FC2ブログ

子ども手当の所得制限は不要

 
             藤井財務相が子ども手当支給について所得制限を設ける方向で調整を進めているそうだ。

 子ども手当は、中学生以下のこどもにつき毎月2万6千円を支給する、というものだ。
 その財源としては、配偶者控除と扶養控除という二つの人的控除の廃止により賄われることになっている。

 当然、これらの控除は、所得控除なのだから、税制上課税対象となる所得が控除されずに、所得が増える。

 所得が増えれば当然に課税額も増えるから、実質増税ということになる。
 
 そのかわり、民主党は「給付」という手法で所得をこどものいる世帯に配分しようとする。(なお、こども手当を受け取れない高校生以上のこどもをもつ世帯には、高校の授業料の原則無償、大学授業料値下げを計画している。)

 ただし控除廃止された分を受け取れる世帯はいいが、こどものいない世帯にとっては、所得控除を廃止されて、増税の痛みだけが残ることとなる。

 なお、藤井財務相がいう所得制限というのは、上記のように理解すれば、受給資格者を減らすのだから、増税の痛みを被る人が増えてしまうことになる。

 一部の民主党支持者や左派系のブロガーは、金持ちにこども手当を支給する理由はない、などというが、こども手当が税制の抜本改正の一部(民主党がやろうとするのは、控除から給付への切替だ。)に位置付けられていることを看過するものだ。

 民主党支持者が、こども手当は弱者救済だ、こども手当は生存権保障のためだ、と意味の分からないことを言っているが、そもそもこども手当が子育て世帯の支援にあるのであれば、自民党政権からやってきた児童手当(これは所得制限がついている)を拡張すればいい。

 わざわざ民主党がご丁寧に(?)児童手当を廃止し、さらには、所得控除を廃止しているのに、それにも気づかずに民主党を支持していたの?…と言って差し上げたい。

 人権をこえだかに言ってきた左翼系のブロガーたちが、気持ち的に所得制限で金持ちを懲らしめたいとか、たばこ吸ってる奴がうざいからたばこ税増税賛成とか言っているけれど、いったい税をなんだとおもっているのだろうか。

 なお、私は前から申し上げているように、配偶者控除廃止には特に反対の立場ですし、こども手当も所得控除の一部を廃止してまでやる必要があるか懐疑的です。
 少子化対策をやりたいのであれば、保育園の新規参入等に取り組んだほうがいいのではないでしょうか。
関連記事

theme : 鳩山不況
genre : 政治・経済

tag : 子ども手当 民主党 配偶者控除 扶養控除 所得控除 給付 自民党 児童手当

comment

Secret

No title

私は、金持ちに手当を配る必要はないように思いますが、かといって、「所得制限をする」というのも問題があります。
限度額をいくらに設定したにしても、その額の上と下で、わずか1000円くらいしか所得が違わないのに、手当があるとないとで、30万円もの所得逆転が発生する(子ども3人なら100万円近い逆転)ということになり、問題は避けられません。
所得制限なしで配って、金持ちには税金をたくさん納めてもらうしかないでしょう。

>ゆうくんパパさん

> 私は、金持ちに手当を配る必要はないように思いますが、かといって、「所得制限をする」というのも問題があります。

 的を射たご意見だと感じます。私も同感です。

> 限度額をいくらに設定したにしても、その額の上と下で、わずか1000円くらいしか所得が違わないのに、手当があるとないとで、30万円もの所得逆転が発生する(子ども3人なら100万円近い逆転)ということになり、問題は避けられません。
> 所得制限なしで配って、金持ちには税金をたくさん納めてもらうしかないでしょう。

 財源を所得控除の一部廃止に求める以上、子ども手当に所得制限を設けることは背信的だと考えます。
 おっしゃるように、所得制限を設けた場合の不都合性も見過ごすわけにはいきません。年収○○万円以上は受給資格がない、という際に、どこで線引きを引くべきなのか、仮に一定の額で線引きをしたとしても、他の受給者と比べて不公平感はないか、税負担の平等は確保できるか、といったさまざまな問題が発生するでしょう。

 民主党は、子育ての必要のない世帯は金持ちだという思いこみがあるようにおもいます(現に民主党議員と付き合いのある大学教授から聞いた話です。)。だから、民主党は、子ども手当を通じて、金持ちである世帯から子育て世帯への所得移転を図ろうとしているのかもしれません。。

