FC2ブログ

マスコミの不況は「阿弥陀の光も金次第」をさらに促進させるか - 創価学会名誉会長「平和提言」報道

 
             なかなかブログのほうに割く時間が作れず,お返事が滞ってすみません。
 後日,必ずお返事をいたします。

 * * *

 私はこのブログで散々マスコミのことを悪く言ってきましたが,私はこれでもきちんと新聞を取っています(しかも二社)。

 今月の26日のことでした。

 いつものように何気なく新聞を開いたところ,ある記事が目に留まったのです。
 その記事を読んで,寝ていた脳が一気に覚醒させられました(笑)。

 どんな記事を見てしまったのか,といいますと,ネットにも記事がありますので,いくつかご紹介しておきます。

 創価学会:池田大作氏が平和提言
 http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090126ddm041040121000c.html
 

創価学会の池田大作名誉会長は25日、「人道的競争へ 新たな潮流」と題する平和提言を発表した。人類が人道的な価値を巡って競い合うべきだとして、「『人道的競争』こそ21世紀を拓(ひら)きゆくパラダイム(認識の枠組み)の先駆けたりうる」と訴えている。米国にオバマ大統領が誕生したことを受け、核軍縮を促進するため米露首脳会談の早期開催を提案。これと並行し、各国に核兵器の使用や保有を全面的に禁止する「核兵器禁止条約」を締結すべきだとしている。

 あはは・・・(笑)

 上の記事は毎日新聞のものですが,実はこの記事を掲載しているのは毎日だけじゃありません。

 時事通信。
 核軍縮へ米ロ首脳会談を=池田創価学会名誉会長が提言
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009012500053

 産経新聞。
 創価学会名誉会長が平和提言
 http://sankei.jp.msn.com/life/education/090125/edc0901251958009-n1.htm

 日本のマスコミはいつから一新興宗教団体の広告紙になったんですかね?(汗)

 ここで注目すべきは記事の内容です。
 どこで,何のために,いつ,どうして,どうやって,池田創価学会名誉会長が<平和提言>なるものを発表したのか,どの新聞も伝えていないんですね。

 つまり,この記事の内容は,記者たちが自らの足で捜し,自分たちの目と耳で収集した情報ではない,ということなんです。
 おそらく「これこれを掲載してください」と外部からリクエスト(プレッシャー?)されたのでしょう。

 * * *

 さて,このような記事を見て,皆さんはどうお考えになりますか?

 1.そもそも創価学会名誉会長が発表した<平和提言>なるものを,大手新聞が取り上げる必要があった,といえるか

 2.一宗教団体に関する記事とはいえ,この程度の内容であれば,許容範囲・受忍限度を越えるものではない,といえるか

 3.一般にマスメディアは宗教的に中立であるべきか

 * * *

 いずれにしましても,上の記事を見れば分かるように,大手新聞社は公称830万世帯以上とも言われる学会員のみに向けた記事を,平然と新聞に掲載したことは事実として残っています。

 個人的には「創価学会に関する報道は一切してはならない」とまでは言うつもりはありません。
 新聞とはいえ,宗教団体に媚びて,そこから営利を見いだそうとするのは,ある程度しかたがないことです(第三文明だの,なんの良く分からない雑誌の広告が掲載されていることについて文句を言うつもりはありません)。

 しかし上の毎日新聞や産経新聞は一応「大衆」媒体(新聞)なんですから,俗っぽい言い方にはなりますが,「社会の公器」(organs of public opinion)の一つなんでしょう。
 そうだとすれば,広告とは区別されるところの「報道」。その「報道」の内容くらいは出来る限りpublicなもの,すなわち「公共性」を帯びていて欲しいものです。

 それだけではありません。
 毎日,私は配達されてくる某新聞朝刊とキオスクで買った「夕刊フジ」をきちんと読んでいますが(時には記事に首をかしげながら・笑),どの新聞も宗教に関しては創価学会の動静は報じるくせに,立正佼成会,霊友会,幸福の科学など他の宗教団体については全く報じていないように思います。
 同じ宗教法人なのに,どうして「報じる」「報じない」の区別がありうるのか。そこらへんの合理的な説明はしてもらわなければなりませんね。
  
