FC2ブログ

弱者救済が不公平な一語に転化するとき - 派遣村に関する一連の行政の対応に関して

 
             <「住まいを」「働きたい」…派遣村から再出発への一歩>
 http://www.asahi.com/special/08016/TKY200901090306.html

 みなさんは「派遣村」というものをご存じでしょうか。
 ネット上では「派遣村」に関して賛否両論あるように思われますが,私個人としては基本的に支持してきました。
 もちろん一部で言われているように,「派遣村」の中には「派遣切り」の対象ではない人も含まれているようではありますが,一つのパフォーマンスとしては有効適切なものであって,問題はないと思っていました(一部行きすぎの点はありますが)。

 しかし私はこの朝日新聞の記事を見て,目を疑ったのです。
 

■250人に生活保護
 「派遣村」を出た元派遣労働者ら約250人に対し、東京都千代田区や練馬区などは9日までに、生活保護費の支給を決めた。

 「やけに支給決定が早いなあ」と思っていますと,次のような一文に目が留まります。

 通常は申請から決定まで2週間程度かかるが、千代田区は資産や親族の調査などは後回しにして支給を急いだという。

 いったいぜんたいどういった理由なのか,といいますと,朝日新聞は次のように報ずるのです。

 一斉に支給を決めた理由について、厚生労働省社会・援護局は「特定地域で大量の人がほぼ同時に保護申請したことや、入居施設の使用期限があるなど特別な事情があったため、集中的かつ優先的に支給した」と説明している。

  <特定地域で大量の人がほぼ同時に保護申請したことや、入居施設の使用期限があるなど特別な事情があった>??
 これは問題ではないでしょうか。
 生活保護を受けたいと望む者が一定の地域に押しかけ,集団的に保護申請すれば認められやすくなる,という前例を作ってしまったに外なりません。
 
 麻生政権下では,法治国家とは思えないことがまかり通っているように思われます。

 定額給付金だってそうです。法律の根拠があるわけではないのに,高額所得者に「遠慮」を求めている。法治国家ではあり得ないことです。

 恐ろしいのは,マスメディアがこの異常さに気づいていないということです。
 上の朝日新聞もそうです。千代田区の生活保護に関して,朝日新聞は無批判にこれを書いていますが,記者らは<特定地域で大量の人がほぼ同時に保護申請したことや、入居施設の使用期限があるなど特別な事情があった>ことにまず疑問を感ずべきでしょう。

 * * *

 結局,朝日新聞がここまで無批判に報ずるのは,派遣切り,貧困や格差といった問題をイデオロギーの問題として捉えているから,だと言えます。

 しかしこういうときだからこそ,われわれはイデオロギーを排して,冷静に事態を見つめなければなりません。

 もちろん「派遣村」に対して「かわいそうな人たちが集まっている」とセンセーショナルに捉えることが間違っているとは言いません。

 しかし先日,お正月に会った90歳を過ぎた祖父が言っていました。
 「働きたい人は職安に行ったらいいのに,なんで行かないのかね?」「なんでここにいる人は(カメラに)顔を出さないのかね?」。

 イデオロジカルなものを排して冷静に考えてみれば,昨日まで働いていた人たちが今日は生活保護を受け取っていることのおかしさに,そして,その背景にそういう人たちを「利用」しようとするイデオローグ(イデオロギーに凝り固まった人のこと)の存在に気づけるハズです。

 私たちは今一度,派遣切り,貧困,格差といった問題をイデオロギーの問題として捉えるのではなく,右派も左派も関係なく,一人の国民として問題解消のための知恵を絞るべきだと感じました。
 
