FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

[新聞]天皇の政治利用を報じる毎日新聞の記事を見て

 昨日の時点で天皇陛下と習近平国家副主席の会見は既に決まっていたのですね。
 

<中国外務省は11日深夜、来週訪日する習近平国家副主席と天皇陛下との会見が決まったことについて、「日本側の日程調整に感謝する」との談話を発表した。>

 この件に関して、今日の新聞各紙が「天皇陛下の政治利用」の問題として取り上げています。とりわけ問題となるのは、憲法に定められた「天皇の国事行為の在り方」です。
 

<政府の対応について百地章・日本大法学部教授(憲法学)は「政府は天皇陛下の政治的中立性、公平性を守るべきだ。1カ月ルールを破るという強引な決め方そのものに、陛下を政治的に利用した印象が否めない。中国だけ認めたのは悪い先例になり、ルールが崩壊する危険性もある。二度とこんなことがあってはならない」と厳しく批判した。
 一方で横田耕一・流通経済大教授(憲法学)は「強い政治性を持つ行為に天皇を利用することは望ましくない」としながら、今回は「宮内庁の考え方が前面に出すぎているのでは」と指摘する。「最終的な決定権は内閣にある。1カ月ルールは内規だから、内閣は尊重しなければいけないが、縛られることはない。宮内庁に振り回されるのはおかしい」と述べた。>

 毎日新聞はお二人の憲法学者のコメントを掲載しています。たいてい、新聞社は自社に近いスタンスの人を後に掲載することが多いので、毎日新聞のスタンスは比較的後者の横田教授の考えに近いのではないか、と推測します。
 なお、前者の百地教授は、憲法学界では珍しい保守系の学者として知られています。一方、後者の横田教授は、天皇の憲法的継続性を否定する「断絶説」(日本国憲法が制定された後の天皇とそれまでの天皇には連続性がないとする見解)に立たれるお方です。
 もう少し、具体的な解説をしておきますが、後者の横田教授の採用される「断絶説」の立場は、戦前の天皇と戦後の現行憲法秩序における天皇との連続性を否認しますから、やや乱暴な言い方ですが、「天皇制に伝統はない」という立場に結びつきやすくなります。現に、この横田教授は、「皇室典範に関する有識者会議第六回」において、次のように発言しておられます。同教授の天皇制に関するスタンスが色濃く象徴される言葉です。

<伝統、いわゆる皇室の伝統とか、そういったものをどう評価するかという事柄に関わってくるわけでございます。そこで、「断絶説」を採りました場合には、伝統というものは基本的に考慮する必要はない。〔…〕むしろ伝統というものは否定すべきものだというようにもなるわけでございます>

 しかし、新聞の読者はこのようなことを知りません。

 ですから、上記記事を見て、百地教授と横田教授の言っているそれぞれの背景を知らないままに、「憲法はこうなっているのか」と誤信するんだ、と思います。

 しかし、ここでお示ししたように、大学の教授といえども、学界で一致した見解をそこに示しているわけではなく、個人的な、場合によっては、誰からも支持されていないようなことも言うわけです。
 新聞を読む際には、学者の意見だからそのまま信じてしまう、のではなく、「この学者の言っていることって違うんじゃないか」と疑ってみるのも大切なことです。
関連記事

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/12/12(土) 19:55:02|
  2. 報道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[中国]「一ヶ月ルール」を知らなかった官房長官に政治利用の自覚はないだろう | ホーム | [外国人参政権]「納税の対価=参政権」は明らかな間違い>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://macrcr.blog28.fc2.com/tb.php/307-152046e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)