関連記事

comment

Secret

地味に自称宗教団体「創価学会」(どうみてもカルト団体ですが)の圧力でしょうね
まだ草の根レベルではニコニコ動画等で、創価学会【ご本尊】とかいう紙切れが燃やされる動画が流されてるあたり、末端レベルでは問題ないんですけどね。

まあ実に胡散臭い団体に違いないですけどね。
その大先生の偉大なお力とやらで、893すらやらない所業を平気で行うイスラエルから、パレスチナを守ってほしいものです(笑)

パレスチナの住民とて武器を取らざるを得ない状況から
、開放されればせめて国境線でのにらみ合い程度で、ゲリラ活動や自爆テロの非正規行動を取る必要は無いんですからね。

まあ口先と自分の利益しか見えてない池田大先生は絶対やらないでしょうけどね。

この批判を否定したいなら、イスラエルに学会員連れて行ってでもいいから、パレスチナゲリラを内側から崩壊させるぐらいの平和をもたらして見やがれってんだ!

(個人的に、自己利益の為に表舞台にしゃしゃり出てくる宗教家は、大嫌いなのできつめの言葉で管理人さんのくるくるさんに申し訳ない)

akiさん Re: タイトルなし

 こんばんはー!いつもありがとうございます!!

> 地味に自称宗教団体「創価学会」(どうみてもカルト団体ですが)の圧力でしょうね

 このほか朝日新聞の朝刊(関西版には掲載なし)にも掲載があったそうです。
 少なくとも朝日,産経,毎日の三社が,ほぼ同じ内容の記事を掲載しています。素直に考えれば「こういった記事を掲載しろ」という働きかけ(lobbying)がマスメディアに対してなされた,ということなんでしょうね・・・あぁ・・・とうとうここまで来たか・・・日本のマスコミ界(涙)。

 M日新聞(別名「変態新聞」)に大学の先輩がいるんですが,昨年,彼に話をきいたところ,マスメディアの世界というのは「めんどくさい世界」とのことで,いろいろな人・団体の利害関係に配慮して取材活動をしなければならず,「国家による検閲よりも自主規制のほうが問題」だと嘆いていました。

> まだ草の根レベルではニコニコ動画等で、創価学会【ご本尊】とかいう紙切れが燃やされる動画が流されてるあたり、末端レベルでは問題ないんですけどね。

 たしかにおっしゃるとおりです。
 普通に考えれば,創価学会やこれに関連する諸団体が,こういった動画を削除しようと動いてもおかしくないのですが,なぜかそこまではしていません。
 おそらく創価学会の(中国風に言えば)「不満分子」にガス抜きをさせているんだと思いますけどね。そこらへんは創価学会の強かなところです。

> その大先生の偉大なお力とやらで、893すらやらない所業を平気で行うイスラエルから、パレスチナを守ってほしいものです(笑)

 たしかに(笑)。
 PFLPと結託して,連合赤軍もできなかったあの「革命」を,パレスチナで実現したらいいんですよ。それこそまさに「人間革命」!(冗談ですよ)。

> この批判を否定したいなら、イスラエルに学会員連れて行ってでもいいから、パレスチナゲリラを内側から崩壊させるぐらいの平和をもたらして見やがれってんだ!
> (個人的に、自己利益の為に表舞台にしゃしゃり出てくる宗教家は、大嫌いなのできつめの言葉で管理人さんのくるくるさんに申し訳ない)

 akiさんのコメントを承認した時点で,私がどういう立場にあるかが丸わかりになっていますね(笑)。
 言わずもがな,私も宗教家にはあまり表舞台に出てきて欲しくないと思っています(ダライ・ラマ猊下の場合は例外に認めていますが,彼のいつかは表舞台から退かなければならないと思っています)。

 歴史を見ても,たいてい宗教者が表舞台に出てくるとロクなことがないんですよね。宗教対立を煽ったり,問題意識の乏しい宗教者が出しゃばることで問題がより複雑になったり・・・いいことはありませんね。本当に。

 ところで,TBSラジオのある番組で,TBSラジオの記者が「日本の政界を影で動かしているのは,渡辺恒夫氏と池田大作氏」と明言したことがあるのをご存じですか。
 よくこのお二人が「日本の影の総理大臣」だと言われることがありますが(お互いベクトルは反対ですが),記者から見てもやっぱりそうだったんですね。

