FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

01/24のツイートまとめ

_crr_

渡航中止勧告が遅すぎるのではないかとする意見も分からなくはないのですが、同勧告を出すかどうかにあたっては、WHOの対応や流行状況、中国の現地医療体制のほか、主要国の対応などを総合的に参酌して決められています。特に国際保健規則によりWHOの緊急委員会の対応が大きなポイントです。
01-24 23:58

そうそう。感染症が来る前にパニックに陥っても仕方ない。こういうときこそ冷静に。(私も中国政府の出す情報は正直信頼してないし、数字ほどいい加減なものとは思ってるけどね。そうであったとしても、です。)RT
01-24 23:36

RT @simesaba0141: 今回自分で各国の対応を見て思ったのは、日本の入国検疫体制は今のところ諸外国に比べて特段遅れてもいなければ進んでもいない。ここから見えるのは各国ともWHOの判断を待っているという構図かな。ただ、武漢の空港閉鎖で結果的に横並びになったと言うの…
01-24 23:33

RT @simesaba0141: ちょっとフォロワーさんを減らす覚悟で言うけど、中国政府は情報を隠すはずだ、と疑ってかかる事を否定しないし事実隠蔽体質で特に地方政府が顕著なのも事実なんだけど、そこに軸足を置きすぎると、福島第一原子力発電所事故で日本政府は情報隠蔽している筈だと…
01-24 23:33

RT @afpbbcom: 米国のスティーブン・ムニューシン財務長官は23日、スウェーデンの高校生環境活動家グレタ・トゥンベリさん(17)に対し、脱化石燃料を訴える前に「大学で経済を勉強してほしい」と述べた… https://t.co/X4HvCoH1cY
01-24 23:32

RT @goryugo1221: 日本人の国民柄対応してもしなくても批判する奴らが湧くのは必然だしこの方面の批判皮肉にいちいち反応してたらとっくにライフは0よ
01-24 21:38

▼新型コロナウイルス肺炎、習近平の指示はなぜ遅れたのか?(遠藤誉) - Y!ニュース https://t.co/pmDVhl026R
01-24 20:59

RT @0408Resolver: 政府機関等が発する信頼性の高い情報はインターネットの方が入手しやすいかも。特定メディアをあてにしないで、能動的な情報収集を心がけましょう新型コロナウイルス #拡散防止のためにできること
01-24 19:48

RT @tokumoto0: ブロックされてる人のツイートを別アカウントで見てると公言したハッピー米山さん。そのうちアカウントを切り替えるのを忘れて「急募!3万円!ホテル代別」とかツイートしないだろうかと心配で夜も眠れません。
01-24 19:40

SARSが言われていた頃とは今は訪日客の数がまったく違うし、現在の感染症法(+α)の体制で十分なのかという点はもちろん問題提起としてあってよいと思います。
01-24 19:34


それこそハンセン病の経験を生かすときでもあるんですよ。病に対する恐れはあって、感染拡大は確かに防止しなければならないけど、人権を不当に侵害するようなことはやってはいけません。
01-24 19:15

感染症予防をめぐる一部の人たちの批判の声を聞いてると、「あれ?あんたら本当は緊急事態条項に賛成なの?そうでもしないとおよそ現憲法では違憲になるようなことを言ってますよ?」と突っ込みたくなります。
01-24 19:13

国だけで感染症の蔓延が防止できると考えているほうが無理な話なんで、われわれ民間も感染のフェーズによっては無理して従業員を出社させない、従業員が早期に検査に行けるように事業者が協力する、出退勤の時間帯をラッシュ時とずらすとか、それだけでも違いますからね。
01-24 19:09

RT @kansai_airports: (ご注意)新型肺炎に関する一部SNSの誤情報について新型コロナウイルス関連肺炎について、一部のSNSで「武漢からの発熱症状のある旅客が、関西国際空港の検疫検査を振り切って逃げた」といった情報が拡散されていますが、このような事実はござ…
01-24 19:02

もちろん感染のフェーズが変われば、日本でも感染防止のための就業制限や入院勧告等をすることはできます。感染やまん延の防止の程度などを参酌して、必要最小限の制約にとどまるような措置(どっかの国のように指導者の一声で都市封鎖はできません)を選択することになります。
01-24 19:02

我が国で中国のように都市封鎖して移動の自由を完全に制約することは事実上不可能で、中国便に対する水際対策(しかし感染者が常に中国便とは限らないし、完璧に防げるものではない)の上、まずは感染症法等の現在ある制度の下で感染者や疑いのある人に速やかに医療機関で検査を受けてもらうしかない。
01-24 18:58

