FC2ブログ

Il testimone...

人生朝露の如し 一日を大切に記していきます

「日本が悪い」という主張は被害者へのこの上ない非情なる侮辱だ - 中国食品中毒問題(冷凍ギョーザ中毒事件)

「農薬検出されず」中国側が会見、日本側と共同で調査へ
 1月31日21時26分配信 読売新聞
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080131-00000051-yom-int

 【北京=佐伯聡士】中国製冷凍ギョーザの中毒問題で、中国の国家品質監督管理検疫総局の王大寧・輸出入食品安全局長が31日、記者会見し、ギョーザの製造元「河北省食品輸出入集団天洋食品」への立ち入り検査を行った結果、「(保存していた)ギョーザのサンプルと原材料から(有機リン系農薬)メタミドホスは検出されなかった」と述べた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080131-00000051-yom-int


 先日の「報道ステーション」(テレ朝)で,古館氏は「(国民は)今まで浮かれた生活をしていた部分がなかったのかというようなことも考えなきゃいけない」と発言した(鴻さん,情報ありがとうございます)。
 そして今日の「News ZERO」(日テレ)に出演していた星野監督(野球)も同様に「餃子くらい自分で作ればよい(自前で作らない消費者が悪い)」という発言をし,一部視聴者からはその発言の適否について疑問の声が上がっている。

 どちらのキャストも消費者の責任に言及するものだ。
 前者は安易に中国製品を購入する日本国民に対して,後者は冷凍食品を購入する日本国民に対して,その責任(購入と消費に対する結果責任)を問う趣旨の発言だとおもわれる。

 しかし本当にそうだろうか。

 私はこの件に関して,被害に遭われた消費者には一切の責任はない,と考える。というか,冷静に考えて欲しい。
 いくらなんでも,まず中毒症状を訴えた被害者の自己責任まで問うのはおかしいではないか。

 一方で業界の側も中国に頼り,被害を現に生じたことについて,何を言われても仕方がないものの,すぐに中国との関係を絶て,と言われても無理である。
 限られた賃金原資の中で,人件コストを節減し,消費者が手を出してくれるだけの低い値段設定を可能,意地ならしめるためには,どうしてもお隣の中国に頼るしかない。
 業界もやむにやまれざる事情があった,と言えるだろう(厳密にそう断言するまでの根拠はないものの)。

 ここにきてネットでもマスコミでも,「すぐに中国製品を買うな」との主張が見うけられるが,もう少し冷静に事態を観察しよう。

 * * *

 日中関係のありかたについて,今一度議論すべきときがきたのではないか。

 今回,まず日本がしなければならないのは,国内で事態の真相を掴むこと。すなわち,毒物の混入が国内で起きたのか,それとも中国で起きたのか,あるいは輸送途中に起きたのかをある程度把握することが大切だ。

 その次に中国側に説明を求めることが必要である。中共に説明責任などという言葉は似つかわしくないかもしれないが,それでも政府間で情報の交換がなされるべきだ。
 
 しかしおそらく事態は日本側に都合良くすすむことはないだろう。
 中国は「日本国内での混入」を主張し,しらを切り続けるだろう。

 * * *

 この問題は「中国の食の安全」で終わらせてならない。
 究極的には「この中国といかに日本がつきあうべきか」という課題を,われわれに突きつけているのではないだろうか?
関連記事

テーマ:食糧政策 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/02/01(金) 05:33:39|
  2. 社会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<中国国内の故意混入である可能性が高まってきた - 中国製餃子中毒事件 | ホーム | 社保庁不祥事に見る外国人労働者を使用することへの無理解>>

コメント

くるくるさん、おはようございます。

さすがはくるくるさん。しっかり、わかりやすく問題提起してらっしゃいます。

>現実には一般国民の気持ちが分かっていないのではないか??