必要な二つの認識

リアリストから見て、このような誇大妄想といえる論説が掲載されたのは、左翼票を公明に取り込もうという狙いがあるのでしょうね。
これは運命共同体と化した自民の利益にもなりますね。
たとえ「記事として」書かなかったとしても、広告として同じ文句が掲載されたでしょう。
メディアが営利企業である以上金を払う存在には媚びもします。
恐慌が現実になりつつある今、金を持っているのは新自由主義で下から利益を吸い上げた連中か、他国の代弁者ぐらいでしょう。
問題は多くの日本人がそのことを認識していないことです。
日本のメディアは日本人の敵なのです。

イスラエルについては、ハマスの使っているロケット砲が中国製である以上、イスラエル潰しに北京が裏で関わっているのは間違いないと思います。
http://www.melma.com/backnumber_45206_4341394/
イスラエルを潰してアラブの支持を勝ち取り、あわよくば中東の支配権を米から取り上げ我が物にしたいのでしょう。
しかし私から見れば、インド洋の制海権を掌握しないかぎり手に入れた石油を運ぶことはできないので、このような謀略は絵に描いた餅ですけどね。
イスラエルとアラブの安定は決して両立しないという事実も日本では認識されていません。
オバマはイラクから撤退すると言いましたが、それはイランと和解し、イスラエルを切り捨てると言う意味です。
そうするとイスラエルの切り捨ては米中共通の利益ということになります。
しかしイスラエルロビーの影響力が共和党よりはるかに強い民主党でそんなまねができるとは私には思えません。

Wizardさんの見識には平伏するばかりです。
たしかに中国は世界の大国たらんとする中華主義復興の兆しが特に最近顕著に見られます。
国内では中央政府VS地方政府の覇権争いの様相のようですが、中央政府が地方政府に対し切れる有効なカードは外交を通じて入手するよりほかに無く厳しい(?誇大妄想に見えますけどね)状況なんでしょう。

隣接するロシアは資源面において中国より有利さらにEUに対する影響力もバカになりません。
インドは技術分野で中国の追随を許さぬ革新をとげ、日本は強い通貨円と技術・工業力を背景に経済大国の地位を確立、特に政府の迷走に振り回されない企業集団は他国の追随を許さないでしょう。

もっとも・・・核を求めるイランを敵視するばかりに無駄な敵を作ってるアメリカに追随する日本もいつかは手痛いしっぺ返しをくらいそうですけどね。

イランの油田なんかも支援してあげれば、余計な所にいくお金は当然でるでしょうが(パレスチナゲリラとか)不平不満が無くなり核(原発)をあきらめさせる一番の妙薬となるんでしょうけどね。


まずはイスラム同士の無用な流血を止める事に誰か力を注がないかな・・・

 まだ、宗教名が出されている分悪質ではないような気もします・・・・・(内容は別にして)

 宗教団体名を表に出さず、その意思を政治に反映させようとしているカルト宗教団体の方が怖いです・・・・・・
プロフィール

くるくる

管理者:くるくる
 主に政治ニュースを取り扱っています。メディア・リテラシーを身につけて客観的に物事を見つめる能力を養うことが目的です。
 コメントは遠慮なくお寄せください。

