日(#1)グローバリズム(#1)仏教(#2)社会党(#1)公務執行妨害罪(#1)朝日新聞(#2)自民党(#37)自由党(#1)福田康夫(#2)ワーキングシェア(#1)中国(#27)リスク(#1)増税(#2)