FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

新たな憲法秩序に上手に取り込まれていった現行天皇制 - わたしたちの憲法を考える(4)天皇2

 久々に憲法に関するエントリを書いてみようと思います。

 以前,象徴天皇制と国民主権原理を明らかにした第1条について書きましたが,今回のエントリでも引き続き「天皇制」について書いていこうと思います。

 * * *

 天皇制廃止を迫った日本共産党

 当時の日本共産党は,天皇から国民に主権が移譲され,国民主権(人民主権・人民主義)を基調とする新憲法秩序の下では,天皇制は不要だと主張していました。
 1946(昭和21)年6月29日に発表した「日本共産党憲法草案」の前文では・・・

 <ここにわれらは、人民の間から選ばれた代表を通じて人民のための政治が行はれるところの人民共和政体の採択を宣言し、この憲法を決定するものである。
 天皇制はそれがどんな形をとらうとも、人民の民主主義体制とは絶対に相容れない。
 天皇制の廃止、寄生地主的土地所有制の廃絶と財閥的独占資本の解体、基本的人権の確立、人民の政治的自由の保障、人民の経済的福祉の擁護――これらに基調をおく本憲法こそ、日本人民の民主主義的発展と幸福の真の保障となるものである。>

 ・・・と明確に天皇制の廃止が盛り込まれています。

 * * *

 連合国側の要求に応える形での新たな天皇制

 『帝国憲法改正問題試案』という外務省の資料があります。日付は1945(昭和20)年10月11日。
 外務省条約局第一課長の田付氏が準備したもので,当時の条約局の改憲方針がまとめられています。

 その中で田付氏は憲法改正に関する連合国の対日姿勢・要求について次のように報告しています(一部読みやすい形に改めています)。

 ・<聯合國特に米國においては右憲法改正に當り民主主義的,平和主義的及合理主義的精神及制度に則り行はれることを要求>。

 ・<斯る憲法の改正の時期に關する聯合國特に米國の態度は明確ならざるも「国民の自由なる意思」に基く改正を希望>。

 連合国(主に米国)は日本側に,改正の内容が<民主主義的,平和主義的及合理主義的>なものでなければならないと迫る一方で,今回の憲法改正が連合国によって押しつけられたり,強制的に改正させられたものではない意思を明らかにするよう求めていました。

 この要請に応えるためには,まず天皇主権を採用している明治憲法を改正し,主権を天皇から国民に移譲させた「国民主権」を基調とする今の憲法の形にする必要がありました。

 ただし日本共産党のように天皇制を廃止するわけにはいきません。田付案にも次のとおり改憲方針が示されていました。

 <天皇制度は帝國肇國の大精にして本制度の除去は日本帝國の滅亡なり。如何なる事態に相遇するも本制度の維持確立は帝國存立の絶對的基盤と言ふべし。>

 しかし天皇制の維持が<存立の絶対的基盤>と言っても,単に帝国憲法における天皇制をそのまま改正案に組み込むのでは,連合国側の求める「民主化・合理化」という要請に応えられません。
 そこで天皇制を維持しつつも,連合国の要求に応える内容をもった改正案を模索することになります。

 田付氏は新たな天皇制のありかたについて,次のように提案しています。

 <従来天皇と國民との中間に存在する機關にして法律上責任を有せず而も國民とも何ら關係を有せざるもの相當存在し(例へば内大臣,枢密院の如し)之が爲機構の複雑化せる外國民の意思の上通を塞ぎ爲に立憲君主の政体はその本来の姿を損はるるに至れり>

 少し難解な文章ではありますが,簡単に言えば,民主化と天皇制を両立させるために,田付氏は,既存の天皇制を利用して特権的な地位を築いてきた内大臣府や枢密院のような機関を排することを提案するのです。

 * 次回に続きます。
関連記事
  1. 2009/02/06(金) 21:51:17|
  2. 日本国憲法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<敗戦直後に考えられていた残すべき天皇制のかたち-わたしたちの憲法を考える(5)天皇3 | ホーム | マスコミの不況は「阿弥陀の光も金次第」をさらに促進させるか - 創価学会名誉会長「平和提言」報道>>

コメント

難しい事は分かりませんが・・・

くるくるさん、今晩は~♪

>民主化と天皇制を両立させるために,田付氏は,既存  の天皇制を利用して特権的な地位を築いてきた内大臣  府や枢密院のような機関を排することを提案するので   す。

天皇制については、よくわかりませんが、
唯、感じる事は、近頃、宮内庁側近から情報が漏れ出している事を思うに、
「開かれた皇室」の意味が少し履き違えているのではないか・・・そんな感じがしてならない。

ちょっと話が、回りくどくなりましたが、
「内大臣府や枢密院のような機関を排することを提案」
その持つ意味は、どういう事なんでしょう?

