FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

[政治] 山崎拓氏の自民党離党を断固支持したい

 山崎拓氏が、今年の参院選に衆議院から鞍替えして自民党から出馬するというニュースを聞いて失望した方は多かったに違いありません。
 山崎拓氏は、昨年の衆院選で比例復活当選すらできないほど大敗を喫したわけです。有権者からNOを突きつけられた者を、その翌年に参院選で出馬させることが妥当とは思えません。

 もちろん、自民党も全員が全員「山崎拓氏の鞍替え出馬」に同意していたわけではありません。あまり大きく報道されなかったので、「自民党はみんなダメだ」と失望した方もいるかもしれませんが、昨年末になって、若手議員を中心に反対の声が上がりました。
 実はこの動き、ほとんどマスコミに報じられなかったのには理由があります。
 若手議員がこうやって反対の声を上げている最中に、舛添議員が新党結成をにおわせる発言をしていたからです。マスコミは、舛添発言を大きく取り上げたため、若手議員の貴重な声はほとんど知られずに終わりました。

 自民党の若手議員が言うように、山崎拓氏の参院選出馬が適切でない理由は大きく二つあげることができるでしょう。

 1.衆院選で落選した議員を一年足らずで鞍替え出馬させるのは、(山崎拓氏を落選させた)有権者の意思に反する。
 2.自民党内の「比例区70歳定年制」に反する(山崎拓氏は現在73歳)。

 鳩山首相に負けず劣らずの「みんなでやろうぜ」という友愛精神むき出しの谷垣自民党総裁ならば、おそらく山崎拓氏を参院選で鞍替え出馬させてしまうだろう、と私は思っていましたが、ここに来て動きがあったようです。

<衆院選で落選した自民党の山崎拓前副総裁が国民新党幹部と接触し、今年夏の参院選比例代表への同党からの出馬も含め検討していることが6日、関係者の話で分かった。>

 有権者の一人としては、むしろ歓迎すべきことではないでしょうか。山崎拓氏のような議員が自民党を離れることのほうが、自民党の将来にとってプラスに作用することでしょう。

 自民党は保守政党を標榜しながら、これまで日韓、日中、日露にある領土問題を解決できなかったどころか、韓国を刺激する、中国を刺激するなどという理由で、日本国民の我が国固有の領土への上陸を拒否してきたわけです。
 北朝鮮による日本人拉致問題も、山崎拓氏ら日朝国交正常化を優先する議員の存在は、圧力路線を重視する日本政府の足並みを乱す主因となりました。

 また、自民党結党目的の一つである「憲法改正」も、戦後ほったらかしの状態にしたのは、自民党自身でした。憲法改正のための国民投票法が成立したのは、自民党末期というべき安倍政権になってからのことです・・・

 山崎拓氏を自民党から鞍替え出馬させようという自民党議員がいるとすれば、その人もまた一緒に離党していただきたいものです。
関連記事

テーマ:自民党 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/01/06(水) 18:06:47|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<[増税] 気づいたら消費税増税派が「国家戦略室」担当大臣になっている件 | ホーム | [国際] 2010年「十大リスク」第5位は「日本」>>

コメント

保守標榜

くるくるさん、改めまして謹賀新年。
今年もどうぞよろしくお願いいたしますf(^^;)

山崎氏の鞍替え出馬、このニュース、読みました。
離党については初めて知りました。

自民のためにもなりますし、山崎氏を輩出した近隣住民として、大変嬉しく思います。
選挙前「山崎拓応援スレッド」みたいなのがありまして、政権頭越しのスタンドプレー、女性スキャンダル、ご指摘の拉致問題発言など、山拓氏の活動をどんな角度から見たらこんな熱狂シンパになるのだろうと思われる書き込みが相次いでおりました。
おそらく関係者だと思いますが、「山拓には北朝鮮との太いパイプがある」とかねえ。^^
個人プレーで築いた太いパイプなんぞ、誰が望んだのか。太いパイプがあるというなら、「拉致被害者をお早く奪還してお帰り」と書き込んで差し上げました。
できればこのまま、不名誉な女性スキャンダルと、国益を無視したことへの批判を背負って、政界から身を引いて頂きたい。

自民党は、今更ながら日教組批判を盛り込んだ運動方針を決定しました。
くるくるさんが仰るように、

>自民党は保守政党を標榜しながら

日教組を野放しにし、ゆとり教育を実施し、教育基本方針の見直しに至ったのは安倍政権になってからのこと。
それも「愛国教育」という、国が国民に愛国を押しつける教育でした。
評価すべき政策が、安倍政権時代にあるにはありましたが、愛すべき国づくりを放棄した政府に「愛国心」を押しつけられのは納得いきません。