今朝は、みのもんたさんが消費者が悪い!と吠えてらっしゃいました。
食品は安全供給が大前提のはずなんですが、
手作りしない主婦に責任があるそうです。

日中記者協定を厳守し、日中友好の意を受けた発言でしょうか。

結局、彼らの社会正義なんて、政府の意向、権威側の意向によって
微妙に発言を変える程度のものなんでしょうね。

>ネットでもマスコミでも,すぐに中国製品を買うなとの主張が見うけられるが,

この点については、主婦の立場から一言。
中国に弱腰な政府やマスコミの姿に気づいてしまいますと
「買わない」のではなく「買えない」のです。
現時点では「買わない」ことで自己防衛するしかありません。
家計がきつくても、食卓が少々貧しくなっても、
被害が出た以上、「安全が保障されるまで買えない」というのは、
消費者の反応として極めて自然に思われますが。

>マスコミの見せる中国がすべてではない。
>究極的には「この中国という大国といかに日本がつきあうべきか」という課題を,
>われわれに突きつけているのではないだろうか?

「日本は脅せば言うこと聞く」<これが中国の対日姿勢。
上から上から出てきます。対米で見せる中国の顔とは正反対です。
とりあえずは、弱腰、親中の政治家を引きずり下ろすことぐらいしか思いつきません。(‐。‐)

くるくるさんはいかがでしょうか。

  1. 2008/02/01(金) 08:45:56 |
  2. URL |
  3. 鴻 #FDXVSfgk
  4. [ 編集]

日本人が中国製品を買わざるを得ないまでに余裕のない生活を強いられたのはいつからでしょう?
私は小泉構造改革が実行されてからだと思います。
そのころから正社員の大量首切り(リストラと言う言い方はごまかし)が横行し派遣会社が台頭、今や正規雇用の地位を維持しているのは少数派となりました。
不安定な身分で賃金も少なく残業代も払われず、おまけに長時間労働を強いられる、それで体を壊してもなんの補償もなくクビを切られておしまい。
構造改革、規制緩和と称して経営の身勝手を合法化するのが小泉構造改革の正体です。
安倍内閣/福田内閣でも、このワーキングプアを量産する行為は継続されています。
自公が(特に清和会)政権の座に居座り続ける限りこの流れは加速します、我々にできることはただ一つ、自覚を持って一票を投じることです。
日本の選挙の投票率はあまりにも低すぎます、棄権は白紙委任と同じであり一票の棄権は命の棄権であることを「めんどくさい」といって棄権してきた人たちは自覚するべきでしょう。
どのような政治体制でも真に責任を負うべきは主権者です、民主主義では主権は我ら国民にあります、責任を持って一票を投じなかった、あるいは間違った相手に投票した結果、自業自得でこのような政権が出来上がったのです。
前回の総選挙では小泉に操られたメディアのプロパガンダに乗せられてしまったことを反省し情報は自らの手で収集しましょう、それがメディアリテラシーを身に着ける第一歩です。
新聞/テレビは広告主には絶対逆らえないのです、たとえばパチンコ業界から広告収入を得ているテレビが、韓国ではパチンコが非合法化されたという事実を絶対に報じないように。
  1. 2008/02/01(金) 10:21:19 |
  2. URL |
  3. WIZARD03 #5u6Z9rvo
  4. [ 編集]

鴻さん コメントありがとうございます

>さすがはくるくるさん。しっかり、わかりやすく問題提起してらっしゃいます。

 でしょ~?(うぬぼれ)

>>現実には一般国民の気持ちが分かっていないのではないか??
>今朝は、みのもんたさんが消費者が悪い!と吠えてらっしゃいました。

 みのもんたよ,おまえもか・・・

>食品は安全供給が大前提のはずなんですが、手作りしない主婦に責任があるそうです。
>日中記者協定を厳守し、日中友好の意を受けた発言でしょうか。

 星野監督が昨日言っていたこととまるっきり一緒ですね。。
 彼らにとって,現に被害に遭われたかたのことはどうでもよいのでしょうかね。。自業自得でも言うつもりなのでしょうか?!