関連記事

tag : 派遣村 生活保護 法治国家 朝日新聞

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今借金をするのなら

計画的にしたいですね。その前には読んでおきたい話です。

comment

Secret

麻生さんが大規模に行っている、経済、雇用対策はメディアではまともに報道されないばかりか、何もやってないと言い切るコメンテーターばかりです。

麻生さんが、マスコミに叩かれる本当の理由を書いてます。

「人権擁護法案」(法案の内容をご存じなければぐぐってください。
擁護とは名ばかりの私たちの人権が奪われる法案が用意されてます。)にも関連があります。

日本人の将来に関わることなのでどうか読んでください。
国民一人一人の力が必要なので支援を・・

http://blog.goo.ne.jp/nakagawasake/

同感~♪

くるくるさん、今晩は~☆

私のブログにも、この事に触れましたが、

このような事態を政治利用し、善人ぶって、生活保護を受給させる事が、本当に良いのか?

働こうとする若者の、労働意力も損なう事になりやしないか?・・・複雑な気持ちでみておりましたが、

仰るように、このような事は、
左とか右に関係なく、国として、どうすべきか。
広い視野に立ち講ずるべきだと思います。

すこし余談になりますが、
私の知り合いの子供さん(16歳) などは、
身体が不自由にも拘らず、新聞配達などして一生懸命~頑張っています。

寧ろ、そんな人に、手厚く助成して頂きたいと思っていますけど・・・

応援クリック~☆

派遣切り・・・何を今更?

どもども、うちもどちらかといえば社会の底辺レベルでうろちょろしてる方ですが、もとい生活できる金をくれる会社に居る限り細かい事は気にしない性分ですので、全然そんな事は気にしてません。(こんなのでも正社員です)

【働けば明日を食べるのに必要な金は手に入る】

が信条ですのでね。

さて件の派遣切りですが国で手厚く支援するなら
派遣社員は
35才以上で肉親が居ないケースのみにすべきでしょうね。
契約社員は
契約期間満了時までに貰えた筈の給料支払いを企業に命じる

この程度で充分だと思います。

それ以外に漏れた人はどうすべきか?
国がクレジット会社と連携して、それらの人用のクレジットカードを手配してあげる(上限50万+医療費50万計100万円) ただし利率は5%ぐらいかけますが(みんなの税金からの拠出ですからね!)

就職活動のスタート地点に立てない(住民票が無い)なら、国がスタート地点に立てるように、手配だけしてあげる。これだけで大分変化があるはずですけどね。
行政側が抱えてる住居なら、そこに住まわせて住民票を与えてもいいし、50万の元手があれば公営住宅の家賃を毎月払っても2ヶ月以上はやりくりできます。
部屋数の多い物件は例え公営でも家賃は高いでしょうが、部屋数だけの人数で割れば格安になります。

派遣社員は所詮会社におけるバラストみたいな物ですからね、その分自由にスケジュールが調整できたり、正社員には真似できない事が多々ありますけど、何かあれば真っ先に切られる立場という自覚が無さ過ぎです。
会社の寮に居たというなら、一般社員より容易にたくわえを作る事も出来たはずですけどね。(少なくとも家賃分は浮いてるはずですから)

そんな彼らより社会的弱者にある、とあるホームレスさんのお言葉です。
「死ねば楽だけど死んだら人生負け」(50代後半)
はっきり言って、人生の先に希望を見出す事が彼らより難しいホームレスの男性ですら、生きることを投げ出してないのですから、安直に死を選ぶなんて事はしないでほしいです。

まえむきさん Re: タイトルなし

 はじめまして。

> 麻生さんが、マスコミに叩かれる本当の理由を書いてます。

 麻生さんを擁護したい気持ちは分かりますし,人権擁護法案には私も反対の立場に立脚していますが,マスメディアに叩かれる理由と人権擁護法案は必ずしも一致するところではないでしょう。
 もし人権擁護法案に反対されているのであれば,次期選挙で政権交代することを見越して,民主党にも働きかけては如何?あなたの方法では,世間の理解を得られないでしょう(それでは自民党シンパと見なされて無視されてしまいますよ)。
 民主党の保守派を説得することをオススメします。特に小選挙区から当選した民主党の議員がベストです。比例区の保守派なんぞ最後は党議拘束に縛られて頼りにならないでしょうからね。
 あなたがたの行動が民主党に内紛を勃発させるきっかけになるかもしれませんよ。

Reikoさん Re: 同感~♪

> くるくるさん、今晩は~☆

 こんばんは!!コメントありがとうございます!!

