FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

日中首脳会談:日本が譲歩した印象が否めないが…

 9月21日に日中首脳会談が開かれた。
 政権交代後初めての鳩山首相と胡錦涛国家主席の会談だけに、その内容が気になるが、会談の内容のポイントは以下のとおり。


1.鳩山首相が米国に到着して最初の会談相手が胡錦涛国家主席だった。

2.東シナ海ガス田開発問題

 ・鳩山首相「東アジアをいさかいの海ではなく、友愛の海にしたい」、「石油、天然ガスを中心にして(日中が)協力をしていく海にしていこう」と発言した。
 ・平成20(2008)年6月に日中の共同開発することが決まっていたガス田「白樺」について、昨今、中国が単独で開発を進めていることについて、首相は「中国の真意が見えない」と苦言を呈した
 (4)胡錦涛国家主席は「両国民にとって敏感な問題」なので、「大局的な正しい処理が必要」としたが、事務レベルでの意見交換を提案した以外は、「国民の合意が必要」な話だとして、それ以上の具体的な発言は差し控えた

3.東アジア共同体

 ・鳩山首相は9月16日に<米国を排除しない方向で、将来的にはEUのような通貨の統合も視野に入れた東アジアの共同体構築を目指す>と発言していたが、日中首脳会談でも「日中両国の違いを認めながら、違いを乗り越えて信頼を築き、それを軸に東アジア共同体を構築したい」と発言した。
 ・胡錦涛国家主席は、東アジア共同体については、特に言及していない

* 胡錦涛が東アジア共同体について理解を示したかのように書いているメディアがありますが、時事通信によれば、胡錦涛は東アジア共同体について何も言及しなかったそうです。

4.日中関係のこれからについて

 ・鳩山首相は(1)鳩山内閣が「村山談話」を踏襲すること、(2)戦略的互恵関係を築きたい旨を中国側に伝えている。
 ・これに対して、胡錦涛国家主席は、(1)について<評価したい>、(2)については、首脳往来の頻度を上げること、民間交流を活発化し、経済・貿易を発展させること、両国の間で食い違いのある問題は<大所高所から対応>することを日本側に注文した。

5.環境問題について

 ・
鳩山政権が平成32(2020)年までに温室効果ガスを平成2(1990)年比で25%削減する目標を決めたことついて、胡主席は「積極的態度を評価する」と述べた。

6.チベット問題

 ・鳩山首相は<基本的には中国国内の問題と理解している>、<対話によって解決して欲しい>と発言した。
 ・
胡主席は、チベット問題への理解を求めた。

* * * * *

 初の日中首脳会談でしたから、大目に見るべき点は多いとしても、中国は日本の足元を見て、極めて慎重な態度で会談に臨んできたなあ、という印象を持ちました。
 代わって、鳩山首相は少し前のめりすぎているような部分があって、わざわざ「村山談話」を踏襲することなどを中国に伝えてしまっています。

 また、中国の人権問題に関しては、ウイグルについて両首脳が言及したという情報は入っていませんが、チベット問題に関してはいくらかやり取りがあったようです。
 伝えられているところでは、鳩山首相は<基本的に中国国内の問題>だと述べているようで、鳩山首相のチベット問題への関心が薄いことが分かりました。

 チベット問題にしろ、歴史認識にしろ、実質的なプライオリティは日本の側にあるというのに、そのような重要な外交カードについて、早々に中国に譲歩してしまったのには、これからの鳩山政権の対中外交に不安を覚えます。

 みなさんはどのようにお考えになりましたでしょうか。

*次回更新 9/25予定

関連記事

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/09/23(水) 18:54:39|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<国連気候変動首脳会合での鳩山首相のスピーチ(全文) | ホーム | 検証:永住外国人地方参政権(外国人参政権)は実現するか?>>

コメント

中国が真に望むのは

2.東シナ海ガス田開発問題
中国は資源依存からの脱却を主眼に置いてる国ですから、具体的対話というカードを切らずに既成事実として【中国が独自に開発】した功績が欲しいのでしょう。
そのための時間稼ぎとも見て取れます。

3.東アジア共同体
今の中国が望むべき物は【中国】を筆頭とした体制で、かつてのソビエト連邦のような物でしょう。
なまじっか国民がアジア各国(特に日本・東南アジアの民主的自由主義国家)と接触する機会が増えて、第二第三の天安門が再来する事にだけ警戒している節はあります。
当時天安門事件で、愛する中国の為にと思って協力した軍人さんがTVに出てましたが、未だに中国大使館からは「民主化活動を辞めろ」と迫られてるそうですね。
国を愛してる国民相手にこの様じゃ、鳩山首相の友愛は受け入れる事は決してない物なんでしょう。

4.日中関係のこれからについて
真実を伏せて都合の良い事柄を並べるのは十八番ですから、弱腰な日本を適当にあしらう気が満々といった所でしょうか、ただ中国と日本の経済的結びつきなどは馬鹿に出来ず、特に富裕層は日本での買い物とかが好きなようですし、自国の富裕層はあしらいにくくなってるんでしょう。

