FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

〔外国人参政権〕実現可能性高まる

○ 「悲願の」外国人参政権実現へ
 以前より取り上げていた「外国人参政権法案」が現実に提出される運びとなった。どうやら公明党が主導して提出するようだ。
 まずその前提として、各政党で、賛成と反対がどのくらいの分布でいるのかを確認しておこう。

民主党>当選者308人

(賛成)184人 (反対)35人 (保留)57人
<社民党>当選者7人

(賛成)7人 (反対)0人 (保留)0人
国民新党>当選者3人

(賛成)0人 (反対)1人 (保留)1人
自民党>当選者119人

(賛成)8人 (反対)60人 (保留)42人
公明党>当選者21人

(賛成)19人 (反対)0人 (保留)0人
<みんなの党>当選者5人

(賛成)0人 (反対)0人 (保留)3人
<新党大地>当選者1人

(賛成)0人 (反対)1人 (保留)0人
<新党日本>当選者1人

(賛成)0人 (反対)0人 (保留)1人
<日本共産党>当選者9人

(賛成)7人 (反対)0人 (保留)0人
<無所属・諸派>
当選者6人 *新党大地は諸派に含めていません。

(賛成)3人 (反対)2人 (保留)1人




 公明、外国人の地方参政権付与法案を提出へ
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090926-OYT1T00802.htm

 公明党の山口代表は26日、静岡市内で記者団に、永住外国人に地方選挙権を付与する法案を10月中下旬にも開かれる臨時国会に提出する方針を明らかにした。[…]
 同法案を巡っては、民主党の小沢幹事長が19日、李相得(イサンドゥク)・韓日議員連盟会長に次期通常国会への提出に前向きな姿勢を明らかにした。同法案成立に向けて「共闘」が成立すれば、公明党が野党に転落して以降、初めて民主党と連携する機会となる。
 ただ、民主党内でも、慎重派と積極派が対立しており、意見の集約は図られていない。山口代表は連携について、「民主党がどういう政策決定をするかは定かでない。否定的な意見もあるようなので、よく見定めて検討していきたい」と述べるにとどめた。

 この動きは、ある種の公明党による民主党へのラブコールと見るのが素直だろう。
 大敗を喫した公明党が再び政権にありつくためには、民主党の気を惹く以外に手段はない。外国人参政権は、公明党と民主党の共通の政策である。民公が共闘するきっかけを作るには、外国人参政権は絶好の機会なのだ。

 大手新聞社の調査を参考に私がまとめたところ外国人参政権の付与に賛成の議員が衆議院で間違いなく過半数を超え、態度保留の者が賛成に回れば、容易に3分の2以上の賛成を得ることができる。すなわち、提出されれば、成立するのはほぼ間違いない。

 あらためておさらいをしておこう(具体的数値はこちらのエントリを参照していただきたい。)。

 読売新聞は民主党内には賛否あると言うが、その実質は過半数以上が賛成、態度保留を合わせれば、民主党内だけでも賛成は3分の2を超える
 自民党は反対者と同じくらい態度保留も多く外国人参政権というナーバスな問題について、無関心な議員が多いことが分かる。加藤紘一氏など有力議員が外国人参政権に賛成と述べていることなどを考えると、態度保留者が賛成に流れてもおかしくない。

 法案の通過を決める上で、見過ごせないのは、公明党だ公明党は衆議院で21人の当選者を出したが、ほぼ全員が外国人参政権付与に賛成している

 その他の政党もおおむね賛成者が多いので、それらの数を合わせれば、衆議院で3分の2以上の賛成を得ることができよう(つまり、参議院で否決されても、衆議院の優越を使って、衆議院が3分の2以上の賛成で再議決すれば、法案は成立するのである。)。
 
 私は未だに外国人参政権を付与する積極的理由を見出していないので ー 永住外国人が「税金を払っているから参政権を付与するべきだ」という論調が強いが果たしてそうだろうか?もし彼らが言うように納税と参政権に牽連性ないしは対価性?があるのであれば、税金を払っていない日本国民から参政権を奪うことができることになる。それはどう考えてもおかしい。 ー ここに私は明確に反対の立場を表明しておきたい
 別にこれは外国人を排斥しようと言っているわけではない。最高裁平成7年2月28日第三小法廷判決が示すように、国民主権を採用する日本国憲法の下において、日本国民のみが参政権を有するのは当然の話であって、これは地方参政権においても異なるものではないのである。
 なぜ、外国人参政権が必要なのか・・・私はそれを合理的に説明したところをまだ見たことがない。