もっと国民と同じ目線に下ろしてくると云う事なんですか?

その真意が読み取れないので、また陳腐な事を申し上げるかもしれませんが、
私個人は、天皇制を存続させていくと云うなら、
寧ろ、過っての皇室の在り方に戻すべきかと・・・。


くるくるさん、やっぱり私、変な事を書いてしまったようで・・・すみません。
駄目だったら、削除してくださいね。




  1. 2009/02/07(土) 02:30:41 |
  2. URL |
  3. reiko #CKM7lCnA
  4. [ 編集]

reikoさん ご指摘はいつも的確です

> くるくるさん、今晩は~♪

 こんばんは!いつもありがとうございます。

> 天皇制については、よくわかりませんが、
> 唯、感じる事は、近頃、宮内庁側近から情報が漏れ出している事を思うに、 「開かれた皇室」の意味が少し履き違えているのではないか・・・そんな感じがしてならない。

 今日の皇室ですね。私もreikoさんのお考えに賛成の立場です。
 妃殿下を取り巻く周囲の人間の,不健全な策動も感じています。

 先日,ブラジルでは皇太子殿下が,名誉会長の名代を受けた創価学会関係者と並んでブラジルの創価学会信者らの演芸を御覧になる,という異常事態も起きました。
 「開かれた皇室」というタテマエを利用し,皇室文化を歪めようとする力を感じます。
 
> ちょっと話が、回りくどくなりましたが、
> 「内大臣府や枢密院のような機関を排することを提案」
> その持つ意味は、どういう事なんでしょう?

 はい。簡単に申し上げると,田付氏のこれらの提案は,敗戦直後に米国の国務省,陸軍省,海軍省で作られる対日占領政策の意見調整機関(SWNCC)が要求していたことを,「飲む」ということです。

 確かに当時の内大臣府は,内閣の外に置かれた独立機関で,権限が肥大化し,外部からの歯止めのない立場にありました。
 だから米国としても占領するにあたって困った存在でした。
 
 私はこれらの機関を廃止することは間違えではないと思いますが,reikoさんがご指摘のとおり,現代の(歪められた形での)「開かれた皇室」という思想は考え物です。

 仰るように,いかなる形が,望まれる「皇室」の姿であるかはもう少し議論して欲しいと思います。
 報道などから察するに,今の皇室は骨抜きの状態にあって,宮内庁の役人が好き勝手やっているんでしょう。

 また「開かれた皇室」という思想は,当時の米国は迫った「皇室の民主化」に根っこがあります。
 つまり,私たち日本はまだ米国による占領政策を引きずっている,ということです。
 このことももう少し議論していいと思います。

> もっと国民と同じ目線に下ろしてくると云う事なんですか?
> その真意が読み取れないので、また陳腐な事を申し上げるかもしれませんが、
> 私個人は、天皇制を存続させていくと云うなら、寧ろ、過っての皇室の在り方に戻すべきかと・・・。

 私も同感です。
 なかばGHQの思いつきで作られた今の象徴天皇制ですが,私はこれは良い制度だと思うんです。
 明治憲法下の天皇制のほうが良かったという声もあるにはあるんですが,天皇の周りの役人が賢ければいいですが,今のように(言い過ぎかもしれませんが)無能な役人が皇室の周りを取り囲んでいるような状態では,皇室の未来が危ういと言えます。

 ただしreikoさんが危惧されるように,じゃあ,国民=皇室,皇室=国民という安直な「開かれた皇室」は,私もごめんです。
 象徴天皇制という今の天皇制の枠組みは維持しつつも,皇室そのものが形骸化しないよう,それこそ「千代に八千代に」永代続く制度にしていきたいものですね。

 にしてもこのまま何もしなければ,英国王室のようになっていくんじゃないかと,不安に思います。
 
  1. 2009/02/07(土) 15:12:58 |
  2. URL |
  3. くるくる #0S.Kwhuo
  4. [ 編集]