> 働こうとする若者の、労働意力も損なう事になりやしないか?・・・複雑な気持ちでみておりましたが、

 仰るとおりだと思います。

> 左とか右に関係なく、国として、どうすべきか。
> 広い視野に立ち講ずるべきだと思います。

 ありがとうございます。
 私個人,保守派が労働問題・雇用問題を語り始めたら,良い意味で怖いと思います。
 今まで労働問題は左翼が小躍りするように好んで語ってきました。それが後々,彼らの利権の温床とされてきた事実もご存じだと思います。
 それを切り崩せるのは保守派しかありません。保守派には大いに労働問題を語って欲しいと思います。「歴史的に日本はこんな雇用形態もあったんだぜ!」とか,「本当に働きたい者をもてあそぶべきでない!」と保守派が力強く言うことで,本当に働きたい者をもてあそんできた左翼は住処を失うことでしょう。

> 私の知り合いの子供さん(16歳) などは、身体が不自由にも拘らず、新聞配達などして一生懸命~頑張っています。

 素晴らしい!私もそういうかたをもっとバックアップすべきだと思います。
 天皇陛下は年頭に「働きたい者に働く場を」と仰いました。陛下があえて「働きたい者が」と仰った意味を国民は考えるべきでしょう。

> 寧ろ、そんな人に、手厚く助成して頂きたいと思っていますけど・・・

 同感です!!

akiさん Re: 派遣切り・・・何を今更?

 こんばんはー

> もとい生活できる金をくれる会社に居る限り細かい事は気にしない性分ですので、全然そんな事は気にしてません。(こんなのでも正社員です)

 そうお考えになっている時点で,ご立派ですよ。うんうん。

> さて件の派遣切りですが国で手厚く支援するなら
> 派遣社員は
> 35才以上で肉親が居ないケースのみにすべきでしょうね。
> 契約社員は
> 契約期間満了時までに貰えた筈の給料支払いを企業に命じる

 こういった問題は常に「どこを落としどころにするのか」を考える必要があります。
 私個人も,akiさんのお考えになる程度が「落としどころ」なのかな,と思いますね。特に<肉親が居ないケース>を条件とする点なんかには,大いに賛同できます。

> 就職活動のスタート地点に立てない(住民票が無い)なら、国がスタート地点に立てるように、手配だけしてあげる。これだけで大分変化があるはずですけどね。
> 行政側が抱えてる住居なら、そこに住まわせて住民票を与えてもいいし、50万の元手があれば公営住宅の家賃を毎月払っても2ヶ月以上はやりくりできます。

 そうですね。私も住民票がない人たちへの保護はそれなりに手厚くしてよいと思っています(ただakiさんもご指摘のように「金は返して貰うこと」が原則です・笑)。
 
> 派遣社員は所詮会社におけるバラストみたいな物ですからね、その分自由にスケジュールが調整できたり、正社員には真似できない事が多々ありますけど、何かあれば真っ先に切られる立場という自覚が無さ過ぎです。

 ある派遣労働者と付き合う機会がありまして,私も何度も彼らに言ってきました。
 「厳しいときはまずあなたたちから切られるんだからね」と。若いかたが,自分の生活スタイルに合わないから,とか,会社に束縛されたくないという反「社畜」精神から,安易に非正規の道を好んで進もうとしているのを,警告するためにそう言ったのです。

> そんな彼らより社会的弱者にある、とあるホームレスさんのお言葉です。
> 「死ねば楽だけど死んだら人生負け」(50代後半)
> はっきり言って、人生の先に希望を見出す事が彼らより難しいホームレスの男性ですら、生きることを投げ出してないのですから、安直に死を選ぶなんて事はしないでほしいです。