>結局、彼らの社会正義なんて、政府の意向、権威側の意向によって微妙に発言を変える程度のものなんでしょうね。

 後先全く考えていませんよね。その場限りの発言ばかり・・・
 で,困ったら,反体制の言葉を並べる。

 マスコミの報道にも,「国民が不在」ですね。

>>ネットでもマスコミでも,すぐに中国製品を買うなとの主張が見うけられるが,
>この点については、主婦の立場から一言。
中国に弱腰な政府やマスコミの姿に気づいてしまいますと「買わない」のではなく「買えない」のです。
>現時点では「買わない」ことで自己防衛するしかありません。
>家計がきつくても、食卓が少々貧しくなっても、被害が出た以上、「安全が保障されるまで買えない」というのは、消費者の反応として極めて自然に思われますが。

 まっとうな考え方だとおもいます。わたしの母が昔から言っていたことと一緒です。

 「身体に悪いものを家族に食べさせるわけにはいかない」

>>マスコミの見せる中国がすべてではない。
>>究極的には「この中国という大国といかに日本がつきあうべきか」という課題を,
>>われわれに突きつけているのではないだろうか?
>「日本は脅せば言うこと聞く」<これが中国の対日姿勢。上から上から出てきます。対米で見せる中国の顔とは正反対です。
>とりあえずは、弱腰、親中の政治家を引きずり下ろすことぐらいしか思いつきません。(‐。‐)

>くるくるさんはいかがでしょうか。

 言わずもがなですが,「北京オリンピックを支援する議員の会」などに所属する政治家は好きになれません。
 でも,新中派で有名な河野洋平の選挙結果をご覧ください。

 得票数  候補者
当169,825 河野洋平
 89,901  阪口直人
 20,117  鈴木新三郎

 圧倒的な実力です。新中派の政治家というのはたいてい地元では盤石な地位をもっていることが多いようです。なぜかは分かりません。。

 ただ,投票率を上げるなどしてどうにかできる問題もなくはありません。特に公明党の場合は,投票率を上げれば選挙結果が変わりうるケースもあります。
 公明党も親中派が多いですから。

 われわれにできることはまだまだありそうです。
  1. 2008/02/01(金) 11:51:51 |
  2. URL |
  3. くるくる #-
  4. [ 編集]

また来やがりました。(汗

>それに,ネットでもマスコミでも,すぐに中国製品を買うなとの主張が見うけられるが,
>もう少し冷静に現実を見てほしいとおもう。

たぶん くるくるさんは、
中国製品に頼らざるを得ない状況に眼を向けよと
おっしゃってるんでしょうね。
私の脳みそは単純なので、字面しか見ていなかったような気がします。
低価格供給では、どこかに無理のしわ寄せがいくことの証明になったような気がします。

国内自給率、価格競争を強いられる企業、高い国内産ばかりを選択できない、私のような庶民の生活。
つきつめていくと、とてつもなく大きな問題が横たわっていると思います。

>新中派の政治家というのはたいてい地元では
>盤石な地位をもっていることが多いようです。

おっしゃる通りです。
私が住む地域も外国人参政権に意欲的な議員がいます。
地元ではかなりの力を持っています。
私たちも、中国人を批判できないんですよね。
目先の利をもたらす議員に一票を投じています。

眼を覚ますべきなのは、私たち日本人です。
  1. 2008/02/01(金) 12:22:51 |
  2. URL |
  3. 鴻 #-
  4. [ 編集]