 民主党は税制論議の中に感情論を入れたがるところがあるので、気をつけて欲しいですね。

民主党の集票策

v-115 新聞社が実施した全国の知事へのアンケート調査では、民主党政策の子ども手当ての創設を評価した知事は、わずか4知事だけ。
橋下知事は7人の子供がいるので、毎月18.2万円、年間218万円の子ども手当てがもらえる。
これから3人の子供を生むとすると、総額1千4百万円の他人が納めた税金がもらえる。在日ももらえるのがみそ。
注)2.6万円x12ヶ月x15年x3人=1.4千万円
政権交代という目的を達成するために、いかに他人の税金をばら撒いて集票するかというのが、出発点であるから理念が無い。
防衛費よりも多い毎年5.3兆円を使って高所得の家庭まで支給する必要は無い。
少子化対策という明確な理念があり、効果も証明すれば反対者は減るだろうが、少子化対策にはならない。
少子化担当相の福島瑞穂(資産2.5億円)は、生まない選択を主張していた矛盾。

>みちくささん

>新聞社が実施した全国の知事へのアンケート調査では、民主党政策の子ども手当ての創設を評価した知事は、わずか4知事だけ。

 それは初耳です。貴重な情報ありがとうございます。どこの新聞社か教えていただけませんか(ネット上にソースがあると助かります)。

> 橋下知事は7人の子供がいるので、毎月18.2万円、年間218万円の子ども手当てがもらえる。
 
 子ども手当欲しさに子どもを産む世帯が増えるのだから、「少子化対策」になっている、と主張する民主党議員を後押しすることになりそうな例示ですね。

> 政権交代という目的を達成するために、いかに他人の税金をばら撒いて集票するかというのが、出発点であるから理念が無い。

 しかし、必ずしも国民の全員が「ばらまき」による恩恵を受けられるわけではない、というのが現実です。
 配偶者控除や扶養控除の廃止に伴い、やはりどうしても特定の世帯にとってみると、かなり手痛い増税になります。

 私は、子ども手当の問題は、受給者側の都合ばかりではなく(いくらもらえるかという問題)、それに伴いより重い税負担を強いられる非受給者側の都合も取り上げる必要があるとおもっています。
 感情論に流されるべきではないとしても、子ども手当は、やはり子宝に恵まれなかった人たちにしてみれば、なんだか疎外感を覚えるような制度になっているのが現状です。

> 少子化対策という明確な理念があり、効果も証明すれば反対者は減るだろうが、少子化対策にはならない。

 おっしゃるとおりで、少子化対策としてはほとんど効果はないだろう、とおもいます。
 民主党も自民党も、少子化の問題を、将来への不安、つまりは、貧困の問題とからめているところが気になります。

 実際、深刻な少子化に悩まされているのは、なぜか先進国の中でも「敗戦国」だけなのです。
 これっておかしいとおもいません?なぜ戦争に負けた国が、他国に比べ裕福だというのにもかかわらず、少子化に悩まされているのか。