 どこの新聞か忘れましたが,役者のかたが「派遣を切られたからって下を向くな」という内容の投稿をしていましたね。
 役者という仕事は,究極の派遣労働。舞台が終われば明日から無職だし,給料も少ないからどこにも住めない。先輩の家に押し入って夜露を凌ぎ,どうにかこうにかして役者をやってきた・・・そういった内容の投稿でした。

 職安にはたくさんの求人が来ています。「仕事がない」という人たちも今一度考えて欲しいですね。
 行政も彼らを甘やかすな。本当に救うべき人に絞って救え。そう言いたいです。

 * * *

 都内を歩いていて思ったのですが,駅内では路頭に迷って路上生活を送っている日本人がいるのに,駅前のコンビニで店員をやっているのは外国人(アジア系)なんですね。
 このギャップは怖いですよ。政治家たちは依然として外国人労働者の受け入れに積極的な人が多いですが,そんな中で日本人の怒りの矛先が外国人に向かえば,外国人排斥の動きに繋がるでしょう。

路上生活をしている日本人と外国人のコンビニ店員の主な違いはやっぱり、働く先を選ばない(まずは日々の糧を求める)外国人労働者の美点(?)でしょうかね

とはいっても40才以上だと再就職は厳しいですが・・・。

今の若いのなんか職があっても、きつい・給料安い等の諸事情が絡むと仕事とかやらないようですし
有効求人倍率2.7とかの介護の仕事なんか広き門で、職業時代は絶対的な安定業種なんですけど・・・ねぇ?

落ちきるよりもまずは働くことこそが肝心なんですけどね

お金と仕事がある間は本当にどうにでもなるから

Re: タイトルなし

> 路上生活をしている日本人と外国人のコンビニ店員の主な違いはやっぱり、働く先を選ばない(まずは日々の糧を求める)外国人労働者の美点(?)でしょうかね

 自民党の本部の近くにあるコンビニに私もよく行くのですが,ほとんど中国人の店員がやっています。行く度に面白い現象だなあ~と思っているのです。

> とはいっても40才以上だと再就職は厳しいですが・・・。

 雇用者も若いかたがたを優先して雇用していますから(今のような雇用情勢では特に),なかなか厳しいようですね。

> 今の若いのなんか職があっても、きつい・給料安い等の諸事情が絡むと仕事とかやらないようですし
> 有効求人倍率2.7とかの介護の仕事なんか広き門で、職業時代は絶対的な安定業種なんですけど・・・ねぇ?

 ほんとにねえ~(汗)。
 読売ウィークリーだったと思いますが,「最近の人」はドタキャンするんだとか。
 せっかく正社員として雇ったのに,突如会社に出勤しなくなる。
 「どうしたのか」と思って自宅に電話をかけると,母親が「うちの子は明日から行きません」などと電話に応じるそうな(笑)。

 まあ稀なケースだと信じたいですが,一般に「最近の人」が労働の意味や価値を理解しないまま,社会に出てくる,というのは事実のようです。
 もしかすると佐高信なんかが「社畜」を唱えていた時代の影響を強く受けているのかもしれませんね。「フリーター」=「夢を追う人」,「正社員」=「社畜」というレッテルに振り回されているのかな。

> 落ちきるよりもまずは働くことこそが肝心なんですけどね

 私もそう思います。働く場所があるのに,「働く場所がない」と日比谷公園や厚労省の講堂に居座っていては,必ずしも世間の同情を集めることはできないでしょう(派遣村だけに職安が出張してくるくらいですから,彼らは本当は恵まれているのかもしれません)。

> お金と仕事がある間は本当にどうにでもなるから

 そうですね。そう思います。仕事があるだけで感謝なんですよ,本当は。

くるくるさん、拍手喝采!

