FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

敗戦直後に考えられていた残すべき天皇制のかたち-わたしたちの憲法を考える(5)天皇3

天皇の存続を第一に,第二にポツダム宣言の精神の具現を目指した外務省

 外務省条約局『憲法改正大綱案』では憲法改正の指導理念を次のように定めていました。

 1.天皇ノ地位に關する現行憲法ノ建前ハ之ヲ堅持スルコト(國体ノ護持)

 2.「君」ト「萬民」トノ間ニ介在シ來レル從來ノ不純物ヲ除去スルコト(一君萬民ノ政治)

 3.眞ニ民意ヲ基礎トシ國民ノ祉増進ヲ目的トスル政治ヲ實現スルコト(民本主義)

 この三つを柱としつつ,同案では改正の具体方針として・・・

 ポツダム宣言の受諾に伴い,最小限改正を必要とする事項 = 
    (イ)領土の変更,(ロ)軍国主義の抹殺,(ハ)民主主義

 ・・・を掲げていました。

 前のエントリと重複することではありますが,当時の外務省ポツダム宣言の受諾と当時のGHQの要求に応える憲法の改正が必要だと考えながらも,天皇制を存続させる道を模索していたようです。

 敗戦後にあるべき天皇制のかたち

 しかし天皇制(国体護持)を残すとしても,どういう形で残すかについては,大日本帝国憲法における天皇制のままで良いとか,今の天皇制のように政治性を払拭する形が良いとか,様々な意見があったようです。

 そこで当時の政府が参考にした資料の一つ,高木八尺(やさか)の『天皇制について』1945年12月発表をご紹介します。

(1)天皇制の特徴について

 <同一種族に属する,比較的温順なる国民の存在,国民の間に滋養されし家族主義,温情主義の習俗の普及は如上の君民一致の伝統の成立に寄興したのではないかと考えられ>,日本特有の風土・固有の国民性によって天皇制は育まれていった,まさに<あまねく世界に求めてその類例を得難い>制度だと説明。

 この歴史に鑑みるに,天皇制の特徴とは・・・

 1.<万世一系ノ天皇ノ存在
 2.<天皇ハ徳ヲ以テ君臨シ給ヒシ事實
 3.<天皇,國民ノ輔翼ニ依リ統治ヲ行ハセ給フコトガ,史實ニ基ク理念タルコト

 ・・・の三つに集約される。

(2)天皇制存置の理由について

 天皇制を<維持することは我が国民的総意であること疑い入れない>。

 <凡そ一国における政治の形態の根底には,常に歴史の基礎がなければ,その健全なる発達を期し得ない。
 「ラテン,アメリカ」諸国ないしは支那における民主政の移植発育の困難が,この事実を物語る。
 また1918年以後におけるドイツの民主主義憲法への急転の経験は,非常時局下に行われた急激なる憲法改正に伴う国情無視の危険を示すのである。

(3)憲法改正案に天皇制を盛り込むことによるメリットについて

 <天皇が国民的感情の中心たるより生ずるその道徳的リーダーシップの可能性>をもっており,<民衆と世論の激高・動揺等に際して,天皇は最も公正に国家の真益を図り給う地位にある>として,天皇制を改正憲法に盛り込むことで,日本は復興しうる。

 * * *

 もっとも高木氏は上のように述べつつも,天皇が現人神(あらひとがみ)の観念を去り,その神秘性を脱却するとともに,一方では神道の地位を明確にすべきだとしています。
 また憲法には,神道が国教化される懸念を払拭するため,個人に信教の自由を確立することが必要だとしています。

 高木氏の論考をお読みになって,いかがお考えになりましたでしょうか。

 高木氏が今から65年も前に述べていた「残すべき天皇制の姿」と現代における皇室を比べてみると,面白そうですね。
関連記事
  1. 2009/02/11(水) 11:23:31|
  2. 社会
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<中川昭一元財務相の醜態会見を,単なる個人の「酒癖」で終わらせてはならない | ホーム | 新たな憲法秩序に上手に取り込まれていった現行天皇制 - わたしたちの憲法を考える(4)天皇2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://macrcr.blog28.fc2.com/tb.php/183-a74c8c1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

既成政党は保身に走るな!

きょうは午後1時から松江テルサ前にて県土・竹島を守る会による街頭活動が行われました。その後の喫茶店で、帝さんから(社)日本青年会議...
  1. 2009/02/15(日) 23:48:20 |
  2. 皇国の興廃、この一文にあり