FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

思いやり予算に仕分けのメスが入るか

 今日午前に、平野官房長官は、<思いやり予算は日米二国間での負担部分であり、仕分けになじまない>との考えを明らかにした。

 つまり、今日行われている思いやり予算に関する仕分けの結果はほとんど意味がない、ということだ。

 事業仕分けが最終判断ではないことは承知しているが、であれば、何のための仕分けなのだろうか。単なるパフォーマンスと言われてもやむを得ないと思う。

 私は前から述べているように、事業仕分けはマスコミのいうほど評価に値するものではないとおもう。
 「財源がない」とわめき立てる財務省が勝手に選んだ事業について(判断基準も審査基準も明らかでなく、仕分け対象事業も全体の15パーセント程度に過ぎないものだ。)、誰が選んだのかも分からない民間人を仕分け人があーでもないこーでもないと文句をいっているだけのように感じてしまう。

 しかも、あれほど「小泉竹中構造改革で国民には痛みが広がっている」と宣伝した民主党が、仕分け人に選んだのは、小泉元首相や竹中氏のブレインなんだから、これまたお笑いである。

 財務省の目論見通り(?)、先日、読売新聞のおこなった世論調査では、なんと61パーセントもの人々が「消費税増税を容認」と答えたそうだ。

 財務省とタッグを組み、「財源がないから、無駄削減」「霞ヶ関をぶっつぶせ」とこえだかに叫ぶ民主党のやり方は、やっぱり小泉元首相に似ている。

 小泉元首相が「小泉構造改革の真の後継者は民主党だ」と語ったのは、おそらく本音なんだろう。

 しかし、それ以上に自民党はもっとだらしない。谷垣総裁も、趣味のサイクリングをする暇があるのであれば、その体力を国家国民に使ってほしいものだ。
関連記事

テーマ:テレビを視て - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/11/26(木) 18:33:12|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<外国人参政権賛成が6割に達した(?) | ホーム | 記者クラブを廃止すると自殺者が出るらしい>>

コメント

文句は、おバカを読んでから

これまでの政治が、あまりに酷かったのです。
文科省と学校が、どれほど腐っているかを知っていますか。
事業仕分け大賛成です。
文科省官僚が計画した事業は、全て廃止すべきと思っています。
文部科学省の仕事は、質の高い教育を提供し、子供達が良い社会生活を送れるようにすることです。ところが、官僚達は、デタラメ政策で子供達の人生を台無しにしました。
大学を天下り機関に変え、世界最低にまで堕落させたのも文科省官僚です。
不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人という現実こそ、文科省官僚の無能と腐敗を明らかにしています。文科省こそ、日本社会を衰弱させる癌です。「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてが分かります。絶対に許せません。
不道徳で無責任な腐敗官僚の行う事業は、国民にとって危険です。
誰もが、事業仕分けで文科省を廃止すべきと、確信する筈です。
  1. 2009/11/26(木) 17:41:50 |
  2. URL |
  3. 大和 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

>大和さん

> 文科省官僚が計画した事業は、全て廃止すべきと思っています。

 私がこのエントリのどこで、文科省に言及しているのですか?

> 大学を天下り機関に変え、世界最低にまで堕落させたのも文科省官僚です。

 大学が実質において天下り機関になっている点は理解します。しかし、世界最低水準は言い過ぎです。

> 文科省こそ、日本社会を衰弱させる癌です。「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてが分かります。絶対に許せません。

 以前、あなたと同じように、「これを読んでおけば、日本の教育がおかしいと分かるはず」というコメントをいただきました。
 「文句を言うならこれを読んでから」とあなたは言いますが、私はこれを読んだ上で言っているのですよ。

 この本を読んだ感想ですが、この国の教育がいかに腐っているかの指摘はまあ良しとしても、その解決策として「フィンランド」の成功例に学ぶべきだとか、「教育の民主化が必要だ」という主張で終わっているのが、残念過ぎました。
 それに、この国の教育制度に対する批判は分かりますが、批判に終始して、この国の教育の良い部分を無視しているのも公平さに欠けるようにおもいますね。

 けっきょく、「教育の民主化が必要だ」では、同書が切り捨てるゆとり教育を推進してきたどこぞの組織と言っていることが変わらなくなります。

> 不道徳で無責任な腐敗官僚の行う事業は、国民にとって危険です。
> 誰もが、事業仕分けで文科省を廃止すべきと、確信する筈です。

 文科省がすべて悪い、この国の教育がすべて悪い、この国の教育が悪いから日本が悪い、と物事を単純化するのは、それこそ問題だとおもいますね。
 わたしが事業仕分けに疑問を感じているのは、まさにそこなのです。「官僚がすべて悪だ」を前提にしては、何も始まりませんし、何も生まれないのです。

 それに、私は、自民党政権時代が良いなんて一言も言っていませんよ。
 エントリの中に、自民党に対する批判を入れたのもそのためです。
 
  1. 2009/11/26(木) 18:27:18 |
  2. URL |
  3. くるくる #0S.Kwhuo
  4. [ 編集]

上のつづき

 けっきょく、私がエントリに書いたのは、二点だけです。

1.仕分け対象事業は、何を基準にしたのか。(15%から漏れた残りの85%の事業はなぜ仕分けの対象としないのか)

2.仕分け人は、何を基準に選考されたのか。(なぜ京都府議が入っていたり、外国人をわざわざ入れたりしたのか)

 これらの基準が明らかにされないのに、「官僚という悪と闘う仕分け人」みたいな形で、事業仕分けを良いと評価するわけにはいかないのではないか、というだけです。
  1. 2009/11/26(木) 18:32:06 |
  2. URL |
  3. くるくる #0S.Kwhuo
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://macrcr.blog28.fc2.com/tb.php/278-3287aff7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)