イデオロギーに関わらず、貧困は撲滅すべき という意見に同感です。
が・・・左の方々がアクドイ利用をするもんで、格差や貧困問題が結局イデオロギーの闘いorビジネスになってしまう。今の世の中、『弱者=最強』ですね^^

規制緩和には反対でした。
人件費削減で企業が得た利益は海外(米国)投資家の懐へ。
親米派小泉(自民党)と経団連が諸悪の根源です。
今こそ、保守の保守たる自覚をもって、国民が安心して暮らせる雇用体制づくりに取り組んで頂きたいですね。
終身雇用制度には欠点もありましたが私は支持しています。
企業が危機にある時も解雇という方法ではなく社員がみんなで我慢し、経営建て直しに一致団結した。
今はさっさと削除してしまう。人を大切にできない企業は、人からも大切にされないでしょう。企業は労働者を部品扱いしたしっぺ返しを受ける日が来ると思います。

さて批判があることを承知のうえ、ご託を並べさせてください。

生活態度に問題がある人、自己管理ができない人、
一般社会で浮いてしまう人(コミニュケーション下手とか)
こんな人もある意味、弱者ではないかと考えております。
例え両親が揃っていても、社会を生き抜く術を教えられないまま成長した大人がいます。
堅実で建設的な思考が欠如しており、人格的にも問題が多く、努力や向上心とは無縁。
或いは非常識で奇異な言動ゆえに孤立し、社会のはみ出し者になってしまう。(中には人格障害に分類される人もいます。)
内面的な理由で社会に飛び出せない若者ニートもいます。
(回避型の人格障害と目されています)
(我が家の近くの公園にホームレスがいます。犬の散歩時に時々遭遇しますが、彼は見るからに心を病んでしまった様子です)

このような方々が、努力不足、無能力者、自己責任の一言で片づけられがちです。理解できますよ。わかります。
劣悪な環境から這い出してきた人、自分と向き合い、自己分析を繰り返し、自分に立ち向かって克服した人がいるのですから「甘えるな」と言いたい気持ちもわかります。
しかし、そんな人は一握りです。

好んでホームレス生活を選択する人はどうにもならないでしょうが、
環境弱者にも手を差し伸べ、人間らしい生活ができるよう支援するような国になって欲しい・・・と鴻の乙女脳は考えます。

ところで佐高信ってリベラルのチシキジンですよね^^
リベラル系が煽ってリベラル系が糾弾・・・お見事なマッチポンプです。

プロフィール

くるくる

管理者:くるくる
 主に政治ニュースを取り扱っています。メディア・リテラシーを身につけて客観的に物事を見つめる能力を養うことが目的です。
 コメントは遠慮なくお寄せください。