 今のところ、上記「外国人参政権法案」を阻む策は、民主党の数少ない37人の反対派と、反対派の多い国民新党、そして世論の力だけである。

 特に国民新党は明確に反対を表明する議員も何名かいるため、連立を組む上で、民主党執行部は国民新党と内部の賛成派との間で板挟みにあうのは避けられない。

 しかし、それはまだ楽観的な展望で、実際、国民新党もどこまで反対を貫き通せるかは不透明だ。今のところ、国民新党の興味は郵政にあり、外国人参政権には向いていない。「そこまで反対するほどのものではない」という政治判断に至ってもおかしくない。

 世論については、ネットでは関心が高くても、実社会では無関心な者も多い
 マスメディアは、外国人参政権についてほとんど報じることもしていないから、国民が知らぬまま、外国人参政権付与が決まっていた・・・などという事態も十分に考え得る。

 残念なことに、まずは、多くの国民に外国人参政権法案が提出されようとしていることを知っていただくことから報せなければならないようだ。

 みなさんは、公明党が外国人参政権法案を提出しようとしていることについて、どのようにお考えになるだろうか。

〔追記〕10月30日に、公明党は、民主党内で同法案提出の動きがあるとして、臨時国会での提出を見送る方針を明らかにしました。
次回更新:今週中には一回以上エントリします。
関連記事

テーマ:外国人参政権問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/10/30(金) 00:51:03|
  2. 政治
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:8
<<日本郵政新体制発表:評価がさまざまなのは当然の話 | ホーム | 民法上の成年者を「18歳に」>>

コメント

なぜ、私がそこまで謝罪したり、大切な手帳を無理矢理にであれ持ち去られたりしたのか。不思議に思われる方もいるかもしれない。私は過去にもおいて、創価学会、公明党による造反者、敵対者への誹謗中傷がいかに執拗かつ激しいものであったかを身をもって体験しているのだ。とりわけ、私の前任公明党委員長だった竹入義勝氏、元創価学会顧問弁護士の山崎正友氏、日蓮正宗前管長の日顕師、元公明党都議会議員の藤原行正氏への攻撃はすさまじく、『聖教新聞』などで連載記事、特集記事を組んでは批判を継続し、およそ宗教団体、宗教人の発言とは思えないような口汚い誹謗中傷を掲載していた。矢野絢也先生

参政権をあげて外国人をコントロールするのだろう。創価村樹立の日も近い。
  1. 2009/09/27(日) 12:41:44 |
  2. URL |
  3. 匿名希望 #-
  4. [ 編集]

お気軽に・・・

くるくるさん、お邪魔します。

お気軽にコメントさせて頂きます(^Д^)

政権与党の権力は絶大です。
公明は権力に擦り寄る。

あくまで私の妄想としてお読みください。

この度の選挙で、公明は自民の大敗を予想していた。
これまたあくまで私が住んでいる地元の、極めて小さな鴻コミュニティーに「公明は真剣に応援していない」という情報がありました。
太田代表を比例に入れなかったのは、負けを見越していたからではないか。
そして自民とのしがらみのない山口代表を据え、民主党に近づいている。

池田大作ほど、権力と権威の強みをしっている男はいません。
自民政権にすり寄り、「票」「議席」という自民の弱みを握り、地域振興券や国政法改悪などを実現させてきたが、自民にはまた手堅い保守勢力が立ちはだかっていた。ネットをはじめとして、公明の支持母体である創価学会の実態が明らかにされ、自公連立への不満がレッドゾーンに達している。これまた公明党は、自民支持者の感情を見越していた。

民主に乗り換えた、ということでしょうね。
権力さえ手に入れてしまえば、どうにでもなる。

>多くの国民に外国人参政権法案が提出されようとしていることを知っていただくことから報せなければならないようだ。

方法が見つからないのです。
口頭でどうやって?無関心な人に、この法案の問題点をどうやって知らせたら良いでしょう。
先頃 自民党がやらかした反民主ビラの失敗を見ました。
この法案に反対する人達はどうでしょう。過激なレイシスト発言がもとで、外国人参政権反対者は「排外主義者、レイシスト」という印象を植え付けてしまいました。



  1. 2009/09/27(日) 14:48:25 |
  2. URL |
  3. 鴻 #FDXVSfgk
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/09/27(日) 15:18:16 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

この法案の影から何が飛び出すか?