WIZARD03さん コメントありがとうございます☆

>日本人が中国製品を買わざるを得ないまでに余裕のない生活を強いられたのはいつからでしょう?
>私は小泉構造改革が実行されてからだと思います。

 わたしも同じことを考えています。。
 すべてが小泉構造改革にたどり着くんですよね,年金問題しかり,テロ新法しかり・・・

>そのころから正社員の大量首切り(リストラと言う言い方はごまかし)が横行し派遣会社が台頭、今や正規雇用の地位を維持しているのは少数派となりました。
>不安定な身分で賃金も少なく残業代も払われず、おまけに長時間労働を強いられる、それで体を壊してもなんの補償もなくクビを切られておしまい。
>構造改革、規制緩和と称して経営の身勝手を合法化するのが小泉構造改革の正体です。

 わたしと考えがほとんど共通しているので,わたしが書くこともあまりなくなってしまいました(汗)
 
>安倍内閣/福田内閣でも、このワーキングプアを量産する行為は継続されています。

 仰るように,今も基本的に「竹中=小泉ライン」は変わっていないとおもいます。
 小泉構造改革から続く地方軽視・弱者切り捨て・偽装・談合利権の構造は変わっていないとおもいます。

>自公が(特に清和会)政権の座に居座り続ける限りこの流れは加速します、我々にできることはただ一つ、自覚を持って一票を投じることです。
>日本の選挙の投票率はあまりにも低すぎます、棄権は白紙委任と同じであり一票の棄権は命の棄権であることを「めんどくさい」といって棄権してきた人たちは自覚するべきでしょう。

 まったくそのとおりです。棄権は最も無責任なものであるということを自覚しなければなりません。
 外国人参政権について最近議論されるようになりましたが,この投票率の低さ(先の大阪府知事選もマスコミがあれほど騒いだわけですが,投票率は低いままでした)を前に,わたしたち日本国民は恥ずべきでありましょう。

 また投票率を上げることが自公の存立を危うくします。ご存じのとおり,公明党は支持母体の創価学会を票田としています。ですから,こういった組織票に対抗しうる唯一の手段は投票率の向上なわけです。
 自民党も公明党と連立を組んで腐敗が進みました。公明党が当選保証をすることで,彼らは国民に対する責任を自覚しなくなりました。

>どのような政治体制でも真に責任を負うべきは主権者です、民主主義では主権は我ら国民にあります、責任を持って一票を投じなかった、あるいは間違った相手に投票した結果、自業自得でこのような政権が出来上がったのです。

 国民主権の下で,国民は国家を作る根拠になっています。憲法上も国民は国家権力の正当化根拠と位置づけられています(正当性の契機)。
 国民の意思で代表者が選ばれ,国民の意思により選ばれた代表者が国家意思決定にあたる,これが国民主権の基本でありますから,もちろん意思決定にあたる代表者にも責任はあるでしょうが,究極的には,わたしたちが自分たちの社会に責任を持たねばなりません。

>前回の総選挙では小泉に操られたメディアのプロパガンダに乗せられてしまったことを反省し情報は自らの手で収集しましょう、それがメディアリテラシーを身に着ける第一歩です。
 
 賛成です。わたしは国内の保守にこそ責任があると感じます。もちろん,わたしを含めて。
 小泉内閣に対して,本来ならば保守は反対の姿勢を見せなければなりませんでした。つまり,地方,農村部軽視の小泉構造改革をなぜ保守が支持したのか,あれこそポピュリズムの弊害なのかもしれませんが・・・
 少なくともネットでは,小泉元首相が靖国神社に参拝したことを賛美して,それ以外の部分は問題視もしませんでした。自称「保守」のかたがたによる「よくぞ中国の反対の中,参拝した!」との書き込みが並びました。
(しかし一方で,保守系の国会議員の一部は郵政民営化し,造反議員とされていたわけですから,国内の保守の目は明らかに狂っていたでしょう)。

 それに,小泉元首相は中国に対して,韓国に対して何を要求したでしょう?保守(特にネオコン)の中にも小泉元首相を未だに賛美するかたがたがおられます。
 ですが,今日,振り返ってみると,小泉元首相は何も要求していなかったのです。
 靖国に参拝しただけで,保守は完全にそれに騙されてしまった。
 そもそも,皇室行事に小泉元首相が参加すべきだったのに参加していなかったことも多かったわけですから,その意味で彼は不敬の男だったわけです。