記事一覧
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンクツリー

 
Twitter
ブログ内検索
管理人へメール
管理人へ私信を送りたい際にご利用ください。

名前(匿名可です。):
メール:
件名(任意):
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
タグクラウド
食の安全(#2)護憲(#1)児童手当(#1)前文(#2)外国人参政権(#22)参政権(#1)仏教(#2)グリーンピース(#1)上田清司(#1)バッテリー(#1)75条(#1)胡錦涛(#1)ニクソン(#1)密約(#2)チベット仏教(#1)所得税(#1)刑法(#1)海賊(#1)guardian(#1)安全保障(#1)日本国憲法(#5)裁判権(#1)真言宗(#1)宮内庁(#1)ASEAN(#1)成年(#1)酒井法子(#1)単純所持(#1)コンテナ船(#2)府知事選(#1)後楽園キャンパス(#1)小沢一郎(#25)地球温暖化(#2)ベーシックインカム(#1)自由党(#1)萩本欽一(#1)COP15(#1)信仰(#1)永住外国人地方参政権付与法案(#1)東アジア共同体(#5)振り込め詐欺(#1)アフガニスタン(#1)ソマリア(#1)消費税(#3)ベトナム(#1)マクリーン事件(#1)社会党(#1)教師(#2)片山虎之助(#1)検察審査員(#1)法規範(#1)ボートマッチ(#1)川田龍平(#1)正社員(#1)訴追(#1)国務省(#1)国家戦略室(#2)日本郵政(#1)事業仕分け(#2)産経新聞(#1)チャレンジド(#1)Mac(#1)新党日本(#2)不起訴不当(#1)日韓併合(#1)政府(#1)国連(#2)倫理(#1)政治利用(#7)アジア主義(#1)追徴課税(#1)扶養控除(#2)判例(#2)北京五輪(#1)尖閣諸島(#1)扇子(#1)衆院選(#2)朝鮮(#1)思いやり予算(#1)尾辻秀久(#1)ワーク・シェアリング(#1)9条(#3)死刑存置(#1)年収要件(#1)岡田克也(#5)平沼赳夫(#1)公明党(#7)マードック(#1)マルキスト(#1)吉永みち子(#2)鯨(#1)大阪市(#6)クラスター爆弾(#1)前原誠司(#1)核兵器のない世界(#1)生活(#1)議員定数不均衡(#1)リスク(#1)所得控除(#2)FT(#1)死刑(#1)新自由主義(#1)空知太神社(#1)小泉構造改革(#2)失言(#2)吉野文六(#1)死刑廃止論(#1)横路孝弘(#2)ブッシュ(#1)海上自衛隊(#1)小泉純一郎(#4)自衛隊(#1)命名権(#1)telegraph(#1)体罰(#8)民本主義(#1)議員立法(#1)世論調査(#1)キリスト教(#2)象徴天皇制(#1)民法(#2)急性副鼻腔炎(#13)障碍者(#2)日本(#2)高木八尺(#1)検察(#2)中曽根康弘(#1)慢性副鼻腔炎(#13)MacBook(#1)大法廷(#1)自殺(#6)麻生太郎(#3)アジア(#1)長妻昭(#3)非正規(#1)GHQ(#3)参院選(#2)労働市場の流動化(#1)偽装献金(#3)国民主権(#1)加藤紘一(#1)カダフィ(#1)ワーキングシェア(#1)国家(#1)核兵器(#1)山崎拓(#3)年頭所感(#1)緊張型頭痛(#7)生活保護(#2)仙谷由人(#1)神社(#1)米国(#10)亀井静香(#3)ネット(#1)日韓トンネル(#1)ロキソニン(#2)信教の自由(#1)民団(#1)平和主義(#3)タイ(#1)厳罰化(#1)核密約(#1)竹原信一(#1)麻生首相(#1)鼻(#13)即位20周年(#1)副鼻腔炎(#13)中川昭一(#1)君が代(#2)日米首脳会談(#1)ネブライザー(#3)川上義博(#1)高田晴行(#1)青木幹雄(#1)菅直人(#4)二分論(#1)野中広務(#1)Wi-Fi(#1)生徒(#7)国連気候変動首脳会合(#1)マスコミ(#36)進歩党(#1)重加算税(#1)NYT(#1)平和(#1)比例区(#1)日本維新の会(#1)iMac(#1)捕鯨(#1)厚生労働省(#2)特例会見(#1)平和的生存権(#1)選挙権(#1)悪