自ブログでも酷評しておりますが、「保守」を前面に押し出しながら、これまでの失政への反省の言がない政党の今更ながらの主張に、
疑念を募らせております。

保守とは到底言い難い政治が、保守を正式に標榜した政党から出馬するのは頂けません。
これからの自民が保守の信頼を取り戻すには、「有言実行」あるのみです。

>自民党結党目的の一つである「憲法改正」も

仰るとおりです。私が長らく自民を支持し続けた理由はここにありました。


PS:単独政権、独裁政権についての誤りを指摘して下さってありがとう。勉強になりました。
  1. 2010/01/06(水) 20:26:46 |
  2. URL |
  3. 鴻 #FDXVSfgk
  4. [ 編集]

ウイルス

こんばんは。くるくるさま。
いろいろ面白くなってきましたね。

思えば福岡県民が、NO!を突きつけたものの、古賀(?)氏の学歴詐称で復活。

ゾンビのような男ですが、自民党の70才ルール、わたしは嫌いではありません。例の選挙権の流れでの、はなしですが。

国民新党でも共産党でも、行けばいいのです。それもまた、実行力のある政治家としては、評価したいと思います。「来ないで!」と言われるのがおちですが。

加藤紘一さんも、連れてさしあげれば良いのですが。
  1. 2010/01/06(水) 21:36:56 |
  2. URL |
  3. D****** #-
  4. [ 編集]

鴻さん

 こちらこそ宜しくお願いします!!
 鴻さんのお身体の調子が早く良くなるよう祈っています。

 <自民のためにもなりますし、山崎氏を輩出した近隣住民として、大変嬉しく思います。>

 そっかぁ!
 山拓さんは、鴻さんの県から出馬されているんですもんね!有権者にとっては、選択肢が増えますから、良いことですよね(;^ω^)

 <選挙前「山崎拓応援スレッド」みたいなのがありまして、政権頭越しのスタンドプレー、女性スキャンダル、ご指摘の拉致問題発言など、山拓氏の活動をどんな角度から見たらこんな熱狂シンパになるのだろうと思われる書き込みが相次いでおりました。>

 初耳です。そんなに熱心な支持者もおられるんですね(なんだかなあ・・・)。

 <個人プレーで築いた太いパイプなんぞ、誰が望んだのか。太いパイプがあるというなら、「拉致被害者をお早く奪還してお帰り」と書き込んで差し上げました。>

 鴻さん、グッジョブです♪

 <不名誉な女性スキャンダルと、国益を無視したことへの批判を背負って、政界から身を引いて頂きたい。>

 女性スキャンダルは衝撃的でした。うちの親父が買ってきた週刊誌を、当時、お年頃だった私が見たときは・・・こりゃもう・・・

 <日教組を野放しにし、ゆとり教育を実施し、教育基本方針の見直しに至ったのは安倍政権になってからのこと。>

 これまで何をしてきたのか、という話ですよね。

 <それも「愛国教育」という、国が国民に愛国を押しつける教育でした。>

 愛国心を法律の明文で盛り込むかが争われましたけど、あれってそこまでする問題だったのか、と思いました。
 愛国心が子どもたちに自然と芽生えるような教育こそ求められているんですよね。

 <自ブログでも酷評しておりますが、「保守」を前面に押し出しながら、これまでの失政への反省の言がない政党の今更ながらの主張に、疑念を募らせております。>

 ごもっともです。これまでの自分たちの政治に「保身」の部分があったことを率直に認めた上で、山崎氏などの公認拒否を主張されれば、いくらか有権者にも誠意が伝わったと思います。

 <これからの自民が保守の信頼を取り戻すには、「有言実行」あるのみです。>

 おっしゃるとおりです。

<PS:単独政権、独裁政権についての誤りを指摘して下さってありがとう。勉強になりました。>

 いえいえ、出過ぎたことをしました~
  1. 2010/01/08(金) 23:35:40 |
  2. URL |
  3. くるくる #-
  4. [ 編集]

D******さん

 政治に動きが出てきましたよね。これで本格的に政界再編が促進されればいいなあ、と思っています。

 <ゾンビのような男ですが、自民党の70才ルール、わたしは嫌いではありません。例の選挙権の流れでの、はなしですが。>

 70歳を過ぎたら、そろそろ若手のためにも世代交代を・・・ですよね。

 <国民新党でも共産党でも、行けばいいのです。
 それもまた、実行力のある政治家としては、評価したいと思います。「来ないで!」と言われるのがおちですが。>

 邪魔者扱いされるのがオチかもしれませんが、北朝鮮とのパイプを使いたい人にとっては、山崎氏を欲しいと思うかも知れません。

 <加藤紘一さんも、連れてさしあげれば良いのですが。>

 同感!(;`・д・`)ウンウン
  1. 2010/01/08(金) 23:40:52 |
  2. URL |
  3. くるくる #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://macrcr.blog28.fc2.com/tb.php/355-e9c21d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)