FC2ブログ

マードック:何のために日本にやってきたのか

 
            マードック:何のために日本にやってきたのか

 以前、「世界のメディア王」と言われるルパート・マードック=ニューズ・コーポレーション会長=の動向は、国際情勢を見る上で極めて参考になる、と申したことがあったと思う。

 最近の例では、北京五輪だ。日本の志あるかたがたがチベットの人権に関心を寄せられ、北京五輪開催に抗議の意思を示してくださったのは記憶に新しいが、私はチベットを支持しながらも、北京五輪開催の方向性は変わらない、と述べた。
 その証拠に、聖火リレー後は、不思議なことに、欧米メディアは北京五輪とチベット情勢をリンクさせるような報道をしなくなった。

 なぜ、私がそのように考えたか。
 マードック氏が自身のニュースメディアを使って、露骨に北京を強力にバックアップしたからだ。

 一人の老人にそんなことができるか、という人も多いかも知れない。
 だが、世界中のマスメディアをその支配下に置いているマードック氏の影響力は米国大統領と同等、いや、それ以上と言っても過言でない。

 あらかじめ言っておくが、私はユダヤ陰謀論に与するものではないマードック氏がユダヤ系だからといって、決めつけで物を言うつもりはない。

 マードック氏の影響力については、映画評論家の町山智浩さんのblogが簡潔によくまとめられていて参考になる。少しばかり引用させていただきたい。

 戦争煽動を認めたメディア王ルパート・マードック
 http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20090621

 マードックがFOXニュースを使って国民にブッシュ政権を支持させ、イラク戦争を煽動したことは陰謀論でも何でもなく、マードック本人が認めた事実です。[…]
 アニメ「ザ・シンプソンズ」ではマードックのコネを使ってイギリスのブレア首相(当時)に本人の声をアテさせ、ブレアへの影響力を示しただけではなく、マードック自身が自分の声をアテて「私がメディアの世界支配を企むマードックじゃー」というセリフを言っています。
 「007トゥモロー・ネバー・ダイ」の悪役は、中国に衛星テレビで進出するために中国と英国の間に戦争を起こさせて、それを中継しようとするメディア王ですが、あれはマードックがモデル。
 実際にブレアとブッシュにイラク戦争を起こさせて、それを中継することでFOXニュースはCNNを抜いて視聴率ナンバーワンの座を奪うことができた。
 ブッシュ政権に都合のいいニュースしか流さなかったように、現在は中国政府に都合のいいニュース以外は流さないことで、世界最大の市場中国のテレビを支配しようとしている。[…]
 つまり勝ちそうな方、権力を握りそうな方に、左右を問わずに近寄って自分の懐に抱え込もうとするのだ。[…]
 だからマードックは単なるメディア王ではなく、世界の政治を実際に操る男の一人なのだ。

 町山さんのblogではイラク戦争の例が挙げられているが、マードック氏は、先の米国大統領選挙でもその強大な力を使って結果を左右動かそうとした
 実際、大統領選直前の米国オバマ礼賛報道は常軌を逸するものだった。今さらNewsweekなどは「オバマを礼賛したマスコミはナンチャラ~」と言い始めているが、「オバマ大統領」はマスメディアに担がれたのは否定できない事実だ。

 「世界のメディア王」マードック氏ははじめはヒラリー・クリントンを支持していた。

 しかし、面白いことに、選挙情勢がハッキリしてくると、マードック氏は、オバマ氏を支持。これまでオバマ氏を「チンパンジー」などと差別してきた人間が、「彼は大統領になるだろう」との予言をしてみせたのだ。
 私はそれを聞いて、「ああ、オバマが大統領になるのだな」と確信した。
 やはりマードック氏がオバマ支持を表明してから、FOXなどマードック氏の息のかかったメディアはもはやオバマ氏を批判しなくなった。マードック自身も、これまで自分がやってきたオバマ氏への痛烈な人種差別発言などを陳謝、オバマ大統領誕生まで惜しみないバックアップをすることを約束した(現に、マードックの娘がオバマ氏のために選挙資金集めを目的とするイベントを開催するなどして、資金的にオバマ陣営を支えたのであった。)。
 参考:http://thecaucus.blogs.nytimes.com/2008/04/01/murdochs-daughter-hosts-obama-fund-raiser/

