FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

『「親日」と「反日」の文化人類学』(崔吉城)

 書評なんてたいそうなものはできないので,私が読んだ本のご紹介です。

 崔吉城(チェ・キルソン)『「親日」と「反日」の文化人類学』(明石書店,平成14年)

 本の紹介文

 韓国で生まれ、教育を受け、日本研究や教育に長く携わってきた著者が、日韓関係について植民地の歴史認識に理性的論議が進められることを願って著した書。戦前の親日化、植民地と日本のイメージ、反日の暴力化などを扱う。

 この種のタイトルを見ると,「あ,左翼が日本にイチャモン付ける本か」とか,逆に「また右翼が反日と騒いでるのか」という反応がかえってきそうですが,大学教授であるチェ氏だけあって,自身の研究を踏まえた上での極めてフェアな視点から書かれたものです。

 その姿勢は,あとがきを読めば一目瞭然で,チェ氏は日本に在住する韓国人として,日本の右傾化に一定の警戒を示しながらも,韓国や中国は自国のナショナリズムを見直すべきだと訴えています。

 私が最も印象的だったのは,どういう形で韓国人のナショナリズムが形成されるのか,という点です。
 詳しくは本を読んでいただくとして,特に,最近の韓国人,とりわけ事あるごとに抗議デモに参加して日の丸を焼いたりしている人たちを見る限り,どうも過去の戦争を経験した人には見えないため,なぜ彼らがここまでナショナリズムをむき出しにして反日感情を高揚させているのか,という疑問点がなんとなくわかった気になりました。

 あと本筋には関係のないことですが,あとがきにてチェ氏が紹介する「友人の話」に以下のようなことが書いてあって気になりました。

 ある韓国人は広島に来て平和記念館を観覧して怒って言う。〔…〕日本が被害意識を強調しながら戦争責任から逃げようとしており反省していないという。原爆の被害感情さえ韓国とは共有できていない。

 韓国人から見ると,広島の平和記念館は「日帝が被害者面するなんてけしからん」と見えるんですかね…
 これじゃあ,日韓の歴史認識なんて一致を見るわけがないのは当然ですね。。
関連記事
  1. 2010/08/02(月) 01:15:57|
  2. 国際
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今日は広島原爆投下の日 | ホーム | (政治)山教組弱体化 業界、公明票が穴埋め>>

コメント

それがランドパワーというもの

そもそも、歴史認識などと言う代物を一致させる必要があるのでしょうか?
私はそうは思いません、向こうは「永遠に賠償という名目で献金を続けろ」といっているのであって、そこに日韓双方が妥協する余地はありません。
私はもっと日本人に隣国は永遠の敵であるという「常識」を浸透させるという意味において日本のある程度の右傾化をむしろ歓迎します。
韓国というランドパワーは、安定的な統治を行う為に、日本という最も御しやすい国家を敵として選んだに過ぎません。
ランドパワーとしてこれは当然の行為です。
地政学的に言っても、日本がランドパワーと仲良くする必要はさらさらありません。
日本の歴史には大陸との関わりを絶って安定を得た前例があります。
メディアなんかは、財政危機だから消費税増税と言っているわりに、国外への賠償という名目でのバラマキを推奨さえしています。
このダブルスタンダードにはあきれ返るしかありません。.
  1. 2010/08/02(月) 19:52:05 |
  2. URL |
  3. WIZARD03 #re8bjFOY
  4. [ 編集]

# WIZARD03さん

 おひさしぶりです。
 たしかに歴史認識の一致を見たいという願望があるような書き方をしてしまいました。ですが,私も歴史認識の一致は必要がないとの立場で,たとえば,岡田外相がやりたがっている日韓,あるいは,日中韓の共通の歴史教科書というものには反対です。
 なお,上記著書でも「日韓でそれぞれ歴史教科書の交換を可能にするような仕組み」(日本でも韓国の歴史教科書を,そしてその逆も使えるようにすべきだとの趣旨)を提唱しているんですが,私はその考えには乗っかれないなあ,とおもいました。

 言葉は乱暴ですが,日韓,日中は,なるべく関わらない状態が最も望ましいと思います。

 WIZARD03さんには釈迦に説法になっちゃいますが,日本のような国はもともとは保守的,保守化が当然であって(これを当然と考えない人は島国根性だと揶揄していますが),日本人のメンタリティもどちらかといえば右傾しやすい特質があるんだと思っています(ただ,根本は保守的であるものの,最近は投票行動から察するによく分からなくなっていますね)。

 <メディアなんかは、財政危機だから消費税増税と言っているわりに、国外への賠償という名目でのバラマキを推奨さえしています。>

 このご指摘,まったくそのとおりだと思うのですが,有権者の中にこの指摘の本質を理解できる人は意外に少ないように思います。そこが今日の日本の病理といいますが,いつまで経っても閉塞感ばかりが漂う原因のような気がします。
 なお,私は消費税増税には反対の立場です(というか,マスコミは消費税は公平で,分かりやすい税金だと宣伝していますが,消費税ほど「めんどくさい」税金はないと思っています。)。
  1. 2010/08/06(金) 08:18:06 |
  2. URL |
  3. くるくる #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://macrcr.blog28.fc2.com/tb.php/386-4d98b78c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)