FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

伊勢神宮への参拝に対してなぜ「政教一致」との批判をしないのか

 

伊勢参拝の福田首相「国民の幸せ祈った」
1月4日19時59分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080104-00000941-san-pol
 福田康夫首相は4日、若林正俊農水相や増田寛也総務相らとともに、三重県伊勢市の伊勢神宮を参拝し、この1年の国家安泰を祈願した。
(中略)
 一方、民主党の小沢一郎代表も同日、同党議員らと伊勢神宮を参拝した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080104-00000941-san-pol

ーーーーー

 なぜ抗議しない?

 こんなことを言うと、多方面から怒られてしまいそうだが、なぜ首相・閣僚のみならず、国会議員の靖国神社参拝に反対する議員・国民は、これに抗議しないのか、はなはだ疑問だ。

 とある議員は、首相の靖国神社参拝は「政教分離違反」であると主張した。

 そうであるならば、伊勢神宮参拝も「政教分離違反」ではないのか?靖国参拝反対の議員は、私的であろうが、公的であろうが、公金の支出がなくても、「政教分離違反」としてきたはずだ。

 ならば、靖国参拝と同じように抗議しなければならないだろう。

 このように言うと、たいていは伊勢神宮は歴史があるが、靖国神社はA級戦犯が祀られているし、歴史が浅いから、別格なんだ~云々と反論を受けることがある。わたしもその一人だ。いつも歴史的価値の違い、祭神の違いを理由に反論を受ける。だから、伊勢神宮には参拝してもかまわないんだ・・・と言われる。
 だが、歴史の深さだけで、宗教の価値が決められるものなのだろうか?そんなこと言った瞬間に、新興宗教の全否定につながるのではないか??わたしは、あらゆる新興宗教を一刀両断に否定することは好きではない。

 それはさておき、もしこれに抗議しないのだとすれば、神社参拝行為を世俗的行為として認容しなければならない。
 もし、これで靖国神社参拝のみ、ことさら反対するのならば、靖国神社およびその信者の信教の自由を奪うものと言わなければなるまい(先に述べたように、祭神に戦犯がいるからといって、その宗教的価値を否定してはならない。それこそ専制国家まっしぐらな考えだ)。

 わたし個人は仏教徒と無宗教の中間みたいな意識でいるが(日本人のおおかたの意識もこのようなものではなかろうか?)、わたしにとって神社参拝は世俗行為のように感じられる(すなわち、宗教的行為ではない)。
 生活の一部として、初詣に行く。お寺にもいくし、神社にも行く。今年も友人と一緒に初詣に行っている(ちなみに、その友人は創価学会の信者だから面白い)。

 天皇制に反対し、常々天皇の戦争責任を主張する人たちが、明治天皇を祭神とする明治神宮に初詣に行くように、それだけ、日本人にとって、神社への参拝行為というものは世俗化している、のではないか。

 こういった(靖国参拝に反対する)一貫しない国会議員の姿が、なんとなく純粋ではないような気がしてくるのだ。だから、靖国神社に参拝することに反対するのは、純に憲法を護るためではなく、近隣諸国のため、というような印象を受けてしまう。それに、A級戦犯がいるからダメってなんだろう?B級戦犯なら許されるのだろうか?そもそも、中にはA級戦犯の意味すら知らないで反対する者もいるから、どうも奇妙にうつる。
 もし、反対するのならば、一貫して反対すべきだろう(ちなみに、わたしにとって、死刑廃止論者が、死刑判決が出ても抗議しないのに、死刑執行には抗議するのも彼らと同じようにうつってしまう)。

 それはともかく、
 首相は参拝後、記者団に「五穀豊穣(ほうじょう)、国運伸長とあわせて国民みなさんの幸せを祈った」と語った。

というが、願うことも大切なことだが、政治家たる首相には行動で示していただきたいものだ。
 先の薬害肝炎訴訟事件のような対応はもうして欲しくない。

 福田首相も、民主党の小沢代表も、国民の幸福のために、政治家としての責任を全うして欲しい。
 
関連記事

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/01/05(土) 01:31:27|
  2. 政治
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6
<<海の上で戦い,船を沈没させ,人を負傷させることのどこが環境保護運動なのか | ホーム |