 そのマードック氏が今月5日に日本を訪れたのをご存じだろうか。
 ちょっとエントリが長くなってしまったので、続きは後日書くが、マードックは意外な人と会談を行っている。

 ところで、マードック氏に関して述べたblogは日本でも有力なものがいくつかあるが、その多くがいわゆるユダヤ陰謀論だ。
 だが、私はそれには与したくはない。ほとんどが明確なソースなく書かれているからだ。
 ただし、マードック氏への警戒は怠らないようにしておきたい。個人的に、マードック氏は自分のメディアを使って、米国と中国の架橋を行おうとしているのではないか、と考えている。

 今年は何度「Japan Passing」との言葉を聞くことになるのだろう。。

* 次回更新 10/11今日もう一本上げます。
関連記事

theme : 民主党・鳩山政権
genre : 政治・経済

tag : マードック マスコミ 民主党 小沢一郎 オバマ 米国

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

Secret

No title

不思議なことに
このマードック来日についてほとんどスルーですよね。
小沢とあって民主党政権の誕生を祝すコメントまで出しているのに。

小沢じしん。政権交代は天の定めと答えやがりました。

改めて危ない。
上野美術館でのポタラ宮展ではチベットは完全に中国として紹介。
盗んだものを展示してそれを文化庁が後押ししているわけです。

長城計画で経団連を引きつれ北京へ12月に行く小沢です。
団塊の世代が政財界のトップにつき始めた途端のこの窮状に
なす術無し。千葉景子法相は最高裁の判決を覆し、身分査証中国人姉妹に特別在留許可を出しました。

>虚弱さん

 はじめまして!

 <小沢とあって民主党政権の誕生を祝すコメントまで出しているのに。 >

 そうです、本文中の<意外な人>とは、小沢一郎幹事長のことです。
 本当にびっくりしました。表敬訪問とのことですが、マードックのことですから、小沢氏の権力の匂いを嗅ぎつけてきたのでしょう。マードックは自分で動くというよりは、メディアを使って相手を動かすタイプですから、ニューズ系列で小沢氏を礼賛する特集でも組まれるんでしょうかねえ。
 小沢氏がどこまで考えてマードックと会ったのかは分かりませんが、最大の警戒をしてほしいものです。

 <上野美術館でのポタラ宮展ではチベットは完全に中国として紹介。 >
 私は海外の報道で知りました。既に日本で展示会が始まる前に海外で抗議活動が起きていたからです。
 日本でも展覧が行われることは知らなかったので、上野美術館ですでに展覧が行われていることに驚きました。私が普段いるところのすぐ側で、起きていたとは・・・

 最高裁は法務大臣の在留許可に関する判断を広く裁量の問題だとしています。裁量の問題だからこそ、法務大臣を誰にするかは重要な問題なのです。
 多くの国民は、そのことを分かっていないので、たかが法務大臣と思えるかも知れませんが、広い裁量権を持つ法務大臣が誰であるかによって、末端の行政は大きく変わらざるを得なくなります。
 だからこそ、今回の閣僚人事を見て、法務大臣に千葉氏がいることに落胆しました。なぜ彼女を法務大臣に選んだのか、疑問です。
 
 虚弱さんは、先の千葉氏の「検察指揮権発動」発言をご存じですか。歴代の法務大臣はいずれも「慎重に」という立場を表明してきたのに、千葉氏はむしろ検察をどんどん動かしてやる、と言っているのです。
 これは、検察官の独立を侵害する危うい発言であって、正直申して「失言」だと私は考えます。先日、元検事と酒を飲む機会があったので、その話で盛り上がりました。
 あれだけ小沢氏への捜査が国策捜査だと言ってきた人たちが今では、国策捜査称賛をしているのですから、お笑いものですよ。。
プロフィール

くるくる

管理者:くるくる
 主に政治ニュースを取り扱っています。メディア・リテラシーを身につけて客観的に物事を見つめる能力を養うことが目的です。
 コメントは遠慮なくお寄せください。