記事一覧
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンクツリー

 
Twitter
ブログ内検索
管理人へメール
管理人へ私信を送りたい際にご利用ください。

名前(匿名可です。):
メール:
件名(任意):
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
タグクラウド
司法(#1)刑事責任(#1)副鼻腔炎(#13)菅直人(#4)行政罰(#1)追徴課税(#1)仏教(#2)公務執行妨害罪(#1)不安神経症(#1)国家戦略室(#2)非正規(#1)山崎拓(#3)関門海峡(#1)GHQ(#3)国体明徴(#1)平野博文(#3)国民新党(#4)ノーベル平和賞(#1)核持ち込み(#1)死刑廃止論(#1)iMac(#1)振り込め詐欺(#1)片山虎之助(#1)選挙権(#1)朝鮮総連(#1)憲法(#9)ボートマッチ(#1)年収要件(#1)外国人(#2)無申告加算税(#1)外交(#1)アジア(#1)命名権(#1)市橋達也(#1)わいせつ(#1)責任(#1)派遣村(#2)失言(#2)川上義博(#1)民団(#1)自衛隊(#1)東アジア(#1)西沙諸島(#1)接続時間(#1)政治資金規正法(#1)ブッシュ(#1)中央大学(#1)消費税(#3)事業仕分け(#2)外国人参政権(#22)罪刑法定主義(#1)ネット(#1)夫婦別姓(#1)小泉純一郎(#4)給付(#1)社会保険庁(#1)閣僚(#2)信教の自由(#1)チベット(#3)北朝鮮(#1)信仰(#1)中曽根康弘(#1)地球温暖化(#2)児童ポルノ(#2)国際(#1)国民主権(#1)捕鯨(#1)みんなの党(#4)イラク戦争(#2)保守(#2)イデオロギー(#2)政界再編(#1)ファシズム(#1)キリスト教(#2)グリーンピース(#1)沖縄(#2)高木八尺(#1)後楽園キャンパス(#1)密約(#2)日比谷公園(#1)頭痛(#13)ネブライザー(#3)大阪市(#6)悪魔ちゃん(#1)民事責任(#1)財務省(#1)海上自衛隊(#1)急性副鼻腔炎(#13)telegraph(#1)国家共同体(#1)日本共産党(#3)田中康夫(#2)検察審査会(#1)所得税(#1)投票(#1)開かれた政党(#1)ニクソン(#1)AirMac(#1)世論調査(#1)朝鮮(#1)核兵器のない世界(#1)ベーシックインカム(#1)田付景一(#1)君が代(#2)起訴相当(#1)構造改革(#1)外務省(#4)中学(#1)竹原信一(#1)不法残留(#1)就任(#1)食の安全(#2)FT(#1)社会党(#1)横路孝弘(#2)長妻昭(#3)グローバリズム(#1)毒入り餃子(#2)國体ノ護持(#1)自民党(#37)日本郵政(#1)政治(#1)カダフィ(#1)野中広務(#1)シーシェパード(#1)裁判権(#1)府知事選(#1)死刑廃止(#1)自殺(#6)中西一清(#1)仕分け人(#1)千葉景子(#3)ロキソニン(#2)プラハ演説(#1)ユーラシアグループ(#1)適正手続(#1)田中均(#1)川田龍平(#1)被害者の権利(#1)指導(#1)神社(#1)組合(#1)ソマリア(#1)厳罰化(#1)上田清司(#1)Constitution(#1)空知太神社(#1)ブログ(#1)マスコミ(#36)日の丸(#1)Mac(#1)GHQ(#1)国連(#2)天皇(#16)ラジオ(#1)判例(#2)COP15(#1)占領政策(#1)刑事罰(#1)民主主義(#1)麻生首相(#1)博士の独り言(#1)衆議院(#1)前文(#2)宗教(#1)ベトナム(#1)学校(#1)戸籍法(#1)非正規雇用(#1)新党大地(#2)非正規社員(#1)胡錦涛(#1)大前研一(#1)コリアン(#1)PRAM(#1)国務省(#1)アダムスミス(#1)関門海峡衝突事故(#1)バッテリー(#1)南京大虐殺(#1)青木幹雄(#1)報道の自由(#1)一君萬民ノ政治(#1)脱税(#1)朝ズバッ!