FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

まずは東アジア共同体の定義付けを

 民主党政権が強く押し進める「東アジア共同体」。

 ネット上には、「仲良くすることは良いことだ」とか、「EUみたいでかっこいい」という意見もあるようだが、以下は、そういった人たちに特に一読しておいて欲しい記事だ。

 大前研一氏のコラム「東アジア共同体」を語る前にEUの歴史を学べ
 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20091019/189495/

 「東アジア共同体」構想については、すでに(予想された)米国からだけでなくアジア各国からも不協和音が聞こえてきている。
 シンガポールのリー・シェンロン首相は10月3日、訪日(10月5日から8日)を前に日本のメディアのインタビューに応じて、「東アジアの地域協力は、米国など域外国との関係も重視しながら進めるべき」「東アジアは米国と経済、安全保障の面で強固な関係を保つべき」との考えを示した。
 要するにリー・シェンロン首相は、「鳩山さん、東アジアを定義してみてください」と言いたいのだ。岡田外相は先日カンボジアのシェムリアップでのASEAN会議に出席したが、そこでも東アジア共同体を売り込んでいる。ということは東南アジアも入るのか、ASEAN+3(中国韓国、日本)とどう違うのか、などでますます混乱が広がった。

 リー・シェンロン首相は、リー・クアンユー初代首相(シェンロン氏の父)と同様に、「米国あってのアジア」という関係式を理解している人物だ。彼の目には、日本が突如打ち出した「東アジア共同体」構想が次のように映るのだろう。「日本は覇権を求めているのではないか。今は親分の米国に頭が上がらないから、東アジアで威張りたいのではないか。それはかつて日本がたどった道ではないか」、と。

 大前氏が指摘するように、「東アジア共同体」が良いかどうかの前提問題として、「東アジア」とは何を指して言うのか、「東アジア」の定義付けの問題がある。
 米国を含めるものだとすれば、APECと何一つ変わらなくなるし、東南アジア諸国を広く含めれば、ASEAN+3と異ならなくなる。

 仮に、そうではなくて、日中韓だけの国家共同体を創設しようというのであれば、今度は東アジア共同体を創設する意味が無くなる。
関連記事

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/10/21(水) 20:19:15|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<押尾学被告を裁くのであれば、あなたはどうする? | ホーム | 中国人の日本への個人旅行緩和へ>>

コメント

今一本質の見えない共同体

私自身似たような構想は持ってましたよ(脳内構想だけですが)
ただ、それはあくまでも平和を愛する(苦笑)日本を筆頭に、東南アジア諸国を巻き込んだアジア災害対策隊の創設という感じから始まり~ってところです。
日本はまだ災害大国ですから自国内の対処能力の高さや、盤石とはいいませんが危機管理体制の徹底など、災害に対する備えは世界レベルで見ても五本の指に入る物だと思います。
が、東南アジア諸国の中には災害対応までには手が回らない国もあるのでは?というのと、ここ最近の大地震に対する対策などが進んでいない国も多いのは事実です。
で、それぞれの国が出せる物を出し合い(金・機材・活動拠点・食料・人員・薬品その他諸々)
災害があった時は加盟国内ならどこでも速やかに対応出来る即応性を持った国際協力隊という形から入り、最終的には相互不可侵・相互安全保障等の条約をもって、東南アジア一帯を一枚岩として機能させるっていう脳内プランですね(笑)

ただ東アジア共同体といういのは今ひとつ釈然としないというか、イメージすらわかないのは実情です。
日本+東南アジア諸国だけではなく、
利権にあざとい中国+いまだ終戦すらせず日本を敵視しっぱなしの朝鮮を加えたがり、一方で東アジアの端に位置するインド、東アジアの一部ともいえる(極論ですが)ロシアは含まないとか、誰もイメージが沸かないからこそ、協力に応じる国は無いような気がします。
  1. 2009/10/22(木) 18:32:38 |
  2. URL |
  3. aki #ldSHJ4vM
  4. [ 編集]

歴史は繰り返す?