記事一覧
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンクツリー

 
Twitter
ブログ内検索
管理人へメール
管理人へ私信を送りたい際にご利用ください。

名前(匿名可です。):
メール:
件名(任意):
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
タグクラウド
食の安全(#2)護憲(#1)児童手当(#1)前文(#2)外国人参政権(#22)参政権(#1)仏教(#2)グリーンピース(#1)上田清司(#1)バッテリー(#1)75条(#1)胡錦涛(#1)ニクソン(#1)密約(#2)チベット仏教(#1)所得税(#1)刑法(#1)海賊(#1)guardian(#1)安全保障(#1)日本国憲法(#5)裁判権(#1)真言宗(#1)宮内庁(#1)ASEAN(#1)成年(#1)酒井法子(#1)単純所持(#1)コンテナ船(#2)府知事選(#1)後楽園キャンパス(#1)小沢一郎(#25)地球温暖化(#2)ベーシックインカム(#1)自由党(#1)萩本欽一(#1)COP15(#1)信仰(#1)永住外国人地方参政権付与法案(#1)東アジア共同体(#5)振り込め詐欺(#1)アフガニスタン(#1)ソマリア(#1)消費税(#3)ベトナム(#1)マクリーン事件(#1)社会党(#1)教師(#2)片山虎之助(#1)検察審査員(#1)法規範(#1)ボートマッチ(#1)川田龍平(#1)正社員(#1)訴追(#1)国務省(#1)国家戦略室(#2)日本郵政(#1)事業仕分け(#2)産経新聞(#1)チャレンジド(#1)Mac(#1)新党日本(#2)不起訴不当(#1)日韓併合(#1)政府(#1)国連(#2)倫理(#1)政治利用(#7)アジア主義(#1)追徴課税(#1)扶養控除(#2)判例(#2)北京五輪(#1)尖閣諸島(#1)扇子(#1)衆院選(#2)朝鮮(#1)思いやり予算(#1)尾辻秀久(#1)ワーク・シェアリング(#1)9条(#3)死刑存置(#1)年収要件(#1)岡田克也(#5)平沼赳夫(#1)公明党(#7)マードック(#1)マルキスト(#1)吉永みち子(#2)鯨(#1)大阪市(#6)クラスター爆弾(#1)前原誠司(#1)核兵器のない世界(#1)生活(#1)議員定数不均衡(#1)リスク(#1)所得控除(#2)FT(#1)死刑(#1)新自由主義(#1)空知太神社(#1)小泉構造改革(#2)失言(#2)吉野文六(#1)死刑廃止論(#1)横路孝弘(#2)ブッシュ(#1)海上自衛隊(#1)小泉純一郎(#4)自衛隊(#1)命名権(#1)telegraph(#1)体罰(#8)民本主義(#1)議員立法(#1)世論調査(#1)キリスト教(#2)象徴天皇制(#1)民法(#2)急性副鼻腔炎(#13)障碍者(#2)日本(#2)高木八尺(#1)検察(#2)中曽根康弘(#1)慢性副鼻腔炎(#13)MacBook(#1)大法廷(#1)自殺(#6)麻生太郎(#3)アジア(#1)長妻昭(#3)非正規(#1)GHQ(#3)参院選(#2)労働市場の流動化(#1)偽装献金(#3)国民主権(#1)加藤紘一(#1)カダフィ(#1)ワーキングシェア(#1)国家(#1)核兵器(#1)山崎拓(#3)年頭所感(#1)緊張型頭痛(#7)生活保護(#2)仙谷由人(#1)神社(#1)米国(#10)亀井静香(#3)ネット(#1)日韓トンネル(#1)ロキソニン(#2)信教の自由(#1)民団(#1)平和主義(#3)タイ(#1)厳罰化(#1)核密約(#1)竹原信一(#1)麻生首相(#1)鼻(#13)即位20周年(#1)副鼻腔炎(#13)中川昭一(#1)君が代(#2)日米首脳会談(#1)ネブライザー(#3)川上義博(#1)高田晴行(#1)青木幹雄(#1)菅直人(#4)二分論(#1)野中広務(#1)Wi-Fi(#1)生徒(#7)国連気候変動首脳会合(#1)マスコミ(#36)進歩党(#1)重加算税(#1)NYT(#1)平和(#1)比例区(#1)日本維新の会(#1)iMac(#1)捕鯨(#1)厚生労働省(#2)特例会見(#1)平和的生存権(#1)選挙権(#1)悪