(#1)チャレンジド(#1)9条(#3)総裁選(#1)議員定数不均衡(#1)東アジア共同体(#5)事件(#1)比例区(#1)法務大臣(#1)生徒(#7)マルキスト(#1)歴史認識(#1)橋下徹(#2)鼻水(#13)規制緩和(#1)おことば(#1)安重根(#1)北京五輪(#1)日本(#2)生活保護(#2)クラスター爆弾(#1)正社員(#1)教師(#2)日本テレビ(#1)社畜(#1)軍国主義(#2)民法(#2)宗教右翼(#1)倫理(#1)住民訴訟(#1)幇助犯(#1)重加算税(#1)安全保障(#1)改正(#1)核兵器(#1)尖閣諸島(#1)即位20周年(#1)緊張型頭痛(#7)首班指名(#1)高校(#6)護憲(#1)児童手当(#1)平沼グループ(#1)政治利用(#7)TBS(#2)二分論(#1)亀井静香(#3)西山太吉(#1)中川昭一(#1)演説(#2)鼻(#13)産経新聞(#1)中国(#27)岡田克也(#5)官房長官(#2)派遣(#1)マードック(#1)宮内庁(#1)マクリーン事件(#1)吉永みち子(#2)同意(#1)増税(#2)創価学会(#2)イスラエル(#1)75条(#1)天皇誕生日(#1)福田康夫(#2)死刑(#1)Buddhist(#1)日米安保(#2)法治国家(#1)進歩党(#1)国家(#1)国連気候変動首脳会合(#1)衆院選(#2)改憲(#1)真言宗(#1)普天間(#1)モラル(#1)思いやり予算(#1)毎日新聞(#3)クジラ(#1)慢性副鼻腔炎(#13)検察審査員(#1)アジア主義(#1)配偶者控除(#2)ワーク・シェアリング(#1)差別(#2)読売新聞(#1)児童ポルノ禁止法(#1)聖域なき構造改革(#1)死刑存置(#1)小沢一郎(#25)新党日本(#2)農薬(#1)リアリスト(#1)大阪(#2)日米首脳会談(#1)佐藤栄作(#1)平松賢司(#1)朝日新聞(#2)年金(#2)萩本欽一(#1)酒井法子(#1)沖縄密約(#1)年頭所感(#1)チベット仏教(#1)南沙諸島(#1)後鼻漏(#13)最高裁(#3)日韓トンネル(#1)外国人管理職事件(#1)訴追(#1)日韓トンネル研究会(#1)護衛艦(#1)政府(#1)公明党(#7)思想及び良心の自由(#1)厚生労働省(#2)法規範(#1)パイレーツ・オブ・カリビアン(#1)Wi-Fi(#1)winny(#1)コンテナ船(#2)議長(#1)刑法(#1)新自由主義(#1)平和主義(#3)小泉構造改革(#2)平田健二(#1)前原誠司(#1)玻南ちゃん(#1)子ども手当(#2)人権(#3)自由(#1)フィナンシャル・タイムズ(#1)青山繁晴(#2)アフガニスタン(#1)山本孝史(#1)ポツダム宣言(#1)石原慎太郎(#1)生活(#1)拉致(#2)政教分離(#2)表現の自由(#1)単純所持(#1)Apple(#1)イスラム教(#2)社民党(#4)MacBook(#1)渡部恒三(#2)環境税(#1)肝炎(#1)guardian(#1)外国人労働者(#1)平和的生存権(#1)オバマ(#10)仙谷由人(#1)参院選(#2)日本維新の会(#1)高窪統(#1)報道(#1)ピルグリム・ファーザーズ(#1)暴力(#6)加藤紘一(#1)ワーキングシェア(#1)成年(#1)李明博(#1)パキスタン(#1)核兵器なき世界(#1)タイ(#1)議員立法(#1)記者クラブ(#3)イラク(#1)NYT(#1)米国(#10)韓国(#9)平手(#1)憲法改正(#4)鳩山由紀夫(#50)内閣府(#1)裁判員(#1)体罰(#8)民主党(#100)扶養控除(#2)海賊(#1)民本主義(#1)障碍者(#2)扇子(#1)永住外国人地方参政権付与法案(#1)核密約(#1)リスク(#1)伴奏(#1)鯨(#1)SWINC(#1)検察(#2)大法廷(#1)麻生太郎(#3)一票の格差(#1)参政権(#1)不起訴不当(#1)大阪府知事選(#1)高田晴行(#1)裁判(#1)起訴議決(#1)多摩キャンパス(#1)吉野文六(#1)郵政民営化(#1)所得控除(#2)平和(#1)平沼赳夫(#1)特例会見(#1)税金(#1)尾辻秀久(#1)ASEAN(#1)日韓併合(#1)労働市場の流動化(#1)長島昭久(#1)鼻づまり(#13)戦争(#1)偽装献金(#3)阿久根市(#1)自由党(#1)象徴天皇制(#1)日本国憲法(#5)リベラル(#1)