コメント

通りすがりのものですが、伊勢神宮参拝に講義しないのは、中韓からの言い掛かりがないからでしょう。

伊勢神宮も軍国主義の精神的柱になった伊勢神宮に参拝するのは軍国主義の反省をしていないとか、アマテラスを伊勢神宮から分祀をしろと言い出したらどう対応するつもりなのか、個人的には見ものと思っています。

  1. 2008/01/04(金) 23:50:22 |
  2. URL |
  3. 匿名希望 #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

匿名希望さま

コメント、ありがとうございます。
ブログ、誰も見ていないのではないかと、不安に思いながら、ひっそりとぼやいておりました。
コメントしていただけると、なんだかうれしいです。

>伊勢神宮参拝に講義しないのは、中韓からの言い掛かりがないからでしょう。

やはり、そのような見方が成り立ちそうですよね。
本文の「政教分離違反」との主張をしているのは、社民党の議員や民主党の一部議員なのですが、もし彼らが本当の「護憲派」ならば(ちなみに、かく言うわたしは実は改憲派だったりします)、これにも抗議するべきだと考えています。

それに、彼らを支持する人たちのおおかたの意見も、誠に不可解で、「伊勢神宮は歴史を持っているのと異なり、明治に作られた『戦犯を祀り上げるだけ』の靖国神社に参拝することは戦争を賛美することであり、許されない」などとするもので、まったく賛同することはできません(ふだん人権だの自由だの騒いでいる人たちが、このように人々の信仰心をもてあそぶとは驚きではありますが)。

おっしゃるように、中国・韓国の影響のもとで、ただ「政教分離」だのと言っているだけだとおもいます。
本当は中国・韓国に言われたから抗議しているにすぎないのにもかかわらず、それを半ばごまかすがごとく「戦争の賛美」やら「政教分離違反」やらと御託を並べるだけでしょうね。おっしゃることよくわかります。

>伊勢神宮も軍国主義の精神的柱になった伊勢神宮に参拝するのは軍国主義の反省をしていないとか、アマテラスを伊勢神宮から分祀をしろと言い出したらどう対応するつもりなのか、個人的には見ものと思っています。

(笑)
まったくそのとおりです。

その後、国立の追悼施設を作れ!などといいそうですよね。それから、天照大神の戦争犯罪を口にするのではないかと。。

初詣もできない日本になったら悲しいですね。初詣=ナショナリズムなどと言い始める人がいつ出てきてもおかしくない気がします・・・
  1. 2008/01/05(土) 02:15:57 |
  2. URL |
  3. くるくる #-
  4. [ 編集]

くるくるさん凄いです、駄コメでごめんなさい><
もう・・・福田さんの顔を見ると怒りが込み上げてきます・・・・政治屋さんには期待していません・・・
早く辞めてくれるのを待つだけです・・・
  1. 2008/01/05(土) 13:29:13 |
  2. URL |
  3. usakaze #-
  4. [ 編集]

どんどん参拝すればいいんですよ

政治において、宗教をカードの1枚に扱って欲しくないなと思います。

お正月、やはり決意であったり希望を持ってお参りするわけですから、
そこに政治的要素を絡めてやり取りするのはむしろ馬鹿らしくも見えます。

靖国に対して言いたいのは、意思とは裏腹に合祀されてしまった方の
御霊は解き放ってもらいたい、その位です。
物理的拉致被害もありますが、精神的宗教的拉致被害もあり得ること。

ともかく宗教の周囲は、安らかで穏やかなものであってほしいものです。
戦の神を祭る神社や寺だってあるんですから、言い出すとキリないです。
  1. 2008/01/05(土) 14:32:41 |
  2. URL |
  3. はすのや #W7zA5b1g
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます!!

usakazeさま

>くるくるさん凄いです、駄コメでごめんなさい><

いえいえ!そんなことおっしゃらず!こちらにしてみれば、コメントがあるだけで、涙が出るってものです(笑)