魔ちゃん(#1)占領政策(#1)税金(#1)南京大虐殺(#1)起訴議決(#1)中西一清(#1)政界再編(#1)社民党(#4)報道の自由(#1)GHQ(#1)平沼グループ(#1)ピルグリム・ファーザーズ(#1)シーシェパード(#1)日本テレビ(#1)憲法改正(#4)SWINC(#1)宗教右翼(#1)高窪統(#1)表現の自由(#1)李明博(#1)頭痛(#13)外務省(#4)天皇誕生日(#1)改憲(#1)クジラ(#1)大阪(#2)無申告加算税(#1)平松賢司(#1)千葉景子(#3)責任(#1)リアリスト(#1)裁判(#1)コリアン(#1)市橋達也(#1)博士の独り言(#1)護衛艦(#1)日比谷公園(#1)派遣村(#2)関門海峡衝突事故(#1)指導(#1)佐藤栄作(#1)人権(#3)内閣府(#1)winny(#1)就任(#1)構造改革(#1)オバマ(#10)安重根(#1)青山繁晴(#2)平手(#1)西沙諸島(#1)配偶者控除(#2)歴史認識(#1)学校(#1)民主主義(#1)ブログ(#1)児童ポルノ禁止法(#1)環境税(#1)行政罰(#1)中央大学(#1)国民新党(#4)大前研一(#1)PRAM(#1)罪刑法定主義(#1)高校(#6)ファシズム(#1)東アジア(#1)普天間(#1)長島昭久(#1)増税(#2)同意(#1)平野博文(#3)日韓トンネル研究会(#1)沖縄(#2)国体明徴(#1)民事責任(#1)死刑廃止(#1)幇助犯(#1)被害者の権利(#1)児童ポルノ(#2)石原慎太郎(#1)ノーベル平和賞(#1)改正(#1)Buddhist(#1)差別(#2)開かれた政党(#1)給付(#1)おことば(#1)韓国(#9)玻南ちゃん(#1)田中均(#1)組合(#1)関門海峡(#1)國体ノ護持(#1)パイレーツ・オブ・カリビアン(#1)首班指名(#1)憲法(#9)イラク(#1)フィナンシャル・タイムズ(#1)保守(#2)住民訴訟(#1)朝日新聞(#2)西山太吉(#1)ラジオ(#1)北朝鮮(#1)一票の格差(#1)外国人管理職事件(#1)イスラエル(#1)社畜(#1)鼻水(#13)自民党(#37)リベラル(#1)派遣(#1)ユーラシアグループ(#1)戦争(#1)わいせつ(#1)官房長官(#2)AirMac(#1)一君萬民ノ政治(#1)郵政民営化(#1)モラル(#1)外国人(#2)戸籍法(#1)政治(#1)平田健二(#1)外国人労働者(#1)民主党(#100)聖域なき構造改革(#1)イデオロギー(#2)農薬(#1)田中康夫(#2)南沙諸島(#1)子ども手当(#2)接続時間(#1)事件(#1)非正規雇用(#1)規制緩和(#1)適正手続(#1)報道(#1)核兵器なき世界(#1)阿久根市(#1)法務大臣(#1)財務省(#1)鼻づまり(#13)演説(#2)TBS(#2)毒入り餃子(#2)Apple(#1)後鼻漏(#13)不安神経症(#1)最高裁(#3)仕分け人(#1)イスラム教(#2)大阪府知事選(#1)天皇(#16)外交(#1)裁判員(#1)検察審査会(#1)ポツダム宣言(#1)法治国家(#1)イラク戦争(#2)パキスタン(#1)朝鮮総連(#1)拉致(#2)記者クラブ(#3)総裁選(#1)グローバリズム(#1)軍国主義(#2)多摩キャンパス(#1)橋下徹(#2)福田康夫(#2)刑事責任(#1)国際(#1)社会保険庁(#1)沖縄密約(#1)伴奏(#1)朝ズバッ!(#1)田付景一(#1)山本孝史(#1)日米安保(#2)国家共同体(#1)プラハ演説(#1)公務執行妨害罪(#1)不法残留(#1)宗教(#1)日本共産党(#3)起訴相当(#1)暴力(#6)司法(#1)思想及び良心の自由(#1)閣僚(#2)衆議院(#1)脱税(#1)非正規社員(#1)核持ち込み(#1)創価学会(#2)年金(#2)政教分離(#2)チベット(#3)新党大地(#2)アダムスミス(#1)投票(#1)中学(#1)議長(#1)夫婦別姓(#1)肝炎(#1)みんなの党(#4)Constitution(#1)政治資金規正法(#1)毎日新聞(#3)刑事罰(#1)中国(#27)日の丸(#1)渡部恒三(#2)読売新聞(#1)自由(#1)鳩山由紀夫(#50)