米の対日政策とは

この天皇制をめぐる駆け引きは、ランドパワーとシーパワーの日本のパワーを賭けた綱引きです。
日本をさらに弱体化させたいランドパワーモスクワと日本のさらなる弱体化を防ぎたいシーパワーワシントンの利害対立が背景にあります。
ワシントンもモスクワも日本のパワー復活の鍵を握るのは天皇であるということを理解していたのです。
共産党の主張はまさしくランドパワーの代理人としての主張そのものです。
しかし天皇制を存続させた事で、米を日本の味方だと思い込むのは早計です。
天皇制を存続させた米の狙いは「日本のさらなる弱体化を防ぐ」ことであって「日本を強化する」ことではないということです。
当時の日本の状況を見て、いずれ米の製造業を壊滅に追い込む国になると予想した人はどのぐらいいるでしょうか?
日本が弱体化しすぎても困るが、強すぎても困る(はっきり言えば生かさず殺さず)と言うのが当時から今も変わらぬ米の対日政策の根本です。

戦争に敗北しながら復讐は東京裁判程度に抑えられ、朝鮮や満州という世界有数の不良債権から切り離され、いや解放され、天皇制が残されたことで再び復活できたのは、まさに歴史の僥倖です。
今の日本人は天皇制の存続が歴史の僥倖によってもたらされたことを自覚していません。
戦争に敗北すると言う本当の意味を味わった日本人は、満州引揚者だけです。
日本人は満州引揚者がどんな目にあったのか、改めて学びなおす必要があると思います。
国家戦略とは、そんな目にあわないためにはどうしたらいいかと考える事からはじまるのです。

現在、新自由主義政策で日本は戦わずして敗北しようとしています。
今度の敗北にこのような僥倖はありえないでしょう、今度は日本人自身の手で天皇制を護らなければなりません。
ワシントンの代理人小泉が皇室に対しどのような態度を取ったのか思い出しましょう。
北京の経済が失速しつつある今、米は安心して日本をさらに弱体化させようと謀ることでしょう。
米が親中政策をとったら「裏切られた」と感じるようでは皇室を護ることは叶わないのです。
  1. 2009/02/07(土) 20:27:22 |
  2. URL |
  3. WIZARD03 #5u6Z9rvo
  4. [ 編集]

その時の経緯についてはよくはわかりませんが、現行の天皇制も旧来の天皇制も形式的には似てるような感じはします。
天皇が形式上は国の総責任者だった大日本帝国憲法(政府の決定に裁可を下すが、直接的介入はほぼ無理)
天皇は日本国の象徴であり政治に介入できないが、内閣総理大臣の任命等を執り行う現行法
ただ皇室が身近な距離になった現行法は偉大な側面はありますし、くるくるさんが言うように取り巻きが特権を悪用する心配も少ないです。

イギリス王室に似通うのは不安ですが、ただ昔に比べて品位の無い報道屋が増えたのは確かでしょうね。

余談ですが、2/26事件の報告を受けた昭和天皇は、「忠臣を討っておいて何を言うか!」と青年将校達に激昂「私自ら近衛師団を率いて叛乱を鎮圧する」とまで発言し、陸軍を慌てさせたそうです。
他にも泥沼化する日中戦争に対し「陸軍はすぐ決着がつくと言っていたが、いつになったらいい加減終わるのか?はっきりしなさい」という趣旨の発言をしたりしてるようですね。
ドイツの皇帝ヴィルヘルムさんやロシア皇帝ニコライさんに比べたら、元々自分の意思を直接裁可出来ない立場だったのが伺い知れます。

ただ、権力の頂点に立つという関係上、あまり国民に接する機会も無く、天皇陛下自身の心労もかなりあったようです。
大正天皇(昭和天皇の父)は、気さくで誰とでも優しく接するような人でしたが、明治天皇(昭和天皇の祖父)には少し自重するように言われたりして、元々丈夫でない身体を壊されたと、昭和天皇が振り返ってたそうです。

ま、なんにせよ今の日本があるのは昭和天皇の謙虚な姿勢がGHQの心を打ったからなんでしょうけどね。
GHQのトップ、マッカーサーは非常に驚いてたようですから・・・。
  1. 2009/02/08(日) 07:31:07 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://macrcr.blog28.fc2.com/tb.php/180-b595c1a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)