魔ちゃん(#1)占領政策(#1)税金(#1)南京大虐殺(#1)起訴議決(#1)中西一清(#1)政界再編(#1)社民党(#4)報道の自由(#1)GHQ(#1)平沼グループ(#1)ピルグリム・ファーザーズ(#1)シーシェパード(#1)日本テレビ(#1)憲法改正(#4)SWINC(#1)宗教右翼(#1)高窪統(#1)表現の自由(#1)李明博(#1)頭痛(#13)外務省(#4)天皇誕生日(#1)改憲(#1)クジラ(#1)大阪(#2)無申告加算税(#1)平松賢司(#1)千葉景子(#3)責任(#1)リアリスト(#1)裁判(#1)コリアン(#1)市橋達也(#1)博士の独り言(#1)護衛艦(#1)日比谷公園(#1)派遣村(#2)関門海峡衝突事故(#1)指導(#1)佐藤栄作(#1)人権(#3)内閣府(#1)winny(#1)就任(#1)構造改革(#1)オバマ(#10)安重根(#1)青山繁晴(#2)平手(#1)西沙諸島(#1)配偶者控除(#2)歴史認識(#1)学校(#1)民主主義(#1)ブログ(#1)児童ポルノ禁止法(#1)環境税(#1)行政罰(#1)中央大学(#1)国民新党(#4)大前研一(#1)PRAM(#1)罪刑法定主義(#1)高校(#6)ファシズム(#1)東アジア(#1)普天間(#1)長島昭久(#1)増税(#2)同意(#1)平野博文(#3)日韓トンネル研究会(#1)沖縄(#2)国体明徴(#1)民事責任(#1)死刑廃止(#1)幇助犯(#1)被害者の権利(#1)児童ポルノ(#2)石原慎太郎(#1)ノーベル平和賞(#1)改正(#1)Buddhist(#1)差別(#2)開かれた政党(#1)給付(#1)おことば(#1)韓国(#9)玻南ちゃん(#1)田中均(#1)組合(#1)関門海峡(#1)國体ノ護持(#1)パイレーツ・オブ・カリビアン(#1)首班指名(#1)憲法(#9)イラク(#1)フィナンシャル・タイムズ(#1)保守(#2)住民訴訟(#1)朝日新聞(#2)西山太吉(#1)ラジオ(#1)北朝鮮(#1)一票の格差(#1)外国人管理職事件(#1)イスラエル(#1)社畜(#1)鼻水(#13)自民党(#37)リベラル(#1)派遣(#1)ユーラシアグループ(#1)戦争(#1)わいせつ(#1)官房長官(#2)AirMac(#1)一君萬民ノ政治(#1)郵政民営化(#1)モラル(#1)外国人(#2)戸籍法(#1)政治(#1)平田健二(#1)外国人労働者(#1)民主党(#100)聖域なき構造改革(#1)イデオロギー(#2)農薬(#1)田中康夫(#2)南沙諸島(#1)子ども手当(#2)接続時間(#1)事件(#1)非正規雇用(#1)規制緩和(#1)適正手続(#1)報道(#1)核兵器なき世界(#1)阿久根市(#1)法務大臣(#1)財務省(#1)鼻づまり(#13)演説(#2)TBS(#2)毒入り餃子(#2)Apple(#1)後鼻漏(#13)不安神経症(#1)最高裁(#3)仕分け人(#1)イスラム教(#2)大阪府知事選(#1)天皇(#16)外交(#1)裁判員(#1)検察審査会(#1)ポツダム宣言(#1)法治国家(#1)イラク戦争(#2)パキスタン(#1)朝鮮総連(#1)拉致(#2)記者クラブ(#3)総裁選(#1)グローバリズム(#1)軍国主義(#2)多摩キャンパス(#1)橋下徹(#2)福田康夫(#2)刑事責任(#1)国際(#1)社会保険庁(#1)沖縄密約(#1)伴奏(#1)朝ズバッ!(#1)田付景一(#1)山本孝史(#1)日米安保(#2)国家共同体(#1)プラハ演説(#1)公務執行妨害罪(#1)不法残留(#1)宗教(#1)日本共産党(#3)起訴相当(#1)暴力(#6)司法(#1)思想及び良心の自由(#1)閣僚(#2)衆議院(#1)脱税(#1)非正規社員(#1)核持ち込み(#1)創価学会(#2)年金(#2)政教分離(#2)チベット(#3)新党大地(#2)アダムスミス(#1)投票(#1)中学(#1)議長(#1)夫婦別姓(#1)肝炎(#1)みんなの党(#4)Constitution(#1)政治資金規正法(#1)毎日新聞(#3)刑事罰(#1)中国(#27)日の丸(#1)渡部恒三(#2)読売新聞(#1)自由(#1)鳩山由紀夫(#50)