>もう・・・福田さんの顔を見ると怒りが込み上げてきます・・・・政治屋さんには期待していません・・・
早く辞めてくれるのを待つだけです・・・

 「政治屋」とは秀逸な表現ですね!わたしも、福田首相に期待することはできないでいます。
 それにしても、福田首相はしたたかと言いますか、世渡り上手といいますか・・・政治家としての「汚さ」をもっていますよね。
 大きな批判もなければ、大きな成果もない。そんな感じです。

 ただ、マスコミも安倍前首相のときほど、批判しなくなりましたよね。前首相と同じような報道ならば、既に福田内閣は倒れているとおもいます。しかも、それに加えて、民主党などの野党も攻撃の手を休めている気もします。なにをやっているのでしょう。
 野党から福田首相の辞任を求める声が全く大きくならないのは、なんとも不思議です。。
 福田訪中に、国会議員が黙っているのを見ると、なんとも気持ちが悪いです。与野党が談合しているようにうつります・・・
  1. 2008/01/05(土) 17:48:17 |
  2. URL |
  3. くるくる #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます!!

はすのやさま
 コメントありがとうございます!!

>どんどん参拝すればいいんですよ。政治において、宗教をカードの1枚に扱って欲しくないなと思います。

全くの同感です。
テレビなんかでは、「靖国カード」なんて言葉が平気で使われて、宗教を政治に利用することを前提に、自称ジャーナリストだの評論家だのが意見を言ってますが、わたしはこういう光景にものすごく違和感を覚えています。

>お正月、やはり決意であったり希望を持ってお参りするわけですから、 そこに政治的要素を絡めてやり取りするのはむしろ馬鹿らしくも見えます。

そうです!まったくおっしゃる通りです。
野党が「政教一致!」と騒ぐものですから、伊勢神宮への参拝も同じように抗議しろ、と書いてしまいましたが、わたしとしては、靖国にしろ、伊勢神宮にしろ、参拝することには反対ではありません(本当は、政治家の参拝行為に賛成やら反対やら言っている次元でおかしいとおもわなければならないのですけど)。

>靖国に対して言いたいのは、意思とは裏腹に合祀されてしまった方の 御霊は解き放ってもらいたい、その位です。 物理的拉致被害もありますが、精神的宗教的拉致被害もあり得ること。
>ともかく宗教の周囲は、安らかで穏やかなものであってほしいものです。 戦の神を祭る神社や寺だってあるんですから、言い出すとキリないです。

「"合"祀」という性質上、それが困難である、という事情もあるのですが、本来ならば、その意に反して合祀されてしまったかたがたの魂(御霊といったほうが正確かな)をおっしゃるような形にすることが望ましいと言えます。

この点、宗教関係の争いというのは、自律的に解決することが難しく、どちらか一方の譲歩あるいは互譲が必要になります(司法的解決も今の裁判所の立場ですと、期待できないものと言わなければなりません)。

わたしも、宗教においては、常に平穏であって欲しいとおもいます。どのような解決策が講ぜられるかはわかりませんが、ご呈示の問題は一刻も早く解決していただきたいものです。
ただ、この問題を解決するにあたっては、靖国神社の性質から、政治問題に強制的に巻き込まれてしまいます。それは、国内だけの問題にとどまらないでしょう。
この問題の解決は、まだまだ先になりそうです。。

一日も早く、このような問題が解決され、なくなられたかたがたの御霊が安らかになることを、願ってやみません。これでは、心静かに休まれません。
  1. 2008/01/05(土) 18:02:26 |
  2. URL |
  3. くるくる #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://macrcr.blog28.fc2.com/tb.php/21-cc4c0122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブッダの瞑想法―ヴィパッサナー瞑想の理論

 書評を書いた人が全員5つ星(H19.12.31時点)だったのですぐ購入。 瞑想の本は初めてでしたが、序章で引き込まれ、ゾクゾクしながら読み、意識が覚醒する感覚を覚えました。 私が実践できると思ったことは、この本の主張である「現在の瞬間の事実に気づく」
  1. 2008/01/06(日) 11:28:21 |
  2. みかの日記