EUとは、有体に言えば仏が独から金をむしり取るシステムです。
東アジア共同体なとどいう代物も同様の機能を持つものになるでしょう。
もし日中韓だけの共同体なら、「特亜共同体」とでも言うべきでしょう。
かつて日本は日本人が払った税金を国内よりも、半島や満州につぎ込みました、当時東北地方では不況と凶作が重なり、人身売買が横行するほどだったのにです。
どうも自らが何者かを心得ていない議員は、日本人の払った税金を使って日本人を害したい輩に手を貸す事をなんとも思わないようです。
もし、EUへの憧れで共同体を作りたいのであれば、それは単なる白人崇拝でしかありません。
もっとも、そのような動きを米が看過するとは思えません。
かつての冷戦時代からの行動方針、すなわち「リムランド(ユーラシア沿岸部やその近くの島国)の国家と同盟を結ぶが、リムランドの国同士が結びつく事は阻止しなければならない。」が適用される事でしょう。
北京と結びつこうとした田中角栄、モスクワと結ぼうとした鈴木宗男、双方とも潰されました、今回が例外になることはありえないと私は思います。
なぜ、中韓でなければならないのか私には理解できません。
日本と中韓は互いに接触しないほうが双方にとって幸せなのです。
鳩山政権がとれるベストな外交は、中韓との外交それ自体を行わないことです。

私は日本が組むべきはマラッカ海峡までの制海権確保に必要な国家であると思います。
タイミング的には、米が中東から撤退した後がいいでしょうね。
  1. 2009/10/22(木) 19:59:52 |
  2. URL |
  3. WIZARD03 #5u6Z9rvo
  4. [ 編集]

>akiさん

 おっしゃるように、あらゆる形で災害救助を目的とする人的交流が盛んになれば良いですね。そのことが日本という国家にとってのリスク回避にも繋がる場合もあります(ボーダレスに降りかかる、たとえば、新型インフルエンザの脅威を押さえつけるには、日本以外の国のことにも国家的に配慮する必要があります。)。

 民主党は、「東アジア共同体」構想を推進する前に、まず「東アジア」の定義付けをすること、そして、なぜ「(国家)共同体」でなければいけないのかを説明する必要がありそうです。
 
  1. 2009/10/22(木) 20:59:38 |
  2. URL |
  3. くるくる #0S.Kwhuo
  4. [ 編集]

>WIZARD03さん

 不思議なことに、EU内部では、激しい右傾化が進んでいるんですよね。おっしゃるように、その内実は極めて鋭利なナショナリズムが台頭していて、お互いを激しく食い合っている。
 で、おっしゃるように、その真ん中にはフランスがあるわけで、私個人はこれほどまでに保護主義的な統合体はないと思うんですけどねえ。

> かつて日本は日本人が払った税金を国内よりも、半島や満州につぎ込みました、当時東北地方では不況と凶作が重なり、人身売買が横行するほどだったのにです。

 おっしゃるとおりです。しかし、東アジア共同体構想の根底が大東亜共栄圏の思想に繋がっていることを指摘する声は少ないのが気にかかります。
 人類が歴史から学んだ唯一の教訓は、人類は歴史から学ばないことである、ってやつでしょうか。

> 北京と結びつこうとした田中角栄、モスクワと結ぼうとした鈴木宗男、双方とも潰されました、今回が例外になることはありえないと私は思います。

 私はなんとなく小沢さんが後から刺されそうな予感がしています。杞憂かもしれませんけれども、政治とは常にそういうコトが起こりうるものですから。。

> なぜ、中韓でなければならないのか私には理解できません。
> 日本と中韓は互いに接触しないほうが双方にとって幸せなのです。

 歴史は、日本が中韓との係わり合いを最小限に止めることを教えています。歴史認識を言うのであれば、まずそのことを日本の政治からは肝に銘じておくべきです。

> 私は日本が組むべきはマラッカ海峡までの制海権確保に必要な国家であると思います。

 日本ではほとんど報道されませんでしたが、中国の胡錦涛国家主席は<中国は海洋大国である>としたことがあります。<海洋権益を擁護するため、海軍力の増強が必要だ>とも言っています。
 お隣さんがこういう認識でいるというのに(中国自身、経済成長を持続させるために何が必要かよく分かっている、ということでもありますが)、日本はいったい何をやっているんでしょうか。
 
  1. 2009/10/22(木) 21:13:55 |
  2. URL |
  3. くるくる #0S.Kwhuo
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://macrcr.blog28.fc2.com/tb.php/235-106aebff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)