FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

被告人酒井法子:法は世間とマッチしているか

被告人酒井法子に懲役1年6月、執行猶予3年とする判決が下された。

 私は芸能プロダクションの解雇が逮捕後に迅速に行われていれば、起訴されないことも十分にあった、と考えている。
 判決においても、犯行の態様や発覚後の逃走について「卑劣」だと断じているものの、事務所の解雇等により既に「社会的な制裁を受けている」としている。
 量刑も極めて予想されたとおりのものだし、判決文も、薬物事犯ではよく見られるオーソドックスな、雛型的な表現に止まっている。

 しかし、社会一般の薬物犯罪に対する厳罰化を求める声は大きい。
 酒井被告に下された判決も、「軽すぎる」「実刑でいい」という反応のようだ。

 なるほど近年の薬物汚染の広まりを見ていると、たしかに納得できる反応だ。

 これは薬物に限った話ではなく、最近は刑法犯一般に対して厳罰化が望まれているようにもおもう。

 厳罰化に関連して、近年、本当は大きな誤解であるにもかかわらず、凶悪犯が増えているとか、犯罪も残虐になっていると言われることがある。
 なぜこのように世間が感じるようになったのだろうか。映画「always三丁目の夕日」の時代のほうが犯罪も多かったがのにもかかわらず、日本人は現代日本の安全や秩序が崩壊し、治安がひどく悪くなったと感じている。

 むろん、多くの人が感ずるように、最近の犯罪は、動機のよく分からないものが増えている、というのは確かだとおもう。
 「誰でもよかった」「むしゃくしゃした」との動機で、他人を死に至らしめるというのは、昔はあまりなかったのではないか。

 その意味では、現代日本は、個人主義が広がる中で、未熟な個の間に相互不信が広がっているのかもしれない…
 
関連記事

テーマ:時事ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2009/11/09(月) 13:36:02|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<子ども手当:持つべきものは子? | ホーム | 朝日新聞は労働市場の流動化に賛成らしい>>

コメント

No title

 犯罪白書を見ると昔も動機はchaosでした・・・・・・・・
被告の発言により犯罪の繋がりを根絶できた割合で軽減すれば良いのに~v-223
  1. 2009/11/10(火) 05:17:13 |
  2. URL |
  3. usakaze #-
  4. [ 編集]

>usakazeさん

>  犯罪白書を見ると昔も動機はchaosでした・・・・・・・・
> 被告の発言により犯罪の繋がりを根絶できた割合で軽減すれば良いのに~v-223

 民主党は司法取引の導入を検討するとのことですよー
  1. 2009/11/10(火) 22:54:57 |
  2. URL |
  3. くるくる #0S.Kwhuo
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://macrcr.blog28.fc2.com/tb.php/254-a3915505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)