FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

JALの小難しいはなし(笑

 最近、JALの再建問題が話題になっている。

 前原大臣は年金受給額を減らすよう求めているが、JALの膨れ上がった年金債務(退職金給付債務もですが)を考えれば、納得の対応だ。

 JALに限らず、多くの企業が年金、退職金の積立不足に陥っている。主要上場企業だけで積立不足が総額で13兆円以上といわれている(JALは約3000億円)。
 その額は倍増傾向にある。年金、退職金原資の確保は経営上深刻な問題だ。
 原資を他から調達することは困難であるから、一般人の感受性で申せば、年金支給額を減額すればいい、ということになろう。

 しかしJALのOBら受給者の一部はこれに反対している。

 私個人は、彼等の気持ちを分からないわけではない。当時は、そういうシステムだったからだ。

 しかし、我が国の年金制度が崩壊しているように、JALにおいても、このようなシステムが長続きするはずはに。
 労働人口が減少していることはもちろん、米のGMがそうであったように、退職後のOBらは、もはや会社の利益拡大のために行動するようなことはしなくなる。
 もはや彼等は会社の被用者でなければ、労働者でもない。であれば、退職後の合理的な選択としては、自己の利益のために、自己の有する会社に対する権利を行使するに決まっている。だから、受給額の減少という自己に不利益な要求を飲むわけがないのだ。

 そうなれば、企業として残された道は、年金債務を履行し続けるか、破綻処理するかのどちらかになろう。
 ネットでは、後者の支持者が多いようだ。

 ところで、我が国の航空行政の失敗は、ある面では、明らかに不採算の地方路線を作りたがり、国際競争力のない会社にしたのは、政治家の責任ともいえるとおもうのだが、その話も平行してやっていって欲しいとおもう。
関連記事
  1. 2009/11/06(金) 17:22:08|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<読売新聞社説:「外国人参政権」地方に限っても禍根を残す | ホーム | 小泉構造改革の敗北と克服>>

コメント

私も後者

お邪魔します。

なるほど・・・私もその後者です。

>当時は、そういうシステムだったからだ。

財産権の侵害になるとか。

>国際競争力のない会社にしたのは、政治家の責任ともいえるとおもうのだが、その話も平行してやっていって欲しいとおもう。

その視点はすっかり抜けておりました。
そうですね、需要が見込めない不採算路線を建設し、開港を進めてきたのは政治でした。
行き当たりばったりの政府の責任を責めずに、企業ばかり責められるのは確かにおかしいです。

経営実情に似合わない高給・・・これは労組の責任ですし。
その割に質が悪かったのも経営不振に陥る原因でした。
(ひところ頻繁に空路を利用していたので)
どうしてここに至るまで進路変更ができなかったんでしょうね。

早速のエントリーアップ、ありがとうございました。<(_ _)>
  1. 2009/11/06(金) 19:37:14 |
  2. URL |
  3. 鴻 #FDXVSfgk
  4. [ 編集]

No title

団塊世代の大量退職問題は今に限らず前々から見えていた事ですからね。
前々から見えていた・・・って意味ではアメリカのサブプライムローンと同レベルにも見えますが(苦笑)
日本の消費者金融もやらないヤクザな貸し付けは焦げ付いて当然でしたね。

年金支給の部分はわかりますが、現実問題日本航空が破綻すれば、減額どころではなくゼロです。
また、日本は国が年金制度を有しており、厚生年金たる彼等の額は国民年金よりも多いのは明白、彼等が誇りをもって業務にあたったJALの鶴が歴史ごと消滅するのを望むか、支給額は大分減っても会社が存続する方がいいか?
一度真摯に話すべき事でしょう。
ANAなども色々な世界情勢で赤字転落も行いましたが、それでも【ビジネスシートが埋まれば問題無い】というレベルでしたからね・・・。

航空行政の失敗は地方路線に湯水の如く飛行場を建設させたのが一番でしょうね。
世界最大の搭乗員数を誇る千歳~羽田のような黒字経営でなおかつドル箱路線は、日本には一体いくらあるのでしょうね。

【ハブ化で国際競争力を!】と騒ぐ前に、世界的にどの空港が求められているか?精査する必要はあると思います。
関空も成田もハブ化競争において、滑走路の能力は思ったよりそう高くありません。

