FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

吉永みち子氏の発言、マスコミの偏頗性、政治報道のバランシング

一つ前のエントリでご質問をくださった方のメールの中で、このほかにもいろいろとご意見を賜り、ありがたく思いました。

 しかし、いくつか私に関して誤解をされているようなので、お答えしておきます。
 私は別に特定の政党に過度に肩入れしたことはありません。私は特定の支持政党をもっていませんが、ある種の政治的な偏りはあるかもしれません。
 でも、だからといって、ある政治団体を支援しようとは思わないし、その団体への支援をお願いされても、私としてはそれをお断りするしかありません。

 それに、私は、テレ朝だけを執拗にバッシングする意図はありません。
 そもそも、私は、朝日が左翼で、産経が右翼という棲み分けも近年は難しくなっている、と感じています。
 今では小泉構造改革を批判している朝日新聞も、先日の社説では「雇用市場の流動化(規制緩和)」に言及し、それを一部容認するかのようなことを言っていますし、親自民党と言われている産経新聞だって、麻生前首相の漢字の読み違いを執拗に報道し、必要以上に麻生政権のバッシングに参加していました(私は未だになぜ漢字の読み違いだけで、なぜ何ヶ月もの間、同じような内容の報道が繰り返されたのか分かりません。)。

 吉永みち子氏の発言を取り上げたのは、やはりこの国のマスメディアの本質的な問題、つまり、公平さを装ったメディアの偏頗性が垣間見られる、とおもったからです(だから、前のエントリで、どうせならば支持政党を明確にしたほうが、情報の受け手にとっては有益だ、と述べたのです。)。

 なお、私はこの番組、今まで見たことがありませんから、同様の問題を扱っておられる他のブログとことなり、この番組のことを「反日」だのなんだのと書くつもりはありません。

 また、放送法違反であるから放送免許を取り消せ、との意見もあるようですが、わたしは全く賛同しません(そもそも、放送法の正しい理解ではないからです。)

 それに、実際に録画を見ておもったのですが、吉永みち子氏の左隣に座っているのは、末延吉正氏ではないでしょうか。
 彼は、安倍元首相との付き合いのある方だったと記憶しています。

 もし、同番組が極めて偏った民主党擁護の内容を報じているのだとすれば、それはとても問題ですけれども、その中に末延氏がいるのは、なんだか奇妙なことのようにおもいました。
 どうせ偏るならば、私はコメンテーターに、吉永さんの左隣に井上ひさしさん、右隣に大江健三郎さんを使ったでしょう(笑)。

 ー ー ー

 ただ、あれこれ述べては来ましたけれども、いずれにしても、鳩山首相がサインに明け暮れていたのは問題だと思います。漢字の読み違え以上にタチが悪いですよ。まったく擁護する気はありません。
(もし政治的公平性を守るとすれば、麻生前首相は漢字の読み違えで何ヶ月も報じられたのですから、このことも半年くらい執拗に報じられることにならないと、フェアじゃないですよね。)

 以前、故・中川元財相と与謝野元財相が一緒にケータイでワンセグを見ていた際には、大きく取り上げられて批判を受けましたから(しかも中川氏は後日、記者らの前で謝罪しました。)、鳩山首相もきちんと「サボっていた」ことを認めて謝罪したほうがいいでしょうね。
関連記事

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/11/29(日) 02:30:48|
  2. 報道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<コストで国を論じていないか 事業仕分けが終わって | ホーム | 吉永みち子氏の発言全容(スーパーモーニング)>>

コメント

なるほどね・・・

くるくるさんの記事を拝見する度に、

一辺倒な見方をせず、あらゆる面(視野を広げ)考察しなければ・・・その思いに、改めて意を深めている所です。

仰るように、ネット上は、左派、右派の括りで、良いか悪いかの論争ばかりで、一歩踏み込んだ冷静な判断が必須。
良く解りますね。

唯、批判の批判は誰でも出来ますからね・・・(自戒を込めて)


応援クリック☆

PS
その節は、色々~お騒がせしてすみませんでした。
無事解決して、ホッとしている所です。まだ~油断は出来ないですが・・・

  1. 2009/11/29(日) 11:59:41 |
  2. URL |
  3. reiko #CKM7lCnA
  4. [ 編集]

reikoさん

 私もreikoさんのブログを拝見する度に、reikoさんがまっすぐ世の中の出来事を見つめようと努めておられるなあ、と感じています。

 reikoさんも、私も、日本のこと、日本国民のことを考えている点で違いはないのであって、その意味では志は一緒なんですよね。子々孫々に「日本に生まれて良かったなあ」と感じて欲しい、ただその一心で私たちはブログを書いているわけです。
 本当は、この私たちの志は、右の方にも左の方にも共有して欲しいものだとおもいますが、どうもそうではない人たちもいますよね。愛国者を自称しながら、この国を貶めようとしているのではないかと疑いたくなるような人から、韓国や中国への忠誠心丸出しでただ日本を咎(とが)めようとする人もいます。

 私は比較的保守的な立場にあると自覚していますが、保守派の中にも様々な意見があって、志を共に肩を組むことがなかなかできないのが現状です。
(その意味では、左翼のほうが組織的活動に長けていますよね。右翼方面の人は、どうも抗議活動やアピールが下手くそな気がします。)

 これからも一緒に頑張りましょうね!
 民主党支持率が依然として6割以上ある現時点で、私たちは流れに囚われず、冷静に、フェアに民主党政権を見つめていきたいものです。
 不当に彼らの足を引っ張るのは好ましくありませんが、この国を貶めるような政策には徹底的に反対していきたいです。
  1. 2009/11/29(日) 23:26:36 |
  2. URL |
  3. くるくる #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://macrcr.blog28.fc2.com/tb.php/287-3b60730b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)