 そして小泉元首相は新自由主義路線まっしぐら・・・WIZARD03さんが先にご指摘のとおり,今もその路線は基本的に変わってはいません。

 WIZARD03さんの仰るとおり,わたしたちの多くが彼に騙されてしまいました。
 
 国民にも責任はあるということなのでしょう。メディアリテラシーをやしなわなければなりません。

>新聞/テレビは広告主には絶対逆らえないのです、たとえばパチンコ業界から広告収入を得ているテレビが、韓国ではパチンコが非合法化されたという事実を絶対に報じないように。

 近時のパチンコメーカーのCMは異常ですね。
 一時期の消費者金融のCMよりも遙かに多い。。

 CMを流すというのは,マスコミにとって広告収入を得ていることを前提としますから,CMが多いというのは逆に怪しいことでもあるんですよね。
 広告を出しまくることで,マスコミに「批判させない」というねらいがありますし(一時期,創価学会が使った手です)。

 そういったマスコミの背景まで考慮して,わたしたちはマスコミとつきあっていかなければなりません。
 残念なことに,今のマスコミの質は悪い。記者クラブで談合し,同じ観点から同じ内容の報道ばかりをしています。
 とすれば,また小泉元首相の繰り返しになるおそれがあります。
 それを防ぐために,保守であろうが,革新であろうが,冷静に事実を認識し,選挙にいって自分の意思を国政に反映させるべきです。

 わたしたちの意識改革が必要だとおもいます。
  1. 2008/02/01(金) 15:53:55 |
  2. URL |
  3. くるくる #-
  4. [ 編集]

鴻さん コメントありがとうございます

>また来やがりました。(汗

 いらっしゃいましー(笑)

>>それに,ネットでもマスコミでも,すぐに中国製品を買うなとの主張が見うけられるが, もう少し冷静に現実を見てほしいとおもう。
>たぶん くるくるさんは、 中国製品に頼らざるを得ない状況に眼を向けよと おっしゃってるんでしょうね。
>私の脳みそは単純なので、字面しか見ていなかったような気がします。
>低価格供給では、どこかに無理のしわ寄せがいくことの証明になったような気がします。

 いえいえーご自分を責めないでくださいまし~☆

 「安いには理由がある」ということですね!
 今回はその「理由」がとんでもなかったわけですが・・・「安いけど命を脅かす」。

>国内自給率、価格競争を強いられる企業、高い国内産ばかりを選択できない、私のような庶民の生活。
>つきつめていくと、とてつもなく大きな問題が横たわっていると思います。

 うんうんっ!
 この間,近所の80歳過ぎのおばあさんと話す機会があったのですが,「毒入り中国産餃子」の話になったときに,おばあさんが言ったことにびっくり!

 「あたしは年金生活だけど,無理してでも日本のを買うよ」
 「あたしらは日本を信じてあげなきゃいけなかったんだろうねぇ・・・」

 なるほどなぁ。。とおもわされました。
 もうおばあさんは90歳になるとおもいますが,長生きしてるだけ哲学があります。

 要は日本を作るのはわたしたち。
 日本に責任をもつのもわたしたち。
・・・ということなんでしょうね!

 鴻さんみたいに,メディアリテラシーを身につけて,自己防衛ができることが理想だとおもいます。
 多くの国民に目覚めていただきたいとおもいます。

>>新中派の政治家というのはたいてい地元では
>>盤石な地位をもっていることが多いようです。
>おっしゃる通りです。
>私が住む地域も外国人参政権に意欲的な議員がいます。
>地元ではかなりの力を持っています。
>私たちも、中国人を批判できないんですよね。
>目先の利をもたらす議員に一票を投じています。

 ぬわぁ~にぃー!外国人参政権に意欲的な議員ですとぉー(怒)
・・・というわたしのところには,日教組のボスがいます(民主党・輿石東議員。人のこと言えない。汗)。。

 ちなみにわたしは外国人参政権に反対です。外国人を積極的に受け入れ,優遇している川崎市を見てそうおもいました。

>眼を覚ますべきなのは、私たち日本人です。

 そうですっ!
 まだ日本をあきらめるには早いです!!