ちょっと興味津々なのは外国人参政権の裏で『何か』を用意してるような気がしてなりません。

日本には苦労して生活基盤を獲得して生活している定住外国人の方も多くいらっしゃいますし、韓国の李承晩が海賊も真っ青の凶行で強引に居座った方もいます。
関係清算に向けての下準備?とも見て取れます。

民主党の基本スタンス的には自民のバラマキと比較してですが、ギブアンドテイクをモットーにしてる節はありますし、選挙対策に精通してる小沢さんが新たな浮動票の創出が、自分達に単純にプラスになると浅はかな思慮で動いてるような人でも無いでしょう。
『しかるべき責任にはしかるべき負担』これもまた真実ですからね・・・。


まあ公明党はあえて突っ込みいれるまでもないですね
  1. 2009/09/27(日) 20:44:32 |
  2. URL |
  3. aki #ldSHJ4vM
  4. [ 編集]

>匿名のかた

外国人参政権が、客観的に見て、公明党の<悲願>であることは間違いありません。
もしかすると、あなたのおっしゃるように、第二、第三の信濃町を外国人を使って作りたいとおもっているのかもしれない。一説には韓国や中国に恩を売ることで、支持母体の布教につなげたい、という話もあります。
ですが、いまだにわたしは彼等の真の狙いがわからないでいるのです。否、実際は狙いなんてものはなくて、世界市民的な発想で言っているだけのことかもしれません。
  1. 2009/09/28(月) 12:29:31 |
  2. URL |
  3. くるくる #-
  4. [ 編集]

>鴻さん

私も同感です。公明党があそこまで敗北するとは思ってもみませんでしたが、あの公明党が自民党と一緒に、すんなりと下野するとはおもえません。
鴻さんのご推察は、実は私も心当たりがあるのです。東京都八王子市は創価大学など学会関係施設が多く、学会員の多い地域としても知られています。
麻生元首相も選挙期間最初の遊説先が八王子でした。一般に組織を動員しやすいからだと言われています。
そこには、自民党から萩生田光一氏が出馬しており、これまでも組織のバックアップを受けて大勝を続けていました。しかし、今回の選挙でまさかの敗北。公明票があれば早々敗北しないものと考えられていただけに、水面下で公明票の離反があったのではないか、と囁かれています。

外国人参政権ですが、実は私も周知方法が見つからずにいます。
過激な右翼の宣伝に乗りたくはありません。彼等は国政参政権と地方参政権の区別すら付いていませんし、朝鮮半島嫌いなだけで反対をしていますからね。
日の丸を振り回し、愛国心だのなんだのといっていますが、愛国心を口にする人ほど愛国心がないんですよね。端から見ると。
  1. 2009/09/28(月) 12:42:36 |
  2. URL |
  3. くるくる #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/09/28(月) 17:59:17 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

>内緒コメントさん

 なるほどその見方もありますね!おしりに火が付いているのは、むしろ公明党のほうなのかもしれません。

 また、そちらにおじゃましますね!内緒コメントでもいいので、お気軽にお寄せくださいね!
  1. 2009/09/28(月) 19:37:18 |
  2. URL |
  3. くるくる #0S.Kwhuo
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://macrcr.blog28.fc2.com/tb.php/210-8215b085
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2009/12/02(水) 12:37:41 |

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2009/09/27(日) 18:30:28 |

「悲願の」外国人参政権実現へ(トラバ)

今回はトラバエントリーです。 くるくるさん、ありがとう。 ○ 「悲願の」外国人参政権実現へ 以前より取り上げていた「外国人参政権...
  1. 2009/09/27(日) 15:17:22 |
  2. 鴻日記

【ミンスウヨを嗤う】小沢が改めて「在日参政権推進」だってw

NIKKEI NETより http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090911AT3S1101R11092009.html 小沢氏、永住外国人への地方参政権付与実現に意欲   民主党の小沢一郎代表代行は11日、党本部で川上義博参院議員と会談し、永住外国人への地方参政権の付与について「自分はもともと
  1. 2009/09/27(日) 00:53:19 |
  2. サラリーマンやってる猫の一匹集会所