> 少子化担当相の福島瑞穂(資産2.5億円)は、生まない選択を主張していた矛盾。

 福島氏の後に資産額が書いてあると、なんだか笑えますね(笑)。
 弱者の味方として振る舞っていた福島氏ですが、「実は勝ち組でした」というのがオチですね(笑)。

亀井大臣が所得制限だのなんだのと言ってる間に、子供手当て減額の方向に向いてますが、このままいくと、自民党時代と同じく所得制限した上で児童手当てになるんでしょうかね~。一番違うのは、配偶者控除と扶養控除までがなくなることですかね。
そうなったら、単純に増税ですね。
ネットを見てると、こうなることは分かってたはずなのに、マスコミの情報のみを鵜呑みにして、民主に票を入れた国民が多かったように思えます。
どうして、マスコミが民主に甘いのか。民主の鳩山さんが、外国人にまで選挙権を与えようとする理由。日本で働いてる外国人の子供が外国に何人いても子供手当てを払おうとするあたり。おかしいですよね。
小沢さんによる先日の中国要人と天皇陛下との異例の謁見強制。
こわくて具体的には、これ以上言えないですが…、民主の裏に何があるのか、考えてください。
高額納税者の子供に子供手当てがいくからどうの…って、高額納税者の子供なんて少ないんだから、エキサイトする必要ないんです。
それに、高額納税者は税金も沢山おさめてくれてるんだし、文句を言うほどのことでもないでしょ。
国民が数少ない高額納税者叩きをやってる横目で、小沢さんや亀井さんは、してやったりと思ってんでしょうね。
所得制限して児童手当てを出すなら、自民党がやってきたことと同じですが…、今回、所得制限も検討段階に入りました。なんでかな~、扶養控除を廃止するのに。
在日や中国人の子供にお金をばら蒔きたいんですよ。これが一番の主旨だから…、マスコミも民主も亀井さんも言いません。
日本で働いてる外国人の子供が日本に住んでなくても払うそうですよ。ついでに、日本に住んでれば外国人であろうと選挙権まで与えたいそうです。
日米関係を悪くしてもお構い無し、天皇を利用して中国要人に媚をうる小沢さん。
日本は、どこに向かうのでしょう。
日本がパレスチナのようにならないことを祈ります。
鳩山さんは、『日本は、日本人だけのものじゃないから』と言いました。
麻生さんの漢字を間違えて読むくらい、今、思えば 平和なもんです。
日本は、何人のものなんですかね。
こわいです。

ママレード さん

 はじめまして、ですかね。どうもありがとうございます。

 最終的には、子ども手当も自民党時代と変わらない形の児童手当になるのではないか、と思います。

>一番違うのは、配偶者控除と扶養控除までがなくなることですかね。

 そのとおりです。だからこそ、所得制限をしてしまうと、一部の人にとっては取られ損になってしまうのです。

> ネットを見てると、こうなることは分かってたはずなのに、マスコミの情報のみを鵜呑みにして、民主に票を入れた国民が多かったように思えます。

 増税されても構わないと思って投票したのであれば、文句は言えませんが、投票した以上は、その点のリスクは負うべきかも知れませんね。
 なお、わたしは、民主党には投票しませんでした(自民党にも入れませんでしたが)。

> どうして、マスコミが民主に甘いのか。民主の鳩山さんが、外国人にまで選挙権を与えようとする理由。日本で働いてる外国人の子供が外国に何人いても子供手当てを払おうとするあたり。おかしいですよね。

 おっしゃるように、どういう関係でもって子ども手当を給付するのか、選挙権を付与するのか、ということは考えなければなりません。
 外国人に選挙権を与える理由としてあげられている「納税」ですけれども、これはママレードさんもご承知だとおもいますが、納税と選挙権は対価関係には立ちませんよね。

 子ども手当は、一部の所得控除廃止することの対価ですから、外国人のすべての子どもに子ども手当を給付することは間違いだ、ということになります。

> 小沢さんによる先日の中国要人と天皇陛下との異例の謁見強制。
> こわくて具体的には、これ以上言えないですが…、民主の裏に何があるのか、考えてください。

 小沢氏の天皇陛下の政治利用ですが、私は基本的に憲法の欠陥をついたものであって、法律的には特に非難されるべきものではない、と考えています。
 ただ、私は、天皇陛下のことを考えれば、やはり政治利用と思えるような形で、天皇陛下と中国のボンボンとの会見をセッティングすべきではなかった、と感じています。特に、相手が中国で、一度は会見を断った事案だった上、政治家の口利き(しかも小沢さんは内閣の構成員ではない)があったことが認められる以上、やはり社会的に非難されることは不可避だとおもいます。

> 麻生さんの漢字を間違えて読むくらい、今、思えば 平和なもんです。

 まったくねえ。
 今の官房長官だって、誘拐を「ゆうわく」って読み違えていますからね(笑)。
プロフィール

くるくる

管理者:くるくる
 主に政治ニュースを取り扱っています。メディア・リテラシーを身につけて客観的に物事を見つめる能力を養うことが目的です。
 コメントは遠慮なくお寄せください。

記事一覧
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
リンクツリー

 
Twitter
ブログ内検索
管理人へメール
管理人へ私信を送りたい際にご利用ください。

名前(匿名可です。):
メール:
件名(任意):
本文:

カテゴリ
月別アーカイブ
タグクラウド
田中康夫(#2)チベット(#3)民事責任(#1)保守(#2)正社員(#1)府知事選(#1)田中均(#1)鼻づまり(#13)ワーキングシェア(#1)憲法(#9)核持ち込み(#1)行政罰(#1)空知太神社(#1)民主主義(#1)日本国憲法(#5)頭痛(#13)岡田克也(#5)不起訴不当(#1)日韓トンネル(#1)日本(#2)構造改革(#1)就任(#1)核兵器のない世界(#1)組合(#1)創価学会(#2)前原誠司(#1)中央大学(#1)参政権(#1)平沼赳夫(#1)特例会見(#1)シーシェパード(#1)ブログ(#1)リアリスト(#1)関門海峡(#1)オバマ(#10)信教の自由(#1)コリアン(#1)永住外国人地方参政権付与法案(#1)政教分離(#2)沖縄密約(#1)司法(#1)議長(#1)山本孝史(#1)田付景一(#1)朝ズバッ!(#1)自殺(#6)規制緩和(#1)中国(#27)日の丸(#1)偽装献金(#3)平野博文(#3)安全保障(#1)平和主義(#3)大前研一(#1)後鼻漏(#13)中学(#1)米国(#10)玻南ちゃん(#1)ベトナム(#1)生活保護(#2)タイ(#1)高窪統(#1)多摩キャンパス(#1)毒入り餃子(#2)ネット(#1)進歩党(#1)ソマリア(#1)国務省(#1)アジア主義(#1)産経新聞(#1)鼻(#13)地球温暖化(#2)沖縄(#2)真言宗(#1)密約(#2)教師(#2)酒井法子(#1)ワーク・シェアリング(#1)軍国主義(#2)思いやり予算(#1)宗教右翼(#1)人権(#3)住民訴訟(#1)増税(#2)新党日本(#2)検察審査会(#1)北京五輪(#1)平松賢司(#1)東アジア(#1)議員定数不均衡(#1)佐藤栄作(#1)表現の自由(#1)リベラル(#1)ASEAN(#1)ユーラシアグループ(#1)北朝鮮(#1)安重根(#1)歴史認識(#1)無申告加算税(#1)比例区(#1)公明党(#7)労働市場の流動化(#1)國体ノ護持(#1)阿久根市(#1)内閣府(#1)被害者の権利(#1)緊張型頭痛(#7)国民新党(#4)大阪府知事選(#1)わいせつ(#1)衆議院(#1)日本郵政(#1)PRAM(#1)食の安全(#2)チベット仏教(#1)法規範(#1)大法廷(#1)信仰(#1)バッテリー(#1)非正規社員(#1)李明博(#1)平田健二(#1)仙谷由人(#1)高木八尺(#1)東アジア共同体(#5)非正規雇用(#1)報道の自由(#1)刑法(#1)起訴相当(#1)宗教(#1)選挙権(#1)外国人労働者(#1)倫理(#1)憲法改正(#4)中川昭一(#1)議員立法(#1)生徒(#7)菅直人(#4)ピルグリム・ファーザーズ(#1)日比谷公園(#1)最高裁(#3)Constitution(#1)福田康夫(#2)イスラム教(#2)ニクソン(#1)核密約(#1)GHQ(#1)ボートマッチ(#1)クラスター爆弾(#1)博士の独り言(#1)パイレーツ・オブ・カリビアン(#1)訴追(#1)高田晴行(#1)イデオロギー(#2)平和(#1)MacBook(#1)グリーンピース(#1)winny(#1)判例(#2)接続時間(#1)官房長官(#2)日本維新の会(#1)新自由主義(#1)青木幹雄(#1)改憲(#1)不法残留(#1)配偶者控除(#2)前文(#2)急性副鼻腔炎(#13)首班指名(#1)捕鯨(#1)自民党(#37)適正手続(#1)加藤紘一(#1)成年(#1)キリスト教(#2)報道(#1)韓国(#9)核兵器(#1)朝鮮(#1)思想及び良心の自由(#1)日米安保(#2)投票(#1)大阪市(#6)Apple(#1)衆院選(#2)チャレンジド(#1)事件(#1)二分論(#1)検察審査員(#1)幇助犯(#1)日本共産党(#3)長妻昭(#3)法務大臣(#1)一票の格差(#1)リスク(#1)マクリーン事件(#1)世論調査(#1)グローバリズム(#1)法治国家(#1)NYT(#1)75条(#