海外からは貨物便用に新千歳空港を使わせて欲しいと要望はあるようですが(アメリカに行く太平洋ルートで最もルートに近い位置にあるので)
利益の欲しい別地域には面白くないようです。

今後不採算空港の廃止を前提に、赤字路線の徹底削除など課題は山積みです。
  1. 2009/11/07(土) 07:30:41 |
  2. URL |
  3. aki #ldSHJ4vM
  4. [ 編集]

Re: 私も後者


> 財産権の侵害になるとか。

 おっしゃるとおりです。だからこそ、受給者が自らの意思で減額提案を受け入れるべきなんですが、彼らは会社のことをまったく考えていないようです。

> そうですね、需要が見込めない不採算路線を建設し、開港を進めてきたのは政治でした。
> 行き当たりばったりの政府の責任を責めずに、企業ばかり責められるのは確かにおかしいです。

 JALが国策キャリアと言われる理由もそこにありますよね。

> 経営実情に似合わない高給・・・これは労組の責任ですし。
> どうしてここに至るまで進路変更ができなかったんでしょうね。

 経営者の問題、政治の問題、そして、労働者自身の問題もあったのかもしれません。

 日本版GMだけにはならないで欲しい、と強く望んでいます。
 
  1. 2009/11/07(土) 21:10:08 |
  2. URL |
  3. くるくる #0S.Kwhuo
  4. [ 編集]

>akiさん

> 団塊世代の大量退職問題は今に限らず前々から見えていた事ですからね。

 国民年金とダブって見えます(苦笑)。

> 前々から見えていた・・・って意味ではアメリカのサブプライムローンと同レベルにも見えますが(苦笑)

 まさに日本版GMになりかねない危うさがありますよね。

> 年金支給の部分はわかりますが、現実問題日本航空が破綻すれば、減額どころではなくゼロです。
> また、日本は国が年金制度を有しており、厚生年金たる彼等の額は国民年金よりも多いのは明白、彼等が誇りをもって業務にあたったJALの鶴が歴史ごと消滅するのを望むか、支給額は大分減っても会社が存続する方がいいか?

 国民年金をあわせて45万円でしたっけ?
 OBがGMと同じ心理状態にあるとすれば、彼らは会社の消滅を取るかもしれませんが、どうなるでしょうか・・・

> ANAなども色々な世界情勢で赤字転落も行いましたが、それでも【ビジネスシートが埋まれば問題無い】というレベルでしたからね・・・。

 おっしゃるとおりです。せめて年金についてはANAの水準まで落とすべきだと思うのですが、その点についても、受給者の方々(熱心に反対されている人たち)は拒否しているそうです。

> 航空行政の失敗は地方路線に湯水の如く飛行場を建設させたのが一番でしょうね。
> 世界最大の搭乗員数を誇る千歳~羽田のような黒字経営でなおかつドル箱路線は、日本には一体いくらあるのでしょうね。

 国内路線の9割が赤字と言われています。
 ランキングを見ても、JALの名前は載っていませんね。国際競争の舞台にすら上がっていない、と言えるかもしれません。
 http://www.iata.org/ps/publications/wats-passenger-km.htm

> 海外からは貨物便用に新千歳空港を使わせて欲しいと要望はあるようですが(アメリカに行く太平洋ルートで最もルートに近い位置にあるので)
> 利益の欲しい別地域には面白くないようです。

 おっしゃるように、航空業界でオープンスカイが進められていますから、航空規制緩和の可能性も視野に入れて、広く議論されるべき必要がありますね。
 関西国際空港やその他の地方空港も、路線に空きがあります。その部分について、一部とオープンスカイ協定を結んでもいいかもしれません(ただし規制緩和に伴うローコストキャリアの新規参入は不可避になります。)。

 なんだか所信表明演説のように、「こんな空港に誰がした」と鳩山首相が言い出しそうな雰囲気ですね(笑)。
 にしても、前原さんは大変だ・・・
  1. 2009/11/07(土) 21:17:53 |
  2. URL |
  3. くるくる #0S.Kwhuo
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://macrcr.blog28.fc2.com/tb.php/251-7a7f7fab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)