今の中国の核を担う共産党が、国民党や各軍閥に押し込まれて小規模だったことですら、彼等にとっては許容範囲ではないのです。(ハーツオブアイアン2が発売禁止処分を中国で受けてる理由がまさにコレ)

5.環境問題について
まあ好きにすれば?じゃないでしょうかね
こっちは中国の砂漠化や汚染物質で迷惑被ってますけどね。

6.チベット問題
中国としてはあくまでも圧政と報道管制と銃によって解決するっていう従来のスタンスを崩す気は無いと言ってるようなものですね

全体的には中国は日本がどうなろうと、自分たちの理想形しか望まないし求めていかない。
という従来からのスタンスを通すといった感じを受けます
  1. 2009/09/23(水) 07:40:39 |
  2. URL |
  3. aki #ldSHJ4vM
  4. [ 編集]

>akiさん

 今日の読売朝刊では、日中首脳会談は<鳩山カラー>が随所にあらわれた、と書いていますが、個人的な印象は「岡田カラー」でした。
 鳩山首相個人が中国に関してこれまで言っていたことよりは、ずいぶんトーンダウンした印象です。それが現実路線だと言われればそれまでですが、鳩山首相としては、隣に座っていた岡田外相に配慮した部分が大きかったのではないか、と善解しています。

> 2.東シナ海ガス田開発問題
> そのための時間稼ぎとも見て取れます。

 私も同様の印象を持ちました。平成20(2008)年の同意内容を履行するだけの話であるところ、中国はまたもや「事務レベルでやっておくんなまし」とはぐらかしました。

> 3.東アジア共同体
> 今の中国が望むべき物は【中国】を筆頭とした体制で、かつてのソビエト連邦のような物でしょう。
> 国を愛してる国民相手にこの様じゃ、鳩山首相の友愛は受け入れる事は決してない物なんでしょう。

 その認識が正しいだろうと思います。今のところ、中国にとって、鳩山首相のいう「東アジア共同体」はあまり魅力的なものではありませんよね。今の経済状況が続く限りは、中国は男色を示すと思います(ただし、中国の対米貿易赤字が膨らんでくると、また話は違うかも知れません。)。

> 4.日中関係のこれからについて
> 真実を伏せて都合の良い事柄を並べるのは十八番ですから、弱腰な日本を適当にあしらう気が満々といった所でしょうか

 (笑)。そうかもしれませんね。民間レベルの交流は年々活発になっていますから、今後もいわゆる「微笑外交」が維持される、と思います。

> 今の中国の核を担う共産党が、国民党や各軍閥に押し込まれて小規模だったことですら、彼等にとっては許容範囲ではないのです。(ハーツオブアイアン2が発売禁止処分を中国で受けてる理由がまさにコレ)

 中国共産党は陝西(せんせい)省しか領有していない状態なんでしたっけ?しかも独立国として、満州国、新疆、モンゴル、チベットといったものが登場するとなると、頭の痛い話なのかもしれませんね。
 
> 5.環境問題について
> こっちは中国の砂漠化や汚染物質で迷惑被ってますけどね。

 環境問題に関しては、外交上のプライオリティが中国の側にあるので、日本として環境問題を中国との間で取り上げても分が悪いですよね。

 私は、また黄砂の影響でアレルギーが出ます(涙)。 謝罪と賠償を求めたいですわ< ゚д゚>。

> 6.チベット問題
> 中国としてはあくまでも圧政と報道管制と銃によって解決するっていう従来のスタンスを崩す気は無いと言ってるようなものですね

 今でも戒厳令が敷かれていて、チベット情勢は昨年3月以上に悪化している、との情報もあります。
 鳩山首相はダライ・ラマと会談した経験もあり、中国国内では「pro-tibet」と位置づけられていますので、中国は警戒感を強めていた、と思いますが、鳩山首相は岡田外相の持論である「チベット問題に日本は不干渉であるべき」を踏襲してしまいましたね。

> 全体的には中国は日本がどうなろうと、自分たちの理想形しか望まないし求めていかない。
> という従来からのスタンスを通すといった感じを受けます

 そこが一党独裁のメリットであり、中国を相手にすることの難しさでもありますね。
  1. 2009/09/23(水) 11:50:22 |
  2. URL |
  3. くるくる #0S.Kwhuo
  4. [ 編集]

No title

 共同体言及しなかったのですね~

全体的に大人と子供の外交
の様なやりとりですね・・・・・・・・・・・・・・
  1. 2009/09/26(土) 04:44:07 |
  2. URL |
  3. usakaze #-
  4. [ 編集]

>usakazeさん

(笑)。政治に興味のある高校生なら、予測できた会談内容でしたね。
現状で、中共は、東アジア共同体に積極的とは思えません。ネットでは、中国が乗り気だとする人もいますが、おそらくそうではないでしょう。今の中国にとってメリットがないからです。
ただし米中の貿易摩擦が激化するなどすれば、中共が飛びついてくる可能性はあります。
  1. 2009/09/26(土) 23:44:10 |
  2. URL |
  3. くるくる #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://macrcr.blog28.fc2.com/tb.php/205-b16f5c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)