1)国際(#1)川上義博(#1)仏教(#2)差別(#2)裁判(#1)罪刑法定主義(#1)天皇誕生日(#1)所得控除(#2)年収要件(#1)鯨(#1)責任(#1)guardian(#1)西山太吉(#1)石原慎太郎(#1)死刑存置(#1)護憲(#1)イラク戦争(#2)演説(#2)毎日新聞(#3)指導(#1)小泉純一郎(#4)年頭所感(#1)渡部恒三(#2)吉野文六(#1)9条(#3)政府(#1)刑事罰(#1)子ども手当(#2)失言(#2)パキスタン(#1)南沙諸島(#1)イラク(#1)海賊(#1)検察(#2)AirMac(#1)ポツダム宣言(#1)悪魔ちゃん(#1)フィナンシャル・タイムズ(#1)派遣(#1)裁判員(#1)ベーシックインカム(#1)小沢一郎(#25)中西一清(#1)慢性副鼻腔炎(#13)片山虎之助(#1)聖域なき構造改革(#1)マスコミ(#36)国家共同体(#1)所得税(#1)ファシズム(#1)国家戦略室(#2)障碍者(#2)閣僚(#2)カダフィ(#1)鼻水(#13)外国人(#2)後楽園キャンパス(#1)副鼻腔炎(#13)市橋達也(#1)海上自衛隊(#1)日韓併合(#1)麻生首相(#1)給付(#1)国民主権(#1)天皇(#16)関門海峡衝突事故(#1)小泉構造改革(#2)学校(#1)鳩山由紀夫(#50)国体明徴(#1)山崎拓(#3)即位20周年(#1)大阪(#2)環境税(#1)民団(#1)政治利用(#7)イスラエル(#1)厳罰化(#1)脱税(#1)政治資金規正法(#1)外交(#1)橋下徹(#2)暴力(#6)野中広務(#1)Wi-Fi(#1)占領政策(#1)アジア(#1)自衛隊(#1)肝炎(#1)ネブライザー(#3)仕分け人(#1)非正規(#1)亀井静香(#3)記者クラブ(#3)高校(#6)外務省(#4)尖閣諸島(#1)児童ポルノ禁止法(#1)GHQ(#3)生活(#1)川田龍平(#1)平和的生存権(#1)普天間(#1)同意(#1)政界再編(#1)改正(#1)伴奏(#1)みんなの党(#4)COP15(#1)南京大虐殺(#1)Buddhist(#1)国連(#2)TBS(#2)政治(#1)民主党(#100)死刑(#1)死刑廃止(#1)一君萬民ノ政治(#1)扇子(#1)不安神経症(#1)社会保険庁(#1)宮内庁(#1)マルキスト(#1)戦争(#1)プラハ演説(#1)単純所持(#1)吉永みち子(#2)西沙諸島(#1)社会党(#1)公務執行妨害罪(#1)尾辻秀久(#1)命名権(#1)税金(#1)年金(#2)平手(#1)SWINC(#1)体罰(#8)長島昭久(#1)横路孝弘(#2)新党大地(#2)青山繁晴(#2)読売新聞(#1)裁判権(#1)日韓トンネル研究会(#1)朝鮮総連(#1)社畜(#1)総裁選(#1)死刑廃止論(#1)事業仕分け(#2)民本主義(#1)君が代(#2)上田清司(#1)神社(#1)郵政民営化(#1)竹原信一(#1)核兵器なき世界(#1)平沼グループ(#1)国家(#1)日米首脳会談(#1)アダムスミス(#1)農薬(#1)ブッシュ(#1)児童ポルノ(#2)アフガニスタン(#1)財務省(#1)千葉景子(#3)ノーベル平和賞(#1)胡錦涛(#1)参院選(#2)FT(#1)中曽根康弘(#1)派遣村(#2)振り込め詐欺(#1)国連気候変動首脳会合(#1)マードック(#1)ラジオ(#1)外国人管理職事件(#1)クジラ(#1)ロキソニン(#2)朝日新聞(#2)麻生太郎(#3)夫婦別姓(#1)開かれた政党(#1)社民党(#4)萩本欽一(#1)telegraph(#1)重加算税(#1)厚生労働省(#2)モラル(#1)コンテナ船(#2)起訴議決(#1)日本テレビ(#1)自由(#1)象徴天皇制(#1)民法(#2)自由党(#1)扶養控除(#2)拉致(#2)戸籍法(#1)護衛艦(#1)外国人参政権(#22)Mac(#1)追徴課税(#1)刑事責任(#1)おことば(#1)消費税(#3)iMac(#1)児童手当(#1)