官邸では今日も新型コロナウイルス対応をめぐる関係閣僚会議が実施されているのに、これに関して中身のある報道って出てます? https://t.co/PEqQd6iCQz
01-24 18:53

RT @hkakeya: うちの中国人留学生が、YouTubeを流しながら作業をしていた。内容を尋ねたら、新型コロナウイルスに関する台湾のニュース番組とのこと。多数の専門家を招いて詳しく報道しているらしい。日本のニュースはどうかと聞いたら、中国政府の発表をそのまま報道しているだ…
01-24 18:50

RT @t310231k: @_crr_ 日本と中国の違い段階1日本「注意が必要です」中国「問題などない」段階2日本「注意を呼びかけています」中国「問題などない」段階3日本「対策を始めました」中国の「問題などない」段階4日本「深刻な問題です。制限を始…
01-24 18:50

事実上の都市封鎖を含めた対応をとった中国政府を持ち上げるということは、日本でもそれを可能にする法的な仕組みが必要だということなのかな。(どう考えてもそうは見えないけど。)
01-24 02:12

RT @YSD0118: 武漢封鎖というのは、名古屋で伝染病→いきなりバス地下鉄名鉄JR全休、セントレア封鎖、名神東名中央道封鎖、新幹線名古屋すっ飛ばし→小牧・一宮・豊田など各市に封鎖続々波及…みたいな感じなので、まあ確かに中国政府は果断な決定を下したが日本に置き換えるとヤバい…
01-24 02:05

今回の新型コロナウイルスの件、コウモリという点でも中国という点でも、映画「コンテイジョン」が描いていたことそのまんまだな。。ちなみに映画だと感染のパニックから、SNSではデマが横行し、インチキな治療法で金儲けしようというブロガーが出てきていました。
01-24 01:50

RT @IiyamaAkari: 新型コロナウィルスの発生には武漢の市場で売られていたコウモリ・スープが関係している可能性があるという記事なのだが…とにかくコウモリ・スープの写真のインパクトがすごい。
01-24 01:44

(感染症対策で中国政府を「さすが」と礼賛していたアカウントはプロフィールを見る限り、中国でお仕事されている方が多かったですね。。)
01-24 01:44

RT @0408Resolver: 報道風バラエティ番組等が報じない政府の取組み#産経新聞 #読売新聞 #日経新聞 #朝日新聞 #NHK#日テレ #tvasahi #TBS #テレビ東京 #フジテレビ #中学受験
01-24 01:42

いずれにせよ、我が国において感染症予防を狙って速やかに都市を封鎖し、人々の移動を制限するような人権制約は、中国のように簡単にはできることではないので、思い切った対策を取っているとして中国政府を礼賛しすぎるのも考えものだと思います。。
01-24 01:42

皆さんが指摘するように今の感染症法で十分なのかという問題提起は継続して議論されていくべきです。一方で現行憲法が保障する人権を不当に侵害するようなことはできないので、感染症予防やまん延と人権との両立をどう図っていけばよいのかも要考慮事項です(憲法改正すべきという声もあるでしょう)
01-24 01:39

RT @IiyamaAkari: 「ごめんご」というのは謝罪の言葉のようであるが、一方で「この人の意見、おかしいでしょ」と支持者に「飯山陽はおかしい、そうでしょ」と賛同を募っており、かつ「扇動を煽る」という意味不明な言葉を繰り出す点においても、当方との対話はほとんど成立していな…
01-24 01:31

新型コロナウイルスに関連する感染症に関しては、21日に官邸で関係閣僚会議は実施。23日時点での国内感染者のその後と現在の厚生労働省の取り組みについては画像の通り。 https://t.co/yEg6HHqBHG
01-24 01:28

感染症患者本人の治療と感染防止   ⇅防止のための強制的な介入行為は患者の人権侵害につながるおそれがある   ↓そこで感染症法では、「最小限度の措置の原則」が基本で、健康診断、就業の制限、強制入院の措置は「感染症の発生を予防…まん延を防止するため必要な最小限度のもの」と規定。
01-24 01:04

RT @hidelcondorpasa: ホントこれです。中国程思い切って出来ないのは上の引用の方にも言いましたが人権ガーがすぐ騒ぎ立てる事にも一因はあるでしょうな。どっかの保守のお医者さんも自分の知識振りまいている様ですが感染症やウイルスの専門家にも政府、厚労省は情報収集…
01-24 00:36

関連記事
  1. 2020/01/25(土) 04:11:29|
  2. その他