 沖縄戦,渡嘉敷島で戦っていた赤松隊長の部隊は,日本の敗戦を知り,ボロボロになった日本を必ずや復興させようと決意したと言います。特攻により失っていたであろう自分の命。その命を,国の復興のために捧げようと誓ったのです。
 当時の日本を見る限り,日本をあきらめるに十分な状況だったのかも知れませんが,日本人はあきらめませんでした。

 まだまだへこたれてたまるかー!
 わたしたちの声を大きなものにしていきましょ!!(^-^)g""
  1. 2008/02/01(金) 16:08:07 |
  2. URL |
  3. くるくる #-
  4. [ 編集]

 対消費者へのコメントをされた方には
被害に合われたご両親の前で同じ事を言って欲しいと思います^^

賃金が安く生産が出来るのは中国だけでしょうか?
中国よりも賃金が安く、安全かつ良心的な仕事が出来る国があると聞いた事が有るのですが・・・・・

今回のメタミドホスの事件は中国国内でも頻発している様ですね~
  1. 2008/02/01(金) 23:40:00 |
  2. URL |
  3. usakaze #-
  4. [ 編集]

usakazeさん コメントありがとうございます

>対消費者へのコメントをされた方には
被害に合われたご両親の前で同じ事を言って欲しいと思います^^

 わたしが知る限り,みのもんたさんや星野仙一さん,あとは古館さんとかが,消費者の自己責任を論じていますね。

>賃金が安く生産が出来るのは中国だけでしょうか?
>中国よりも賃金が安く、安全かつ良心的な仕事が出来る国があると聞いた事が有るのですが・・・・・

 人件費や輸出コスト面,あとは比較的大規模な工場移転などの必要から,「中国」ということになっていますね。
 賃金が中国よりも安い国・・・とはどこでしょう??たいへん興味があります!!

 日本も近隣諸国ばかりに目がいきがちですから,第三の選択肢が出てくることは良いことです。

>今回のメタミドホスの事件は中国国内でも頻発している様ですね~

 意外に多いようですね。
 資本主義化してきた証拠かも知れません。労働者と使用者の・・・って言っちゃうと,マルクス=レーニン主義みたいになっちゃうんで,やめます(笑)
  1. 2008/02/01(金) 23:58:16 |
  2. URL |
  3. くるくる #-
  4. [ 編集]

うぅぅぅ~ん・・・・
どこの国か覚えてないですTT
博士さんのとこか・・・石根のとこか・・・・

でも
人件費が安くて安全かつ良心的な仕事をしてくれる国があったとしても

どうしても中国にこだわりたい企業が有るのが現実の様な気がします・・・・・

安い安いといわれていますが、他国と比べても際立って安い事は無いと読んだ事があります~
  1. 2008/02/03(日) 04:42:24 |
  2. URL |
  3. usakaze #-
  4. [ 編集]

usakazeさん コメントありがとうございます

 そうでしたかー。どの国だったのでしょう。。

 仰るように,かりにそのような国があったとしても,「中国を使う」企業は多いでしょうね!諸々の理由から。

 もっとも,人件費等々の理由以外にも,中国の莫大な人口を大きな市場と捉えている企業や,中国の大資本家との関係形成をもくろむ企業など,一筋縄に言えない事情が裏にあることを忘れないようにしなければなりません。
  1. 2008/02/03(日) 09:58:12 |
  2. URL |
  3. くるくる #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://macrcr.blog28.fc2.com/tb.php/60-5af38dcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)